どん兵衛 カルボナーラうどん

「どん兵衛 CHEESE カルボナーラうどん」を食べました!
チーズ星人15周年記念商品からの最後の紹介となります!(*゚ー゚)

どん兵衛 カルボナーラうどん

日清はときどき同じコンセプトに沿って作った商品を
いくつかのブランドで並行して出すことがありますが、
その中でどん兵衛は難しい立場に立たされがちですね!

別に商品のクオリティが低いというわけではなくて、
洋風+うどんみたいなスタンスになることが多いため、
どうしてもとっつきにくい印象を与えがちではあります!

その中でどれくらい奮闘できるのかが注目になりますね!(=゚ω゚)

どん兵衛 カルボナーラうどん(できあがり)

内容物はかやく、粉末スープ、ふりかけとなっています!
ふりかけは粗挽きの黒胡椒がそのまま入っています!

まずはスープですが・・・カ、カルボナーラ?(*・ω・)

一口食べて「あ、カルボナーラだ」という感じではないです!

ただ、カルボナーラを構成する諸要素はたしかにあり、
それを一つ一つを細かく見ると実感できる面もあります!

でもトータルとしてカルボナーラらしいかと言えば、
やっぱりちょっと「?」が浮かんで来てしまいますが!

ミルク感の強いスープ、ベーコンの風味の強さ、チーズ感、
黒胡椒のピリッとした辛さなどがそれぞれ上がってきます!

また今回の主役であるチーズは他に比べると控えめですね!

カルボナーラ風味の中にそういった要素もあるのですが、
それが強く前面に出てるかと言えばそうではないです!

スープの原材料は加工油脂、食塩、糖類、卵粉、乳等を主要原料とする食品、
オニオンパウダー、チーズパウダー、香味油、香辛料、昆布エキスなどです!

やはりカップヌードル版よりはチーズは後ろに来てますね!
チーズの比重がそこまで高くないことがうかがえます!

麺はどん兵衛らしい厚みがけっこうある油揚げ麺のうどんです!

この麺は洋風系になるとその良さが逆に光るのですよね!
また、油揚げ麺であることもここでは功を奏しています!

油揚げ麺の風味があることで洋風系とも合いますし、
厚みがあることで典型的なカップうどん感が弱まり、
和風以外のスープと合わせても違和感が少ないです!

なので洋風+うどんでもそこまで気にしなくていけます!(*゚◇゚)

麺の量は66gで、カロリーは393kcalとなっています!
脂質は17.5gで、標準的な数字と言えるレベルですね!

具はふんわりした卵、キャベツ、ベーコンの3つです!

卵は具というよりはときどき自然に麺と絡んできて、
卵の風味を全体にプラスするような役割を持ってます!

なので、具としての主役はやはりベーコンでしょう!

ベーコンを食べるとカルボナーラ感が強く出るので、
これなしにはこの商品自体が成立しないとさえ言えます!

カルボナーラ感、チーズ感ともに微妙さはありますが、
トータルの味として言えばこれが意外に悪くないです!

むしろ異質な要素を組み合わせた感のあった「UFO」よりも
こちらのほうが全体の統一感としては勝っているぐらいです!

「チーズの効いたカルボナーラ風うどん」の名前どおりに
そのリアリティの高さを期待すると外れるかもしれませんが、
カルボナーラっぽい要素を取り入れた洋風のうどんとして、
軽い期待で食べてみると案外いける仕上がりになってます!

不思議なまとまりの良さを見せてくれるうどんでした!(゚x/)モキューン

【関連記事】(チーズ星人15周年記念シリーズ)
どん兵衛 カルボナーラうどん
カップヌードル チーズポタージュヌードル
日清焼そば U.F.O. チーズペペロンチーノ風

【関連記事】(どん兵衛シリーズ)
どん兵衛 カルボナーラうどん
どん兵衛 WHITE 白ちゃんぽんうどん
どん兵衛 焼うどん お好みソース味(2013年)
どん兵衛 焼うどん だし醤油味(2013年)
どん兵衛 年明けうどん 2013
どん兵衛 釜めし仕立て
どん兵衛 GOLD 金の鶏だし塩うどん
どん兵衛 ありが豚 とんこつちゃんぽんうどん
どん兵衛 焼うどん お好みソース味(2011年)
どん兵衛 焼うどん だし醤油味(2011年)
35周年 どん兵衛 関西風きつねうどん
35周年 どん兵衛 きつねぶっとそば
どん兵衛 和風担担うどん
どん兵衛 天ぷらそば ぶっとリッチ
どん兵衛 年明けうどん 2011
どん兵衛 年明けうどん 2010
どん兵衛WHITE 白ちゃんぽんうどん
ぶっとうどん入荷
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.