麺と心 7 冷やしあさり白湯 ~コクまろ豆乳仕立て~

8月の月別限定を求めて「麺と心 7」に行ってきました!

体調が悪かった頃は月の下旬の訪問が多かったですが、
最近は月の早いうちに訪問するようになってきましたね!

今回も訪問したのは8月3日とかなり早いタイミングでしたし!

さて、今回の魚介白湯の素材は「あさり」となっています!(=゚ω゚)

こちらのお店は7月や8月は月別限定が冷やしになってくれるので、
訪問する側としても非常に気軽に行くことができるのですよね!

熱いラーメンだとこの時期はそれだけで少し構えますからね;

麺と心 7 冷やしあさり白湯 ~コクまろ豆乳仕立て~

というわけで、「冷やしあさり白湯」がやってきました!
麺量はもちろん無料で増やせる「中盛」としています!

いかにもこちらのお店らしくトッピングが豪華ですね!

奥には海苔、中央には焦げ目をつけたキャベツを中心に
そこにあさりのむき身や輪切り唐辛子などを乗せています!

その右側には炒めたエリンギ、右奥には殻付きのあさり、
そして右手前にはなんと柴漬けが入ってるのですよね!

ラーメンのトッピングで柴漬けというのは初めて見ました!

まずはスープですが・・・やはりあさりは外してきませんね!(●・ω・)

魚系に比べると、貝の旨味はクセがあっても誰もが慣れてますし、
旨味と個性も強いので、それだけでも味がきれいに決まりますね!

貝系を主役に据えたラーメンで外してくることはまずないですね!

以前に出たことのあるはまぐりのラーメンほど強烈ではないですが、
それでもあさり特有の旨さがストレートに伝わってくるスープです!

醤油を使わないあさりのお吸い物をイメージしても近いですね!

もちろんこちらは冷やしのラーメンなのでそこは大きく違いますが!
貝系の旨味って、冷やしでも全く損なわれずに生きてくれますね!

貝系のラーメンって旨味の直球感がものすごかったりしますが、
こちらは豆乳を使うことでそこに上手く丸みをつけてますね!

豆乳の持っている風味がダイレクトに出てくる感じではなく、
貝特有の旨味を丸める役割というふうに言ったほうが近いです!

おそらくスープ本体と左奥に見えるエスプーマ(泡)の両方に
豆乳が使われていて、ベースのほうにも一定の丸みをつけつつ、
エスプーマによってさらにコクを高めるという感じなのでしょう!

ただ、食べているとエスプーマはそこまで目立たなかったですが!(*゚◇゚)

そしてこのラーメンはトッピングも面白い役割を演じてましたね!

今回のトッピングは単にラーメンの上に乗っているだけではなく、
具と一緒に麺を食べることで全体の完成度が高まる感じでしたね!

トッピングはレアチャーシュー、海苔、キャベツ、あさり、
エリンギ、輪切り唐辛子、そしてなんと柴漬けが乗ります!

この中で最もびっくりしてしまうトッピングは柴漬けですよね!
柴漬けが乗るラーメンなんて自分としても初めて見ましたし!

そうすると一見なんだかふざけているようにも見えるのですが、
トッピングの中でも最もハマっていたと言えるほどの相性でした!

冷やしということで、柴漬けのさっぱり感が上手く合いますし、
かつ食感の面でもあのパリパリ感がアクセントになるのですよね!(`・ω・´)

このトッピングはちょっとアイデア賞ものと言っていいですね!

そしてもう一つ欠かせないトッピングがキャベツでしたね!

ちょっと焦げ目をつけることで甘さと香ばしさを出していて、
麺と絡めて味を高めるという点では最も貢献していましたね!

この焦げ目による風味のアクセントがよく効いていましたね!

そして風味を重ねるという点では海苔もよく活躍していました!

海苔はもともと磯の香りがあるので貝とは相性がいいですし、
麺と一緒に食べることで予想通りの旨さを発揮してくれます!

炒めたエリンギも食感と風味でアクセントになってましたね!
エリンギはきのこの中でも特に食感が生きてくれますからね!!

純粋にトッピングとして楽しめるのがあさりとレアチャーです!

あさりは殻付きを2個と、キャベツの上にむき身が数個乗ってます!
食べやすさとビジュアルを両立させた乗せ方と言えるでしょうね!

全部殻付きにしてしまうと、どうしても食べにくくなりますし!

麺と心 7 冷やしあさり白湯 ~コクまろ豆乳仕立て~(麺のアップ)

今回は焙煎小麦が練り込まれた平打ちストレート麺が使われています!

いつもは歯切れの良さを残すような茹で具合であることが多いですが、
今回は冷やしということで、つるみをより重視した感じでしたね!

なので、多加水麺らしいプリッとした質感がしっかりと感じられ、
それでいて硬さではなくしなやかさを感じさせる食感に調整され、
なおかつつるつるとすするのが心地いいバランスのいい麺でした!

こちらで食べる平打ち麺の中でも特に印象が良かったかもですね!(*゚ー゚)

冷やし向けの麺って食感が強くなりすぎることも多いのですが、
こちらはそうした面での調整もずいぶんと上手くなってますね!

それにしても冷やしラーメンもずいぶんと定着してきましたね!
今では冷やしを食べても珍しさなどは特に感じないほどですしね!

スープについても冷やしすぎない絶妙のラインになってましたし、
長い間の経験あっての旨さなのだなぁ、とも思わされましたね!

貝の旨さをきれいに丸めつつ、トッピングも楽しい一杯でした!(゚x/)モキーン

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 冷やしあさり白湯 ~コクまろ豆乳仕立て~(メニュー紹介)

[曜日別裏メニューの紹介]
麺と心 7 裏メニュー

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

8/14発売 でかまる BLACK 黒胡椒醤油ラーメン

8/14発売の東洋水産「でかまる BLACK 黒胡椒醤油ラーメン」を食べました!

先週に似た名前の「でかまる BLACK 黒胡椒焼そば」が出てますが、
その1週間後にそのラーメン版が発売されたということですね!

こうした商品は同時発売にするケースのほうが多いのですが、
今回はあえて1週間だけ離して発売するという形になりました!

8/14発売 でかまる BLACK 黒胡椒醤油ラーメン

味の方向性に関してはおそらく焼そば版とほぼ同じでしょうね!
黒胡椒がガンガンに効いた黒醤油系のスープが予想できます!

おもいっきり「それって富山ブラックだよなぁ」と思えますが!(=゚ω゚)

おそらくは「富山ブラック」の黒醤油+黒胡椒をモチーフに
今回の2商品が企画されたものではないかと思われますし!

ただ、東洋水産の「富山ブラック」は胡椒が大人しいことが多く、
あまりガツンと来る攻撃性が期待できない可能性もありますが!

でも先週の焼そば版は良かっただけにこちらも期待したいですね!

8/14発売 でかまる BLACK 黒胡椒醤油ラーメン(内容物)

内容物はFDかやく、粉末スープ、液体スープという構成です!
スープは粉末も液体もどちらも後入れ仕様となっています!

かやくはフリーズドライの肉具材となっています!
肉以外の具材についてはあらかじめカップ内に入ってます!

8/14発売 でかまる BLACK 黒胡椒醤油ラーメン(できあがり)

FDの肉具材に多めのなるとにメンマ、具材は充実してますね!

まずはスープですが・・・あぁ、胡椒はちょっと大人しいですね!(●・ω・)

焼そば版は一口目からガツンと黒胡椒の刺激がやってきましたが、
やはりそれに比べると胡椒の風味の出だしのインパクトは劣ります!

ただ、一般的に見れば十分に黒胡椒の強いスープなのは間違いなく、
胡椒に弱い人はうかつに手を出さないほうがいい内容ですね!

でもって、最初こそ黒胡椒の刺激が控えめには感じるものの、
食べ進めるにつれてじわじわと攻撃性を増してくるのですよね!

自分としてはもっと突き抜けてほしいと思えるレベルでしたが、
それでも黒胡椒を主役としているのが明確に伝わる強さはあります!

なので、あまり期待しすぎなければ刺激の強さにも満足できるでしょう!

そしてベースのスープですが・・・これがなかなかいいのですよね!(*゚◇゚)

鶏ベースのスープに豚脂を浮かべ、香味野菜をしっかり効かせ、
そこに強めの黒醤油と黒胡椒を効かせたスープとなってますが、
ベースの動物系と黒醤油のコク、香味野菜のバランスが秀逸です!

「富山ブラック」というと、醤油のキレだけが前面に出がちですが、
これはたしかにタレを重視したタイプのスープになってはいるものの、
ちゃんと動物系のコクと香味野菜の風味がいい下支えになっています!

なので、キレばかりが前面に立つスープにはなってないのですよね!

そのため、黒醤油の持っている風味もいい方向に作用していて、
ちゃんと醤油の持つ旨さが全体と調和できているのですよね!

東洋水産からは以前にノンフライ麺の「富山ブラック」が出てますが、
スープに関しての総合的な印象はこちらのほうが一段上になりますね!

スープの原材料は醤油、チキンエキス、豚脂、食塩、
香辛料(黒こしょう、にんにく、しょうが)、植物油、
野菜エキス、砂糖、酵母エキスとなっています!

以前のノンフライ版の「富山ブラック」は豚ベースでしたが、
こちらは豚ではなく鶏のスープがベースになっていますね!

どちらが本来の「富山ブラック」に近いのか調べてみましたが、
明確な定義はなく鶏を使うお店も普通にあったりするようで、
黒醤油+黒胡椒以外はいろんなバリエーションがあるみたいです!

麺はいかにも「でかまる」らしいつるみのある太めの油揚げ麺です!(*゚ー゚)

この麺って不思議と表面にちょっとしたぬめり感があって、
これが麺をすするうえでいい効果を挙げてるのですよね!

このあたりはおそらく意図的にそうしているのでしょうね!

太麺というと細麺に比べてすすりにくいのが一般的ですが、
この麺はそのつるみによってすすりやすくなってますしね!

また、この麺のほどよいスナック感も意外といいのですよね!

「富山ブラック」はどうしてもキレの強いスープになるので、
ノンフライ麺だと全体的にシャープさが前面に出てきますが、
油揚げ麺だとその風味が鋭さをほどよく緩和するのですよね!

これも以前に出たノンフライの「富山ブラック」より良かったです!

麺の量は大盛の90gで、カロリーは539kcalとなっています!
脂質は25.1gで、食べた感触よりもやや高めの数字となってます!

具材はFD焼豚、メンマ、なると、ねぎという組み合わせです!

原材料にはデキストリンやゼラチンも書かれているのですが、
これはFDの肉具材を繋ぎ合わせる目的で入ってるものですね!

まずは肉具材ですが・・・これはスープに抜群に合いますね!(`・ω・´)

東洋水産は普通の乾燥系のリアル豚肉もクオリティが高いですが、
こちらのFD焼豚はそれをさらに上回るリアル感を備えています!

一方でFD具材のほうが味付けが薄くなるという弱点もありますが、
今回はスープが強いのでそれを上手くカバーしてくれるのですよね!

スープの味が加わってちょうどバランスが良くなる感じです!
どうもこの肉具材はタレが強めのスープに合うようですね!

そしてなるとはノーマルながらもかなり多く入ってますし、
メンマも量が多く、さらに一つ一つも大きめのカットで、
なおかつコリコリ感も強いなど申し分のない内容ですね!

ただ、このなるとの多さはどうも個体差もあるようですが!

黒胡椒の刺激という点ではもう一歩欲しくもありましたが、
それでもこのスープの総合力の高さはさすがのものでした!

動物系のベース、香味野菜、黒醤油の風味、黒胡椒の刺激、
そのバランスが見事で、刺激的な黒醤油系ラーメンとして
具材も含めて十分に満足がいくだけのものが備わってました!

刺激的なラーメンをがっつりいきたいときには最適な一杯ですね!(゚x/)モッキヨーン

【関連記事】
でかまる BLACK 黒胡椒醤油ラーメン
でかまる BLACK 黒胡椒焼そば
でかまる 沖縄そば
でかまる 濃厚どろ豚骨ラーメン
でかまる 辛肉担担麺
でかまる メチャ盛り! コーン塩バター味ラーメン
でかまる 尾道ラーメン 背脂醤油
でかまる 白だし醤油ワンタン麺
でかまる 長崎チャンポン
でかまる 旨コク豚骨しょう油ラーメン
でかまる 濃厚豚しおワンタン麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

8/14発売 チキンラーメンどんぶり トリプルチーズ

8/14発売の日清「チキンラーメンどんぶり トリプルチーズ」を食べました!
今週のチキンラーメンの新作2商品のうちの一つとなります!

8/14発売 チキンラーメンどんぶり トリプルチーズ

もう一つが「から揚げレモン&ペッパー」とすっきり系なのに対し、
こちらはチーズを加えることでまったり路線に振ってきてますね!

そもそもチキンラーメンってあまりアレンジの幅を大きくしにくく、
それゆえにできるだけ差別化しようと努力したのがうかがえますね!(*゚ー゚)

3種類のチーズがどのように効いているかに注目したいですね!

8/14発売 チキンラーメンどんぶり トリプルチーズ(内容物)

チーズブロックが2種類入っているのが乾燥状態でもわかりますね!
ここに後入れの粉チーズが加わって3種類となるみたいですね!

でもって、チーズ以外にコーンなども入っているようです!

8/14発売 チキンラーメンどんぶり トリプルチーズ(できあがり)

おぉ、これはまさしくチーズが主役のラーメンと言えますね!
3種類とも多めに入っていて、量にも不足感がないですしね!

色から判断したところ、左がチェダー、中央がモッツァレラ、
そして粉チーズがゴーダチーズとなっているのでしょうね!

この組み合わせは以前に出た「3種のチーズ」と全く同じですね!

まずは基本のスープですが・・・やはり変わりはないですね!(=゚ω゚)

特に味を変化させる粉末スープ的なものが入るわけではなく、
基本はあくまでいつもの麺から出る風味によるスープです!

そんなスープの方向性を最も変化させるのが粉チーズですね!

チーズブロックは溶かしてしまえばスープと一体化しますが、
あえて溶かさずに麺に絡めながら食べることもできるので、
直接的にスープに影響が出やすいのは粉チーズとなります!

ゴーダチーズはけっこうコクを強く持ったチーズでもあるので、
スープ全体のチーズ感の底上げという点で大きく貢献しますね!

かといって、完全に溶けてスープ全体に広がるというよりは、
少し溶けながら底に粉状の状態で残るという形になるので、
全体を軽くかきまぜつつ食べると上手く麺と絡んでくれます!

また、スープの底を漁る際のチーズ感を高めるのにも貢献します!

そして2種類のチーズですが・・・どちらもなかなか効果的です!(●・ω・)

まずは白いモッツァレラですが、こちらはミルク感が強いですね!

モッツァレラはもともとフレッシュなタイプのチーズになるので、
ミルクの持っている風味がダイレクトに感じられるのですよね!

麺と絡めながら食べると鶏ガラ風味とミルク感が上手く合わさり、
非常に素直な形でまろやかさを高めてくれるのが印象的でした!

一方のチェダーチーズはチーズらしい風味を強調してくれますね!

粉ゴーダがコクを、モッツァレラがミルク感、チェダーがチーズらしさと、
それぞれがちゃんと個性を持ちながら主張してくるのは好印象でしたね!(*゚◇゚)

最初に全部溶かしてしまうとそのあたりが見えにくくなるので、
あえてあまり溶かさずに麺に絡めつつ食べるのがオススメです!

そういうふうにして食べても一定程度はスープに溶けるので、
どのみちけっこう強いチーズ感がスープに備わってきますし!

麺についてはいつものチキンラーメンと全く同じですね!
原材料の並びについても違いは全く見られないですし!

チキンラーメンの麺ってどんぶり型でも縦型ビッグでも
その印象がほとんど変わらないというのが面白いですね!

もともとシンプルなのでカップの形状を問わないのでしょうね!
麺の原材料もどんぶり型と縦型で完全に共通となっていますし!

麺の量は80gで、カロリーは392kcalとなっています!
脂質は17.1gで、チーズが入る分だけ少し上がってますね!

ちなみに縦型ビッグと比べると麺量は5gだけ少なくなっています!

具材は先に紹介したチーズブロック以外にコーンとねぎが入ります!

コーンとねぎだけを見ると具材はさみしいと感じてしまいますが、
チーズブロックが多く、さらに粉チーズまで入ることを考えると、
むしろ具材は充実していると言ってもいいかもしれませんね!(`・ω・´)

希望小売価格で見ると縦型ビッグ版よりも25円も安いですし!
そう考えるとトータルとしてはかなりお得なのではないですかね!

粉末スープ的なものはないので、あくまで具材のアレンジではありますが、
粉チーズでスープにコクを出し、2種のチーズによってまろやかさを高め、
ちゃんと3種のチーズを使った効果を生かしていたのは良かったですね!

60周年が近いということもあって、ちゃんと気合が入っていました!

チキンラーメンの良さもチーズの良さもどちらも楽しめる一杯でした!(゚x/)モッキー

【関連記事】
チキンラーメン 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

8/14発売 出前一丁 まぜそば(2017年)

8/14発売の日清「出前一丁 まぜそば」を食べました!

今週は盆ということで新商品が一気に減るかと思いきや、
日清が一気に3商品発売するなどずいぶん気合が入ってますね!

8/14発売 出前一丁 まぜそば(2017年)

これまで「出前一丁」の汁なしバージョンとしては、ラーメン版の
「出前一丁」の味をおおむね再現した「焼出前一丁」が出てますが、
これはそれとはまた違った「まぜそば」としての汁なしになってます!

実は出前一丁の「まぜそば」もかなり前に出ているのですよね!

そのときはごまラー油がどっさりということで期待したものの、
単にごまラー油でベースを作った油そばみたいになってしまい、
逆に個性が薄れてしまうという難しいことになったのですよね;

今回はお酢が入るので、そのあたりがカギになりそうですかね!(=゚ω゚)

8/14発売 出前一丁 まぜそば(2017年)(内容物)

内容物は粉末ソース、ごまラー油、お酢となっています!

順番は粉末ソース→ごまラー油→お酢となっていますが、
お酢は食べ始めてから途中でかけてもいいでしょうね!

まぜそばにおけるお酢は後半の味変に使うことが多いですので!

8/14発売 出前一丁 まぜそば(2017年)(できあがり)

見た目はラー油を多めにまとった出前一丁という感じですね!

まずはその味ですが・・・やはりラー油ベースの油そばです!(●・ω・)

ただ、ベースの味はややシャープでシンプルな醤油味という、
出前一丁の醤油ダレらしい個性がしっかりと出てはいますね!

そしてそこに普段は少量だけであるごまラー油を大量に入れ、
出前一丁をとにかく一気に油そば路線へと引っ張った感じです!

「ごまラー油一辺倒になった出前一丁」とも言える味ですね!

これは一つの油そばとしてはアリと言えばアリなのですが、
やはり結果的に出前一丁感を損なう感じにもなっています!

そこでお酢を入れてみると・・・おっ、これは意外と面白いです!(*゚◇゚)

出前一丁+多めのごまラー油だと、単によくある油そばのベースに
出前一丁の醤油ダレを使ったぐらいの個性にしかならないですし、
ごまラー油が目立ちすぎて全体が重くてやや単調になるのですが、
お酢のさっぱり感が入ることで上手い具合に個性が立ってます!

それもお酢を最初から入れず、1/3ぐらい食べたところで入れると、
出前一丁の醤油ダレ、ごまラー油のまったり感、お酢の清涼感と、
この3者の存在感がそれぞれ際立つことで逆にまとまってくれます!

このあたりは何年も前に食べた「まぜそば」よりも好印象でしたね!

ごまラー油の多さで単調にならないよう工夫したのは正解でしょう!

ソースの原材料は豚脂、植物油脂、醸造酢、ごま、糖類、醤油、食塩、
香味調味料、香辛料、たん白加水分解物、香味油、ポークエキス、ねぎです!

もともと「出前一丁」は動物系の要素をあまり入れなかったりしますが、
今回は「まぜそば」ということで、ラー油だけでなく豚脂も多いですね!

さらに粒ごまによって出前一丁らしいごまの香ばしさも加えるなど、
油脂攻めにしながらも出前一丁の個性にもいくぶん配慮されてます!

そしてここにお酢を加えることによって風味にメリハリをつける、
このあたりのバランスの取り方はなかなか上手くできていますね!(*゚ー゚)

麺は非常にシンプルで細めの縮れのついた油揚げ麺となってます!

これといってはっきりした特徴を持った麺ではないのですが、
ほどよいプリプリ感とレトロなカップ麺らしい趣もあって、
出前一丁の汁なしとはなかなかの相性を見せてくれてます!

まぜそばの麺という視点で見れば明らかに細麺なのですが、
出前一丁の延長線上という線で見れば非常に自然ですね!(`・ω・´)

麺の量は90gで、カロリーは551kcalとなっています!
脂質は29.0gで、カロリーとともにやや高めの数字ですね!

具材はキャベツとチャーシューチップという組み合わせです!

日清は汁なし系にはチャーシューチップを使うことが多いですが、
今回はその中でも細切れになってるのが多く存在感は弱かったです;

どうしてもスーパー向けの商品なので具材が弱くなるのですかね;

キャベツも多いとは言い難く、具材は全体的に弱かったですね!

基本はごまラー油を主役に立てた油そばという感じなのですが、
お酢による味変によって逆に醤油ダレなどの個性も立つなど、
味変素材の効果を最大限に感じられる仕上がりになってましたね!

お酢によってワイルドながらも出前一丁らしさが感じられ、
なおかつさっぱりと食べることができるまぜそばでした!(゚x/)モキニーン

【関連記事】
出前一丁 まぜそば(2017年)
出前一丁ビッグ 担々麺 辛ごまラー油
出前一丁 どんぶり 旨辛五目あんかけ風
出前一丁ビッグ 肉大盛り
出前一丁 どんぶり 旨辛台湾ラーメン風
出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン(2016年)
出前一丁 どんぶり(2015年)
焼出前一丁 カップ(2015年)
出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン(2015年)
焼出前一丁 カップ(2014年)
出前一丁 まぜそば
出前一丁 どんぶり(2011年)
出前一丁 まろやかミルク白湯

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

麺屋 一刃 つけ麺 並

定期的に通っている藤井寺の「麺屋 一刃」へと行ってきました!

3回目から5回目の訪問まではサイドメニューを開拓しましたが、
ほぼ全てのサイドを食べたので今回は麺料理に帰ってきました!

まだ食べていなかった麺メニューである「つけ麺」を注文しました!(=゚ω゚)

普段はつけ麺を食べるときは大盛で注文することが多いですが、
こちらに訪問するのはいつも午後8時30分ぐらいと少々遅いので、
就寝までの時間の間隔も考慮して並で注文することにしました!

こちらのお店のラーメンは純粋な鶏白湯系となっていますが、
つけ麺は煮干を前面に打ち出したものになっているのですよね!

そのあたりのスープの違いなどにも注目してみたいと思います!

麺屋 一刃 つけ麺 並

麺にはレアチャーシューと白髪ねぎ、穂先メンマ、味玉が乗り、
つけ汁にはダイスチャーシューとねぎが入る形になってます!

つけ麺のトッピングとしては王道とも言えるものとなってますね!

ただ、大阪においてこうしたビジュアルを定着させたのは、
間違いなく松原市にある「綿麺」であろうと思われますが!

レアチャーシューは手切りですが、きれいにカットされてますね!(*゚ー゚)

特につけ麺のレアチャーシューは薄めにスライスされてますが、
厚みにバラツキなどが出ないようにしっかりカットされてます!

レアチャーシューというと肩ロースが使われることが多いですが、
こちらはロースのチャーシューなのでその分すっきりとしています!

このあたりの特徴はレアチャーシューがそのままトッピングされる
つけ麺のほうがラーメンよりもダイレクトに伝わってきやすいですね!

このレアチャーシューはつけ汁に少しつけて食べるのもアリですが、
個人的なオススメは白髪ねぎをちょっと巻いて食べる方法ですね!(`・ω・´)

レアチャーシューって、ほんとねぎの辛味との相性がいいですからね!

それに対してつけ汁の中のチャーシューはバラとなっています!

このあたりの2種類のチャーシューの振り分けであったり、
ダイス状にカットされるあたりも「綿麺」を連想させますね!

標準で1個ついてくる味玉は卵黄のやわらかさもちょうど良く、
穂先メンマも非常にやわらかく味わいにいい変化をつけます!

麺屋 一刃 つけ麺 並(麺のアップ)

そして麺ですが・・・がっしり感とプリッとした質感が両立してますね!(*゚◇゚)

麺の表面のがっしりとした食感を過度にアピールするのでもなく、
かといってプリンプリンに弾けるほどに強い弾力でもないですが、
その両者の特徴を合わせ持たせたバランスの良さが感じられます!

プリ感を強めるとつけ汁とのなじみが多少悪くなることがあるので、
バランスとしてはちょうどこのあたりが落としどころではありますかね!

ただ、もうちょっともちもち感を感じさせてくれてもいいかもですが!

麺屋 一刃 つけ麺 並(つけ汁の具材)

そして主役のつけ汁ですが・・・おっ、これはなかなか好印象です!(●・ω・)

これまでこのお店で食べたラーメンとつけ麺のスープの中では、
これが最も自分の中でピタッとハマってきたと言えそうです!

おそらくベースはラーメンと同様に鶏白湯スープと思われますが、
つけ麺向けに煮詰めて濃度をより高めてるような感があります!

そしてこれがベースとして非常によく機能してるのですよね!

その厚みのある鶏白湯の中で煮干の主張がガツンとやってきます!

この煮干もパンチを出しつつも食べやすいラインに整えられており、
煮干の持つ特性とバランスのいい食べやすさが両立してるのですよね!

そのあたりは王道の動物系白湯+魚介のつけ汁に近いと言えますが、
その中でも鶏白湯の重厚さ、煮干ならでは個性などが出ていて、
王道のつけ麺に近いながらもちゃんと独自性が打ち出されてますね!

それでいて食べやすさもあるので、ファミリー層にも受けそうですし、
このあたりは上手く組み立てられてるなぁ、と思わされましたね!

また、つけ汁を温めるサービスやスープ割りなども提供されています!

自分は「つけ汁は冷めていくのが自然」という感覚を持ってるので、
つけ汁を温めるサービスなどは特に必要とはしないほうなのですが、
ファミリー層とかだとこうしたサービスは需要があるでしょうからね!

ちなみにスープ割りは煮干の清湯スープで割る形になっていて、
より煮干のやわらかい旨味を楽しめるスープに変化してくれます!

こちらの主役である鶏白湯がより煮詰められて重厚さを増し、
そこにしっかりと個性を打ち出す煮干がガツンと効いている、
それでいて幅広い層にも受け入れられるバランス感覚と、
いかにもこちらのお店らしいつけ麺と言える一杯でしたね!

さて、これでこちらのお店のレギュラーメニューは制覇したので、
いったん訪問はお休みすることになるかなと思っていたのですが、
すでに新メニューや期間限定メニューの情報が来てるのですよね!(*・ω・)

となると、これはもう早速足を運んでこないといけませんね!

しかも新しい寸胴を使って清湯の開発にも取り掛かるという噂もあり、
清湯と白湯の二本立てへと移行していく可能性もあるのですよね!

こちらのお店の副店長がかつて運営していたお店においては、
清湯系のラーメンのほうがメインだったということもありますし、
清湯のラーメンが出てきたら期待は間違いなく持てそうですね!

メニュー制覇かと思っていたら、今後も要注目になりそうです!(゚x/)モッキー

[メニュー]
麺屋 一刃 メニュー(2017年6月)

お店の住所と地図 大阪府藤井寺市野中5-4-25

【関連記事】
麺屋 一刃 つけ麺 並
麺屋 一刃 ロースチャーシュー丼&唐揚げ
麺屋 一刃 焼き飯&鶏レアチャーシュー丼(わさび)
麺屋 一刃 豚バラチャーシュー丼&餃子
麺屋 一刃 鶏白湯 醤油ラーメン ロース・全粒粉麺
麺屋 一刃 鶏白湯 塩ラーメン 鶏レア・細麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

8/7発売 リンガーハットの台湾ちゃんぽん(カップ版)

8/7発売のエースコック「リンガーハットの台湾ちゃんぽん」を食べました!
今回は珍しく縦型カップではなく、どんぶり型での発売となっています!

そのために並んでいるお店がいつもに比べて少ない気がしますが!

8/7発売 リンガーハットの台湾ちゃんぽん(カップ版)

今回は台湾ラーメンをリンガーハット風にちゃんぽんにアレンジした
カップ麺オリジナルの「台湾ちゃんぽん」という商品となっています!

デザインを見た限りは普通の「ちゃんぽん」に近そうではありますが!(=゚ω゚)

どれくらい台湾ラーメンらしさを出せているかがポイントですね!

8/7発売 リンガーハットの台湾ちゃんぽん(カップ版)(内容物)

内容物はかやく2袋と粉末スープ、液体スープとなっています!
やはりどんぶり型ということで、内容物は充実していますね!

特に最も優秀な具材であるキャベツが別袋に入っていますしね!

このキャベツ、やっぱり他の乾燥キャベツとは明らかに違います!

普通の乾燥キャベツはそのまま食べると硬くて食べられないですが、
この乾燥キャベツはそのままでもサクサクと食べられるのですよね!

おそらく生キャベツを乾燥するという手法を取っているのでしょう!
そしてそれによってフレッシュさを演出しているというわけですね!(*゚ー゚)

8/7発売 リンガーハットの台湾ちゃんぽん(カップ版)(できあがり)

トッピングすると少なめに見えますが、具材は意外と多めです!

まずはその味ですが・・・ベースはいつものちゃんぽんですね!(●・ω・)

鶏豚骨によって一定のまろやかさと丸みをベースのスープに与えて、
そこにクリーミーさを付加し、野菜や海鮮によって味を調えています!

こうした基本の部分だけを見るといつもの味ではあるのですが、
今回はいつもと比べるとかなりピリ辛路線に寄せてきてはいます!

唐辛子系の辛味もほどほどながらもピリリと持続性で攻めてきつつ、
また黒胡椒についてはいつもより明らかに強めに主張しています!

そして中華系の混合スパイスを使うことでスパイス感に深みを持たせ、
単純な唐辛子+胡椒の枠に収まらない刺激を多少演出しています!

また、いつもの「ピリ辛ちゃんぽん」は味噌系を加えるのですが、
今回は一応台湾ラーメンらしく味噌を外して醤油系となってます!

ただ、こうした様々な工夫を凝らしてくれてはいるものの、
ベースの長崎ちゃんぽんのスープの存在感の強さに加えて、
台湾ラーメンを特徴づける要素があまり加わってないので、
「ピリ辛ちゃんぽんの強化版」というイメージが強いですね!

中華混合調味料を起用したあたりは非常に面白いのですが、
これってあまり台湾ラーメンとは関係がないですからね(;゚ω゚)

スープの原材料は鶏・豚エキス、動物油脂、糖類、クリーミングパウダー、
植物油脂、食塩、しょうゆ、香辛料、でん粉、野菜エキス、香味油、
魚介エキス、ポークコラーゲン、乳等を主要原料とする食品、
たん白加水分解物、発酵調味料という組み合わせになっています!

何やらクリーミーな風味を出す要素をずいぶんと多く入れてますね!

ちなみにいつもの「ピリ辛ちゃんぽん」の原材料はこんな感じです!

[ピリ辛ちゃんぽん]
鶏・豚エキス、食塩、糖類、動物油脂、クリーミングパウダー、
植物油脂、香辛料、みそ、でん粉、しょうゆ、豆板醤、野菜パウダー、
香味油、酵母エキス、たん白加水分解物、ホタテエキス、全卵粉

動物系油脂が強まり、味噌が外され、乳系などが増えているなど、
原材料からはあまりピリ辛度が増したことは伝わらないですね;

麺はちゃんぽんを意識した太めの油揚げ麺が伝われています!

大きな方向性は縦型のときのちゃんぽん麺とほぼ同じですが、
どんぶり型ということで湯戻りのバランスなどはいいですね!

やや断面が角ばった麺で、ちゃんぽん麺らしいもっちり感と、
こうした主張が強めのちゃんぽんスープにも負けませんね!

丸刃の麺にこだわってほしいという声は聞かれそうですが!

麺の量は意外と少ない65gで、カロリー375kcalとなっています!
脂質は12.9gで、こちらはそこそこの数字といった感じですね!

具材はキャベツ、鶏・豚そぼろ、かまぼこ、もやし、人参です!

リンガーハットの主役であるキャベツは今回も見事な内容です!(`・ω・´)

スープがピリ辛になったことでややスープに負けていますが、
このフレッシュなキャベツの風味は他にないものですからね!

量も多く入っているので、この点については文句なしですね!
さすがにこの具材を外すという選択肢は全くないでしょう!

そぼろはスポンジ系ではなく、ちゃんと味のあるものです!

台湾ラーメンというと肉そぼろも大きなファクターとなるので、
その点についてはきっちりと押さえてくれているようですね!

問題は残りのかまぼこ、もやし、人参の3つなのですよね!

これが入ると「ごく普通のちゃんぽんの具材」になっちゃうので、
ここにアレンジを加える必要があったように思うのですよね!

台湾ラーメンのポイントになるのは醤油系のシャープなスープ、
多めのラー油と豚脂、そして具材のニラに尽きると思われますが、
この商品で明確に足りないのはやはり具材のニラなのですよね!

かまぼこ、もやし、人参については今回は完全にカットしてしまい、
そのコストを全部ニラに費やしても良かったようにすら思います!(*・ω・)

スープ単体で見ても台湾らしさがどうしても薄かっただけに、
せめて具材で主張することでまとめてほしかったですよね!

これだと「ピリ辛ちゃんぽん」の強化版でしかないですからね!

味がいいだけにどこかで台湾ラーメンのらしさの演出に
もっと力を注いでくれれば思わされる一杯でございました!(゚x/)モギー

【関連記事】
リンガーハットの台湾ちゃんぽん(カップ版)
リンガーハットの長崎ちゃんぽん(カップ版)(2017年版)
リンガーハットのピリカラちゃんぽん(カップ版)(2016年版)
リンガーハットのまぜ辛めん(カップ版)
リンガーハットの長崎ちゃんぽん(カップ版)(2016年版)
リンガーハットの味噌ちゃんぽん(カップ版)
リンガーハットの長崎ちゃんぽん(カップ版)(2015年版)
リンガーハットのピリカラちゃんぽん(カップ版)(2014年版)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

8/7発売 竹井幸彦監修 うめ鶏しおそば

8/7発売の明星「竹井幸彦監修 うめ鶏しおそば」を食べました!

明星の縦型商品ということで見つかりにくいかと思いきや、
けっこういろんなコンビニに並んでいて入手は容易でしたね!

というか、最近は明星の縦型も普通に並ぶケースが増えましたね!(*゚ー゚)

8/7発売 竹井幸彦監修 うめ鶏しおそば

「竹井幸彦」という名前の割烹店が監修した商品となっています!
なんだか人の名前をそのまま店名にした感じになっていますが;

それゆえに呼び捨てみたいに書くのに少し抵抗が出ちゃいますね;

「うめ鶏しおそば」と、これまた夏向けのさっぱり路線ですね!

8/7発売 竹井幸彦監修 うめ鶏しおそば(内容物)

ちゃんと後入れの梅肉ペーストが入っているのはうれしいですね!
ただ、それ以外の具材がいくぶんさみしい気配が漂ってますが;

8/7発売 竹井幸彦監修 うめ鶏しおそば(できあがり)

あら、3分湯戻しの細麺なのに意外とほぐれがゆっくりですね!
まず作っている時点で麺のそうした特徴にちょっと驚きました!

まずはベースのスープですが・・・うん、ベーシックな鶏塩系です!(=゚ω゚)

梅肉ペーストを溶かさない状態だと、ほんとに素直なスープで、
鶏の風味をじわっと感じる油脂感の弱い塩スープとなってます!

このまま食べてしまっても一応成立するだけの味はありますが、
もう一つ何か味がほしくなるようなバランスではありますね!

そしてペーストを少しだけ麺につけて食べると・・・一気に梅が勝ちます!(*゚◇゚)

後でスープに溶かす分を考えてごく少量だけつけたのですが、
それでも完全に梅が勝つので、この食べ方は向かないですね!

作り方の説明でもペーストは完全に溶かすように書かれてますし!

そこでペーストを溶かすと・・・おっ、ほんのり梅風味になりますね!(●・ω・)

梅って非常に主張の強い素材なので、ペーストをスープに溶かすと、
一気に梅に全体が支配されるスープになるかもと思っていたら、
むしろ「もう少し梅が強くてもいいかも」というバランスですね!

あくまで基本は鶏スープで、そこに梅の香りと酸味がほんのりと、
さらに具材のしそからの風味もそれを支えるような形になります!

ペーストは全溶かしでも強く出すぎないということを考えると、
好みによってペーストを溶かすタイミングを変えてもいいですね!

1/4ほどペーストなしで食べて、スープもちょっと飲んでから、
残りの3/4をペースト入りで食べたりするのもいいでしょうし!

そうするとペーストの風味がちょっと強めに出たりするでしょうしね!

このあたりの調整はいろいろと試すことができそうですね!

スープの原材料は香味調味料、糖類、梅肉ペースト、デキストリン、たん白加水分解物、
食塩、鶏肉エキス、酵母エキス、香辛料、ラード、梅肉粉末という構成になってます!

麺はかなり細めで、なおかつ食感も少し硬めの油揚げ麺となってます!

3分湯戻しの麺って、1分30秒ぐらいで簡単にほぐせることが多いのですが、
この麺はその時点だと意外と硬くほぐしにくかったのが印象的でしたね!

でもって、食べ始めの段階でもパツッとしたやや硬めの食感が残り、
目立たないようでいて、意外に主張するタイプの麺だと感じました!

できればこの硬さを維持しつつほぐれやすければ良かったのですが!(`・ω・´)

油揚げ麺臭もそこそこありましたが、スープの風味が優しいので、
逆にそれとのバランスを取るような感じもあったりしましたね!

でも、ノンフライ麺でも良かったかなという印象も多少しましたが!

麺の量は75gと意外に多く、カロリーは406kcalとなっています!
脂質は15.9gで、麺量を考えるとやや控えめと言えそうですね!

具材は蒸し鶏、メンマ、青しそという組み合わせになっています!

青しそはスープや梅肉と一体になって全体を高める役割ですね!
ここをねぎでなく、青しそにしたのは大きなポイントでしたね!

メンマは量は少ないものの、コリコリ感の強さはかなりのもので、
一つ一つも大きく、想像以上に印象に残るメンマになってました!

蒸し鶏もしっとりとしていて、味わいは非常に良かったですね!

具材に関しては少数精鋭と呼びたくなるような内容でしたね!(*・ω・)

鶏ベースのオーソドックスな塩スープを基本に据えながら、
梅肉ペーストでほんのり梅と、具材の青しそを香らせる、
中でもこの梅の主張の度合いのバランスが秀逸でしたね!

出しゃばりすぎず隠れすぎず、ちゃんと存在がチラリと覗く、
このあたりのバランス感こそが人気の大きな鍵なのでしょう!

いかにも夏にピッタリといった軽く涼しげな塩らーめんでした!(゚x/)モキウー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

一帆 淡麗鶏煮干しそば&おまかせ5本盛り合わせ

ひさしぶりに出戸駅近くの「一帆」に行ってきました!
昼はラーメン屋、夜は居酒屋兼ラーメン屋というお店です!

ここ数年でラーメン屋としての評価が大きく上がってますね!

これまでの訪問でつけ麺以外はおおむね食べてはいたのですが、
また新たに煮干を使ったラーメンが増えていたので来てみました!

もともと7月下旬にはこのあたりに来る用事が一度ありますし!(=゚ω゚)

こちらのお店はけっこう頻繁にラーメンの構成が変わるのですが、
鶏白湯系と軍鶏を使った清湯の2本柱は継続されているようですね!

そこに新たに煮干を使った白湯と清湯のラーメンが加わってます!
また、それぞれ塩と醤油があるので計4種のラーメンが増えてます!

この日はどっしりとした白湯よりも清湯寄りの気分だったので、
清湯系の新メニューである「淡麗鶏煮干しそば」を注文しました!

一帆 淡麗鶏煮干しそば

うん、これはなかなかきれいにまとまったビジュアルになってますね!
上にちょこんと乗っている煮干がなんだかかわいらしいですね!

まずはスープですが・・・鶏と煮干、間違いなくこの2つが主役ですね!(●・ω・)

スープのベースは鶏で、清湯系のスープではありながらも、
しっかりとした厚みがあって基盤をがっちり固めてます!

飲むだけではっきりと伝わってくるだけの鶏のコクがあり、
なおかつやや分厚く効かせた油脂が全体の厚みを高めます!

なので、清湯系のスープではありながら弱さは全く感じませんね!
すっきりというよりは、どっしりという表現のほうが似合うほどです!

そしてそこに旨味をしっかりと重ねているのが煮干ですね!

煮干の風味、特性をけっこうはっきりと出していながらも、
煮干特有の嫌味のようなものは感じさせたりはしません!

煮干の旨味をガンガンに前面に立ててくるタイプとは違って、
奥から鶏によるコクを貫くようにしてグッと上へ出てくる、
この力強いながらも悪目立ちしない煮干感は非常にいいです!

このあたりの煮干の引き出し方は卓越したものを感じますね!(*゚◇゚)

これはぜひとも白湯スープと合わせたものも食べてみたいですね!

またこちらの煮干は上質な煮干が生産されることで有名な
伊吹いりこを使うなど、品質にもかなりこだわっています!

そしてもう一つのこのスープの大きな特徴がその甘みですね!(*゚ー゚)

これは以前に軍鶏を使った醤油そばのときにも感じましたが、
こちらの清湯向け醤油ダレはやや甘めに仕立てられるのが特徴で、
それがラーメン全体の中でも大きな個性の一つとなっていますね!

甘めのタレが苦手な人からすると好みの分かれるところですが、
この甘味がスープ全体の厚みをより高めてくれている面もあり、
なおかつこのお店らしさを生み出す一つの要因にもなってますね!

そうすると清湯向けの塩ダレの方向性が気になるところですが、
そういえば清湯の塩ラーメンはまだ一度も食べてないのですよね!

すでに10回近く訪問しているだけに自分でも少々意外ですが!

トッピングはチャーシュー、鶏胸チャーシュー、穂先メンマ、
玉ねぎ、青ねぎ、煮干という組み合わせになっています!

チャーシューは脂身と赤身のバランスがちょうどいいもので、
ホロリとほどけるぐらいにやわらかく仕上げられています!

鶏胸チャーシューもしっとりかつさっぱりとした旨さですね!

こちらのお店はもともと鶏料理をメインにしているので、
鶏肉の扱いに関しては非常に長けたものがありますからね!

穂先メンマはやわらかいだけでなく、発酵感が強いですね!
メンマ特有の発酵の旨さというものをしっかりと伝えます!

煮干はスープに使った残りのものではなく、真新しい煮干です!
ごく普通におやつ的に煮干をかじったときの旨さを味わえます!

どちらかと言えばビジュアル目的のトッピングではありますが!

玉ねぎはアクセントになりつつもそこまで辛さは立たせておらず、
薬味としてちょうどいいぐらいに目立つバランスになっています!

一帆 淡麗鶏煮干しそば(麺のアップ)

麺はやや加水が低めの中加水ぐらいのストレートの中細麺です!
比較的細めの麺ながら、思っていたよりはちょっと太めでしたね!

ほどよいプリ感を見せつつ、スープとのなじみの良さが光ります!

でもスープが見た目ほどすっきり系ではなく厚みがしっかりあり、
甘味も効いているのでこれぐらいの太さが良かったのでしょうね!

これよりも細いと麺が負けてしまうという可能性もありましたし!

一帆 おまかせ5本盛り合わせ

そしてひさしぶりに「おまかせ5本盛り合わせ」も注文しました!

こちらはもともとはこうした鶏料理のお店だったのですよね!
なので、夜はこれらの串メニューも大きな比重を占めています!

左からずり、皮、ぼんじり、かしわ、肝炙りだと思われます!(`・ω・´)

やはり鶏に強いお店なだけあって、その焼き加減が絶妙ですね!

ずりはコリコリと、皮はしっとりとした脂の旨さが広がり、
かしわやぼんじりは肉の旨さと脂の旨さが調和しています!

そして特筆すべきは肝炙りで、自分は本来肝系は得意でないですが、
このしっとりとした質感とコクは自分でも引き込まれますね!

肝ってあまり火を通しすぎるとボソボソとしてしまいますが、
こちらは炙り加減がちょうどいいので食感がふわっとしていて、
クセも抑えられていて、非常においしくいただけるのですよね!

こちらのお店に夜に訪問するときはラーメンだけを食べるのではなく、
こうした串系や一品系のメニューも注文するのがオススメですね!

今後は塩の清湯や白湯の煮干系なども開拓していきたいですね!(゚x/)モキウンッ

[麺メニュー]
(ランチ)
一帆 ランチメニュー(2017年7月)

(ディナー)
一帆 ディナーメニュー その1(2017年7月)

[その他のメニュー](ディナー)
一帆 ディナーメニュー その2(2017年7月)

一帆 ディナーメニュー その3(2017年7月)

お店の住所と地図 大阪府大阪市平野区長吉長原西1丁目3-13

【関連記事】
一帆 淡麗鶏煮干しそば&おまかせ5本盛り合わせ
一帆 海老香るまぜそば&金の手羽先から揚げ
一帆 味玉鶏そば 塩&おまかせ5本盛り合わせ
一帆 鶏つけそば&炙りチャーシュー丼
一帆 清湯軍鶏そば 芳醇旨味醤油仕立て&とりわさ丼
一帆 スダチ香る軍鶏つけ麺&一口焼餃子
一帆 特製鶏煮節 中華そば 芳醇旨味醤油仕立て&鶏から揚げとごはん
一帆 海老辣油香る 台湾まぜそば&ミニ焼鳥丼
一帆 一帆鶏白湯らぁ麺 芳醇旨味 醤油

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

8/7発売 一平ちゃん 夜店の焼そば ツナマヨ味

8/7発売の明星「一平ちゃん 夜店の焼そば ツナマヨ味」を食べました!
もはや「一平ちゃん」の定番となっている変な味のカップ焼そばです!

8/7発売 一平ちゃん 夜店の焼そば ツナマヨ味

今回は「おツナ味わい」というダジャレまでぶち込んできてます;

ツナマヨ・・・まぁ、一平ちゃんが得意とするマヨが絡むので、
一平ちゃん向けの味わいと言えなくもないような気がしますが!

例によってそれほど期待せずに食べてみようかと思います!(=゚ω゚)

8/7発売 一平ちゃん 夜店の焼そば ツナマヨ味(内容物)

内容物は液体ソース、マヨネーズ、ふりかけとなっています!
やはり「一平ちゃん」の焼そばはこの3つが入ってないとですよね!

8/7発売 一平ちゃん 夜店の焼そば ツナマヨ味(できあがり)

後入れのふりかけがちょっとツナフレークっぽくなってますね!

まずはその味ですが・・・あぁ、とっても「一平ちゃん」らしいですね!(●・ω・)

少し前によくあった「一平ちゃん」のよくわからない焼そば系、
そのときの感触をしっかりと思い起こさせてくれる味ですね!

ソースだけで食べるとイマイチ何の味なのかが伝わってこない、
でもマヨとふりかけの3つが合わさると何となくそれっぽくなるけど、
「これはツナマヨだ」と意識しながら食べてやっとおぼろげに見える、
そんな微妙な「一平ちゃんらしさ」がこの商品からはほとばしってます!

まぁ、食べているとその狙いどころなどは見えてはくるのですけどもね!

液体ソースにはごくごく細かい繊維質のものなどが入ってますが、
これはおそらくツナを細かくしたその繊維状のものなのでしょうし!

味わいは「言われてみればツナ醤油ぽいかも」と思えるようなもので、
「意識して食べるとそう感じることもできる」そんな味となってます!(*゚◇゚)

ここにマヨが入るとツナマヨらしさがちょっと強まってくれる一方で、
マヨのほうが強く出るので単なるマヨ味のように思えてもくるなど、
やはり全体のバランスは難しいなぁと思わされたりもしてきます!

ふりかけはツナ風のフレークが入るなどツナ風味ではあるのですが、
それほど効果は大きくはなく、おまけ的な存在にしかなってないですね!

良くも悪くもこれが「一平ちゃんらしい」バランスではあるのですが!

ただ、味そのものに関しては決して悪くはないのですよね!
何味か伝わりにくいけど案外おいしいので不満はあまりないです!

ソースの原材料は植物油脂、糖類、ツナマヨ風ソース、しょうゆ、
食塩、豚・鶏エキス、香味油、魚醤、ソース、醸造酢、香味調味料、
たん白加水分解物、香辛料といった組み合わせとなっています!

繊維状のものは「ツナマヨ風ソース」の中に入ってるのでしょうね!

麺はいつもの一平ちゃんらしい細めの油揚げ麺となっています!(*゚ー゚)

下味はほとんどなく、どのようなソースとも合うタイプの麺で、
食感はほどほどにプリプリとしていて汎用性の高さを感じます!

「一平ちゃん」は商品によって麺をほとんど変えてこないので、
もうこの麺について改めて書くことはほとんどないですけども;

麺の量は標準の90gで、カロリーは534kcalとなっています!
脂質は26.6gで、カップ焼そばとしてはおおむね標準的ですかね!

具材は例によってキャベツのみというシンプルな仕様です!(`・ω・´)

ふりかけのツナマヨフレークと海苔も具材と言えなくもないですが!

ツナマヨフレークはサクサクとしてツナの風味がするのですが、
それもごく軽いもので、全体量もそれほど多くはないので、
活躍度はそれほど高いものとはなっていなかったりします;

胸を張って「ツナマヨ味」かと言われると怪しいものがあり、
でもそう思い込みながら食べるとそれなりに楽しめたりもする、
一平ちゃんの変わり種らしさあふれる一杯といった感じでしたね!

「意図は伝わりにくいけどまあまあおいしい」そんな一杯でした!(゚x/)モキニュー

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/11発売 わさビーフ味焼そば 大盛り

7/11発売のエースコック「わさビーフ味焼そば 大盛り」を食べました!
(最初に記載した発売日が間違っていたことがわかったので訂正しました)

またセブンとエースコックが変な商品を出し・・・あれ?(゚◇゚)

エースコックのお菓子味商品ということでセブン&アイかと思いきや、
なんとこの商品はファミリーマート/サークルKサンクスの限定です!

これをファミリーマートで見かけたときにはびっくりしましたね!

この手の商品はセブン&アイぐらいしか出さないと思ってましたし、
しかもそのメーカーがセブン系と同じエースコックでしたからね!

8/8発売 わさビーフ味焼そば 大盛り

ポテチ系商品とカップ焼そばとのコラボということで考えると、
昨年に明星が「カラムーチョ」の味の焼そばを出してましたね!

「わさビーフ」はいかにもカップ麺向けな素材の一つですし、
これはキワモノながらも味についてもけっこう期待できますね!

8/8発売 わさビーフ味焼そば 大盛り(内容物)

内容物はかやく、麺ほぐし調味油、粉末シーズニングです!
調味油をかけて麺をほぐしてからシーズニングをかける順番です!

8/8発売 わさビーフ味焼そば 大盛り(できあがり)

ちょっとビジュアルがずいぶんとシンプルになっていますね!
大盛商品なだけに後半に単調にならないか少々心配です!

まずはその味ですが・・・おっ、きっちり「わさビーフ」ですね!(●・ω・)

自分は「わさビーフ」については久しく食べてないのですが、
それでも食べた瞬間に「あ、あの味だ!」と確信できるほどに
しっかりと「わさビーフ」らしい味が再現されていますね!

ベースにしっかりとビーフを中心とした旨味が宿っていて、
そこにガーリックやオニオンの香味野菜が風味を加えて、
さらにわさびの刺激がふわっと上がってくるあのバランスです!

実際の「わさビーフ」よりは肉系の風味がいくぶんソフトですかね!

これは焼そばにするうえでシーズニングを多くする必要があるため、
動物系エキスにビーフ以外も用いていることが関係してそうですね!

ただ、それでも中心はあくまでビーフをしっかりと据えていますし、
他の動物系はサポート役で味にふくよかさを持たせる役割なので、
「わさビーフ」らしさを損なわせるようなことにはなってないです!

そして「わさビーフ」のポイントでもあるわさびの風味なのですが、
わさびを最も強く感じるのは食べたときより作るときだったりします!(=゚ω゚)

というのも、わさびって揮発性で鼻に刺激を与えるタイプの辛さなので、
作っている際に目がしみてきたり、鼻にツーンと来たりするのですよね!

なので、作るときは顔がカップの上にいかないように注意しましたし!

もちろん食べているときもわさびの刺激はほどよくやってくるので、
ちゃんと味の方面でもわさびの持つ刺激を感じることができますが!

シーズニングと調味油の原材料は植物油脂、食塩、砂糖、牛・鶏・豚エキス、
でん粉、オニオンエキス、酵母エキス、ソース、たん白加水分解物、
ワサビパウダー、ガーリックパウダーという構成になっています!

動物系エキスの並びを見るに、牛が一番多いことがわかりますね!

実際のわさビーフのシーズニングの原材料と比較してみましょう!

[わさビーフの原材料]
植物油脂、グラニュー糖、蛋白加水分解物、粉末醤油、ビーフパウダー、
食塩、粉末ソース、酵母エキスパウダー、ガーリック、レッドペッパー、
オニオン、オリゴ糖、ぶどう糖、デキストリン、わさびパウダー(長野県産100%)、
調味料(アミノ酸等)、香料、甘味料(ステビア、スクラロース)、カラメル色素、
酸味料、香辛料抽出物

両者の違いとしていくつか目立つのは次のあたりですね!

・ポテチ版にはビーフ以外の動物系エキスは入っていない
・ソース、ガーリック、オニオンなどはしっかり共通している
・醤油、レッドペッパーはポテチ版のみに使われている

こうして見てみると、けっこう再現を頑張っているのがわかりますね!(*゚ー゚)

麺は中太ぐらいの太さのそこそこ食感の強い油揚げ麺となっています!

原材料の並びを見るに、おそらく「いか焼そば」の麺と同じですね!

太さなども体感的な違いはなく、ほどよい強さの食感であったり、
いかにもエースコックの焼そばらしいと感じさせてくれる麺です!

一定の油揚げ麺臭などはありますが、そうしたスナック感も
そもそもスナック菓子とのコラボなので全く気にならないです!

麺の量は大盛の130gで、カロリーは695kcalとなっています!
脂質は30.2gで、そこそこ高めの数字となっていますね!(`・ω・´)

具材はキャベツと鶏・豚そぼろという組み合わせになっています!

カップ麺マニアの人はその見た目だけで気付いているかもですが、
そぼろは例のあのスカスカとした食感のスポンジそぼろです;

はっきり言って入っていてもほとんど役に立たない具材なのですが、
今回はそれでも「枯れ木も山の賑わい」的な役割になってましたね;

というのも、「わさビーフ」の味の再現度はなかなか高いのですが、
かといって具材の少ない大盛焼そばをひたすら延々と食べ続けると、
やっぱり後半になるにつれて単調さが目立ってきてしまいますからね;

これで具がキャベツだけだったらその単調さも際立ったでしょうしね;
「スポンジでもあるだけマシか」と思わせてくれる力はありました!

あくまで「わさビーフ」らしさの演出に努めないといけないだけに、
変に特徴のある具材を入れにくいという問題もあったりしましたし、
それゆえに「味のない」このそぼろは使いやすかったのかもですね!

褒めているんだか貶しているのだかよくわからない感想ではありますが!(゚◇゚)

大盛仕様で後半に飽きがきやすいというのは弱点ではあるのですが、
こうして食べてみるとシーズニングによって味を決めることが多い
ポテチ系はお菓子の中でもカップ焼そばとの相性が非常にいいのか、
味と再現度の両立を果たしやすいという傾向があるみたいですね!

でもって、ポテチ自体が調理過程に揚げることを含んでいることで、
油揚げ麺による味の再現がしやすいというポイントもありますしね!

再現度を試してみるという点からするとなかなか楽しめる一杯でした!(゚x/)モッキリュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.