ムタヒロ 堺東店 ニボシマゼソバ

再び「ムタヒロ 堺東店」へと足を運んでまいりました!
前回記事で触れたように、当分は通ってみようと思っています!(`・ω・´)

バスでのんびりとラーメン屋さんに向かうのも悪くないですね!

前回の「ガハハ鶏そば」で感激したので、また鶏系を攻めるのもアリでしたが、
ここはやはりもう一つの看板である煮干系も味わってみたほうがいいですしね!

ただ、「ワハハ煮干そば」は福島店のほうで食べているので、
今回は少し変化球で「ニボシマゼソバ」を注文してみました!

もともとまぜそば好きなので、その点でも興味がありましたし!
そういえばこのメニューは笑い声が商品名についてないですね!(*゚ー゚)

ところでこの「ニボシマゼソバ」は注文時にいろんなことが選べます!

まず麺量は無料でノーマルの200gから大盛の300gにすることができ、
またセットとしてスープとご飯のどちらをつけるかを選びます!

ということで、麺は大盛でご飯をつけるという形で注文しました!
やはりまぜそばは残った具とご飯を絡めて食べたくなりますからね!

ムタヒロ 堺東店 ニボシマゼソバ

ほー、もやしに玉ねぎと意外とさっぱりしてそうなビジュアルですね!

まぜそばというと、とにかくワイルド路線で来るものが多いだけに、
こうして意外とさっぱりいけそうな感じだと逆に目を引きますね!

また、提供時に味変用としてマヨネーズとカレー粉も出してくれます!
卓上にある煮干酢あたりも味変としてはかなり使えそうな感じですね!

まぜそばということで、まずは全体をしっかりとまぜ合わせます!

そのうえで食べてみると・・・おっ、いいバランスの煮干ですね!(●・ω・)

ずいぶん前に福島店で「ワハハ煮干そば」を食べたときも感じましたが、
こちらの煮干はゴリゴリに攻めるタイプではなく、バランス重視の印象で、
そうした感覚がこちらのまぜそばのほうにも生かされている感じでしたね!

煮干粉末がかなり多く入っているので、麺にガンガン絡むのですが、
それでも煮干のクセも含めてグイグイ攻めてくる感じではなくて、
煮干の旨味が動物系などと一体になりつつ広がってくるのですね!

おそらくこちらのお店の醤油ダレをベースに豚脂を多めに加えて、
そこに煮干粉末をどさっと加えるという構成なのでしょうね!

まぜそばというと、にんにくなども強く効いてるものが多いですが、
こちらはそうではないので、そこも食べやすいポイントと言えますね!

そしてこのまぜそばのもう一つ大きなポイントはトッピングの野菜ですね!

特にもやしが多く入っていて、全体をまぜることで麺と絡むので、
麺を食べていると自然とシャキシャキとした食感のアクセントが来て、
さらにもやしのさっぱり感によって食べやすくしてくれるのですよね!

辛味を持ちつつもさっぱりとした生玉ねぎもまた同様の効果を見せます!
やはりこうしたさっぱりと食べさせる工夫が全体に見られるのですよね!

「まぜそばはとにかくワイルドでないといけない」という視点で見ると、
こちらのまぜそばは煮干の旨味は十分ながらも軽く見えるかもですが、
より幅広くまぜそばを楽しんでもらうことを考えると実によくできてます!

麺量を大盛にしたにもかかわらず、最後のご飯まで軽くいけましたからね!(*゚◇゚)

そしてマヨネーズとカレー粉の2つの味変用の調味料ですが、
カレー粉は部分的にかけるのが自分としてはオススメですね!

もともとカレー粉って非常に風味の主張が強い調味料ですので、
前半にカレー粉を入れて全体とまぜると完全に支配されますし、
まず部分的に試してから好みで加えていくのがいいでしょう!

一方のマヨネーズは酢のさっぱり感と卵と油脂のまろやかさが
同時に加わることで、実に相性のいい味変調味料になりますね!

マヨネーズを加えるとヘヴィな方向に向かうイメージがありますが、
こちらは全体的にさっぱり系を指向しながら全体が組まれてるので、
マヨネーズを加えても変に重くなりすぎたりしないのがいいですね!

後半にかけて少しずつマヨの量を増やすなんてのもいいでしょう!

トッピングは小さく切られたチャーシューと鶏むね肉の肉具材に、
もやし、生玉ねぎの野菜、そしてみつ葉と刻み海苔が加わります!

自分としては肉具材が細かくカットされているのがうれしいですね!(=゚ω゚)

自分はタレと麺をまぜたときに肉具材もきれいに絡むほうが好きで、
大きめのカットだと肉具材だけが単独で浮いてしまいますからね!

しかもどちらの肉具材もどちらかといえばさっぱりした風味なので、
このまぜそば全体を構成する点から見ても上手くまとまってます!

ムタヒロ 堺東店 ニボシマゼソバ(麺のアップ)

麺はかなり太めで、手もみ風の縮れがつけられたものとなってます!

全体的にはやや平打ち気味ですが、場所による厚みの違いが顕著で、
外側がやや薄いだけでなく、全体的に厚みに変化がついてるのですよね!

そのためすすったときに口で感じられる質感も実に面白いですし、
こうした形状であることで表面積が広がりタレが絡みやすいなど、
インパクトだけでなくまぜそば向けに最適化された麺となってます!

もちろんまぜそばらしく、食べたときのブリブリ感ともちもち感が強く、
タレやトッピング以上に麺の食感と存在感を楽しむことができますね!(*・ω・)

ムタヒロ 堺東店 ニボシマゼソバ(〆ご飯)

そして締めは残った具材やタレとご飯を絡めていただきます!

実際にはご飯のほうをまぜそばの器に移して食べるのですが、
写真を撮るためにだけいったんご飯の器に具を乗せています!

ビジュアルを考えると、どうしてもこのほうがいいですからね!

その味わいですが・・・やはり煮干系のタレはご飯に合いますね!(`・ω・)+

煮干の粉末と醤油だけをご飯にかけて食べたっておいしいわけで、
そこに様々な具材や豚脂なども加われば合うに決まってますからね!

でもって、もやしが入っているのでこちらもさっぱりいただけます!

まぜそばにワイルドさを強く求めると多少外れてしまうかもですが、
バランス重視で女性にも好まれる煮干まぜそばとしては実に秀逸で、
最後のご飯まですっきり食べることができる食べやすい一杯でした!

次回は限定にするかつけ麺にするか、迷いつつ今後も通おうと思います!(゚x/)モキリー

[メニュー]
ムタヒロ 堺東店 券売機(2017年4月)

お店の住所と地図 大阪府堺市堺区中瓦町2-3-18

【関連記事】
ムタヒロ 堺東店 ニボシマゼソバ
ムタヒロ 堺東店 ガハハ鶏そば
ムタヒロ 大阪福島店 ワハハ煮干特製そば
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

5/9発売 えびそば一幻 えびみそ(縦型カップ版)

5/9発売の日清「えびそば一幻 えびみそ(縦型カップ版)」を食べました!
これまでの「えびそば一幻」の監修品と同様にローソンのみの限定です!

5/9発売 えびそば一幻 えびみそ(縦型カップ版)

「えびそば一幻 えびみそ」はどんぶり型で何度か出ていますが、
今回はそれが縦型カップへと形状が変更されての発売となります!

どんぶり型の「えびそば一幻 えびみそ」は記事化してないですが、
実は昨年に一度購入して食べたことはあったりするのですよね!

そのときは発売商品数の関係で記事にはしなかったのですが;

また「えびそば一幻」の監修商品に非常に近いタイプの商品として、
「行列のできる店のラーメン」からも何度か「えびそば」が出てますね!

5/9発売 えびそば一幻 えびみそ(縦型カップ版)(内容物)

今回の縦型カップ版では後入れ調味油として「えび油」がついています!

また、これまでの「えびそば」系統の商品で大きなポイントだった
海老風味の揚げ玉についてはあらかじめカップの中に入ってます!

この2つの変化がどのような影響をもたらすのかがカギになりますね!(*゚ー゚)

5/9発売 えびそば一幻 えびみそ(縦型カップ版)(できあがり)

スープだけを見ると、意外と明るめの色合いとなっていますね!
これは海老油が別袋として分けられている影響でしょうね!

これまでは海老油によって表面がオレンジ色になってましたし!

まずはスープですが・・・おっと、これは想像以上に旨いですよ!(`・ω・´)

縦型になったことでマイナス面ばかりが目立つかと思いきや、
マイナス面もある一方でより強化された要素も多く見えます!

最大のプラスポイントは後入れ海老油による海老の香味ですね!

もちろんこれまでも液体スープに海老油は入っていましたが、
スープ容量がどんぶり型よりも少ない縦型カップでありつつ、
海老油が別途添付になったことでその存在感がさらに増し、
海老の旨味と香ばしさをこの海老油がガンガン主張してきます!

特に海老系のラーメンは海老油の存在感がとりわけ重要ですし、
それをより引き立てたことでマイナス面を上手く打ち消してます!

そしてベースのスープの海老の風味の潤沢さも予想以上でした!(●・ω・)

豚骨によって重厚なベースを固めたうえで海老の旨味を立てる、
そうした構成なのですが、動物系の濃厚さもさることながら、
海老油がない部分でも海老の旨味がビシビシと来るのですよね!

むしろスープ単体での海老の強さはどんぶり型よりも強いです!

これはおそらく理由が2つあって、一つは海老揚げ玉の効果ですね!

これまでは海老揚げ玉は後入れだったのですぐに溶けることはなく、
サクサク感と海老の風味を運んでくれるアクセント的存在でしたが、
今回は先にカップに入っているので完全に溶けてしまうのですよね!

それによってアクセントとしての効果は完全に消えてしまいましたが、
一方でスープに溶けることでスープの旨味が一段二段増しています!

この点は喜んでいいのかどうかちょっと迷うところでもありますが!(*゚◇゚)

そしてもう一つは縦型のほうがスープ容量が少なくなるので、
どんぶり型よりも濃度の高いスープが実現できている点です!

この効果が意外と大きく、海老の風味がとにかく濃厚なのですよね!

縦型になったことでリアル感などが大きく下がるかと思いきや、
この縦型のメリットを生かしたスープには感激させられましたね!

スープの原材料は豚脂、ポークエキス、味噌、糖類、小麦粉、でん粉、
魚介調味油、チキンエキス、香辛料、えびパウダー、ポーク調味油、
えび醤、酵母エキス、香味油といった組み合わせになっています!

麺は「有名店シリーズ」と同様の平打ち系の歯切れのいい油揚げ麺です!

この麺を採用したことも今回の商品の成功の大きなポイントでしたね!(=゚ω゚)

このスパッとした歯切れのいい食感も非常に心地良いのですが、
それ以上に油揚げ麺臭が希薄というのが大きいのですよね!

普通はどんぶり型ノンフライから縦型油揚げ麺に移行すると、
スープの濃度は上がっても麺の香りがそれをマスクしてしまい、
リアル感が大幅に下がってしまうという傾向があるのですが、
この麺であったことでそのマイナス面はほぼ感じませんでした!

むしろスープと麺とのなじみ具合では向上したと言えるほどです!

麺の量は多めの80gで、カロリーも521kcalと高いです!
脂質は24.3gで、やはりけっこう高めの数字になってますね!

具材はチャーシューチップ、えび揚げ玉、ねぎとなっています!

具材に関しては圧倒的にどんぶり型のほうが優勢でしたね!

どんぶり型には日清が自慢とする厚切りチャーシューもあって、
海老揚げ玉も後入れ仕様なので風味、食感ともに抜群でしたが、
今回は先入れなのでスープの一部になった感じでしたからね!

こちらに入っているチャーシューチップはごく普通のものでしたし!

この点を重視するならやはりどんぶり型が上と言えるでしょう!

縦型にすることで、アクセントとしての海老揚げ玉を犠牲にするなど、
いくつかのセールスポイントを削ることにはなってしまいましたが、
それだけのマイナスを生じさせつつも、縦型のメリットを存分に生かし、
スープの海老感と海老油を高めてきた構成にはうならされましたね!(*・ω・)

自分としてはどんぶり型と甲乙つけ難いほどの完成度だったと思います!
むしろ「一幻」監修品のマンネリ感を壊す見事な一杯とも言えるかもです!

厚切りチャーシューとえび揚げ玉を求めるとがっかり感もありますが、
それを横に置いて一つの「えびそば」として純粋に楽しむならば、
これは極めて優秀に仕上げられた一杯と言っていいと思います!

海老系の濃厚ラーメンが好きならマストと呼んでいいでしょう!(゚x/)モッキキュキュー

【関連記事】
えびそば一幻 えびみそ(縦型カップ版)
えびそば一幻 えびしお

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.