味のマルタイ 清陽軒監修 久留米ラーメン(どんぶり型)

マルタイの「清陽軒監修 久留米ラーメン」を食べました!
「清陽軒」という久留米ラーメンの老舗の再現カップ麺です!

味のマルタイ 清陽軒監修 久留米ラーメン(どんぶり型)

マルタイがこのお店のカップ麺を出すのは初めてではないです!
昨年には縦型カップとして同じラーメンを出しています!(=゚ω゚)

そしてそのときはかなり手厳しい評価だったのですよね;

というのも、このお店の味はかなりあっさりとした豚骨で、
どうしてもそれが油揚げ麺の風味とぶつかってしまうのです;

なので、今回もとりあえず買いはしたものの期待はせず、
ハードルを下げて食べてみようかなと思っていました!

ですが、原材料を見るとどうも前回とは明らかに違います!

今回は満を持してノンフライ麺での登場となっています!

これはマルタイとしても渾身の勝負作なのではないか、
あえて前回と同じお店の再現カップ麺を方針を変えて
再投入してくるあたりに非常に強い意志を感じさせます!

マルタイと言うと棒ラーメンで有名なメーカーですが、
カップ麺としては油揚げ麺のノーマルなものばかりで、
ノンフライ麺にはほぼ手を出してなかったはずですし!

マルタイの不振がささやかれている最大の理由が
カップ麺の不振と新工場の建設だったりしますが、
ここは攻めることで打開するしかないのですよね!

新しい工場を作っただけに縮小するのも困難ですし!

果たしてマルタイはその壁を越えられるのでしょうか!(゚◇゚)

味のマルタイ 清陽軒監修 久留米ラーメン(どんぶり型)(できあがり)

湯戻し時間は90秒で、最後に後入れトッピングを入れます!

まずはスープですが・・・これは明確にその個性が出てます!

やっぱり油揚げ麺のときとは全くその風味が違いますね!

かなりあっさりした豚骨スープながらも豚骨臭は十分強く、
飲みやすいにもかかわらず豚骨らしさはしっかりあります!

油揚げ麺のときはどうしてもその風味にマスクされてしまい、
あっさりした中にある豚骨の主張が伝わりきりませんでしたが、
今回はそういうことは全くなく、その輪郭が明瞭になってます!

このスープはノンフライ麺だからこそ生きるスープですね!

もちろんあっさりしすぎと感じる向きもあるでしょうが、
それは単にその人の好みとスープの路線のギャップですし、
あっさり系豚骨としては非常に高い完成度と言えますね!

中でも豚骨臭をはっきりと出してきてるのが好感を持てます!
あっさりしていても、これがあるだけで力強さが違いますし!(●・ω・)

スープの原材料はポークエキス、豚脂、しょうゆ、調製ラード、
食塩、ゼラチンという実にシンプルな組み合わせとなっています!

大抵のカップ麺は豚骨と言いながらもチキンが入ってたりしますが、
これは構成要素が全て豚系のみで占められるという潔さです!

ここからもマルタイの本気がひしひしと伝わってきます!

麺はノンフライの細麺で、九州豚骨系を強く指向しています!

九州豚骨系らしい歯切れの良さを強調した麺で、
これまでよりも何ランクも上の完成度と言えます!

このタイプの麺では明星や日清が数歩抜け出してはいますが、
そこには及ばないものの満足度としては十分なものがあります!

どうしてもちょっとそうめんぽくなるところもありますが、
これなら高級カップ麺として納得させてくれるレベルですし、
今後もこの麺はいろいろと活躍の場を見せてくれそうです!

麺の量は65gで、カロリーは376kcalとなっています!
脂質は12.4gで、ノンフライ系らしく脂質も低めです!

具はねぎ、メンマ、ごまというシンプルな組み合わせです!

しかしながら、意外にメンマの味にリアル感があります!
メンマ特有の発酵した風味がちょうどいい具合にあります!

そして前回は「存在意義がわからない」とまで酷評した
「豚脂風味フレーク」ですが、これも今回は優秀です!(`・ω・)

まさにカリカリに揚げた背脂らしい個性が出ています!

以前は「油揚げもどき」と思うような内容でしたが、
今回は逆に本物の揚げた背脂そのものを思わせます!

もうあらゆる面において前回とは全く別物になってます!

スープ、麺、トッピングのどれをとってもよくできていて、
クオリティという面で大きな壁を越えたことが伝わります!

とにかく攻めの姿勢を取っていくしかないという状況で
ここに到達できたのは非常に高く評価したいところです!

これなら今後のマルタイの高級系カップ麺も期待できます!

果たしてこれがヒットしてくれるかどうかはわかりませんが、
それを呼び込むだけのポテンシャルはしっかり備えてますね!

しかも今回はあっさりながらも豚骨臭を生かしてきましたし、
濃厚系の豚骨ラーメンでもいい野性味を出してくれそうです!

これからのマルタイの高級カップ麺は要注目ですね!(゚x/)モキリリッ

【関連記事】
味のマルタイ 清陽軒監修 久留米ラーメン(どんぶり型)
味のマルタイ 清陽軒監修 久留米ラーメン
味のマルタイ 博多華味鳥協力 水たき風ラーメン
味のマルタイ 四海樓監修 長崎ちゃんぽん
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.