ばいりん! 2017 Part1

今年もなんとか大阪城の梅林へと足を運んでまいりました!

訪問したのは3/4の土曜日で、前日にまた微熱が出たこともあり、
来週に延期すべきかどうか、場合によっては今年は断念すべきか、
そうしたことも頭をよぎりましたが半ば強引に行くことにしました!(`・ω・´)

すると案の定、電車の中では微熱っぽさと息苦しさが出てきて、
「これはさすがに無謀だったかもしれない」と感じさせられましたが、
大阪城公園駅の出口に立った瞬間にふっと体の重さが抜けていき、
気付けば例年と変わらないぐらいに活動的に梅林を楽しめました!

2月までの絶不調とその余韻がまだ残っていた時期ということもあり、
体力的にも2時間以上歩き続ける梅林は厳しいかもと思ってましたが、
帰宅してから熱が出ることもなく、体力的にも十分何とかなる範囲で
これまでの体調不良の原因がいかに心因性だったかと痛感いたしました!

そうしたことを感じられたことに加え、今年はタイミングもちょうど良く、
来るかどうか迷ったものの、この日に来たのは本当に大正解でしたね!

例年通り、自分の春はこの梅林から始まると深く実感できた訪問でした!

ばいりん! 2017 Part1(紅千鳥:べにちどり)
(紅千鳥:べにちどり)

ということで、今年は3記事にまたがっていろんな梅を紹介していきます!

第1弾は真っ赤な梅の代表格の一つでもある「紅千鳥」です!

真っ赤な梅はこの「紅千鳥」以外にもいくつかあるのですが、
早咲きのものが多いので3月には時期が過ぎてるのですよね!

そんな中、この「紅千鳥」は普通咲きの梅にあたることもあり、
3月初旬ぐらいにこのようにピークを迎えてくれるわけです!

ほんと鮮やかな赤で、ちょうど見頃を迎えているタイミングで、
「実に梅らしい梅だなぁ」と感慨に浸されてくれましたね!(●・ω・)

ばいりん! 2017 Part1(八重揚羽:やえあげは)
(八重揚羽:やえあげは)

こちらは淡いピンクと白の中間ぐらいの色合いの「八重揚羽」です!

八重なので花びらの数が多く、また丸みを帯びるような感じで、
花が咲くのがこの梅の大きな魅力の一つでもありますね!

なんというか、ふんわりとした雰囲気を持った梅なのですよね!

またこの梅は空に向かって力強く枝が伸びるのも特徴で、
そうした全体図にもまた惹かれるものがあったりします!(*゚◇゚)

ばいりん! 2017 Part1(八重緑萼:やえりょくがく)
(八重緑萼:やえりょくがく)

大阪城の梅林には「緑萼」の名のつく梅がけっこうあるのですが、
これは名前のとおり、ちょっと緑がかっているのが大きな特徴です!

また、こちらは八重の緑萼なので、花びらが多いのもわかりますね!

この色合いが非常に特徴的なので、梅林に何度か通っていると、
「あ、これは緑萼系の梅だな」とすぐに判別できるようになります!

とはいえ、「緑萼」、「小緑萼」、「八重緑萼」などがあるので、
そのうちのどれなのかをすぐに見分けるのはけっこう難しいですが!

自分が梅林に来るときは緑萼系はピークを過ぎてることが多いですが、
今年はタイミングよく満開だったのでなかなかいい写真が撮れました!(=゚ω゚)

ばいりん! 2017 Part1(古城:こじろ)
(古城:こじろ)

これは梅林の中でも特に本数の多い白系の梅の「古城」です!
「こしろ」と読んでしまいたくなりますが、正しくは「こじろ」です!

ちょっと今年の「古城」は「これだ!」と思わせる木が少なかったですね!
時期的にはほぼピークだったのですが、少々運が悪かったかもしれません!

白系の梅としては非常にオーソドックスなタイプの咲き方をするので、
派手さはないですが、梅らしい雰囲気を素直に感じさせてくれますね!(*゚ー゚)

ばいりん! 2017 Part1(呉羽枝垂れ:くれはしだれ)
(呉羽枝垂れ:くれはしだれ)

そしてPart1の記事の最後を飾るのは「呉羽枝垂れ」です!

この梅だけは撮影せずに帰る気には絶対になれないのですよね!

梅林の中でもものすごく目立つ形でこれが2つ並んで咲いてますし、
美しいピンクの花、これぞ枝垂れ梅と呼びたくなる枝の垂れっぷり、
また周りの梅と少し間隔があるのでほんと存在感があるのですよね!

今回はまたこの「呉羽枝垂れ」もちょうどピークを迎えてましたね!
この「呉羽枝垂れ」に関しては毎年見るだけでうっとりしてしまいます!(*・ω・)

ちなみに「呉羽枝垂れ」と「呉服枝垂れ」という2つの表記があります!
どちらの書き方をしても読み方は「くれはしだれ」で変わりありません!

ではでは、Part2でもいろんな梅を紹介するのでぜひお楽しみに!(゚x/)モキルン

【関連記事】
ばいりん! 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

3/6発売 ラ王 ピリ辛酸辣湯麺

3/6発売の日清「ラ王 ピリ辛酸辣湯麺」を食べました!

今週は「日清ラ王」と「マルちゃん正麺」というライバルが
共に新商品を出すという非常に興味深い週になりましたね!

他の商品がどことなく大人しいものばかりになっているのは、
この対決と同じ週になるのを避ける理由もあるのかもですね!(*゚ー゚)

3/6発売 ラ王 ピリ辛酸辣湯麺

今回はちょっと冬向けらしく「酸辣湯麺」となっています!
酸っぱくてピリ辛、今ではラーメンの定番の一つになってますね!

しかも今回はあえて卵に力を入れている点も気になるところです!

3/6発売 ラ王 ピリ辛酸辣湯麺(内容物)

内容物はかやく2袋と液体スープという構成になっています!
青色のかやくは普通の具材、黄色のかやくは卵となっています!

3/6発売 ラ王 ピリ辛酸辣湯麺(できあがり)

本来は卵も先入れですが、見映えの関係で後入れにしました!
ほんと具材の中でも卵が主役というのがはっきり伝わりますね!

まずはスープですが・・・おおぉ、これは総合力が高いですね!(●・ω・)

なんというか「ラ王」ブランドの底力を感じさせられますね!

「醤油」や「味噌」などのレギュラーの商品に関しては、
「正麺カップ」の登場で水を開けられた印象がありましたが、
こうした新商品の安定感では「ラ王」に一日の長がありますね!

またアッパーブランドの「ラ王PREMIUM」も優秀なものが多いですし、
新作ではときどきコケることもあるライバルの「正麺カップ」に対し、
日清としての、「ラ王」としての総合力を強く感じさせてくれます!

まずスープはキリッとした酸味がしっかり効いてるのがいいですね!
この酸味の引き締め効果によって酸辣湯らしさが明確に出ています!

さらにベースとなっている鶏清湯スープもいい味が出てるのですよね!

そこに具材の椎茸が入ることによって旨味に重層感も出ていますし、
酸辣湯麺として最も押さえるべきポイントが押さえられています!(*゚◇゚)

酸辣湯のもう一つの主役であるラー油は風味はあまり強くないですが、
ごくごく軽めながらもピリリとした刺激を与える効果は出しています!

また、酢に関しては黒酢などのように特有の風味を生かすのではなく、
酢の持っている酸味にスポットを当ててシャープに仕上げられてます!

そのため「黒酢系の丸みのある酸辣湯麺」に比べると締まってますね!

ちなみに酸辣湯麺にありがちなとろみについては全くついてないです!

というのも、液体スープでとろみをつけるのはいろいろ難しいですからね!
片栗粉系の素材を液体スープに入れると湯煎の際に固まる原因になりますので;

スープの原材料は醸造酢、醤油、植物油脂、食塩、チキンエキス、
香辛料、ポークエキス、鶏脂、糖類、椎茸エキスとなっています!

やはり最初に醸造酢が来ているというのが目を引くところですね!

麺はストレートでやや平打ち気味っぽい細麺となっています!
この麺もまた「ラ王」ブランドの持つ総合力の高さが出てますね!(=゚ω゚)

ライバルの「正麺カップ」は中華麺としてのリアル感は断トツですが、
麺の種類が事実上2つしかないというのが一つのネックとなっており、
それゆえにスープの方向性が制限されがちな側面があるのですよね!

一方の「ラ王」はこのところやや低~中加水の麺をよく使うのですが、
今回はそれとも違った加水が高めながらもしっとりした麺となってます!

中華麺としてのリアルさという点では「正麺カップ」に及ばないですが、
この麺の引き出しの多さも一つのブランドとしての強みを感じますね!

でもって、強いプリプリ感ではなくどこかしっとりとした感覚があり、
なおかつ多加水麺的な良さもある、そのバランス感覚の高さは見事です!

麺の量は65gで、カロリーは326kcalとかなり軽めです!
脂質は7.2gで、こちらもあまり高い数字にはなってないですね!

具材はかきたま、蒸し鶏、チンゲン菜、椎茸となっています!

まず蒸し鶏、チンゲン菜、椎茸という酸辣湯麺で欠かせない
具材がきっちりと押さえられているのはポイントが高いです!

蒸し鶏はしっとり、チンゲン菜は青菜らしい風味がよく出ていて、
椎茸はスープに旨味を出すと同時に具としても存在感があります!

かきたまが多いことで、やや量が少ないという弱点もありますが!

そしてかきたまですが、これだけ量が多いとやはりうれしいですね!(`・ω・)+

単体の具材としてだけ見るとそれほど目立つものではないのですが、
量が多く自然と麺と絡むので、卵の風味がスープと一緒にやってきて、
酸辣湯麺のもう一つの特徴である卵の旨さが非常によく出てますね!

こうしたポイントの押さえ方の上手さがこの商品の大きなポイントです!

酢をキリッと強めに効かせることで酸辣湯麺の個性を明確に立て、
さらに麺にかきたまと総合力の高さをうかがわせるものが満載で、
「ラ王」ブランドの新作に対する安心感がより高まりましたね!

さすがはラ王だなぁと、そう思わせてくれる見事な一杯でした!(゚x/)モッキルー

【関連記事】
日清ラ王 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.