3/20発売 カップヌードル パスタスタイル 彩り野菜のペペロンチーノ

3/20発売の日清からの新作
「カップヌードル パスタスタイル 彩り野菜のペペロンチーノ」
を食べました!

油揚げ麺の縦型カップでパスタらしい食感を実現した
「カップヌードル パスタスタイル」からの新作です!

3/20発売 カップヌードル パスタスタイル 彩り野菜のペペロンチーノ

これまでこのシリーズからは「ボロネーゼ」、「ボンゴレ」、
和風タラコ」の3種の味が出てましたが、これで4つめですね!

ただ、「ペペロンチーノ」に関しては日清のもう一つの
油揚げ麺のパスタ系ブランドである「日清焼すぱ」からも
日清焼すぱ 下町ぺぺろん」として登場しているのですよね!

「焼すぱ」は廉価系商品なので、もちろん違いはあるでしょうが、
明らかなスタイルの違いが打ち出せるかどうかは気になりますね!(*゚ー゚)

3/20発売 カップヌードル パスタスタイル 彩り野菜のペペロンチーノ(内容物)

ちょっとピントが変なところに合ってしまいましたね;
下の野菜のところにピントが合うようにすべきでした;

内容物は液体ソースのみというシンプルな仕様となってます!

湯切りしやすいように、指示通り折り目をつけるのがポイントです!
カップが小さいので指示通りにしないと湯切りの際に熱いですからね;

3/20発売 カップヌードル パスタスタイル 彩り野菜のペペロンチーノ(できあがり)

「彩り野菜」というには、ちょっと寂しい気もしないではないですね;

まずはその味ですが・・・おっ、これはずいぶんとオシャレですね!(●・ω・)

一口目からして、庶民的だった「焼すぱ下町ぺぺろん」とは違い、
もうちょっと高級感のある香りがふわっと上がってきますね!

その最大のポイントとなっているのはソースに含まれるバジルです!

バジルがけっこう多めに入ることでさわやかな香りが強まり、
ペペロンチーノの核であるガーリックを強めに効かせながらも、
それをきつく感じさせない香りを良さを全体に与えています!

ガーリックと多めのオリーブオイルをメインとしている点は
いかにもペペロンチーノらしく、アンチョビでさらに旨味を重ね、
バジルによってそれを香り良くまとめあげたソースとなってます!

「焼すぱ」はそこに醤油を加えることで庶民感を出してましたが、
こちらはあえて原材料の中には醤油は加えてはいないのですよね!

これもまた正統派のイタリア料理らしさの演出に役立っています!(*゚◇゚)

ペペロンチーノって、あまり大きな違いを出しにくいタイプの
ソースという印象でしたが、はっきりとした個性が出ていますね!

とにもかくにも「上品」という表現が似合う味になってましたし!

ソースの原材料は植物油脂、香味油、食塩、香辛料、アンチョビエキス、
チキンエキスと、かなりシンプルな組み合わせとなっています!

麺はこのシリーズらしい、パスタらしさを持たせた油揚げ麺です!

断面はもちろん丸く、ストレート感もあるのでパスタらしく、
またほどよくプリッとした食感があるのが大きな特徴ですね!

もちろんノンフライ麺のパスタと比べると大きな差はありますが、
麺の形状だけでなく、プリッとした弾力はパスタらしさがあって、
油揚げ麺であることを考慮すればかなりのクオリティと言えます!

だからこそ、こうしてブランドとして定着できてるわけですしね!(=゚ω゚)

麺量は75gで、カロリーは407kcalとなっています!
脂質は17.6gで、オイル系ソースとしてはそこそこ軽めですね!

汁なしカップ麺として見ると麺量は明らかに少ないと言えます!
カップ焼そばだと、麺量が少ない部類のものでも80gはありますからね!

ペペロンチーノながらも上品さを意識したソースといい、
20~40代ぐらいの女性層が主なターゲットなのでしょうね!

具材はキャベツ、赤パプリカ、インゲン、赤唐辛子となっています!

原材料には「赤パプリカ」とありますが、商品説明のほうでは、
「赤ピーマン」となっているなど、表記に違いが出ていますね!笑

ただ、カップ麺によく使われる見た目目的の赤ピーマンとは違い、
これはちゃんとパプリカらしいフレッシュな風味が感じられます!

量は少なめながらも、今回の具材の中でもポイントになってましたね!

そして最も量の多いキャベツですが、これはなかなか味がいいですよ!(`・ω・´)

たまたまそう感じただけという可能性もなくはないのですが、
他のカップ麺のキャベツに比べると甘さが立っていますね!

これがオイル系ソースであるペペロンチーノの重さに対して、
それを上手く緩和してくれる効果を見せてくれていました!

ただ、キャベツにソースが絡みすぎると少々重くはなりますが!

インゲンですが、こちらは逆にもうちょっと頑張ってほしかったですね!

量も少なめなだけでなく、インゲン特有のプリッとした食感が弱く、
せっかくの存在感がイマイチ生きていないといった印象でした!

赤唐辛子はペペロンチーノとしては必須の存在ですよね!
これが入ることによって、時折ピリッとした刺激が来ます!

上品さを意識したソースにはこのシリーズらしい強みあって、
ターゲットとしている層への訴求力は感じられる内容でしたね!

一方でこのシリーズは具材がウリの一つだったりもするのですが、
パプリカとキャベツのクオリティは「カップヌードルLight+」を
連想させるようななかなかのものを備えてくれてはいたのですが、
質・量ともにもうひと押しぐらいあるともっと良かったでしょうね!

野菜のクオリティで特徴を出すというのは難しさもあるとは思いますが!

「日清焼すぱ」とは一味違った、バジルの香りが印象的なソースでした!(゚x/)モッキュリン

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/20発売 行列のできる店のラーメン 煮干しそば

3/20発売の日清「行列のできる店のラーメン 煮干しそば」を食べました!
ついに日清の「行列」シリーズから煮干系のラーメンが登場しました!(`・ω・´)

3/20発売 行列のできる店のラーメン 煮干しそば

「濃厚煮干し鶏白湯」、これはかなり期待が持てそうですね!
昨今の煮干系スープのブームの勢いの強さも感じさせてくれます!

価格帯の高いシリーズなので、それ相応の内容を見せてくれるでしょう!

3/20発売 行列のできる店のラーメン 煮干しそば(内容物)

内容物は先入れかやく、後入れかやく、粉末スープ、液体スープ、海苔です!
粉末スープはノンフライ麺系統にしては珍しく先入れ仕様となっています!

それにしてもこの5袋構成というあたりにも本気を感じさせますね!

3/20発売 行列のできる店のラーメン 煮干しそば(できあがり)

いやはや、まず食べる前からして粉末スープの威力に圧倒されます!
粉末スープを入れて麺を湯戻ししてまぜただけでかなりの粘度です!

粉末スープにいかに大量の煮干粉末が入っているかがうかがえます!
おそらく粉末スープは煮干エキスと煮干粉末のみなのでしょうね!

ちなみに少々溶けにくいのでしっかりとまぜるのがオススメです!

そしてスープですが・・・いやぁ、これはほんと満足度が高いです!(●・ω・)

動物系白湯+煮干だしのスープとしては満額回答と言えますね!
よくぞカップ麺でここまでのものを作ってくれたと言いたくなります!

まず何と言ってもベースとなる煮干の主張がガンガン来ますね!

ほぼ魚粉だけであれだけの粘度が生まれていたほどですから、
その煮干の旨味と風味の強さについては申し分ありません!

これなら十分に煮干好きの人を満足させられるものがあるでしょう!

そして、そうでありながら煮干のエグミなどはあまり感じません!
煮干の持つクセはけっこう出ながらもネガティブにならないのですよね!

その点において大きな役割を果たしているのがもう一つの主役の鶏白湯です!(=゚ω゚)

こちらの鶏白湯スープについてもなかなかの濃度を誇っています!

厳密には鶏と豚が両方合わさっているで鶏豚骨白湯なのですが、
動物系の濃度とコクがしっかりとありベースをがっちりと固め、
それによって煮干のネガな部分を上手く包み込むのですよね!

一方で動物系白湯だけだと油脂も含めて重くなりがちなのですが、
煮干がガツンと効いているので重さよりも旨味が前面に出てくる、
こうした両者の相乗効果が見事なバランスで成立しています!

いやはや、これはコンビニで300円近く払ってでも購入価値ありですよ!
スーパーなら250円ぐらいなので、これを逃す手はないでしょうね!

スープの原材料は動物油脂(豚、鶏)、たん白加水分解物、醤油、
魚粉、ポークエキス、チキンエキス、糖類、魚介エキス、加工油脂、
香辛料、卵粉、ねぎ、食塩、魚介調味油、植物油脂となっています!

麺はいつもの行列シリーズらしい断面が四角いノンフライ麺です!(*゚◇゚)

このブリブリとした食感の強い麺もこのシリーズ定番となりましたね!

麺の太さだけでいえば中細ぐらいで決して太くはないのですが、
食感の主張が強いのでこうしたスープにも負けないのですよね!

麺がほぐれがちょっと悪いかなといった点もありはするのですが、
自分としては今回は特に気になるようなレベルではなかったですね!

麺の量は70gで、カロリーは433kcalとなっています!
脂質は14.8gで、濃厚な白湯系なので多少は高めですね!

具材はチャーシュー、メンマ、玉ねぎ、海苔、青ねぎです!

青ねぎは粉末スープの袋に入ってるのでスープの一部に近いです!

チャーシューは薄く、サイズも決して大きくはないのですが、
食べると脂身の旨さやジューシーさをしっかりと感じられ、
小ぶりながらも明確な存在感を感じさせるものとなってます!

メンマは薄めではありますが、コリコリ感はけっこう強く、
メンマらしい風味もあって、強いスープにも負けてませんね!

後入れ玉ねぎは玉ねぎらしい辛味と甘味がいい具合に同居していて、
意識的にときどきつまむようにするといいアクセントになります!

そして海苔ですが、これはやはり濃厚系のスープにはよく合いますね!(*゚ー゚)

とにかくたっぷりとスープを吸わせてから麺を巻いて食べましょう!
クタクタになるぐらいまでスープを吸わせるとよりおいしくなります!

動物系白湯+煮干系スープとしては文句なしと言っていいレベルで、
煮干の旨味と風味の強さ、それと相乗効果を見せる動物系白湯の厚み、
どちらを取っても非常に高い水準を感じさせてくれる内容でした!

「これぞ行列シリーズ」、そう言わしめてくれるものがありましたね!

注目商品の多い今週ですが、その中でもキラリと光る一杯でした!(゚x/)モキキュリッ

【関連記事】
行列のできる店のラーメン 煮干しそば
行列のできる店のラーメン 特濃担々麺(2016年)
行列のできる店のラーメン 海老担々麺
行列のできる店のラーメン TOKYO 特濃魚介とんこつ
行列のできる店のラーメン とりそば 特濃魚介鶏白湯
行列のできる店のラーメン えびそば 特濃みそ豚骨
行列のできる店のラーメン とりそば
行列のできる店のラーメン えびそば 特濃しお豚骨
行列のできる店のラーメン TOKYO NEO担々麺
行列のできる店のラーメン ネオ和歌山 極濃どろ豚骨醤油
行列のできる店のラーメン 特濃担々麺(2012年)
行列のできる店のラーメン 特濃担々麺(2011年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/13発売 デカヤキ まろやかソース焼そば だし粉ふりかけ付

3/13発売の日清からの新作
「デカヤキ まろやかソース焼そば だし粉ふりかけ付」
を食べました!

自分はいつも廉価系商品に関してはスルーしてしまうのですが、
この「デカヤキ」は好きなブランドなのでいつも紹介しています!

「デカヤキ スパイシーソース焼そば からしマヨネーズ付」が
同時発売されていますが、これは以前に紹介したことのある
デカヤキ ソース焼そば からしマヨネーズ付」と同内容です!

調べてみたところ原材料の並びも栄養成分も同じでしたからね!
単に名前に「スパイシー」の表現が新たに入っただけのようです!

なので、紹介はこちらの「まろやかソース焼そば」のみにします!

3/13発売 デカヤキ まろやかソース焼そば だし粉ふりかけ付

「デカヤキ」というと、粉末ソースを使ったスパイシーなソースで、
大盛でありながらサラッと食べられるのが大きな強みなのですよね!

そこでこちらはそれとは対極的な「まろやか」路線としたようです!

以前は粉末ソース+ガリマヨという形の商品が併売されてましたが、
これだと従来版と差別化が十分ではなかった問題もあったのでしょう!

ただ、まろやか路線になると「デカヤキ」らしさも減るわけで、
そのあたりをどのように調整してきているかが注目ですね!(*゚ー゚)

3/13発売 デカヤキ まろやかソース焼そば だし粉ふりかけ付(内容物)

内容物は液体ソースとだし粉ふりかけという構成になっています!
かやくであるキャベツはあらかじめカップの中に入っています!

しかし「デカヤキ」で液体ソースとはちょっと驚きでしたね!
それゆえに期待と不安の両方が交錯するところがありますが!

3/13発売 デカヤキ まろやかソース焼そば だし粉ふりかけ付(できあがり)

さすがは廉価系商品ということもあり、具はほんと少ないですね;

まずはだし粉なしの部分の味ですが・・・シンプルなウスター味ですね!(●・ω・)

ここまでシンプルなウスターソース味はそうそうないほどですね!

ほんとに市販のウスターソースだけをかけてごく軽く魚介風味をつけた、
ただそれだけの極めてさっぱりとした風味の焼そばとなっています!

焼そばソースというと、中濃にあたるものが使われることが多く、
普通のウスターに比べるとソースの風味が濃いめになりがちですが、
これはそれとは正反対のソースの主張が極めて控えめな風味です!

また、ウスターソースの中でも酸味などが控えめなタイプなので、
味の濃い焼そばを求めると確実に物足りなさは感じるでしょうね!

一方で甘みについてはそこそこ強めにつけられているので、
さっぱりとしながらもまろやかさを感じる味となっています!

「デカヤキ」というとこれまで粉末ソースを使うことによって、
油脂感が控えめで、麺のしっとり感を抑える路線を取ってましたが、
今回は液体ソースでありながらもその特徴は継承されていますね!

というのも、麺の量に比べてソースの量がけっこう少なめなので、
液体ソースで麺がテカテカとするような感じにならないのですよね!

このあたりのバランスの取り方はなかなか面白いと思わされました!

そしてだし粉をかけた味ですが・・・ちょっと屋台風になりますね!(=゚ω゚)

だし粉といっても、全体に魚介の旨味を強く加えるというものではなく、
屋台の焼そばなどで使われるあの削り節粉をそのまま加えた感じです!

なので、ただただシンプルに甘めのウスターソース風味の焼そばに、
よくある削り節粉とアオサが加わっただけのシンプルなものですね!

こうした味の狙いどころのカップ焼そばはこれまであまりなかったですね!

麺を炒めてやや甘めのウスターソースだけをかけて味付けをしたうえで、
水分を飛ばして最後にアオサと削り節粉をかけて仕上げただけのような、
とにかくシンプルかつ食べやすさを最重要視したような焼そばと言えます!

なので、大盛でありながらなぜか量的な物足りなさすら感じますからね!

ソースとふりかけの原材料は糖類、ソース、植物油脂、食塩、魚粉、醸造酢、
あおさ、魚介エキス、酵母エキス、香辛料、デキストリン、香味油です!

麺はかなり細めのオーソドックスな縮れのついた油揚げ麺となってます!

ただ、実はガーリックを練り込むなど工夫もされているのですよね!
とはいえ、そのガーリックの風味はこれといって感じはしないですが!(*゚◇゚)

極めて主張を控えめにしたソースを使っているということもあって、
せめて麺のほうにも一定の風味を加えようという試みなのですかね!

体感的なガーリックの風味についてはそれほどないのですが、
おそらく入れないとソースが麺に負けてしまうのでしょうね!

麺の量は130gで、カロリーは666kcalとなっています!
脂質は29.0gで、油脂感が弱い割にはそこそこ高い数字ですね!

具材はキャベツのみで、量は少ないうえに、一つ一つも細かいです!
これだけ存在感のないキャベツはそうそうないと言えるほどですね;

でも廉価系商品ですし、自分としては特に気にはならないですが!

がっつり系の大盛商品だとキャベツのさっぱり感も欲しくなりますが、
もともとが風味が軽めのタイプなのでなくてもあまり問題ないですしね!

とにもかくにもここまで優しい味わいだったのは驚きでしたね!

がっつり系のカップ焼そばとは明らかに対極にある路線ですし、
たとえば同社のUFOとは完全に正反対の商品と言っていいです!

また「日清焼そば」や従来の「デカヤキ」のようなスパイス感もなく、
あえてわかりやすいインパクトを排除したような仕上がりでしたからね!

甘めのウスター系というと「ペヤング」なども存在はしますが、
「ペヤング」はスパイスを入れることでメリハリをつけてますし、
ソースそのものもここまであえて無個性にはしてないですからね!

そのためカップ焼そばに一定のインパクトを求めたい場合には、
この商品は酷評されてしまうことも少なからずあるでしょうね!

ただ、自分はこれはこれでなかなか面白いと思ったのですよね!(`・ω・)+

というのも、ここまで食べやすい大盛系はこれまでなかったですし、
なおかつ液体ソースを使いながらも「デカヤキ」らしさもちゃんとあり、
気軽に大盛系を食べるという目的からすると非常に優れていると思います!

ただ、商品説明には「若者からシニア層まで」と書かれていますが、
むしろ完全にシニア層を対象にしているようにすら思われますが!

そうしたシニア層からも「これは多いけど食べやすくていいね」と、
そう思ってもらえることを狙った商品と言っていいかもしれませんね!

なので、大盛商品ではありますががっつり感については一切求めずに、
「大盛だけど食べやすい」点にだけ注目すると意外と面白いですね!

事前に聞いていた評価よりは十分に楽しむことのできる一杯でした!(゚x/)モキルン

【関連記事】
デカヤキ まろやかソース焼そば だし粉ふりかけ付
デカヤキ ガリマヨ焼そばソース味
デカヤキ ソース焼そば からしマヨネーズ付
でかやき大盛 コク塩焼そば
でかやき大盛 鉄板マヨのソース焼そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/13発売 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA

3/13発売の日清からの新作
「THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA」
を食べました!

東京の有名店の中でも特に上品なラーメンを紹介する
「THE NOODLE TOKYO」シリーズからの新作となります!

一時期新作の登場が滞っていた時期もあったのですが、
最近になってまたいろいろな新作が登場してきましたね!(*゚ー゚)

3/13発売 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA

今回は銀座にお店を構える「むぎとオリーブ」の再現カップ麺です!
しかし銀座のお店というだけで何やら高級感を感じさせますね!

オリーブオイルを使っているあたりがいかにも上品な雰囲気ですね!
どうもこちらの店主はイタリアンシェフから転身されたそうです!

3/13発売 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA(内容物)

おっと、この粉末スープの醤油の色はインパクトがありますね!
もっと薄い色の醤油ダレを使ってきてそうなイメージでしたので!

具材の中に普通のかまぼこが入っているのもちょっと面白いですね!

3/13発売 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA(できあがり)

やはり醤油ダレの色がかなり濃いめのスープとなってますね!

まずはスープですが・・・ほぅ、見た目の印象とは違いますね!(●・ω・)

たしかにある程度は醤油の風味を軸にしたスープなのですが、
その色に反して醤油のカドや鋭さなどは全く感じません!

醤油の持っている旨味とでも呼べるものはまずやってきて、
それと同時に鶏油のコクと香り、さらにその後あたりから
鶏のスープの潤沢な旨味とそれを追うように魚介も来ます!

この風味が一つの流れを持って表情を変えるあたりがいいですね!

その中でもとりわけ重要な地位を占めているのが鶏油ですね!

後入れの鶏油は鶏の持っている風味がギュッとつまっていて、
旨味は強いながらもクセは感じさせない実に良質な鶏油です!

そしてもう一つの特徴であるオリーブオイルなのですが、
オリーブオイル特有の風味がガンガン前面に出るのではなく、
鶏油や鶏の主張により上品さを与える効果を見せていますね!(*゚◇゚)

元イタリアンシェフということで、オリーブオイルを前面に据える、
そうした使い方には当然のことながらかなり長けているでしょうが、
このようにサポート的にオリーブオイルを使う技術もまた見事ですね!

スープの原材料は醤油、糖類、チキンエキス、動物油脂(鶏、豚)、
香味油、たん白加水分解物、オリーブオイル、魚介エキスです!

原材料を見ても何を軸としているかが非常に明確になってますね!

麺は「有名店シリーズ」などと同様のストレートの油揚げ麺ですが、
今回は小麦胚芽が配合されていることでやや色が濃くなってます!

これによって麺の持つ小麦の風味がより強められています!

パスッとした歯切れのいい食感はいつものこの麺らしく、
油揚げ麺臭も比較的弱く、クオリティは非常に高いです!

「THE NOODLE TOKYO」シリーズは上品なスープが多いですが、
この麺だからこそ、それが支えられている面も大きいですね!(=゚ω゚)

麺の量は80gと多めで、カロリーは457kcalとなっています!
脂質は18.1gで、麺量を考えると標準的な数字ですかね!

具材は蒸し鶏、フライドポテト、かまぼこ、ねぎとなっています!

蒸し鶏は日清が得意とする具材で、やはりその質は高いです!(`・ω・´)

しっとりとした質感、鶏らしい繊維質、ほどよい味付け、
そして量の多さといい、どの点にも弱点はないですね!

もちろんこの鶏ベースのスープとの相性も申し分ないです!

ポテトは一見不思議ですが、どうもお店でも入る具材のようです!
ラーメンにフライドポテトが入るというのはほんと珍しいですね!

もともとじゃがいもは醤油系のスープとはよく合うものなので、
珍しくはありながらもスープとの相性については問題ないです!

ねぎもリアル系のもので、クオリティはなかなか高いですね!

かまぼこが入ると、なんだか和風麺っぽい雰囲気が出ますね!
味についてはごくごく普通のカップ麺向けのかまぼこですね!

だしを前面に立てたうえでタレがサポートするタイプではなく、
まず醤油の旨味が来てからだしの風味が来るというスタイルは
一定程度は好みが分かれてしまうというところもあるかもですが、
それでもだし、タレともに質が良く、また鶏油も効果的なので、
一つの醤油ラーメンとしての完成度はたしかなものがあります!

深みのある醤油ラーメンを求めるなら手に取って損はないですね!(゚x/)モッキルン

【関連記事】
THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子辣湯麺
THE NOODLE TOKYO 播磨坂もりずみ 限定鶏醤油らぁ麺
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子塩らーめん
THE NOODLE TOKYO Due Italian 特製らぁ麺フロマージュ
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定鶏塩らーめん

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/6発売 ラ王 ピリ辛酸辣湯麺

3/6発売の日清「ラ王 ピリ辛酸辣湯麺」を食べました!

今週は「日清ラ王」と「マルちゃん正麺」というライバルが
共に新商品を出すという非常に興味深い週になりましたね!

他の商品がどことなく大人しいものばかりになっているのは、
この対決と同じ週になるのを避ける理由もあるのかもですね!(*゚ー゚)

3/6発売 ラ王 ピリ辛酸辣湯麺

今回はちょっと冬向けらしく「酸辣湯麺」となっています!
酸っぱくてピリ辛、今ではラーメンの定番の一つになってますね!

しかも今回はあえて卵に力を入れている点も気になるところです!

3/6発売 ラ王 ピリ辛酸辣湯麺(内容物)

内容物はかやく2袋と液体スープという構成になっています!
青色のかやくは普通の具材、黄色のかやくは卵となっています!

3/6発売 ラ王 ピリ辛酸辣湯麺(できあがり)

本来は卵も先入れですが、見映えの関係で後入れにしました!
ほんと具材の中でも卵が主役というのがはっきり伝わりますね!

まずはスープですが・・・おおぉ、これは総合力が高いですね!(●・ω・)

なんというか「ラ王」ブランドの底力を感じさせられますね!

「醤油」や「味噌」などのレギュラーの商品に関しては、
「正麺カップ」の登場で水を開けられた印象がありましたが、
こうした新商品の安定感では「ラ王」に一日の長がありますね!

またアッパーブランドの「ラ王PREMIUM」も優秀なものが多いですし、
新作ではときどきコケることもあるライバルの「正麺カップ」に対し、
日清としての、「ラ王」としての総合力を強く感じさせてくれます!

まずスープはキリッとした酸味がしっかり効いてるのがいいですね!
この酸味の引き締め効果によって酸辣湯らしさが明確に出ています!

さらにベースとなっている鶏清湯スープもいい味が出てるのですよね!

そこに具材の椎茸が入ることによって旨味に重層感も出ていますし、
酸辣湯麺として最も押さえるべきポイントが押さえられています!(*゚◇゚)

酸辣湯のもう一つの主役であるラー油は風味はあまり強くないですが、
ごくごく軽めながらもピリリとした刺激を与える効果は出しています!

また、酢に関しては黒酢などのように特有の風味を生かすのではなく、
酢の持っている酸味にスポットを当ててシャープに仕上げられてます!

そのため「黒酢系の丸みのある酸辣湯麺」に比べると締まってますね!

ちなみに酸辣湯麺にありがちなとろみについては全くついてないです!

というのも、液体スープでとろみをつけるのはいろいろ難しいですからね!
片栗粉系の素材を液体スープに入れると湯煎の際に固まる原因になりますので;

スープの原材料は醸造酢、醤油、植物油脂、食塩、チキンエキス、
香辛料、ポークエキス、鶏脂、糖類、椎茸エキスとなっています!

やはり最初に醸造酢が来ているというのが目を引くところですね!

麺はストレートでやや平打ち気味っぽい細麺となっています!
この麺もまた「ラ王」ブランドの持つ総合力の高さが出てますね!(=゚ω゚)

ライバルの「正麺カップ」は中華麺としてのリアル感は断トツですが、
麺の種類が事実上2つしかないというのが一つのネックとなっており、
それゆえにスープの方向性が制限されがちな側面があるのですよね!

一方の「ラ王」はこのところやや低~中加水の麺をよく使うのですが、
今回はそれとも違った加水が高めながらもしっとりした麺となってます!

中華麺としてのリアルさという点では「正麺カップ」に及ばないですが、
この麺の引き出しの多さも一つのブランドとしての強みを感じますね!

でもって、強いプリプリ感ではなくどこかしっとりとした感覚があり、
なおかつ多加水麺的な良さもある、そのバランス感覚の高さは見事です!

麺の量は65gで、カロリーは326kcalとかなり軽めです!
脂質は7.2gで、こちらもあまり高い数字にはなってないですね!

具材はかきたま、蒸し鶏、チンゲン菜、椎茸となっています!

まず蒸し鶏、チンゲン菜、椎茸という酸辣湯麺で欠かせない
具材がきっちりと押さえられているのはポイントが高いです!

蒸し鶏はしっとり、チンゲン菜は青菜らしい風味がよく出ていて、
椎茸はスープに旨味を出すと同時に具としても存在感があります!

かきたまが多いことで、やや量が少ないという弱点もありますが!

そしてかきたまですが、これだけ量が多いとやはりうれしいですね!(`・ω・)+

単体の具材としてだけ見るとそれほど目立つものではないのですが、
量が多く自然と麺と絡むので、卵の風味がスープと一緒にやってきて、
酸辣湯麺のもう一つの特徴である卵の旨さが非常によく出てますね!

こうしたポイントの押さえ方の上手さがこの商品の大きなポイントです!

酢をキリッと強めに効かせることで酸辣湯麺の個性を明確に立て、
さらに麺にかきたまと総合力の高さをうかがわせるものが満載で、
「ラ王」ブランドの新作に対する安心感がより高まりましたね!

さすがはラ王だなぁと、そう思わせてくれる見事な一杯でした!(゚x/)モッキルー

【関連記事】
日清ラ王 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/6発売 カップヌードル 香辣海鮮味

3/6発売の日清「カップヌードル 香辣海鮮味」を食べました!

それにしても今週の発売商品はどれを選ぶか迷わされますね(;゚ω゚)

というのも、プチリニューアル系の新商品が多いのですよね;

サイズを変えただけとか、この時期の定番商品であるとか、
そうした新商品ばかりなので枠を持て余し気味になります;

この商品も昨年11月にBIG版が発売されたものですからね!

3/6発売 カップヌードル 香辣海鮮味

デザインそのものも昨年発売されたものと特に変わらないですね!
ノーマルサイズになったことで、ややこじんまりしただけです!

昨年春に行われた「世界のカップヌードル総選挙」で1位になり、
BIG版として昨年11月、ノーマル版として今回商品化されました!

しかも原材料を見るとBIG版と同じなので、変化はあまりなさそうです;

ちなみにもともとは香港で発売されていたカップヌードルですね!

3/6発売 カップヌードル 香辣海鮮味(内容物)

そしてフタの裏には今回も「合味道」の説明が書かれています!

意味は「あなたに合った味」で、「ハップ・メイ・ドウ」という音が
「カップヌードル」と似ていることから名付けられたとのことです!

3/6発売 カップヌードル 香辣海鮮味(できあがり)

できあがりのビジュアルも昨年のBIG版と特に変わらないですね!

まずはスープですが・・・あれ、不思議と昨年より印象がいいですね!(●・ω・)

もちろんこういうのにはそのときの空腹感であったり、
体調などによって感じ方が変わってくる面もありますが、
それでもなぜかBIG版のときよりもおいしく感じますね!

どうしてもBIG版だと後半にやや持て余し気味になるため、
頭に残る味の印象がやや大味な感じになりがちなのですよね!

それに対してこちらはいい印象が残ったまま食べ切れますし、
そのスープの特徴が油揚げ麺の風味にかき消されにくいので、
スープの良さがよりダイレクトに伝わってくるのもいいです!

動物系のスープに海老やイカの海鮮の旨味をたっぷり加えて、
キムチの風味と辛味を効かせたのがこのスープの特徴ですが、
今回は特に海鮮とキムチの旨味がよりはっきりと感じられて、
このスープの個性となる部分が際立っていた印象がありました!(*゚ー゚)

方向性としては日本で毎年夏頃になると発売されている
レッドシーフードヌードル」と非常に近くはあるのですが、
「レッドシーフード」の持っている軽い乳製品系の丸みがなく、
かつイカ以外の海鮮の旨味がBIG版よりも明確に伝わるので、
BIG版のときほど似たような味とは感じなかったのですよね!

スープの原材料の並びを見るに大きな変化はないはずなのですが、
何だかこのノーマル版はBIG版のリベンジ商品的な感じがしますね!

麺量が多いことで本来のスープの個性がかき消されたBIG版に対し、
よりスープの味を伝えたいという狙いがあったようにすら見えます!

スープの原材料は糖類、ポークエキス、香辛料、チキンエキス、
醤油、豚脂、食塩、えびパウダー、野菜エキス、いかパウダー、
魚介エキス、香味調味料などといった組み合わせになっています!

並びまで完全にBIG版と同じなので、スープそのものは同じなのでしょう!

麺はいつものカップヌードルシリーズらしいヌードル麺ですね!

BIG版と同じく「シーフードヌードル」の汎用麺となっています!

なので、太さはカップヌードルシリーズの中でも最も細めで、
下味についても食塩と醤油のみと非常にシンプルになってます!

スナック感はありますが、どんなスープとも合う麺ですね!

また、今回はノーマル版なのでスープに与える影響もより小さいです!

麺の量は60gで、カロリーは328kcalとなっています!
脂質は12.5gで、けっこう少なめの数字となってますね!

具材は卵、キャベツ、いか、コーン、ねぎ、赤ピーマンです!
この具材の組み合わせも昨年11月に出たBIG版と同じですね!(*゚◇゚)

このうちの卵、ねぎ、キャベツ、ねぎの4種の具材は、
「シーフードヌードル」にも入ってるのでおなじみですね!

赤ピーマンはどちらかといえば彩り目的で存在感はあまりないです!

この商品の具材の最大の特徴となっているのはコーンですが、
BIG版のときは量も多かったせいか多少違和感があったのに対し、
今回はノーマルサイズなので特にそうした印象を抱くこともなく、
「これはこれで面白いのでは」と割り切れる感がありましたね!

やはり量がほどほどだと、いろんな印象が変わってくるのですね!

おそらくBIG版をそのままノーマルサイズにしただけなのですが、
それによって麺がスープに与える影響が減ることで個性が際立ち、
具材などとのバランスも向上したことでよりいい印象が残りました!

BIG版を食べなかった人であればよりオススメできる内容ですし、
BIG版を食べた人でも手に取ってみるのはアリかもしれませんね!

人によってはBIG版と全く同じ印象を持ってしまうとは思いますが;

様々な海鮮とキムチの旨味が上手く融合した海鮮系ヌードルでした!(゚x/)モッキリン

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/27発売 日清焼そばカップ スパイシーホットチリ味

2/27発売の「日清焼そばカップ スパイシーホットチリ味」を食べました!
チキンラーメン出前一丁に続き、日清焼そばのピリ辛系の紹介です!(`・ω・´)

2/27発売 日清焼そばカップ スパイシーホットチリ味

日清焼そばのカップ版から新作が出るというだけでも珍しいので、
今回はチキンラーメンや出前一丁と同時発売なのは面白いですね!

今後はときどき日清焼そばカップからも新作が出てくるのですかね!

2/27発売 日清焼そばカップ スパイシーホットチリ味(内容物)

内容物は粉末ソースとふりかけというシンプルな組み合わせです!
ただ、このふりかけこそが大きなポイントになってるわけですが!

2/27発売 日清焼そばカップ スパイシーホットチリ味(できあがり)

日清焼そば+豚ダイスミンチって、ちょっと不思議な組み合わせですね!

まずはソースの味ですが・・・あ、いつもよりも明らかにピリ辛です!(●・ω・)

出前一丁がベースのスープをいつもと全く同じものにしたうえで、
後入れラー油のみで辛さの調整するという手法だったのに対し、
こちらはソースだけで食べてみてもはっきりと辛さが違ってます!

ただ、原材料を見ると香辛料以外の並びはいつもと全く同じなので、
純粋に唐辛子系の香辛料のみを増やしたと見て良さそうですね!

日清焼そばはもともと唐辛子系の辛味はそれほど強くないので、
そこが強化されると食べたときの印象は意外と変わるのですよね!

そしてここにふりかけが加わりますが・・・さらに印象が変わりますね!(*゚◇゚)

唐辛子フレークが入ってるので辛さもより強くなるわけですが、
フライドガーリックもけっこう多めに入れられていることもあり、
いつもの日清焼そばとはかなり印象の違った風味となります!

面白いのはそれがどこかスナック菓子っぽい点なのですよね!

ピリ辛とフライドガーリックの風味・・・と考えてみると、
これってちょっと「カラムーチョ」ぽい風味なのですよね!

もちろんソースの味が入るので全体の味は全く違うのですが、
粉末ソースってもともとスナック菓子っぽい風味がありますし、
日清焼そばにカラムーチョ的な要素が加わった感じとも言えます!

でもって、驚かされるのが全体の辛さが意外と強い点なのですよね!

間違いなく今回登場した3商品の中ではこれが最も辛いですし、
ピリ辛の範囲は超えていて、けっこう辛口の風味となってます!

なので、辛さが苦手な人だと後半は意外と厳しくなるかもです!

これだけ攻めた辛さにしてきたのはなかなか面白かったですね!(=゚ω゚)

ソースの原材料は糖類、香辛料、食塩、ソース、香味調味料、
醤油、たん白加水分解物、ポークエキス、植物油脂、香味油です!

いつもの「日清焼そば カップ」とは香辛料の位置以外は同じです!

ふりかけの原材料はフライドガーリック、赤唐辛子となっています!

麺はいつもの「日清焼そば カップ」の麺と同じものですね!

UFOに使われているような先進的な油揚げ麺とは違って、
昔ながらのややスナック感のある中細の麺となっています!

ただ、そういう麺だからこそこのソースに合うとも言えますが!

もし高級感のある麺だと何かアンバランスな感じになりそうですし、
それに何より袋麺バージョンとの印象の違いが出すぎますからね!

麺の量は90gで、カロリーは485kcalとなっています!
脂質は19.0gで、焼そばとしてはちょっと低めですかね!

具材はキャベツと豚ダイスミンチという組み合わせになってます!(*゚ー゚)

日清焼そばにダイスミンチというと少々意外な感じがしますが、
今回はフライドガーリックによってソースがややジャンクなので、
このダイスミンチのワイルドさが上手くハマってくれていますね!

一方のキャベツはごくごく普通の具材といった感じですね!

日清焼そばというと、アレンジが効かせにくい印象がありましたが、
むしろ体感的な味の変化はこれが最も大きいとすら言えるものでした!

実際にはソースは唐辛子系の香辛料を増やしただけであって、
あとはふりかけによる味の変化があっただけではありますが、
それだけでもちゃんとしたアレンジとまとまるものなのですね!

日清焼そばの新しい可能性を見せてくれる一杯でございました!(゚x/)モキュッ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/27発売 出前一丁 どんぶり 旨辛五目あんかけ風

2/27発売の日清「出前一丁 どんぶり 旨辛五目あんかけ風」を食べました!

チキンラーメン、出前一丁、日清焼そばの3ブランドから、
冬向けに同時発売されたピリ辛系商品の一つとなります!

すでにチキンラーメンのピリ辛系については紹介してますね!

2/27発売 出前一丁 どんぶり 旨辛五目あんかけ風

ピリ辛+とろみの組み合わせは「チキンラーメン」と同じですね!
全く同じ発想を両商品に適用するというのはけっこう面白いですね!

今回はいつもの「ごまラー油」が「辛ごまラー油」になってるようです!(*゚ー゚)

2/27発売 出前一丁 どんぶり 旨辛五目あんかけ風(内容物)

内容物は粉末スープと辛ごまラー油となっています!
長く持ち歩いたせいか、かやくの卵が粉々になってますね;

粉末スープはとろみ成分が入っていて溶け残りやすいので、
まんべんなく広げてからお湯を入れるよう注意書きがあります!

2/27発売 出前一丁 どんぶり 旨辛五目あんかけ風(できあがり)

後入れの辛ごまラー油が意外と多くて非常に目立ってますね!

まずはスープですが・・・基本の味はいつもの出前一丁ですね!(*゚◇゚)

スープそのものをピリ辛仕様にするといった変更などもなく、
バランスが良くあっさりとした醤油系のスープとなっています!

原材料の並びを見ても植物油脂(=ラー油)以外は全く同じで、
ベースの味はいじっていないことが原材料からもわかります!

カップヌードル、UFO、どん兵衛などのアレンジバージョンは
いつも味付けそのものを大幅に変えるのが基本となっていますが、
今回の3商品はベースの味はできるだけ維持してきていますね!

そしてここに辛ごまラー油が入りますが・・・たしかに辛めですね!(●・ω・)

いつものごまラー油ははっきり言って辛さはほとんどないのですが、
この「辛ごまラー油」は明確にピリピリとした刺激がやってきます!

もちろん量が多いというのもかなり影響はしているのですが、
それ以上にラー油の辛味はきっちりと強めてきてるようですね!

辛さ以外の点についてのごまラー油の風味はほぼ同じですね!

なので、全体として見れば出前一丁のごまラー油の風味を大幅に強め、
なおかつ辛味を強めてとろみをつけたスープと言っていいでしょう!

スープの原材料は植物油脂、食塩、ごま、糖類、醤油、小麦粉、香味調味料、
香辛料、たん白加水分解物、加工油脂、ポークエキス、香味油となっています!

従来の出前一丁の原材料とは植物油脂の位置以外は並びが全く同じです!

麺は中細でややスナック感のある油揚げ麺となっています!
おそらくは基本の「出前一丁」のカップと麺は全く同じですね!

とろみがついている分だけ完全にスープ勝ちになっていますが、
袋麺をカップ麺化したものは少々スープが勝つぐらいのほうが
バランスが良く感じられたりすることも多いので問題はないです!

むしろそうなることであんかけの良さもより感じられますしね!(=゚ω゚)

麺の量は70gで、カロリーは433kcalとなっています!
脂質は20.4gで、やはりごまラー油が多く入るので高いですね!

具材は豚ダイスミンチ、キャベツ、卵、きくらげ、椎茸、人参です!

豚ダイスミンチはワイルドな風味で食べごたえは非常にありますね!

このスープにはチャーシューチップ的なもののほうが合いそうですが、
それでもこれだけ存在感のある肉具材があるのはうれしいですね!

キャベツはごく普通ながらも量はそこそこ入っています!

きくらげは量はあるものの一つ一つがものすごく小さいので、
量の割にはあまり目立たない存在となってしまってますね!

椎茸と人参は見ての通りごくごく少量といった感じです;

卵は写真では散らばっているのであまり目立ってないですが、
これはあんかけらしさの演出にはけっこう役立ってますね!

「五目あんかけ」と呼ぶには具材のさみしさが気になりますが、
出前一丁の個性をそのまま生かしつつも、ラー油をピリ辛にして、
なおかつその風味を前面に立てたスープはなかなかパンチがあって、
ごまラー油の風味が好きな人ならけっこう満足できるでしょうね!

冬の終わりを乗り切るのにピッタリな感じの出前一丁でした!(゚x/)モキキン

【関連記事】
出前一丁 どんぶり 旨辛五目あんかけ風
出前一丁ビッグ 肉大盛り
出前一丁 どんぶり 旨辛台湾ラーメン風
出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン(2016年)
出前一丁 どんぶり(2015年)
焼出前一丁 カップ(2015年)
出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン(2015年)
焼出前一丁 カップ(2014年)
出前一丁 まぜそば
出前一丁 どんぶり(2011年)
出前一丁 まろやかミルク白湯

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/27発売 麺ニッポン 京都背脂醤油ラーメン

2/27発売の日清「麺ニッポン 京都背脂醤油ラーメン」を食べました!
「麺ニッポン」シリーズからの純粋な新作はけっこうひさびさですね!

途中で既存商品のリニューアル版などは発売されていましたが!

2/27発売 麺ニッポン 京都背脂醤油ラーメン

京都の背脂醤油ラーメンというと「ますたに」を源流とした、
鶏ガラ清湯スープ+背脂という組み合わせが思い浮かびますが、
このラーメンについてもその路線を取ってきてるのですかね!

2/27発売 麺ニッポン 京都背脂醤油ラーメン(内容物)

内容物はかやく、液体スープ、後入れかやくとなっています!
後入れかやくはこのラーメンのウリでもある九条種ねぎですね!(*゚ー゚)

2/27発売 麺ニッポン 京都背脂醤油ラーメン(できあがり)

後入れねぎによる緑が抜群のインパクトになっていますね!

まずはスープですが・・・あ、これは「ますたに」系ではないですね!(●・ω・)

今回のスープのベースは明らかに鶏ガラ醤油ではなく、
やや清湯寄りの豚骨醤油系のスープとなっています!

豚骨醤油といっても和歌山ラーメンなどの系列とは全く違い、
濁りは少なく、澄んではいないもののこってり系ではないです!

比較的すっきりとしたタイプの豚骨醤油と言えるでしょう!

このタイプのスープは「第一旭」系の京都ラーメン寄りですかね!

とはいえ、ここに背脂が入る点は「ますたに」寄りとなるので、
いくつかの京都ラーメンのハイブリッドといった感じですね!

少量ながらも一味唐辛子が入ってるのも「ますたに」系ぽいですし!

油脂は豚脂、背脂ともに量は多いですが、意外と重くはないです!

どちらかというと、すっきりしたスープにほどよいコクを与える感じで、
背脂の持っているほんのりとした甘さがスープに丸みを帯びさせてます!

また、ベースのスープも「ますたに」系のものに比べると丸いので、
京都ラーメンらしい特徴を持ちつつも食べやすい印象は強いですね!

背脂がけっこう大粒でありながら溶けるような質感があって、
これはなかなかクオリティの高い背脂となっていますね!

そしてここに大量の九条種ねぎが入りますが・・・これがなかなか強烈です!(`・ω・´)

というのも、このねぎは単に量がたっぷりあるだけでなく、
ねぎの辛味と風味がもともと非常に強くなってるのですよね!

これは袋に入っている段階のねぎの香りを嗅ぐとよくわかります!

後入れの青ねぎを採用しているカップ麺はけっこうありますが、
乾燥状態でここまで辛味の効いた香りのあるねぎはほぼないです!

そのため、スープに投入すると一気にねぎの辛さと香りが増します!

というより、もはやねぎラーメンに早変わりするといったほどです!

なので、ねぎの辛味が苦手な人は避けたほうがいいレベルですが、
香りが非常にいいのでネガティブな印象を持たせないのですよね!

スープは丸みがありながら、ねぎと絡めて食べるとカツンと来る、
ここまでねぎを立ててきているとは少々予想外ではありました!

しかし乾燥ねぎでもここまでねぎの特徴が出せるものなのですね!
単なる大量の青ねぎかと思っていたので、これは驚かされました!

スープの原材料は豚脂、醤油、たん白加水分解物、ポークエキス、
糖類、食塩、香味調味料、香辛料、酵母エキスとなっています!

見ての通り、鶏系の要素は一切原材料には含まれていませんね!
というか、ほぼ豚系と醤油や香辛料のみしか入っていませんし!

麺はけっこう多加水寄りの断面の四角いストレートのノンフライ麺です!

この麺もまた「ますたに」系の背脂醤油とは明らかに違います!
「ますたに」系の麺はもっと加水が低い印象がありますからね!(*゚◇゚)

ただ、京都系の醤油ラーメンでこういう加水がけっこう高めの、
プリッとした食感の麺を使うものってあまり思い浮かばないですね!

でも、それはさておいてスープとの相性はなかなかいいですし、
スープの塩分濃度がそこそこあるのでもし加水の低い麺だと、
スープに負けすぎてしまうのでこれで良かったのでしょうね!

麺の量は70gで、カロリーは491kcalとなっています!
脂質は23.0gで、背脂が入っている分だけそこそこ高いです!

具材は九条種ねぎ、チャーシュー、メンマとなっています!

九条種ねぎはスープの部分で触れたようにインパクト抜群です!
とにかくこの香りの強さとねぎの辛味を楽しんでほしいですね!

チャーシューはいかにもこのシリーズらしいものとなってます!

サイズは小さいのですが、厚みに関してはそこそこあって、
なおかつ味は「ラ王」に入っている高級系チャーシューに近く、
小ぶりながらもしっかりとした良質なチャーシューとなってます!

チャーシューにいろんなバリエーションを持ってるのは強いですよね!(=゚ω゚)

メンマは一つ一つは大きめですが、量はかなり少なめですね!
でもって、あまり厚みがないので食感もけっこうやわらかめです!

京都ラーメンらしさという点では一定の疑問も残りはしますが、
しっかりと効いた背脂に、辛味を立たせた九条種ねぎは効果絶大で、
ハイブリッド的ながらも京都ラーメンの一つの形は見えましたね!

とにもかくにもねぎの香りの良さが光っていた一杯でした!(゚x/)モキリューン

【関連記事】
麺ニッポン 京都背脂醤油ラーメン
麺ニッポン 博多とんこつラーメン
麺ニッポン 札幌濃厚味噌ラーメン
麺ニッポン 喜多方ラーメン
麺ニッポン 青森濃厚煮干ラーメン
麺ニッポン 函館塩ラーメン
麺ニッポン 尾道ラーメン
麺ニッポン 横浜家系ラーメン
麺ニッポン 八王子ラーメン
麺ニッポン 信州味噌ラーメン
麺ニッポン 近江ちゃんぽん

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/27発売 チキンラーメンどんぶり 旨辛ワンタンとろみ仕立て

2/27発売の日清からの新作
「チキンラーメンどんぶり 旨辛ワンタンとろみ仕立て」
を食べました!

今週はチキンラーメン、出前一丁、日清焼そばの3ブランドから、
冬向けにピリ辛に仕上げた新商品がそろって登場しています!

2/27発売 チキンラーメンどんぶり 旨辛ワンタンとろみ仕立て

ラー油ととろみというと、いかにも温まりそうな感じですね!
さらにワンタンも入るということで具材にも個性がありそうです!

そういえば昨年の同時期にも「旨辛棒棒鶏風」という名前の
ちょっとピリ辛路線のチキンラーメンが発売されましたね!

あえて春が来る直前に発売されているのが面白くもありますが!

2/27発売 チキンラーメンどんぶり 旨辛ワンタンとろみ仕立て(内容物)

チキンラーメンにしては珍しく内容物が2袋となっています!

まずとろみ粉末を全体にまんべんなくかかるように入れて、
仕上げにラー油をかけるという流れになっています!

できあがったらとろみが出るまで麺をまぜるのもポイントです!(*゚ー゚)

2/27発売 チキンラーメンどんぶり 旨辛ワンタンとろみ仕立て(できあがり)

具が麺の下に沈んでいたので具を整えるのがいつもより雑になりました;
また、後入れのラー油がけっこう多めなのが目を引きますね!

まずはスープですが・・・おっ、ラー油の存在感が強いですね!(●・ω・)

先入れのとろみ粉末は味のないとろみだけをつけるものなので、
ベースの味はいつものチキンラーメンと全く変わりはしません!

しかし、そうでありながら受ける印象は実に大きく違っています!

ラー油がもたらすピリ辛感による変化ももちろん大きいのですが、
それ以上にとろみがつくことで印象が全然変わってくるのですよね!

さらにとろみのついたスープだと、ラー油が表面だけに浮かず、
より全体に回るようになるのでラー油の風味がより均一になり、
スープだけで見ればいつもの味にラー油が入っただけのはずが、
いつものアレンジ版以上に違った風味のように感じられてきます!

ラー油のピリ辛感はあくまでごくごく軽めのものではありますが、
ごま油ぽい風味は強くなく、量の割にインパクトは控えめです!

どちらかというと、軽いピリ辛感によって体を温める効果が大きく、
とろみとの相乗効果をはかっているといった感が強かったですね!

とろみ粉末とラー油の原材料は植物油脂、糖類、香味油です!
糖類はとろみ粉末の片栗粉系のものを指してるのでしょうね!

麺はいつものチキンラーメンの麺と全く変わらないですね!(=゚ω゚)

麺の原材料を見ても全く同じですし、スープに出す風味も
食感もいつもどおりのものと思ってくれていいでしょう!

今回はとろみのついたスープで温度が比較的保たれるので、
麺の食感がゆるんでくるのがいつもよりもやや早いですが!

麺の量は80gで、カロリーは427kcalとなっています!
脂質は17.7gで、いつもと同様にそれほど高くはないですね!

具材はワンタン、卵、ねぎという組み合わせになっています!

卵とねぎはいつもの「チキンラーメンどんぶり」と同じでしょうね!
卵のふんわりとした食感などもおなじみといった感がありますし!

ワンタンは5つ入っており、皮はけっこうつるりとしています!(*゚◇゚)

また、お湯を入れる際はワンタンに直接かけるようにすると、
ワンタンの中の餡ができるだけきれいに戻るようになります!

中の餡はごくごく普通の豚肉系ですが味はしっかりしてますね!

日清のワンタンというとちょっと珍しい気もしたりしますが、
そういえば「出前一丁」のどんぶりにもワンタンが入ってますし、
今ではけっこう定番の具材の1つになりつつあるみたいですね!

具材のワンタンはおそらく「出前一丁」で使っているものと同じで、
とろみとラー油をつけただけとアレンジの幅は実は小さいのですが、
それだけでも食べたときの印象が全く違うのは面白かったですね!

特に今の時期は夜がまだまだ寒く、温かいものが食べたくなりますし、
受験勉強の際の夜食など、ニーズの高さは十分に感じられましたね!

でもって、これなら袋版を鍋で作る際のアレンジにも適用しやすいので、
そういう点でもチキンラーメンの違った魅力を伝えてくれるものでしたね!

寒い夜にピッタリのチキンラーメンといった感じでございました!(゚x/)モキンッ

【関連記事】
チキンラーメン 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.