ついてる中山 中華そば 大盛

京阪の滝井駅あたりの近くにある「ついてる中山」に行ってきました!
実際は地下鉄の谷町線を利用して行ってきたわけではありますが!

一時期は地下鉄の谷町線沿線をよく開拓していたのですが、
最近はあまり行かないようになってしまってたのですよね;

そのことをふと思い出して谷町線沿線の開拓を再開してみました!
天神橋筋六丁目より北の駅の周辺にもいいお店が多いですからね!(*゚ー゚)

こちらの「ついてる中山」はカドヤ食堂の流れを汲むお店ですが、
他のカドヤ系統のお店とはちょっと雰囲気が違ってるのですよね!

カドヤ系統のお店の多くが洗練されたイメージが強いのに対して、
こちらは素朴な中華そば屋としての雰囲気を強く感じさせます!

その中でどのようにカドヤからの流れを感じられるかが気になりますね!

ついてる中山 中華そば 大盛

まずは最も基本である「中華そば」(大盛)を注文してみました!

ちなみにメニュー表には標準と大盛の2つしか書かれてませんが、
どうも裏メニュー的な感じで特盛も存在しているみたいですね!

しかしこのビジュアル、素朴さとカドヤ的感覚が両方見えますね!

麺線の整え方やトッピングの配置などは実に洗練されてますし、
それでいてこの縮れた麺からは素朴さを強くうかがわせますし!

まずはスープですが・・・これは面白いラインを突いてますね!(●・ω・)

見た目通りと言いますが、基本は素朴な中華そばのスープなのですが、
そこに明確にカドヤ食堂的な旨味の重層感が広がっているのですよね!

ベースとなっているのは鶏で、その旨味も潤沢さもさることながら、
煮干を軸に節系の旨味や昆布などの旨味がじわっと上がってきて、
素朴でありながらも深みを感じさせるスープに仕上がっています!

また、特徴的なのは醤油ダレにやや甘みを感じさせる点ですね!

この点はカドヤ食堂の流れを汲むお店の中でも珍しいもので、
よりスープ全体の持つ素朴な印象を高めてくれています!

そして醤油ダレの濃度をやや濃いめにしているのも印象的ですね!

そのため素朴さのあるスープでありながら弱さを感じさせることはなく、
深い旨味と強めの醤油ダレによって強さも内包したスープとなっています!

ただ、それゆえに自分としては麺量は標準がオススメには思いましたね!

やはり麺量が多くなってくると味の濃さがやや蓄積してくるので、
普通の量でスパッと食べ切るのが最もおいしく味わえると思います!

あるいはご飯を注文して食べるというのも一つの手でしょうね!

トッピングはチャーシュー、穂先メンマ、なると、焼き海苔です!

このあたりのトッピングの組み合わせも面白いものがありますね!(=゚ω゚)

チャーシューは脂身が少なめで、しっかりとした食感のものですが、
肉の旨さも生きていて、それでいてやや甘めの味わいとなっています!

このちょっと甘さを加えるあたりがこちらのお店の特徴でもありますね!

そして穂先メンマはやわらかで、2本入っているので食べごたえも十分です!
味付もちょうどよく、こうした素朴さのあるスープともよく合っています!

焼き海苔はしっかりとスープを吸わせて麺を巻くのがいいですが、
ご飯を注文した場合はご飯に乗せて食べるとすごくいいでしょうね!

しっかり系ながらも肉の旨味のあるチャーシューや穂先メンマなどは、
いかにもカドヤ食堂からの流れを感じさせるトッピングとなっていて、
その一方でなるとなどの素朴さも同時にあるのが見どころでしょうね!

いかにもこちらのお店らしいトッピングになってるとも言えますね!(*゚◇゚)

ついてる中山 中華そば 大盛(麺のアップ)

麺はかなり縮れの強い、加水が低めの細麺となっています!
この麺の個性は他のカドヤ食堂系のお店とは大きく違います!

カドヤ食堂の麺というと、少しやわらかめとも言われる表面の質感と、
中心のあたりでクニッとした弾力を見せるしなやかさがありますが、
こちらはもっと昔の中華そばを思わせるシンプルな麺となってます!(`・ω・)+

食べ始めはややかんすいの香りが強いかなとも思うのですが、
食べ進めていくとそうした印象はだんだんと薄れてきて、
強めの縮れのよる中華そばらしさと歯切れの良さを楽しめます!

大盛だと写真のように普通盛りと同じどんぶりに盛られるので、
半分ぐらいまではほぼ麺ばかりを食べるような感じになりますね!

ちなみに特盛の場合はもっと大きめのどんぶりに盛られるようです!

お店もあえて人通りが多くない住宅街の中にあったりするなど、
「地域で愛される中華そば屋」という印象を強く抱かせてくれて、
そのスープからも幅広い年齢層に好まれる力を感じられましたね!

それでいて様々な素材による深い旨味も感じることができるなど、
近くにあるとついつい通ってしまいたくなるお店と言えますね!

開店当初は中華そばとつけそばのみといった感じだったようですが、
現在は煮干しそばにみそラーメンなど、他のメニューも増えてきて、
より幅広い味を楽しむことができるようになってきているようです!

素朴さと深みを融合させた、新しさと懐かしさが同居した一杯でした!(゚x/)モッキリリ

[メニュー]
ついてる中山 メニュー(麺メニュー)

ついてる中山 メニュー(サイドメニュー)

お店の住所と地図 大阪府大阪市旭区今市2-8-34
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

3/13発売 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA

3/13発売の日清からの新作
「THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA」
を食べました!

東京の有名店の中でも特に上品なラーメンを紹介する
「THE NOODLE TOKYO」シリーズからの新作となります!

一時期新作の登場が滞っていた時期もあったのですが、
最近になってまたいろいろな新作が登場してきましたね!(*゚ー゚)

3/13発売 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA

今回は銀座にお店を構える「むぎとオリーブ」の再現カップ麺です!
しかし銀座のお店というだけで何やら高級感を感じさせますね!

オリーブオイルを使っているあたりがいかにも上品な雰囲気ですね!
どうもこちらの店主はイタリアンシェフから転身されたそうです!

3/13発売 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA(内容物)

おっと、この粉末スープの醤油の色はインパクトがありますね!
もっと薄い色の醤油ダレを使ってきてそうなイメージでしたので!

具材の中に普通のかまぼこが入っているのもちょっと面白いですね!

3/13発売 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA(できあがり)

やはり醤油ダレの色がかなり濃いめのスープとなってますね!

まずはスープですが・・・ほぅ、見た目の印象とは違いますね!(●・ω・)

たしかにある程度は醤油の風味を軸にしたスープなのですが、
その色に反して醤油のカドや鋭さなどは全く感じません!

醤油の持っている旨味とでも呼べるものはまずやってきて、
それと同時に鶏油のコクと香り、さらにその後あたりから
鶏のスープの潤沢な旨味とそれを追うように魚介も来ます!

この風味が一つの流れを持って表情を変えるあたりがいいですね!

その中でもとりわけ重要な地位を占めているのが鶏油ですね!

後入れの鶏油は鶏の持っている風味がギュッとつまっていて、
旨味は強いながらもクセは感じさせない実に良質な鶏油です!

そしてもう一つの特徴であるオリーブオイルなのですが、
オリーブオイル特有の風味がガンガン前面に出るのではなく、
鶏油や鶏の主張により上品さを与える効果を見せていますね!(*゚◇゚)

元イタリアンシェフということで、オリーブオイルを前面に据える、
そうした使い方には当然のことながらかなり長けているでしょうが、
このようにサポート的にオリーブオイルを使う技術もまた見事ですね!

スープの原材料は醤油、糖類、チキンエキス、動物油脂(鶏、豚)、
香味油、たん白加水分解物、オリーブオイル、魚介エキスです!

原材料を見ても何を軸としているかが非常に明確になってますね!

麺は「有名店シリーズ」などと同様のストレートの油揚げ麺ですが、
今回は小麦胚芽が配合されていることでやや色が濃くなってます!

これによって麺の持つ小麦の風味がより強められています!

パスッとした歯切れのいい食感はいつものこの麺らしく、
油揚げ麺臭も比較的弱く、クオリティは非常に高いです!

「THE NOODLE TOKYO」シリーズは上品なスープが多いですが、
この麺だからこそ、それが支えられている面も大きいですね!(=゚ω゚)

麺の量は80gと多めで、カロリーは457kcalとなっています!
脂質は18.1gで、麺量を考えると標準的な数字ですかね!

具材は蒸し鶏、フライドポテト、かまぼこ、ねぎとなっています!

蒸し鶏は日清が得意とする具材で、やはりその質は高いです!(`・ω・´)

しっとりとした質感、鶏らしい繊維質、ほどよい味付け、
そして量の多さといい、どの点にも弱点はないですね!

もちろんこの鶏ベースのスープとの相性も申し分ないです!

ポテトは一見不思議ですが、どうもお店でも入る具材のようです!
ラーメンにフライドポテトが入るというのはほんと珍しいですね!

もともとじゃがいもは醤油系のスープとはよく合うものなので、
珍しくはありながらもスープとの相性については問題ないです!

ねぎもリアル系のもので、クオリティはなかなか高いですね!

かまぼこが入ると、なんだか和風麺っぽい雰囲気が出ますね!
味についてはごくごく普通のカップ麺向けのかまぼこですね!

だしを前面に立てたうえでタレがサポートするタイプではなく、
まず醤油の旨味が来てからだしの風味が来るというスタイルは
一定程度は好みが分かれてしまうというところもあるかもですが、
それでもだし、タレともに質が良く、また鶏油も効果的なので、
一つの醤油ラーメンとしての完成度はたしかなものがあります!

深みのある醤油ラーメンを求めるなら手に取って損はないですね!(゚x/)モッキルン

【関連記事】
THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子辣湯麺
THE NOODLE TOKYO 播磨坂もりずみ 限定鶏醤油らぁ麺
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子塩らーめん
THE NOODLE TOKYO Due Italian 特製らぁ麺フロマージュ
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定鶏塩らーめん

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.