なんとか月間30記事達成!!

今月も何とか月間30記事を達成いたしました!(=゚ω゚)

ブログの月間記事数に関しては2つの目標があって、
一つは1日平均1記事以上、もう一つは月間30記事です!

というか、実際はどちらも似たようなものなのですが、
2月だけは1日平均1記事でも月間30記事に満たないので、
少しだけペースを上げてカバーしないといけません!

ここ数ヶ月は1日平均1記事が習慣になっていたので、
少しとは言えペースが上がるのは意外に大変でした!

ところで、ここ数ヶ月ほどキーボードの調子が悪く、
「n」のキーの入力感度がひどく落ちて困ってました;

それにいら立って「n」のキーを引っぺがしたところ、
一部の接触がおかしくなっていることがわかったので、
そこを調整すると入力感度も元に戻ってくれました!(●・ω・)

こんなことならもっと早くはがしておくべきでしたね!
はがせる仕様だということを知らなかったですし;

2月になって冬も終わりが近づいてきたはずなのですが、
この2月は寒さがずいぶんと堪える一ヶ月になりました;

おかげで1月の終わり頃から微妙に体調を崩してしまい、
微熱と軽いだるさが2週間ほどずっと続いていました;

これは自分も体調の変化をかなり軽く見ていたせいで、
十分に睡眠を取らなかったりしたせいでもありますが;

体調が危うくなると栄養ドリンクなどを飲むのですが、
ちゃんとそれに合わせて睡眠と取らないといけませんね!(*゚◇゚)

さて、このところ進めている音楽系コンテンツの更新ですが、
今月はこれといって大きな更新とかはできなかったですね;

ただモチベーションが下がってしまったわけではなく、
凝りまくってる結果として速度が遅くなっています!

もともとは2月の上旬には終わると踏んでいたのですが、
一度やった作業もまた洗い直したりもしているので、
来月中に終わればいいなぁといった具合になっています!

3月になるとこれまでに比べると暖かくなるはずなので、
ラーメン屋さんに足を運ぶ頻度も少しは上げたいですね!(●・ω・)

でもって、3月下旬には梅も見に行きたいと思っています!

それでは、3月もどうぞよろしゅうお願いいたします!(゚x/)モキンリー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : ひとりごとのようなもの | ジャンル : 日記

うえまち 中華そば 醤油

やっと「うえまち」への初訪問することができました!

1月に一度「うえまち」に行ったことがあったのですが、
そのときは臨時休業であえなく涙を飲んだのでした!

カドヤ食堂」で修行を重ねた後に独立された店主さん、
どんな深みのあるラーメンを見せてくれるのか楽しみです!(*゚ー゚)

うえまち 中華そば 醤油

これは美しいというほかないビジュアルですね・・・!

透き通った美しいスープ、表面に浮かぶほどよい油、
ねぎをポイントに上品に盛り付けられたトッピング、
見ているだけで自然と笑みがこぼれるような姿です!

まずはスープですが・・・いやはやこれは絶品ですね!(*・ω・)

メインは鶏で、そこに豚や魚介・昆布などが加わる形ですが、
何と言ってもその調和のレベルの高さが群を抜いていますね!

様々な素材を使いながら高いレベルで全体を調和させる、
ここはまさしくカドヤイズムの継承を見ることができます!

そしてこの高いレベルの調和を見せるスープの中から
干し椎茸と表面の鶏油の風味が一歩前へと出てきます!

この椎茸によって上質なそうめんつゆのような和の香りを、
そして鶏油が中華そばとしての主張を互いに高め合って、
見事な調和を誇るスープをさらに高みへと運んでくれます!

それにしてもこのスープは実にレベルが高いですね!

一つ一つの素材の持つ旨味を丁寧に引き出していきながら、
それらをパズルのピースを組み合わせていくかのように
一枚の絵へと仕上げていくような仕事が浮かんできます!

次に麺ですが、これもまた申し分のない仕上がりですね!(=゚ω゚)

表面は実になめらかで、少しやわらかそうに思うのですが、
麺を噛むと中心のあたりでほどよい押し返しがあります!

この噛むことで生じる食感のコントラストが実に絶妙です!
細麺の一つのあるべき形を見せられたような気持ちになります!

そしてトッピングの主役となっているチャーシューですが、
見た感じは昔ながらのラーメンチャーシューという感じです!

しかしながら噛んでみるといい旨味が染み出してくるんです!

味の入りのバランスが絶妙であるのはもちろんのこと、
肉そのものの旨味が噛むほどに口に広がってきます!

このスタイルのチャーシューとしてはトップクラスの内容で、
スープとの相性も含めてかなりの力を感じさせられました!

しかしこの一見控えめであるようで主張すべきを主張する、
スープ・麺・チャーシューともにこのラインを狙ってきますね!

しかもその狙いを外さずに当ててくるからまた見事です!(`・ω・)+

ところで横の席におよそラーメン屋に行くとは思えない
50~60代の上品な雰囲気の女性の二人組がいたのですが、
「和え麺」をいろいろと褒めながら食べておられました!

こういった一見ラーメンと縁のなさそうな層の人も
取り込んでいけるポテンシャルがたしかにありますね!

お店の雰囲気も和食のお店のような上品さがありますし!

しかしまだ開店して数ヶ月程度しか経っていませんが、
この完成度の高さはただただ驚かされてしまいますね!

これは何度も足を運ぶべきお店だと強く感じました!(゚x/)モッキューリ

【関連記事】
うえまち つけ麺
うえまち 中華そば 醤油

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

Yahoo! ら~めん特集第4回 審査員特別賞 みつか坊主 Black味噌

「Yahoo! ら~めん特集第4回」からの第3弾の商品は
審査員特別賞の「みつか坊主」の「Black味噌」です!

これまでは優勝と準優勝の商品だけの販売でしたが、
今回は審査員特別賞のラーメンも商品化されています!

そしてそれ以上に大きなポイントとなっているのが、
これが「匠」ブランドでの発売になったという点です!

これまでは油揚げ麺の「本気盛」での販売になっていて、
これがいろいろと物議を醸す原因になっていたのですが、
今回は高級志向の強い「匠」での登場となったわけです!

単なる第3弾として以上に大きな意味がありそうです!(=゚ω゚)

Yahoo! ら~めん特集第4回 審査員特別賞 みつか坊主 Black味噌

この商品に自分として望むことはただ一つと言っていいです!
それは「マルちゃんの本気を見せてほしい」ということです!

これまで「本気盛」で再現ものを出すことには批判的でしたし、
マルちゃんの開発部でもきっと似たジレンマがあったでしょう!

それがこうして全力で再現できるチャンスが来たわけです!

そして同時にマルちゃんの実力が問われる商品でもあります!
「本気盛だから仕方ない」とは言ってもらえないですからね!(*゚ー゚)

ちなみに「みつか坊主」さんへはまだ足を運んだことはないです;
どうしても大阪北部のラーメン屋には行きづらいのですよね;

Yahoo! ら~めん特集第4回 審査員特別賞 みつか坊主 Black味噌(できあがり)

内容物はかやくが2袋と粉末スープと液体スープとなっています!

かやくはコーンとフライドオニオン&フライドガーリックの袋と
チャーシュー・メンマ・ねぎの入った袋で分けられています!

これはフライドガーリックなどが持っている強い香りが
チャーシューなどに移らないようにするためでしょうね!

さて、最大のポイントとなっているこの黒いスープですが、
お店では「次世代 イカスミBlack味噌」と銘打たれていて、
イカスミの黒さがスープに反映されているもののようです!

ただ、この商品は特にイカスミとは書いてないのですよね!
商品名のほうもシンプルに「Black味噌」となっていますし!

またスープの原材料もみそ・ポークエキス・砂糖・香辛料・
豚脂・食塩・醤油・植物油・鶏脂・野菜エキス・こんぶエキス・
魚介エキス・発酵調味料とイカスミの名前は入ってません!

でもイカスミがないならこの黒がどこから来てるのか謎ですし、
魚介エキスにイカスミも含まれているのかもしれないですし、
そのあたりは実のところよくわからない部分があったりします!(●・ω・)

その味ですが、見た目とは裏腹にけっこうすっきりしています!

香味野菜とこしょうによってアクセントがついてはいますが、
油脂も強くないですし、個性はありつつも間口は広いです!

そしてほんのりと香ばしい風味がしてくるのが特徴的で、
この香ばしさと味噌の風味が上手くまとめられています!

この香ばしさはイカスミ(の風味の再現)による部分と
フライドガーリック&オニオンの効果が大きそうですね!

見た目でインパクトを与えつつすっきりとして間口が広く、
かつ香ばしさなどによって風味に個性も出していますね!

なかなか面白いバランスを狙ったスープと言えそうです!(`・ω・)

麺は細めですが、湯戻し時間は5分とやや長めです!
普通はこれぐらいの細さだと4分が多いのですが!

しかしながら食べてみると5分の意図がわかります!
むしろ5分戻してもやや硬めに仕上がるのですよね!

これは戻りが悪いとかそういったことではなくて、
プリッとして少し硬めの食感を狙ったのでしょう!

また、それによって麺がのびにくくもなっています!

味噌で細麺ってちょっと珍しい印象がありますが、
モデルとなったラーメンでも細麺が使われています!

麺の量は70gで、カロリーは391kcalとなっています!
脂質は6.5gとかなり低い水準の数字となってますね!

具はメンマとコーンなどについてはごく普通ですが、
チャーシューは厚めで力を入れたのが伝わります!

モデルとなったラーメンの主役であるイカスミが
こちらでは特に前面には押し出されてないなど、
コスト面などから苦労したところも伺えますが、
再現性を高めようという努力は強く伝わります!(*゚ー゚)

手放しで絶賛できるというほどではないですが、
「これでこそ再現系」と言える力はありますね!

できることなら来年以降は優勝・準優勝のラーメンも
ぜひともこれと同じく「匠」で再現してほしいですね!(゚x/)モキリッ

【関連記事】
Yahoo! ら~めん特集第4回 審査員特別賞 みつか坊主 Black味噌
Yahoo! ら~めん特集第4回 優勝 麺処まるは健松丸 和風鶏塩麹
Yahoo! ら~めん特集第4回 準優勝 中華そば みのや 濃厚煮干し
Yahoo! ら~めん特集第3回 優勝 新旬家 麺 今昔鶏中華物語
Yahoo! ら~めん特集第3回 準優勝 麺家うえだ 焦がし風特濃

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

○丈 豚もりそば

恒例のCD100枚レンタルのために日本橋に出向いたので、
そのすぐ近くにある○丈さんへと行ってまいりました!

「CDを借りるときは○丈」が自分の中では定番です!(=゚ω゚)

○丈さんの店の前についたのが6時ちょうどぐらいでしたが、
なぜかお店の中にも外にもお客さんが全く見当たりません!

「あれ?」と思って店のドアを見ると何やら貼り紙があって、
「水道管破裂のため30分ほど遅れます」と書いてありました!

「30分くらいならどうってことないか」と座っていると、
店主の丈六さんが出てきて事情を話してくれました!

どうもこの近くのガス管の工事に来ていた業者さんが、
そばにある水道管に傷をつけてしまったとのことです!

またお店の外でずっと待つのも寒いだろうとのことで、
営業は開始できないもののお店の中に入れてくれました!(●・ω・)

ちなみに水道管はお店に入ってすぐに直ったのですが、
麺茹で用のお湯を用意する前に水道管が破裂したので、
そのお湯を沸騰させるのを待つ必要があったのでした!

麺茹で用のお湯を小鍋に少し移して別に沸騰させてから
また元のところに戻したりするなどの工夫もしながら、
なんとか6時20分ぐらいに営業がスタートいたしました!

今回は最初から「豚もりそば」一択のつもりだったので、
迷うことなく「豚もりそば」を麺400gで注文いたしました!

○丈 豚もりそば

麺400gって、少食の自分としてはかなり多いのですよね!
でも清湯系だからいけるだろうと思って注文しました!(`・ω・)+

つけ汁は鶏をベースに、昆布と魚介の風味が感じられます!
昆布がなかなか強めに効かされているのが特徴的ですね!

そして魚介の風味の効き方に○丈らしさを強く感じます!

けっこう強めに魚介の風味が効かされているのですが、
魚介がドンと前面に出てくるという感じとは違って、
強めながらも一歩後ろから主張する印象があります!

それによって他の要素をより引き立たせてもいますね!

○丈の澄んだスープは深くて優しいのが特徴ですが、
これは優しいながらも力強さも感じるつけ汁です!

この他の清湯よりも一歩前に出た主張のバランスが
この「豚もりそば」の持つ大きな魅力とも言えます!

そしてこの「豚もりそば」で見逃すことができないのが、
つけ汁にごっそりと入った2種類のチャーシューです!

赤身メインの薄切りと少し脂の入った角切りの2種で、
どちらもつけ汁の個性と抜群の相性を見せてくれます!

単につけ汁に具がたくさん入っているだけではなくて、
この具も含めてつけ汁がまとまっていると言えます!(*゚◇゚)

値段が1100円とちょっとお高めにも見えるのですが、
この大量のチャーシューに麺が500gまで選べるので、
価格に十分見合うだけの満足度を得ることができます!

また、他にも味玉・メンマ・ねぎが入っています!

そして○丈らしいむっちりとした丸みのある麺も
この優しくもしっかりしたつけ汁とよく合います!

これなら量が多くてもするすると入っていきますね!

最後のスープ割りは徳利に入ってスープが出てきます!

これを入れると魚介の主張がグッと増しますね!
入れる前とはまた違った表情のつけ汁が楽しめます!

ちなみにこの「豚もりそば」は歴史が長いそうで、
天保山にお店があったころから出ていたそうです!

これと似たタイプの「鶏そば」もあるようなので、
そちらもまた訪問したいときに食べたいですね!(゚x/)モキリリ

【関連記事】
○丈 豚もりそば
○丈 夏秋刀魚
○丈 紀州 冷やし
○丈 秋刀魚醤油
○丈 カレーつけ麺
○丈 紀州
○丈 キムラ君
○丈 広島
○丈 ○丈そば
○丈 一乗寺
○丈 中華そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

どん兵衛 焼うどん お好みソース味(2013年)

続けて「どん兵衛 焼うどん お好みソース味」を食べました!
和風醤油系に対して、こちらはソース系の焼うどんです!(*゚ー゚)

どん兵衛 焼うどん お好みソース味(2013年)

「お好みソース味」ということでマヨネーズつきです!
お好み焼きにはマヨネーズがつきものですからね!

2年前はこちらはかなり高い評価をしていますね!

今回は「だし醤油味」も非常にいい仕上がりだったので、
こちらの「お好みソース味」への期待もふくらみますね!(=゚ω゚)

どん兵衛 焼うどん お好みソース味(2013年)(できあがり)

具はこちらもキャベツとにんじんのみになっています!
コストの関係でどうしてもこうなっちゃうのですかね!

ソースはお好みソースらしくほんのりと甘めで、
一般のカップ焼きそばよりもやさしい味わいです!

またフルーティーな風味も強く、粘度は意外と低めです!
お好み焼きソースってけっこう粘度が高いものですしね!

2年前の記事と比較すると、味の路線はほぼ同じですね!(●・ω・)

このソースの完成度はさすがと言っていいでしょうね!

ソース系の焼うどんはカップ焼そばと路線が近いですが、
このソースによって差別化は上手くなされていますし!

原材料はソース・植物油脂・トマトケチャップ・魚介エキス・
フルーツペースト・香味油・かつおパウダー・香辛料などです!

フルーティーな印象の強いソースになっていますが、
原材料にフルーツペーストが入ってるのですね!(`・ω・)+

そしてマヨネーズですが、お好み焼き系ということで
ソースとマヨネーズの相性はなかなかいいですね!

そのためマヨネーズを入れても完成度は高いですが、
一方でカップ焼そばとの差別化はやや弱まりますね!

途中で少し自分でかつお節をプラスしてみましたが、
カップ焼そばとの違いを際立たせるという点では
かつお節のほうがよりよい効果を見せてくれました!

でも、これだと「だし醤油」との違いが薄れるので、
どの商品と味の路線の違いを明確化するかによって、
どちらが合うのかが変わってくる感じはありますね!(*゚◇゚)

麺はどん兵衛らしいストレートの太麺となっています!
ソースとの絡みもいいですし、食べごたえも十分です!

麺の量は90gで、カロリーは516kcalとなっています!
カロリーが少し高めなのはマヨネーズの分ですかね!

完成度という点ではこちらも優等生的な仕上がりで、
マヨによるお好み焼きらしさもよく表現されています!

ただソースの個性を生かすという点で見てみると、
マヨよりもかつお節のほうが合ったりもするので、
そこは自分の好みで使い分けてもいいかもですね!

かつおパックはどこの家庭にも置いてるものですし、
マヨネーズはとっておいてもまた使えますからね!

どん兵衛の焼うどんはなかなか安定感が高いですね!(゚x/)モキルーン

【関連記事】
どん兵衛 焼うどん お好みソース味(2013年)
どん兵衛 焼うどん だし醤油味(2013年)
どん兵衛 年明けうどん 2013
どん兵衛 釜めし仕立て
どん兵衛 GOLD 金の鶏だし塩うどん
どん兵衛 ありが豚 とんこつちゃんぽんうどん
どん兵衛 焼うどん お好みソース味(2011年)
どん兵衛 焼うどん だし醤油味(2011年)
35周年 どん兵衛 関西風きつねうどん
35周年 どん兵衛 きつねぶっとそば
どん兵衛 和風担担うどん
どん兵衛 天ぷらそば ぶっとリッチ
どん兵衛 年明けうどん 2011
どん兵衛 年明けうどん 2010
どん兵衛WHITE 白ちゃんぽんうどん
ぶっとうどん入荷

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

どん兵衛 焼うどん だし醤油味(2013年)

新発売の「どん兵衛 焼うどん だし醤油味」を食べました!

この商品は2011年にも一度発売されていて、
そのときもこのブログで紹介していますね!

なので、最初ちょっとだけ買うのをためらいましたが、
単純に食べたいと思ったので買うことにしました!(*゚ー゚)

どん兵衛 焼うどん だし醤油味(2013年)

全体のデザインは以前とそれほど変化はないようですね!
「和風のだし醤油」=「青」という図式も変わっていません!

かつおぶしが付いているのも2年前とやはり同じです!

あとは味のバランスがどう変わっているかでしょうね!(=゚ω゚)

どん兵衛 焼うどん だし醤油味(2013年)(できあがり)

具はキャベツとにんじんのみというシンプルな構成です!

味はまずだし風味がしっかりと効いてるのが特徴ですね!
そこにそこそこ強めの油脂と醤油の香ばしさが効いています!

また豚などの動物系の旨味もけっこうしてきますね!

しょっぱすぎることもなく、油も強すぎないですし、
ずば抜けた感じはないもののバランスは非常によく、
安定感のある優等生的な仕上がりと言えそうです!

ちなみに2年前の記事を改めて読み返してみると、
当時はけっこう厳しい感想を書いてるのですよね!

当時は油脂と醤油の存在感がかなり強かったようで、
バランス面で弱点があるという印象だったみたいです!

でも、今回はそういうことは感じなかったですね!
むしろかなりバランスに配慮したという印象です!(`・ω・)

そして2年前はあまり効果が出ていないと書いた
かつお節も今回はいい風味を与えてくれています!

かつお節が入ると和の香りがいっそう強まると同時に
味をより丸くしてくれて優しい風味になりますね!

どん兵衛らしいストレートの太麺も食べごたえがあって、
弱点を感じさせないなかなかのカップ焼うどんですね!

ソースの原材料は醤油・糖類・植物油脂・香味油・
魚介調味油・かつおパウダーなどとなっています!

商品ページによると炒めた豚肉と野菜の風味と
ローストした醤油の3つがポイントとのことです!(●・ω・)

麺の量は90gで、カロリーは492kcalとなっています!
500kcalを切っているのはけっこううれしいですね!

今回は何と言ってもバランスの良さが光っていましたね!

これなら常時販売してくれてもいいぐらいに思えました!(゚x/)モキュルル

【関連記事】
どん兵衛 焼うどん お好みソース味(2013年)
どん兵衛 焼うどん だし醤油味(2013年)
どん兵衛 年明けうどん 2013
どん兵衛 釜めし仕立て
どん兵衛 GOLD 金の鶏だし塩うどん
どん兵衛 ありが豚 とんこつちゃんぽんうどん
どん兵衛 焼うどん お好みソース味(2011年)
どん兵衛 焼うどん だし醤油味(2011年)
35周年 どん兵衛 関西風きつねうどん
35周年 どん兵衛 きつねぶっとそば
どん兵衛 和風担担うどん
どん兵衛 天ぷらそば ぶっとリッチ
どん兵衛 年明けうどん 2011
どん兵衛 年明けうどん 2010
どん兵衛WHITE 白ちゃんぽんうどん
ぶっとうどん入荷

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

今日の一枚 (2013 2/9~2/22)

グランジのルーツからポストパンクのルーツまで、
けっこう雑多にいろいろと聴いていた感じですね(=゚ω゚)

2/9
King's X "Out of the Silent Planet" (1988-1st)
King's X "Gretchen Goes to Nebraska" (1989-2nd)
[Progressive Metal / Heavy Metal / Alternative Metal]

これもグランジのルーツ探索の中で聴きました。

Pearl Jamのメンバーが特にこのバンドを気に入っていて、
グランジのルーツ的な存在として名前を挙げてたのですよね。

サウンドのベースはHard Rock/Heavy Metalなのですが、
インド音楽的な要素やサイケデリック感覚があったり、
ときにベースからファンクの要素が覗いたりします。

またこのバンドはクリスチャンロックということもあり、
ゴスペルの要素がヴォーカルアレンジにけっこう見られます。

このあたりはちょっとCreedに繋がるものもありますね。

サウンドの基本はあくまでHR/HMの枠内にあって、
グランジ的なルーズさやパンクの香りは薄いですが、
ヘヴィネスの効かせ方やそこにプラスしたサイケ感など、
Pearl JamやAlice in Chainsといったバンドに繋がる要素も
たしかにこのバンドのサウンドから見てとることができます。

もっと端的にはメタルの文脈にサイケな要素を乗せるという
90年代ロックによく見られるスタイルの先駆者と言えそうです。

Black Flagからの影響をあまり受けていないバンドで、
HR/HMを基盤に他の要素の融合を進めたグランジ系バンドは
このバンドの手法をけっこう参考にしたのかもしれません。

またいろんな要素を取り込んでいるバンドでありながら、
軸足はHR/HMにあるのでオルタナ系とはけっこう違います。

2/17
The Vines "Highly Evolved" (2002-1st)
[Garage Rock Rivival / Post Grunge / Neo Psychedelia]

The Vinesを聴くのはけっこうひさしぶりですね。

The Strokesなどと並ぶガレージ・リバイバル系ですが、
Nirvanaからの影響が強いことや、中期The Beatlesの
サイケデリアを強く取り込んでいるあたりが個性的です。

特に1stはNirvanaぽい曲の次にサイケな曲が来るなど、
曲のスタイルを大きく変えながら進むのが特徴です。

以前は60年代に疎かったのでわかってませんでしたが、
どちらのスタイルの曲もなかなかの完成度ですよね。

"Factory"は前半はまるっきりThe Beatlesなのですが、
ダークさをときおり織り交ぜているのが面白いですね。

2/21
Silver Apples S/T (1968-1st)
[Psychedelic Rock / Electronic Music]

電子音楽の要素を極めて強く持った60年代サイケバンドです。
サイケ以上に電子音楽の元祖的存在と呼ぶべきかもですが。

自作のシンセサイザーなどを使いながら演奏していて、
60年代とは思えないような電子的なサウンドが特徴です。

ポストパンクなどに強い影響を与えたことは間違いなく、
サイケから横の繋がりとしてこのバンドに触れるよりも、
ポストパンクからルーツをたどって聴いてみるほうが
その音楽性からもすんなり入れるかもしれません。

予備知識なしで聴いたら60年代だとわからなさそうですし。

「60年代にこのサウンド」というだけでも価値がありますが、
その完成度の高さも十分に特筆すべきものがありますね。

[今回のYoutube]
今回のYoutubeはKing's Xの楽曲から選びました。

1stと同名の"Out of the Silent Planet"という曲ですが、
収録されているのは1stではなく2ndだったりするのですよね。

しかもアルバムの最初を飾る曲なので余計に混乱しがちです;

彼らの曲でもとりわけサイケデリックな要素が強くて、
最初からシタールが入ってラーガロックぽい色を見せます。

またそこまで強烈にヘヴィなサウンドではないものの、
重めの音とサイケ的な浮遊感のあるヴォーカルが絡み
Alice in Chainsに通じるようなスタイルが見えます。

これをサバス方向に引っ張るとAICにより近づきますし、
たしかにグランジとの関連性が見えるサウンドですね。

90年代以降はけっこうよく見るスタイルではありますが、
1989年ということを考えるとなかなか斬新さがあります。

King's X "Out of the Silent Planet" (1989)
[Progressive Metal / Heavy Metal / Alternative Metal]

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : 洋楽ロック | ジャンル : 音楽

ラ王 袋麺 醤油

ようやく「ラ王」の袋バージョンを食べました!

以前からそろそろ買って紹介しようと考えてましたが、
「安売りにならないかなぁ」などと思っているうちに
購入するのががずいぶんと遅くなってしまいました(;゚ω゚)

ラ王 袋麺 醤油

ちなみに関東ではけっこう前から発売されてましたね!
たしかサッポロ一番の「麺の力」と同時期だったはずです!

関西ではそれよりもけっこう遅れての発売となりました!
いろいろと改良を重ねたりもしているのですかね!?

現在も販売地域は関東甲信越・近畿・中部のみなので、
今も販売されていない地域がけっこう多いみたいです;

「まるで、生めん。」のフレーズはカップ版と同じですね!

ラ王 袋麺 醤油(麺と内容物)

内容物は麺と液体スープのみという構成になっています!
麺は乾燥状態でもやや幅広になっているのがわかりますね!

また、麺は油揚げ麺ではなくノンフライとなっています!
カップ版がノンフライなので当然ではあるのですけども!

というわけで、今回も例によって具なしで作ってみます!(●・ω・)

ラ王 袋麺 醤油(できあがり)

まずは主役の麺ですが、さすがにコシは非常にいいですね!

従来のノンフライ麺の正統進化系といった感じで、
これまでのノンフライ麺的な要素を残しながらも
食感や小麦の風味を大きく向上させた印象ですね!

明星の「中華三昧」の麺の食感と生麺の持つ食感の
中間あたりを取ったような感じもちょっぴりします!

新世代袋麺といえば、マルちゃんの「正麺」を筆頭に、
サッポロ一番から「麺の力」が登場したりしましたが、
それぞれ狙いが違っているのが見えて面白いですね!

「正麺」は従来の油揚げ麺ともノンフライ麺とも違う、
生麺をそのまま乾燥させたような麺を作り上げました!

そのため「生麺らしさ」では他の追随を許しません!
最もリアリティのある麺に仕上げてきたと言えます!

一方の「麺の力」はあえて油揚げ麺で仕上げることで、
インスタント麺らしい油揚げ麺の風味が好きな層を狙い、
「正麺」とはまた違った層を掘り起こしにかかりました!

油揚げ麺ということで生麺らしさは劣ってしまうものの、
「これまでになく質の高い油揚げ麺」を提示することで、
油揚げ麺の持つ可能性に新たな足跡を刻み込みました!

そしてこの「ラ王」はノンフライ麺の進化系という形で、
「正麺」とある程度は近いラインではありながらも
また少し違ったスタイルの麺を作り上げてきています!

「正麺」は麺のリアルさでは間違いなく最強なのですが、
作る際に茹で汁に少し粘り気が出るという欠点があり、
一応はスープ用の湯を別に用意しなくてもいいものの、
別茹でにしたほうがいいと思わされる点がありました!

一方でこの「ラ王」はそういったことが特にないので、
麺のリアルさでは「正麺」には少しばかり劣るものの、
より手軽に食べられるという強みは持っていますね!(*゚ー゚)

また、麺がのびにくいというのも利点の一つではあります!

ただ、従来のノンフライ麺の食感があまり好きでない人は、
このラ王の麺の食感が好きになれない可能性はありますが!

スープはしょうがとメンマの風味が効いたあっさり味です!
こってり路線が多いカップ版とは大きく違っていますね!

より幅広い層をターゲットにした袋版らしい味と言えます!

面白いのは原材料で醤油・植物油脂・食塩・香味油・糖類・
香辛料・メンマパウダーといった組み合わせになっています!

不思議なことに動物系のエキスが一切書いてないのです!(`・ω・)

これはちょっとにわかに信じられない感じなのですが、
香味油に動物系の旨味を担わせてるのかもしれません!

とはいえ、スープの完成度はなかなかの高さとなっています!

きっちりと万人受けするようにチューニングされていて、
総合力では「正麺」に匹敵するだけの力はありますね!

麺の量は80gで、カロリーは具なしなら353kcalとなります!

何と言っても、このラ王は非常にまとまりがありますね!
長所だけでなく、弱点をできるだけ減らした感じがします!

このソツのなさはさすがは日清といったところですね!(゚x/)モキリーン

【関連記事】
日清ラ王 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : 即席麺 | ジャンル : グルメ

飲む玄米 黒糖玄米

今週の火曜日の昼に「Antaga"大正"」に行ったのですが、
不覚にもお店にカサを忘れるという失態を演じました(;゚ω゚)

ということで、夜の帰りにまた大正へ行ったのですが、
カサを持って帰るだけではちょっともったいないと思い、
怪しいドリンク満載のあの自販機をまた見てきました!

するとどうも以前に見たのと似た缶があるではないですか!
これはあのドリンクの姉妹品に違いないと思って買いました!(`・ω・´)ゝ

飲む玄米 黒糖玄米

ミキ」と同じくマルマサという会社が作っていることと、
「飲む○○」というフレーズから見てやはり姉妹品でしょう!

今回のキャッチフレーズは「飲む玄米」となっています!

「飲む極上ライス」に比べると非常にシンプルですが、
「飲む玄米と言われても;」という気はやはりします;

商品名も「黒糖玄米」とシンプルになっています!
「ミキ」の名前は今回は使われてないようですね!

また一番下にはやはり「栄養食品」と書いています!

「ミキ」に比べると怪しさが少ないようにも見えますが、
「Black Sugar 玄米」という表記はなかなかの怪しさです!

"black sugar"という表現は普通は英語では使いませんが、
沖縄の黒糖の固有名詞として使われなくもないようです!

どちらかというと和製英語的な言葉に近いようなので、
brown sugarの間違いと思われることもありそうですが!(*゚◇゚)

さて、それはともかくとして味わってみましょう!

今回も例によってドリンクの粘度は非常に高いです!
おかゆをミキサーにかけたような感じに近いですね!

また、黒糖が入っていることで色もかなり黒いです!

その味ですが・・・これは「冷やしあめ」に近いですね!

といっても、関西の人にしか通じないかもですが;
「冷やしあめ」自体が関西ローカルの飲み物ですので;

普通の砂糖とは違う、ちょっとコクと個性ある甘さと
ほんのりとしたしょうがの風味が特徴となっています!

なので、甘ったるさはあまり感じさせないですね!

黒糖はけっこう個性の強い味を持ってはいますが、
それをしょうがで上手く中和している感じがします!

ただ、冷やしあめと比べると粘度がかなり高いので、
「それなりにすっきりした味なのにどろどろ」という、
ちょっと不思議な感覚におそわれたりもしますが!(●・ω・)

また、味を主に黒糖としょうがが担っていることもあり、
白米ではなく玄米であるがゆえの個性はあまりないです!

「どことなく香ばしさがあるかなぁ」というぐらいです!

このシリーズは粘度の高さを横に置いておけば、
その味はそこまで怪しげではないのですよね!

いかにも日本的な風味のあるドリンクという感じで、
素朴すぎるぐらいに素朴な味を楽しむことができます!

ちなみにこのドリンクは温めてもいいそうなのですが、
初詣の出店などで温かいこのドリンクを出したりしたら
意外と受け入れられそうな感じもあったりはしますね!(*゚ー゚)

路線もおしるこをすっきりさせた感じに近いですし!

間違いなく怪しげな雰囲気のあるドリンクではありますが、
飲み方次第で楽しめるポテンシャルはきちんとありますね!(゚x/)モキリリッ

【関連記事】
飲む玄米 黒糖玄米
飲む極上ライス ミキ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : ドリンク | ジャンル : グルメ

JUNK STORY 鶏豚骨のラーメン

限定の「鶏豚骨」を求めてJunk Storyに行ってきました!

この日はスープを炊いているかはっきりしてませんでしたが、
昼に提供されていたという情報をtwitterで見かけたので、
おそらく夜も提供されるだろうと思って行ってきました!(`・ω・)

着いたのは開店直後で並ぶこともなくすぐに入れました!
非常に運がいいタイミングで店に着いたようですね!

JUNK STORY 鶏豚骨のラーメン

というわけで、「鶏豚骨のラーメン」の登場です!
かなりの濃厚さであることが見た目からもうかがえます!

トッピングは2枚のレアチャーシューと角切りメンマ、
青ねぎと白髪ねぎの2種類のねぎに糸唐辛子です!

まずはスープですが・・・いやはやこれはヘヴィですね!(=゚ω゚)

鶏白湯の濃厚さと豚骨の濃厚さの両方が押し寄せてきて、
ヘヴィな濃厚さを見せながらもまろやかさが光ります!

この濃厚なスープにパンチの効いた醤油だれが入ります!
魚介などは特に入らず、ひたすら動物系で攻めてきます!

とにもかくにもストレートな濃厚動物系スープですね!
濃厚系のスープが好きな人に特化された感もあります!

食べていると重さがズッシリと攻めてくるのですが、
不思議とスープが飲みたくなる魔力を持っていますね!(*゚◇゚)

「濃厚だけど意外に重くない」タイプとはまた違います!

そうでありながら臭みは全く感じさせないですし、
ヘヴィながらもまろやかさを強く持っているので、
ついついスープを飲まずにいられなくなります!

これこそがこのスープの持っている力なのでしょうね!

「重いけど引きこまれる」、これはなかなか面白いですね!
白湯スープの持つ魅力がストレートに出ているとも言えます!

麺はJunkらしいガシッとした強い食感のある平打ちです!
この麺を食べるとJunk Storyだなぁといつも実感しますね!

この麺ならこれだけ強いスープでも全く負けませんし、
このスープと合わせても明確な主張が伝わってきますね!

またときおり麺にネギを絡めながら食べることで、
アクセントがついて風味に変化が出てくれますね!(*゚ー゚)

今回のレアチャーシューは脂の割合がやや多めですね!

Junkのレアチャーシューは合わせるラーメンによって
使われる部位などがけっこう大きく変わってきますね!

このレアチャーは肉らしさが強く前面に出てきます!

今回の「鶏豚骨」は濃厚でまろやか、それに尽きますね!

ヘヴィなスープが苦手な人には向いてはいないですが、
濃厚スープの持つ魅力がぎっしりと凝縮されています!

ちなみに2月中はずっと出す予定にしてるそうですよ!(゚x/)モキリリンッ

【関連記事】
JUNK STORY 鶏豚骨のラーメン
JUNK STORY 煮干し背脂醤油
JUNK STORY 塩つけ麺
JUNK STORY 生醤油
JUNK STORY 濃口醤油らーめん
JUNK STORY 海老醤油
JUNK STORY 塩のキラメキ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.