麺や而今 塩白鶏湯そば

大東の「麺や而今」に初めて行ってきました!
ここはずっと行きたかったお店の筆頭でしたし!

このあたりは電車では行く機会が全くないので、
今回は兄の車に乗せてもらって訪問しました!(*゚ー゚)

それにしてもラーメン屋があるとは思えない場所ですね;

あと20歩ぐらいでお店に着く位置まで来ても、
本当にここなのかと思ってしまうほどでしたし!

清湯系の醤油と塩、白湯系の醤油と塩の4つが
メインのラーメンということになっていますが、
まずは白湯系の塩ラーメンを注文してみました!

どんな特徴を持った鶏白湯なのか興味がありましたし、
醤油と塩ならまず塩を注文したくなる性分ですので!

ちなみに今回は麺を大盛にして注文しています!

麺や而今 塩白鶏湯そば

おぉ、これはずいぶんときれいに調ったビジュアルですね!

まずはスープですが・・・ほう、こういうスタイルでしたか!(●・ω・)

何と言ってもこのベースの鶏白湯スープが素晴らしいですね!

とにかくきめが細かく、ザラついた感じは皆無という感じで、
十分な濃度を感じさせながらも重い印象がほぼありません!

鶏白湯の持つとろりとした部分だけにスポットを当てたような、
まるでシルクのような印象を抱かせてくれるスープですね!

なるほどこれは一味も二味も違った見事な鶏白湯ですね!

そしてタレは様々な貝の旨味がダイレクトに伝わってきます!
鶏白湯+貝という組み合わせもなかなか面白いですね!(*゚◇゚)

ホタテの持つほのかな甘味もある丸みのある旨味と
牡蠣などの複雑な深みを持った旨味が一体となって
鶏白湯に負けない芯の通った主張を見せてくれます!

スープ・タレともに明確な個性がはっきりと見えますね!

そして麺はもちもち感とプリプリ感の両方が楽しめる
スープとよく絡む多加水の中太縮れ麺が使われています!

麺単体でもかなりしっかりとした個性を持っていて、
スープとなじみつつ、それに負けない主張も見せます!

また、この麺はずいぶんと熱々の状態で出てきますね!(=゚ω゚)

トッピングは表面に黒胡椒をまぶした巻きチャーシュー、
燻製の鴨チャーシュー、軟骨入りの鶏団子、水菜などです!

チャーシューはしっかりとした旨さの中から胡椒が刺激を見せ、
鴨チャーシューはスモークの香りが深くほどよい食感があり、
鶏団子は鶏の旨さと軟骨のコリコリ感が相まって実に見事です!

この3つの肉系のトッピングはどれも甲乙つけがたいですね!
強いてあげるなら、中でも鶏団子は自分の中ではツボでしたね!

こうして見ると、スープ・タレ・麺、さらに各トッピングと、
全体を構成するどの要素もそれぞれはっきりした個性があり、
それらの役者が集まって1つのものを構成していくという、
そういったスタイルが明確に見えてくるラーメンでしたね!

清湯も興味がありますし、鶏白湯の醤油も食べてみたいですし、
さらにはつけ麺に限定メニューと、そのどれもが魅力的ですね!

しかも夜限定のサイドメニュー「親鶏のせせり」も惹かれますし、
これはもう何度も通わないといけないお店の一つと言えますね!

とにもかくにもやっと初訪問できた喜びでいっぱいです!
そしてやはりそれだけの価値のある見事なラーメンでした!(゚x/)モキキッ

お店の住所と地図 大阪府大東市灰塚6丁目7-9
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/11 09:31)

大東市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.