2/27発売 麺屋彩未×田中商店 濃厚味噌豚骨

2/27発売の東洋水産「麺屋彩未×田中商店 濃厚味噌豚骨」を食べました!

札幌味噌ラーメンを代表するお店である「麺屋彩未」と、
長浜系豚骨の名店である「田中商店」のコラボ商品です!

2/27発売 麺屋彩未×田中商店 濃厚味噌豚骨

「麺屋彩未」も「田中商店」も東洋水産で過去にカップ麺化されています!

「田中商店」の再現カップ麺はここ数年は毎年出ていますし、
麺屋彩未」のノンフライ版カップ麺も過去に紹介してますね!

「田中商店」は以前に青森の「長尾中華そば」ともカップ麺で
コラボ商品を出してますし、コラボに関しては寛容なのでしょうね!

2/27発売 麺屋彩未×田中商店 濃厚味噌豚骨(内容物)

内容物に関してはいかにもカップ麺的な感じになってますね!
そぼろを使っているあたりは味噌ラーメン寄りの具材に思えます!

2/27発売 麺屋彩未×田中商店 濃厚味噌豚骨(できあがり)

かなり量が多めの後入れ調味油を入れると完成となります!

まずはその味ですが・・・おおよそ予想通りではありますね!(●・ω・)

食べ始めて最初にやってくるのは「麺屋彩未」らしい味で、
とがらない味噌ダレと強めに効かされた生姜の風味です!

この生姜の強さによって「彩未」の個性が出ていますね!

そして後入れの油脂が多いのもいかにも札幌味噌系らしく、
油脂によって表面をマスクして温度を保つ形となっています!

このあたりの要素は全て「彩未」寄りと言っていいでしょう!

そして「田中商店」の豚骨はベースを固める役割に徹してます!(=゚ω゚)

ただ、いつもの「田中商店」のスープに比べると豚骨臭は控えめで、
まったりとした豚骨の厚みによってまろやかさを演出しています!

前半は特に「彩未」の要素が前に出てくるのに下支え感が強く、
「田中商店」らしさを求めると物足りなさも感じるかもですね!

また、一般的な札幌味噌系がラードを多用するのに対して、
「彩未」はラードよりも植物系の香味油脂に力点を置くので、
それもまた豚系がそこまで前面に出ない背景になってますね!

豚系を立てるためにもラードはもっと多くても良かったかもですね!

スープの原材料はポークエキス、香味油脂、みそ、食塩、
植物油、香辛料、豚脂、砂糖、発酵調味料となっています!

麺は中ぐらいの太さで厚みがやや抑えめの油揚げ麺です!(*゚ー゚)

湯戻し時間は3分なので「本気盛」の麺に比べるとやや細く、
軽くプリッとした東洋水産の縦型として中庸的な麺ですね!

太麺が合う味噌と細麺が合う豚骨の中間をとったような感じで、
このあたりはいかにもこのラーメンらしいと思わせる点ですね!

ただスープの方向性を考えるならもう少し太くて良かったかもですが!

油揚げ麺臭はそこそこ強めでスナック感もあるタイプの麺ですが、
スープに厚みがあるので悪い影響はほとんど感じなかったですね!

麺の量は70gで、カロリーは495kcalとなっています!
脂質は24.8gで、なかなか高めの数字となっていますね!

具材はひき肉、キャベツ、ねぎという組み合わせになっています!

この具材の組み合わせもまたいかにも味噌ラーメン向けですね!

豚骨ラーメンに合わせる具材としては違和感が多少ありますが、
ひき肉は味噌との相性が良く、風味・量ともに申し分ないですし、
キャベツも味噌ラーメンとして考えると相性も悪くないです!

全体の味を一言で言うと「彩未のラーメンのベースのスープを
田中商店の豚骨スープで置き換えた」といった感じのもので、
主役は「彩未」、下支え役が「田中商店」となっています!

「彩未×田中商店」と田中商店が後ろなのもそのためですかね!(*゚◇゚)

生姜などの「彩未」の個性を感じる味噌ダレを前面に立て、
その後ろの重厚な豚骨が固める構成はけっこう面白いのですが、
「田中商店」らしい豚骨臭が弱く、脇役に徹していることもあり、
コラボによる相乗効果を強く感じさせるとまでは言えないですね!

これがコラボでなく、単なる味噌豚骨なら評価も違ったでしょうが!

「長尾中華そば」とのコラボのときは1+1が2以上になってましたが、
今回はお互いの特徴を多少なりとも食い合う部分もありましたからね!

豚骨スープと味噌ダレ自体は非常に相性のいいものではありますが、
どちらも主張が強いので、一方が立てばもう一方が少し後ろに下がる、
どうしてもそういったシーソーのような関係も持っていますからね!

豚骨のまろやかさを生かした札幌系味噌として食べるといいでしょう!(゚x/)モキュキュン

【関連記事】
麺屋彩未×田中商店 濃厚味噌豚骨
田中商店監修 濃厚豚骨(2016年)
田中商店×長尾中華そば バリ豚激煮干
田中商店監修 濃厚豚骨(2014年)
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.