PL花火芸術 2014

8月1日にPL花火芸術を見に現地まで足を運んできました!
例年どおり有料のローンパーク会場での観覧となります!

ただ今年は・・・風の強さと風向きが非常に悪かったですね;

観覧場所から見て左手前に向かってゆるい風が吹く感じで、
花火で出た煙が次の花火をすぐ覆い隠してしまうのです;

手前に向かってくる風が条件としては一番悪いのですよね;
奥の方向に風が吹いてくれれば非常にいいのですが!

なので、位置的にはローンパークや現地の道路上で
見ていた人の条件が最も悪かったと言えそうです;

花火の数も今年は前年よりも少し減ったようではありますが、
それ以上にやはり煙の影響が強かったと言えるでしょうね!

そのかわりPLの教団施設からは見やすかったかもです!

昨年はローンパーク会場や有料の特別観覧席の条件が良く、
教団施設側に風が吹いているといった逆の状況でしたが!

今年もYoutubeの動画をもとに花火の内容を紹介します!(`・ω・)+

今年は有料の特別観覧席も条件はそこそこだったようです!

一部の花火については煙にやられてしまってますが、
それ以外についてはまあまあ良く見えてる感じです!


(Youtubeで見る場合はこちらから)

PL花火の公式サイトに掲載された花火のプログラムをもとに
映像での時間を記載しつつ花火を紹介していこうと思います!(=゚ω゚)

今年もtwinkleromanceさんの動画を利用させていただきました!

花火動画はYoutubeでフルスクリーンにして見るのがオススメです!

1. 開幕 (0:00~)
[公式サイトでの説明]
7ケ所から銀の椰子状花火が一斉に打ち上がり、
その後緑の満星とスピン星が開花する開幕花火。
(引用ここまで)

7つの位置から花火が連発で打ち上がっていきます!
特別観覧席からだと横への広がりがあるのがいいですね!

この7つの花火を同時に打ち上げるのを維持しつつ、
徐々に勢いが増していくという流れになっています!

最近は開幕花火もけっこうスタイルが変わってきてます!
時間はやや短いものの、今年はなかなか趣向が凝らされてました!

ローンパークからだと煙がけっこう気になりましたが、
特別観覧席にはそこまで煙の影響は出ていませんね!(*゚ー゚)

2. 冠(かむろ)の舞 (2:30~)
[公式サイトでの説明]
冠柳の打ち上げ花火。
(引用ここまで)

ゆったりとした大玉系の花火となっています!

煙がけっこうあって、その煙の層を突き抜けるように
花火が開いているのでちょっと見え方が独特ですね!

それによって赤い星がきらめいてるようにも見えます!
これはこれでちょっと面白い見え方にもなってますね!

ローンパークからは煙だらけであまり見えなかったですが、
こちらの動画だと煙がありつつもけっこう楽しめますね!(●・ω・)

基本的にゆったりとした流れのパートではありますが、
7:20から激しくなり9:20あたりでクライマックスを迎えます!

9:35~10:40は煙が流れるのを待つ休憩時間となっています!

3-1 黄金郷 (10:40~)
[公式サイトでの説明]
夜空に黄金の牡丹が咲き満ちるスターマイン。
(引用ここまで)

黄金色の花火を同じ位置から連発するタイプの花火です!

この日は風が弱めでどうしても煙がこもりがちだったので、
こういった連発系の花火はどうしても見えにくくなりますね;

金色の花火自体はきれいなだけにもったいなくもあります!(=゚ω゚)

3-2 ヤグルマギク (12:35~)
[公式サイトでの説明]
桃色ヤグルマギクと青ヤグルマギクの連続発射。
(引用ここまで)

こちらも同じ位置で連発するタイプの花火で、
花束を連想させるカラフルなものとなっています!

こちらに飛んでくるような色の粒が特にきれいです!

13:15あたりから一気に盛り上がり美しさも増します!

ただ、3-1の「黄金郷」ほどではないものの
徐々に煙がこもってくるのがやや残念ですが(;゚◇゚)

4. 造形 (14:50~)
[公式サイトでの説明]
扇型に開花する花火を多用した規模の大きいスターマイン。
(引用ここまで)

ローンパークから見て一番盛り上がったのがこの花火です!

横に大きく広がりながら様々な花火が休みなく打ち上がり、
後半にかけてさらに盛り上がり息つく暇もありませんでした!

このときはちょうど風向きがちょっと変わっていたのですよね!
そのおかげでローンパークからもよく見える状態でした!

そのかわりこの動画では逆に煙だらけになっています;
風向きの大きさというものを嫌でも強く感じさせられます;

「あの素晴らしかった花火がこんなふうになっちゃうの?」と
煙のあるとなしで一気に印象が変わるのが驚きでしたね!

そこでこの「造形」だけ別の動画も見つけてきました!


(Youtubeで見る場合はこちらから)

こちらの動画ならこの強烈な迫力がしっかりと楽しめます!
このセクションは思い出すだけで興奮がよみがえってきますね!

19:10~21:50は例によって煙の流れ待ちの休憩となります!

5. 花園 (21:50~)
[公式サイトでの説明]
6ケ所からの銀菊の一斉発射に始まり多彩な花火が咲き誇る打ち上げ花火。
(引用ここまで)

強烈な花火の後はゆったりとした大玉系がやってきます!
遠くからだとこういう花火が一番見えやすいのでしょうけども!

基本的にじっくりと一つ一つを楽しむという感じですが、
趣向を凝らした玉も多くよくよく見ると見所も多いです!(*゚ー゚)

たしか5色に変わるような花火もあったと思いますが、
このあたりの変化は動画だとやはり難しさがありますね!

6-1 天空の煌き (32:30~)
[公式サイトでの説明]
3ケ所から回転輪菊の花火が打ち上がり、
ピンク・レモン・水色の点滅星が咲き続くスターマイン。
(引用ここまで)

こちらは迫力で攻めるタイプの花火ではないのですが、
その新しい花火の技術の高さを強く感じさせてくれました!

動画だとどうしてもその凄味が伝わりにくい面がありますが、
円形の花火が広がってから、それが1つずつ星のように光ってから
1つ1つ円を描くように順に消えていく様は実に幻想的でした!

これはイルミネーションを意識した花火のようですね!
一瞬光っては消えて、という感じが上手く出ています!

そして33:35あたりからはまた違った花火が登場します!

普通は球形の花火が開くと ◎ の形が出てくるのですが、
まずこの半分だけが光り、時間差でもう半分が違う色で光る、
ここで登場しているのはおそらくそういう花火だと思われます!

いやはや、花火の技術革新も素晴らしいものがありますね!
こういう美しい新作花火も毎年のPLの大きな楽しみです!(*・ω・)

6-2 夜空の花束 (34:40~)
[公式サイトでの説明]
オレンジ色の柳が降り注ぐスターマイン。
(引用ここまで)

こちらは同じ場所から連続して打ち上げるタイプです!
ぽつぽつと打ち上げることで花束を連想させる花火です!

・・・が、この日の風でこのタイプは厳しかったですね;

いい風だったらもっと楽しめたはずなのですが、
ローンパークでもこの動画でも煙がこもってしまい、
この花火の良さの2割ぐらいしか楽しめなかったです;

これも新作花火だっただけにもったいなさが残りますね(´・ω・)

どうもこのあたりの時間帯から風がほぼ止まって、
そのために条件としては非常に悪くなっていました;

7. 終幕 (37:30~)
[公式サイトでの説明]
まばゆい光を伴いながら青満星が連続して打ち上がり、その後錦先紅菊の一斉発射。
(引用ここまで)

さて、最後はPLの大定番の「終幕スターマイン」です!

ただ、6-2の時点で風が弱まって煙がたまっていたうえに、
煙の流れ待ち休憩なしでここに入ってしまったのですよね;

そのためいつもよりはどうしても迫力は落ちがちでした;

それでもPL花火の主役とも言える花火でもあります!

青の花火が怒涛の勢いで連発され、そこから間髪入れずに
数千発の赤い花火を打ち上げて花火は終焉を迎えます!

この最後の圧倒的な花火の迫力を見せ付けられると、
名残惜しさ以上にスカッとさせてくれるのですよね!(●・ω・)

ここ10年で最高クラスだった昨年と比べてしまうと、
今年は煙の影響がどうしても強く出がちでしたが、
「造形」をはじめ素晴らしい花火も多くありました!

また、例年に比べると今年は比較的涼しかったので、
待ち時間が楽だったという点でも良かったですね!

ということで、今年のPL花火芸術でございました!(゚x/)モキュリッ

【関連記事】
PL花火芸術 2014
PL花火芸術 2013
PL花火芸術に行ってきました!(2012年)
PL花火芸術を見に行ってきます!(2012年)
PL花火芸術までの道のり(2011年)
PL花火芸術に行ってきました!(2011年)
PL花火芸術2010 Part3
PL花火芸術2010 Part2
PL花火芸術2010 Part1
PL花火芸術に行ってきました!(2010年)
PL花火芸術 Part 1(2009年)
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ★☆花火☆★ | ジャンル : 日記

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.