中華蕎麦 葛 出し蕎麦&味玉ローポー丼

本町にある「中華蕎麦 葛」へと初訪問してきました!
ちなみに店名の「葛」は「かずら」と読みます!

一昨年の開店からずっと注目していたお店ではあったのですが、
例によって昼営業のみなのでなかなか行けなかったのですよね!

また、こちらのお店はコストパフォーマンスが良すぎることで有名で、
そのために行列がかなりできてしまいそうという問題がありましたしね!

でも今回は開店直後ということもあって、すんなり入店できました!

ラーメンは鶏白湯+醤油の「出し蕎麦」、鶏白湯+塩の「あわい蕎麦」、
この2種類がありますが、今回はよりメインである前者にしました!

そしてこの「出し蕎麦」、驚くことに価格が550円なのですよね!(;゚ω゚)

食べるのが逆に申し訳なくなってしまうほどの価格ですよね;
コストパフォーマンスがいいというレベルを通り越してますし!

また、こちらのお店は「ローストポーク丼」も出してるのですが、
それのハーフバージョンがあったのでそちらも注文しました!

中華蕎麦 葛 出し蕎麦

ということで、メインの「出し蕎麦」がやってまいりました!

泡泡としすぎていて、もはや全貌がわからなくなってますね!
泡の海に浮かぶレアチャーシューとねぎという感じになってますし!笑

初期の頃はここまでの泡泡っぷりではなかったようなのですが、
時間を経るにつれてだんだんとその泡が凄くなってきたようです!

最近流行りの泡系ですが、実はちゃんとした理由があるのですよね!

こちらの店主さんのインタビューによると、スープの濃度が高いので、
そのままだとタレとスープがちゃんとまざってくれないそうです!

そこでハンドミキサーを使って両者をまぜ合わせると、
その際にこうして必然的に泡が立つというわけです!

もっとも全てのお店が同じ理由なのかはわかりませんが!
鶏油を乳化させる目的で使っているケースもあるでしょうし!

さて、そのスープですが・・・うはっ、何でしょうこのクリーミーさは!(●・ω・)

いや、これはちょっと自分の中では衝撃的なスープでしたね!

鶏白湯と一口に言ってもいろんなスタイルのものがありますが、
「鶏白湯はこれほどまでにクリーミーになることができるのか」、
そんなふうにガツンと一発でノックアウトされる思いでしたね!

やはり泡系であることで、丸みとやわらかさが強く出ていますが、
鶏の持つコクや風味についてももうビシビシと伝わってきます!

鶏という素材の持つコクや個性を中心にどしっと置いたうえで、
それを絶大な丸みやクリーミーさが包み込んでいる感じですね!

だから濃度は高いのに鶏白湯特有のクセや重さは前面には出ず、
やわらかさと優しい丸みを持ったコクとして伝わってきます!

鶏の持つ個性をとことん出した鶏白湯は重くなりがちですが、
こちらはそこを抑えることで丸みを前面に出すのではなく、
鶏の個性を凝縮したまま丸く仕上げてきているのですよね!

なので、濃度、口当たり、クリーミー感、鶏の持つ個性、
食べた後の重さ、どれもがパーフェクトにまとまってます!

自分が今まで食べた鶏白湯系としては最上位に位置しますし、
鶏白湯に対する概念そのものを変えてくれもしましたね!(`・ω・´)

そしてそうした鶏白湯の活躍の裏には魚介の旨味もありますが、
それはあくまで軽い下支えであり、あくまでサブの存在ですね!

ここはまず何より鶏白湯の深みを楽しむことに集中しましょう!

しかしながら、このスープにはもう一つ隠し玉が潜んでいます!
それがチャーシューの下あたりに忍ばされたマー油なのですよね!

そしてこのマー油・・・これがまたスープと麺に合うのですよ!(*゚◇゚)

ニクいなぁと言いますか、鶏スープだけで十分に旨いのに、
マー油のアクセントでまたもう一つ違った表情まで見せる、
このテクニックにもまた大いにうならされてしまいましたね!

このマー油については全体に広げてしまうのではなくて、
マー油のある部分とない部分で別々に食べることによって、
2つのおいしさを味わうというのが最もいいでしょうね!

トッピングはレアチャーシュー、玉ねぎ、青ねぎです!

鶏白湯の薬味に生の玉ねぎはけっこうよく使われますが、
こちらは量も少なめで、ほんとにごく軽いアクセントです!

あまり多いと玉ねぎの辛味が勝ちすぎてしまいますからね!

そしてレアチャーシューですが、これもよくできてますね!(=゚ω゚)

味付け、しっとりした肉質、熱が少し入ったときの変化、
それどれも文句なく、実にバランスのよいレアチャーでした!

中華蕎麦 葛 出し蕎麦(麺のアップ)

そして麺は中ぐらいの太さとやや加水が低めのストレート麺です!
泡泡になってしまって、麺の形状が少々伝わりにくいですが!

やはり鶏白湯にはこうしたやや加水の低い麺が合うというか、
泡泡のスープを持ち上げる力が高く、そこにパスッとした歯切れ、
この2つが合わさると鶏白湯らしい旨さがしっかり映えますね!

泡スープ+低加水麺なので、完全にスープ勝ちしそうですが、
そこそこの太さがあるのでそこまでのスープ勝ちでもなく、
それでいてスープを運ぶ機能性も高いというのがいいですね!

中華蕎麦 葛 味玉ローポー丼

そしてこちらはサイドの「味玉ローポー丼(ハーフサイズ)」です!

要は「ローストポーク丼」をハーフにして、
生卵を味玉に変更したのがこちらのものですね!

名前が短くなってるのは券売機の文字表示数の問題でしょう!

自慢のローストポークはとにかくしっとりとした質感で、
もはや完全にご飯よりも肉のほうが多くなっています!

なので、とことん肉を食べたい人のためのメニューですね!(`・ω・)+

そこに飴色玉ねぎやバジルのソースがかかっています!
味玉も味付け、熱の入り具合と申し分のないものです!

そして面白いのはここにごぼうが入ってる点なのですよね!

このごぼうがコリッとした食感と野性味のある香りを運び、
全体の風味を決めるためのいいアクセントとなっています!

とにかく今回の一杯はその鶏白湯スープの凄味に尽きますね!(*・ω・)

その丸み、深み、クリーミーさ、濃度が高いのに重く感じさせない、
まろやかながらも凝縮された鶏の旨味、そうした何もかもの要素が
自分が理想とする鶏白湯に対する満額回答のようでありましたね!

これが550円・・・少なくとも200円値上げしても全く問題ないですよ!
ただ、この価格でこそやっていきたい思いは強いみたいですけどね!

こちらのお店は泡系で有名な奈良の「みつ葉」とも関係が深く、
のれんを「みつ葉」さんから提供されたりもしてるのですよね!

となると、今度は行列覚悟で「みつ葉」も行かないとですね!

自分の中の鶏白湯の常識を覆してくれる衝撃の旨さの一杯でした!(゚x/)モッギュリリリィー

[メニュー]
中華蕎麦 葛 券売機

お店の住所と地図 大阪府大阪市西区阿波座1-12-21 喜多ビル 1F
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

8/28発売 麺ニッポン 信州王様辛味噌ラーメン

8/28発売の日清「麺ニッポン 信州王様辛味噌ラーメン」を食べました!
各地のご当地ラーメンをカップ麺化する「麺ニッポン」からの新作です!

8/28発売 麺ニッポン 信州王様辛味噌ラーメン

このシリーズは以前はコンビニでも非常に頻繁に見かけたのですが、
前作の「長崎ちゃんぽん」から見る頻度が一気に下がったのですよね;

「長崎ちゃんぽん」がご当地麺として平凡すぎたのもありますし、
今回発売された「信州王様辛味噌ラーメン」はその前身にあたる
信州味噌ラーメン」のアレンジバージョンに近いですからね!

最初にコンビニを何店舗か回ったときに見かけなかったので、
もし見つからなかったらスルーでいいやとも思ったのですが、
駅に近いファミマで見つけることができたので購入しました!(*゚ー゚)

8/28発売 麺ニッポン 信州王様辛味噌ラーメン(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープという構成になってます!
ノンフライ系カップ麺としてはごく普通の組み合わせと言えるでしょう!

8/28発売 麺ニッポン 信州王様辛味噌ラーメン(できあがり)

今回はずいぶんと大ぶりの白ねぎが入るスタイルになってますね!
そのかわり前回のポイントの一つだった野沢菜が外されてますが!

まずはスープですが・・・おっと、にんにくがなかなか強いですね!(●・ω・)

甘みから刺激まで、けっこう複合的なスープとなっているのですが、
その中でも真っ先に目立ってくるのがにんにくの刺激となっています!

そして麺を食べているときはそれほど前面には出てこないものの、
スープだけを飲むと辛味噌らしいピリリとした持続性の辛味が来ます!

前面に出るのはにんにくながら、食べ進むともう少し味が複雑で、
とがりのない丸みのある味噌ダレ、そしてりんごの風味が来ます!

りんごの風味はあくまで全体の下支え的な役割ではありますが、
さわやかで自然でクセのない甘みは非常に効果的ではありますね!

りんごの存在感を出すためにりんごを入れているというよりは、
砂糖では出せない自然な甘さを出すために入れている感じです!

りんごの存在感は「信州味噌ラーメン」のときよりは下ですが、
それでも辛味噌やにんにくの裏できっちり主張はしてましたね!(=゚ω゚)

また今回は油脂としてごま油がカギになっているようですが、
にんにくの主張に押されてしまって目立ってなかったですね!

食べていて感じたのが単体のラーメンとして作られたというより、
「信州味噌ラーメン」に刺激のアクセントを加えることによって、
「信州味噌ラーメン」の幅を広げる狙いの商品に見えたのですよね!

難しいのは「信州味噌ラーメン」がもっと丸み重視だったのに対して、
こちらは辛味噌やにんにくで刺激の方を大きく強めていることから、
本来持っていた個性が多少はかき消されている面がある点ですね!

一方でより複合的な旨さを持つようになったのも事実ですが、
にんにくに関してだけはもう少し控えめでも良かったかもです!

スープの原材料は味噌、香辛料、植物油脂、ポークエキス、
香味油、豚脂、糖類、たん白加水分解物、豆板醤、食塩、
デキストリン、リンゴペースト、ポーク調味油となってます!

豆板醤を使うことで、辛味噌らしい風味がベースに出てましたね!

麺は中ぐらいの太さのストレートのノンフライ麺となっています!(*゚◇゚)

味噌ラーメンというと、一般的に太麺の多加水麺の印象がありますが、
これはそれほど加水が高くなく、プリプリ感があまり強くないですし、
多少ポソポソ感もあるぐらいの中~低加水ぐらいの麺に感じますね!

でもって、麺もそこまで太くないのでそこは意外性があります!
もっともこの麺の特性は「信州味噌ラーメン」でも同様でしたが!

辛味噌部分を除いたスープは非常に優しいタイプとなってるので、
これぐらいの麺のほうが合うという判断なのかもですね!

麺の量は70gで、カロリーは423kcalとなっています!
脂質は14.4gで、「信州味噌ラーメン」と大差はないです!

具材はねぎ、味付肉そぼろ、赤唐辛子という組み合わせです!

赤唐辛子に関しては具材というよりは薬味の一部ですね!
これが口に時折入ることによってピリ辛感が演出されます!

肉そぼろは量が控えめで、味もあまり特徴はないですね!
一応は全体に肉感を加えるというような役割になってます!

そしてねぎですが・・・これに関しては抜群の内容です!(`・ω・´)

とにかく大ぶりでリアル感の高い白ねぎがどっさり入っていて、
これがシャキシャキとした食感はもちろんねぎの甘みを炸裂させ、
これがスープとの間で非常に大きな相乗効果を発揮してくれます!

とりわけこのねぎの甘みがりんごの持つ甘みと重なり合わさり、
このスープにおける自然な甘みの存在意義を見せ付けてくれます!

野沢菜を外してでもねぎを改良したのは正解と言えるでしょう!

にんにくの強さには少々面食らってしまったところもありますが、
「信州味噌ラーメン」の特徴についてはベースに残っていて、
豆板醤的な辛味噌が絡むなど、一つのアレンジとして見れば、
「これはこれで面白いかも」と思えるラインではありましたね!

ポイントはねぎの甘さと食感、ここに注目すれば楽しめそうですね!(゚x/)モッギリュー

【関連記事】
麺ニッポン 信州王様辛味噌ラーメン
麺ニッポン 長崎ちゃんぽん
麺ニッポン 京都背脂醤油ラーメン
麺ニッポン 博多とんこつラーメン
麺ニッポン 札幌濃厚味噌ラーメン
麺ニッポン 喜多方ラーメン
麺ニッポン 青森濃厚煮干ラーメン
麺ニッポン 函館塩ラーメン
麺ニッポン 尾道ラーメン
麺ニッポン 横浜家系ラーメン
麺ニッポン 八王子ラーメン
麺ニッポン 信州味噌ラーメン
麺ニッポン 近江ちゃんぽん

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.