綿麺 フライデーナイト Part84 (15/3/13) 春キャベツとエリンギの塩つけ麺

3月第2週の綿麺フライデーナイトに行ってきました!

創作色がとりわけ強い2月の「ブヒィ!ヤベース」にかわり、
3月は「塩つけ麺」から始まるということで綿麺の清湯を
じっくり味わうフライデーナイトの王道路線かと思いきや、
どうも店内に入ってみると予想とは雰囲気が違っています!

調理の過程で野菜などを炒める工程が入ってるのですよね!

綿麺のフライデーナイトで炒め作業が入るのはけっこう珍しく、
ブヒィ!ヤベース」などのごく一部の限定メニューのみです!

しかも流れを見るとキャベツ以外にニラも入っていたり、
まだ最初の段階で刻みにんにくが投入されていたりと、
スタミナ系を思わせるような要素も垣間見えてきます!

つけ麺でこういった路線を取ることは過去になかったので、
これはちょっと今までとは違ったものが楽しめそうです!(*゚ー゚)

綿麺 フライデーナイト Part84 (15/3/13) 春キャベツとエリンギの塩つけ麺

ということで、「春キャベツとエリンギの塩つけ麺」がやってきました!

あれっ、この麺の入った白い器は今回が初めてですかね!
これまでこういった器で登場したことはなかった気がします!

つけ汁のほうの白い器は過去にも何度も登場していますが!

こういう明るい器になると、雰囲気も春っぽくなりますね!

まずはつけ汁ですが・・・うん、いつもと印象も違いますね!

ベースの動物系スープはやや白湯っぽさもある清湯系で、
そこに魚介がビシッと効いているのは普段と共通してますが、
よりキリッと立てられた塩ダレやにんにくなどによるパンチ、
また炒めたことによって広がる豚バラ肉のコクが厚みを加え、
いつもよりワイルドな印象を与えるつけ汁に仕上がっています!(●・ω・)

そして炒める工程によって具材の印象も違ってきますね!

豚バラもまろやかに溶ける感じとは少し違って香ばしさを印象づけ、
春キャベツはシャキシャキ感を残しつつその甘さを広げてきます!

特にこのキャベツが今回は非常にいい仕事をしてくれてましたね!

今回の名前の中に「春キャベツ」と入っているのも納得というか、
麺をキャベツとともに口に運ぶとその甘さがより堪能できます!

そしてニラはワイルドさを出し、エリンギは食感を楽しめます!

フライデーナイトの特徴である具の多さはもちろん健在なので、
最後まで麺とそれぞれの具の調和を楽しむことができました!

麺はフライデーナイトらしい太麺となっていますが、
どことなくいつもとちょっと違った印象も感じました!

いつもはむっちりとした弾力を楽しむことに特化した感じですが、
今回はその弾力と同時にがっしりとした力強い噛みごたえもあり、
この2つの要素が同居したような質感をちょっと感じましたね!

このあたりはつけ汁のワイルド路線に合わせた調整なのかもです!(=゚ω゚)

もちろんいつもの太麺の自然なほのかな甘みは健在です!

今回はいい意味での意外性を楽しめたと言いますか、
炒めることによって変わってくる各素材の表情や
それに合わせた全体のバランスなども見どころでした!

炒める工程を入れると厨房での作業量は増えそうですが、
4人分を一度に作れるようになるメリットもあるのですね!

ところで女将さんが髪をかなり短くカットされてましたが、
意外に誰も気付いてなかったのが印象的だったりもしました!

お店では後ろはくくってるのでイメージがあまり変わらず、
髪をカットしていても案外気付かなかったりするのですよね!

というわけで、3月最初のフライデーナイトでございました!(゚x/)モキン

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

コメント

 
器にもこだわりが_φ(. .*)

そういうところに気がつく
カートさんの視野は素晴らしいです。
料理は目から入りますし、器って大事ですよね^^

そして女将さんの髪型にまで(笑)

食べた感想はもちろん普段通り素晴らしかったのですが、
今回は食べレポ以外のカートさんの魅力を感じる記事でした。
takaさん、こんにちは!(●・ω・)

やっぱりいつも通っていると、提供されたときに受ける
印象のちょっとした変化にも何気に気付けたりしますね!

麺を乗せる器はたいてい黒系の色のものなので、
白系だとそれだけで「あれっ」という感じになります!

女将さんの髪の変化は実は事前に知っていたので、
他の常連さんが気付くかなぁと思いながら見てましたが、
意外に誰も髪のことには触れずじまいでした(笑

いつもお店に入るとラーメンが出てくるまで、
厨房の中の様子などを眺めたりしてます!(=゚ω゚)

細かい作業の中にいろんな工夫が見えたりして、
それぞれのお店の個性なども感じられますし!

ではでは、コメントありがとうございましたっ!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.