9/18発売 一平ちゃん 夜店の焼そば タルタル甘酢醤油味

9/18発売の明星からの新作
「一平ちゃん 夜店の焼そば タルタル甘酢醤油味」
を食べました!

「タルタル甘酢醤油味」って、いろんなものがまざってますね!
一見してもこの3つが合わさるとどうなるのかイメージしにくいですし!

9/18発売 一平ちゃん 夜店の焼そば タルタル甘酢醤油味

今週はひさびさに「一平ちゃん 夜店の焼そば」が2商品同時発売です!
もう一つの商品は「旨辛スパイシーガーリック味」となっています!

「旨辛スパイシーガーリック味」のほうは味のイメージがしやすいですね!

9/18発売 一平ちゃん 夜店の焼そば タルタル甘酢醤油味(内容物)

内容物は例によって液体ソース、マヨ、ふりかけとなっています!
ふりかけの袋がいつもに比べるとずいぶんと大きめになってますね!

また、今回のマヨは普通のマヨでもいつものからしマヨでもなく、
タルタル風味マヨというように特別仕様のものとなっています!(`・ω・´)

9/18発売 一平ちゃん 夜店の焼そば タルタル甘酢醤油味(できあがり)

左奥側にふりかけを、右手前側にマヨをかける形にしました!
もちろんふりかけもマヨも実際にはこれよりたくさん入ってます!

まずはソースだけの味ですが・・・おっ、これはいけますね!(=゚ω゚)

「一平ちゃん」って、目的とする味をソースだけでは完成させず、
ふりかけやマヨと合わせることでまとまる形をよくとりますが、
今回はソースだけでもけっこうしっかりとした完成度があります!

このソースだけなら「甘酢醤油」をイメージしてるのでしょうが、
それ以上にタルタルソースのベース的な風味がちゃんとありますね!

ピクルスを思わせる酸味であったり、玉ねぎを思わせる香味だったり、
それだけで一つの味として成立させつつ、マヨがここに入ってくると、
一気にタルタルソースらしくなるぞと思わせるだけの力があります!

「一平ちゃん」がイマイチなときはソースだけでは味がよく見えずに、
他の要素が加わってやっとイメージがおぼろげに見えるケースですが、
今回はソースだけでおおむね完成してるというのが強いポイントですね!

そしてマヨとふりかけを合わせると・・・うん、タルタルソースになりますね!(●・ω・)

今回は最近の「一平ちゃん」の中でも良作と言えるではないですかね!

ふりかけに含まれる玉ねぎ粉末がタルタルソースらしさを増幅させ、
マヨにも玉ねぎなどの風味が入ることでちゃんとタルタルらしさがあり、
そこにこれまたタルタルのベースとして成立するソースが合わさってくる、
それぞれがタルタルソースらしさの演出としての役割をきちんと持っていて、
3つ合わさることによって相乗効果を発揮していることが伝わりますね!

タルタル+甘酢醤油というのは一見するとイメージがしにくいのですが、
商品説明に「チキン南蛮に使用される濃厚なタルタルソース」とあるので、
風味としてはチキン南蛮の味わいを一定程度意識していると見られますね!

ソースとマヨの原材料は半固体状ドレッシング、糖類、ラード、
しょうゆ、食塩、チキンオイル、醸造酢、鶏肉エキス、香味油、
たん白加水分解物、ビーフエキス、香辛料となっています!

鶏肉エキスが入っているあたりが「チキン南蛮」を感じさせますね!

麺はいつもの「一平ちゃん」らしい細めの油揚げ麺となってます!

もともとどんな風味とも合う麺ですし、今回は玉ねぎが強いので、
とりわけ麺とのマッチングという点ではいいものを見せていますね!

食感は軽めのプリプリ感を感じさせる、いつもどおりのものです!(*゚ー゚)

麺の量は90gで、カロリーは557kcalとなっています!
脂質は27.2gで、マヨが入る分だけ高めになっていますね!

具材はキャベツのみ、ふりかけは玉ねぎと香辛料などとなっています!

緑色の細かいものが入ってますが、おそらくはパセリでしょうね!
タルタルソースにはパセリのみじん切りを入れることがありますし!

もしかするとパセリとねぎのミックスという可能性もありますが!(*゚◇゚)

ソース、ふりかけ、マヨの方向性がしっかりタルタルを向いていて、
なおかつソースの甘酢醤油風味との合わさり具合もちょうど良くて、
さらにマヨだけでもタルタル風味が感じられるようにされているなど、
悪いときの「一平ちゃん」にありがちなバラバラ感が全くなくて、
3者がきれいに一つの方向を向いていたのはポイントが高かったです!

創作系の「一平ちゃん」の良さを上手く引き出した一杯でしたね!(゚x/)モキロー

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/11発売 麺屋こころ監修 チーズ担担台湾ラーメン 大盛

9/11発売の明星からの新作
「麺屋こころ監修 チーズ担担台湾ラーメン 大盛」
を食べました!

9/11発売 麺屋こころ監修 チーズ担担台湾ラーメン 大盛

「麺屋こころ」というと、台湾まぜそばの専門店なのですが、
それだけでなく台湾ラーメンについても出しているのですね!

ただ、この「チーズ担担台湾ラーメン」、なかなか意味不明な名前です;

前回の「チーズ味噌台湾ラーメン」もけっこう意味不明でしたが、
今回はそれにも増してわけのわからないネーミングになっています!(゚◇゚)

台湾ラーメンに担担麺の要素が入ってさらにチーズも入る、
もはやどこを目指してるのかよくわからなくなってきます!

せめてまず「チーズ台湾ラーメン」を出してくれればいいのですが、
なぜか味噌になったり担担になったりと変な方向性で攻めてきます!

9/11発売 麺屋こころ監修 チーズ担担台湾ラーメン 大盛(内容物)

内容物は粉末スープ、液体スープ、あとのせかやくです!
この組み合わせは「チーズ味噌台湾ラーメン」のときと同じですね!

肉そぼろだけがあらかじめカップに入っている点も同じです!

9/11発売 麺屋こころ監修 チーズ担担台湾ラーメン 大盛(できあがり)

できあがりのビジュアルまでそっくりになってしまってますね!

さて、チーズのない部分の味ですが・・・まず担担風味が来ますね!(●・ω・)

かといって、そこまでごまの風味が強いわけでもないのですが、
やはり台湾ラーメンそのものよりもごまの持つまろやかさのほうが
まずは前面に出てきて主張をするというバランスになっています!

ただ、面白いのは刺激の要素は台湾ラーメン寄りなのですよね!

担担麺の刺激というと、唐辛子の辛味と花椒の痺れの2つなのに対し、
台湾ラーメンは唐辛子の辛味と香味野菜の刺激がメインなのですよね!

こちらのスープは刺激については香味野菜によるものが主で、
花椒の痺れについてはほとんどないと言って感じになってます!

なので、担担麺の白ごまと台湾ラーメンの刺激を合わせた感じですね!

そしてチーズを全体とまぜると・・・一気に雰囲気が変わりますね!(=゚ω゚)

チーズは粉系ながらもそれなりの分量は入っているので、
全体とまぜるとチーズの風味がけっこう支配的になります!

このチーズに関しては少しずつ麺に絡めても効果が薄いので、
途中で一気にスープとまぜてしまうほうがいいでしょうね!

チーズとごまはどちらもまろやか路線でかぶるのですが、
食べたときの力関係でいうとチーズのほうが強いですね!

まずチーズのまろやかさと特有の風味が最も前面に出て、
後ろのほうからは台湾ラーメンらしい刺激が攻めてくる、
そしてその両者をつなぐのがごまの要素という感じです!

また、チーズを溶かすと必然的にニラがスープと絡まって、
スープ全体の香味野菜の風味が強まってくるのですよね!

そのためチーズと同時に台湾ラーメンらしさも強まって、
ごまの主張が数歩後ろに下がったような感じになってきます!

全体のバランスとしてはこちらのほうが良く感じましたね!(*゚ー゚)

というのも、チーズがないと台湾ラーメンの刺激も感じる
担担麺というちょっと平凡な感じもする味わいだったのが、
チーズが入ることで一気に個性的な味に変貌しますからね!

もっとも全体としてどこを向いているのか意味不明ですが、
それでもけっこうおいしいからいいかと思わせてはくれます!笑

スープの原材料はねりごま、ラード、ごま、豚・鶏エキス、糖類、
食塩、香辛料、しょうゆもろみ、しょうゆ、たん白加水分解物、
香味調味料、酵母粉末、発酵調味料、香味油、ビーフエキス、
豆板醤、酵母エキス、植物油脂という構成になっています!

台湾ラーメンということで味噌は入れず醤油系にはなってますね!
そのかわり前半は担担麺要素のごまが占めてしまってますが!

麺はけっこう太めで平打ち気味の油揚げ麺となっています!

「麺屋こころ」監修のラーメン系の商品の大きなポイントは
実はスープ以上にこの麺のクオリティだったりするのですよね!(`・ω・´)

油揚げ麺でありながら、麺の表面の質感が非常にナチュラルで、
噛んだときのもちっとした食感も良く油揚げ麺臭もかなり軽い、
各社の油揚げ麺の中でもトップクラスに入ってくる内容です!

ただ前回の「味噌台湾」のときよりはやや戻りが悪かったですね!
これは粉末スープの練りごまが多少影響してたように思いましたが!

麺の量は大盛の85gで、カロリーは525kcalとなっています!
脂質は20.8gで、そこそこ高めの数字になっていますね!

具材は豚・鶏そぼろ、チーズ、ニラ、ねぎとなっています!

チーズは具材というよりはスープの一部に近い位置づけですが、
色を見るにおそらくチェダーチーズがメインなのでしょうね!

実際のお店のチーズがどういうものなのかは少々不明なのですが;
たしか以前に調べようとしたけどよくわからなかったのですよね;

そぼろはやや鶏の風味を強めに感じるそぼろではありますが、
粒がけっこう大きく、食べごたえという点では十分ですね!

そういえば台湾ラーメンと担担麺の共通する要素というと、
具材にそぼろ肉が使われるというところもあるのですよね!

そういう点からすると、うってつけの具材と言えるでしょう!

そして具材の中でもう一つの主役となっているのがニラですね!

チーズとごまが入ると、台湾ラーメンらしさが見えにくくなりますが、
その中で香味野菜の風味が台湾ラーメンを上手く主張してたのですよね!

そしてその香味野菜のメインとも言えるのがこのニラだったので、
台湾ラーメンらしさという点では最大の功労者と言えるかもです!

チーズにごまに台湾系と、いったい何が主役なのかわからなくなりますが、
そんな中でも後ろのほうからピリピリと台湾ラーメンらしさがあったり、
全体の方向性は混沌としていながらも味についてはよくできていたりと、
いかにも「麺屋こころ」の監修商品らしいなぁと思える一杯でしたね!

ピリ辛+チーズ、そんな味を食べたいときにはオススメできますね!(゚x/)モキリー

【関連記事】
麺屋こころ監修 チーズ担担台湾ラーメン 大盛
麺屋こころ監修 チーズ味噌台湾ラーメン 大盛
麺屋こころ監修 チーズ台湾まぜそば 大盛
麺屋こころ監修 台湾ラーメン 大盛
麺屋こころ監修 台湾まぜそば 大盛

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/11発売 キン肉マン キン肉盛ヌードル 旨辛醤油味

9/11発売の明星「キン肉マン キン肉盛ヌードル 旨辛醤油味」を食べました!
こちらはセブンイレブンのみで発売されている限定商品となります!(`・ω・´)

イトーヨーカドーに行ったときにはこの商品を見かけなかったので、
おそらくセブン&アイ全体ではなくセブンイレブンのみだと思います!

9/11発売 キン肉マン キン肉盛ヌードル 旨辛醤油味

セブン限定商品は大抵の場合はヨーカドーで買うことができますし、
しかも今週はすでに「」がセブン&アイ限定で出ていたことから、
他にも限定商品が出ていることは全く予想してなかったのですよね;

なので、いつもよりも入手のタイミングが遅れてしまいました(;゚ω゚)

かなり凝ったデザインですが「熱闘3分」にちょっと笑ってしまいました!

9/11発売 キン肉マン キン肉盛ヌードル 旨辛醤油味(内容物)

後入れ液体スープとして「火事場のクソ力!のたれ」がついています!

さて、今回は牛肉、豚肉、鶏肉の3種の肉具材が入った商品なのですが、
3種の肉というと昨年出た「3種肉盛麺 焼肉醤油味」を思い出します!

「3種肉盛麺 焼肉醤油味」も今回と同じく明星の商品でしたからね!

もしかするとかなり方向性が似ている商品という可能性もありますが、
後入れスープの有無が違うので、ちゃんと個性もありそうですね!

9/11発売 キン肉マン キン肉盛ヌードル 旨辛醤油味(できあがり)

ちょっと肉の盛りがあまり多くないような気がしてしまいますが・・・;

まずはたれを入れる前のスープですが・・・「3種肉盛麺」に似ていますね!(*゚◇゚)

あくまでたれを入れる前のベースのスープの風味ではありますが、
ちょっと甘めの醤油味という点ではそのときと共通しています!

当時はそれを「焼肉醤油味」というふうに形容していたわけですが、
今回もベースの部分は焼肉を思わせる甘めの風味にしてるようですね!

ただ、それが実際に焼肉のたれを連想させるかと言えばそうでもなく、
単に甘めに仕上げられた軽めの醤油味といった感じだったりしますが!

そしてたれを加えたスープですが・・・おっと、一気に印象が変わりますね!(●・ω・)

ベースのスープだけで見ると、動物系のコクも強くはないですし、
やや薄味で甘みのある醤油味といった感じのものなのですが、
このたれが加わることによって、まず唐辛子系の辛味が強まって、
さらににんにくなどの香味野菜によって全体の味が引き締まります!

それでも食べ進んでいるとやや淡い印象を抱かせるスープですが、
「3種肉盛麺」のときにスープに足りないと感じさせられた要素が
この「火事場のクソ力!のたれ」によって上手く補完されています!

「3種肉盛麺」のときはほんとに少し甘い醤油味という印象にとどまり、
何かここに香辛料などの刺激が欲しいと思わされる内容でしたからね!

とりわけ全体としての辛さはそれほど強くはないにもかかわらず、
けっこう直線的に唐辛子の辛さが主張するような感じになっていて、
辛さそのものの強さ以上にインパクトを与えるものになってましたね!

スープの原材料はデキストリン、しょうゆ、食塩、香味油、
香辛料、たん白加水分解物、香味調味料、ラード、糖類、
酵母エキス、発酵調味料、ポークエキス、ビーフエキスです!

肉を主役にした商品でありながら、動物系のエキスが
あまり前に来てないのは「3種肉盛麺」と同じですね!

このあたりは具材のコストとの兼ね合いもあるのでしょう!

麺はカップヌードルなどにも近い油揚げ麺のヌードル麺です!

ヌードル麺ということでスープとの絡みはけっこういいですが、
食感は弱く、食感がゆるんでいくペースもそこそこ速いです!

こうした麺が使われていたのも「3種肉盛麺」と共通してますね!

やはりこの商品は「3種肉盛麺」の路線をベースとしたうえで、
たれで個性を立てるという形で開発されたように見えますね!(*゚ー゚)

麺の量は75gで、カロリーは429kcalとなっています!
脂質は21.2gで、そこそこ高めの数字となっていますね!

麺量に関しては「3種肉盛麺」のときより5gだけ少ないです!

具材は牛ダイスミンチ、豚肉、蒸し鶏、ねぎとなっています!
この組み合わせも完全に「3種肉盛麺」のときと同じですね!

ただ残念ながら、具材の量に関してはちょっとさみしいですね;

ですが、どうもこれは商品の個体差によるもののようなのですよね!

実際には牛ダイスミンチがもっと大量に入っているみたいで、
自分のはそれが少なかったことでこうしたことになったようです;

「3種肉盛麺」のときは牛ダイスミンチに関してはそれほど多くなく、
薄切りの豚肉と蒸し鶏がメインだったので、具材の構成こそ同じものの、
そのバランスに関してはそれなりに変更をかけてきたようではあります!

自分の場合はその恩恵にあずかることがほとんどできなかったですが;

牛ダイスミンチは牛を使っていることで肉の風味がしっかり強く、
もしこれがもっと多く入っていれば満足度も違ったでしょうね!

薄切り豚肉は味はいいものの、一つ一つがずいぶん細かくて、
もう少し大ぶりのカットだったらより良かった感じですね!

蒸し鶏は日清のものには劣るもののなかなか良質な内容で、
蒸し鶏らしいしっとりとした食感と風味を楽しむことができます!

商品の個体差で肝心の肉具材が少ないという問題はありましたが、
「3種肉盛麺」のアイデアをベースにスープの欠点が解消されていて、
具材の充実度さえ高ければけっこう満足できる一杯のように思えました!

「キン肉マン」にふさわしい肉具材どっさりのものをつかみたかったですね!(゚x/)モキウー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/4発売 汁なしの王道 汁なし担担麺 麺や金時

9/4発売の明星「汁なしの王道 汁なし担担麺 麺や金時」を食べました!

「汁なしの王道」という新ブランドからの商品なのですかね!
ブランド名なのかちょっとわかりにくい名前になっていますが!

9/4発売 汁なしの王道 汁なし担担麺 麺や金時

ミシュランガイドに載ったこともある「麺や金時」さんの
看板メニューの一つ「汁なし担担麺」をカップ化した商品です!

最近は「汁なし担担麺」もずいぶんとポピュラーになりましたね!(=゚ω゚)

汁なし担担麺のカップ麺というと、花椒をバチッと効かせた
そうしたものが最近はずいぶんと増えてきている印象ですが、
こちらはどういった個性を打ち出しているのか気になりますね!

9/4発売 汁なしの王道 汁なし担担麺 麺や金時(内容物)

内容物は液体ソースのみというシンプルな構成となってます!

汁なし系って、後入れのスパイスなどが入ることが多いですが、
この商品はそうしたものはなく、ソースに全て注ぎ込んでいます!

9/4発売 汁なしの王道 汁なし担担麺 麺や金時(できあがり)

うん、いかにもピリ辛系の汁なしといった感じのビジュアルですね!

まずはその味ですが・・・おっ、これはちょっと意外性がありますね!(●・ω・)

最近のピリ辛系汁なしらしく花椒がガンガン来るかと思いきや、
唐辛子の辛味も花椒の痺れもそこまで強烈ではないですね!

もちろん汁なし担担麺ということで花椒の風味はあるのですが、
今の視点で言うならむしろバランス型と呼べるぐらいの強さです!

最近はほんと花椒の強さをアピールする商品が多いですからね!
今回ぐらいの強さだと普通というレベルに思われるほどです!

実際には麻辣醤に花椒オイルなどを効かせてあるということで、
唐辛子の辛味だけでなく花椒の存在感もかなり強いはずですが、
それでも最近の他の商品に比べるとまだ抑えめな感じと言えます!

そのかわりラー油の量は多いので、そのコクはかなり強いですが!
ただ、ラー油も辛味ではなく全体のコクを高める役割ですね!

唐辛子系の辛味についても大半の人は耐えられるレベルですし!

また、汁なし担担麺らしくそうした刺激的な要素のバックから
ねりごまの持つまったりとした風味がやってくるのも特徴です!

かといって、ねりごまが完全に主役になっているわけではなく、
存在感としては ラー油>香辛料>ねりごま という順ですね!

さて、ここまでだと単にバランス型の汁なし担担麺に見えますが、
この商品はその枠にとどまらない特徴を持ってたりするのですよね!

それは香辛料の香りの複雑性が非常に強いということなのですよね!(`・ω・´)

自分がこれを食べたときに感じたのが、まず意外に控えめな花椒と、
花椒だけにとどまらない中華系スパイスの香りの強さだったのです!

そこでこの商品のニュースリリースに改めて目を通して見ると、
「五香粉と麻辣醤を」とあるように五香粉を使ってるのですね!

五香粉は中国の代表的な混合調味料で、花椒も含んでいますが、
他にシナモン、クローブ、八角なども加えられて作られます!

今回の商品はシンプルに花椒で刺激を立ててくるのではなく、
複合的な香辛料の香りによってその特徴を引き立ててくる、
そうした狙いをもった汁なし担担麺だったわけですね!

なので、いつもとちょっと違う高級感はたしかにありました!
自分としては刺激の方ももう少し欲しいと思ったりはしましたが!

ソースの原材料は植物油脂、チキンオイル、しょうゆ、糖類、
鶏・豚エキス、香味油、食塩、甜麺醤、たん白加水分解物、
香辛料、米黒酢、麻辣醤、醸造酢という組み合わせです!

ラー油(植物油脂)が主役で、動物系オイルはあえて鶏系で、
そこにお酢も2種類加わるなどなかなか面白い構成ですね!

麺は明星の汁なしらしい、太めの5分湯戻しの油揚げ麺です!

ほどよいブリブリ感ともちもち感が共存した汁なし向けの麺で、
とにかくがっつりといきたいときには最適と言えるでしょう!

有名店の監修商品とは言え、大盛系の汁なしなわけですから、
繊細さ以上に食べ応えにこだわっている面がありますからね!

何も考えずにがつがつと食べるのが一番いいかもしれません!(*゚◇゚)

麺の量は130gで、カロリーは818kcalとかなり高いです!
脂質も41.8gと、けっこうずば抜けた数字になってますね!

これはタレがラー油がやや余るように作られてるからですね!
とにかくラー油の量が多く、ちょっと底にたまるほどですから!

ただ、植物油メインなのでこの数字ほどの重さは感じませんが!

具材は豚・鶏そぼろ、チンゲン菜という組み合わせになってます!
量はほどほどですが、汁なし担担麺の基本が押さえられてますね!(*゚ー゚)

そぼろは鶏の風味も強めですが、肉感もしっかりとありますし、
担担麺らしさを演出するという点では大きく貢献してましたね!

チンゲン菜は一つ一つが少々細かめにはなっていましたが、
全体量はそこそこあるので、そこそこ満足度はありました!

唐辛子の辛味や花椒の刺激を求めると物足りないかもですが、
複合的な香辛料の香りによって独自性を立てる姿勢は面白く、
個性的な汁なし担担麺として上手くまとめあげられてましたね!

香りも楽しめる汁なし担担麺、そんな視点で食べるのもアリでしょう!(゚x/)モッキリュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

8/28発売 明星 バリカタ 濃厚とんこつ

8/28発売の明星「バリカタ 濃厚とんこつ」を食べました!
この「濃厚とんこつ」は2016年にも発売されていましたね!

前回の「辛とんこつ」もそうですが、過去商品の再発が続いてますね!
まぁ、豚骨ラーメンだけだとどうしてもバリエーションに限界がありますし;

8/28発売 明星 バリカタ 濃厚とんこつ

「濃厚とんこつ」というと、かなりベーシックな路線が連想されますが、
昨年のバージョンは正直なところ少々期待外れでもあったのですよね;

最近の明星の豚骨ラーメンはおとなしいまろやか系のことが多く、
昨年の「濃厚とんこつ」はその最たるものだったりしたのですよね;

それゆえに今回も期待度に関しては少々低めになっています(;゚ω゚)

最初はスルーするという可能性もちょっと頭をよぎりましたしね;

ただ、このシリーズは麺に関しては申し分ないものを持ってるので、
その良さを楽しむことができるのに関しては間違いないですしね!

8/28発売 明星 バリカタ 濃厚とんこつ(内容物)

内容物はかやく、後のせかやく、粉末スープ、液体スープです!
この内容物の構成については昨年とは変わっていますね!

昨年はかやくについては一袋にまとめられていましたので!

8/28発売 明星 バリカタ 濃厚とんこつ(できあがり)

ということで、今回も手早く具材を整えて写真を撮りました!
この商品はとにかく写真を撮るまでの時間との勝負ですからね!

今回はかやくの袋が2つに分かれていたので事前処理は楽でしたね!

スープに散っているねぎは粉末スープの袋に入ってたものです!
昨年もそうでしたが、なぜねぎが2袋に分けられてるのかは謎ですが!

まずはスープですが・・・おっ、昨年よりは印象がいいですね!(●・ω・)

これについては期待度の違いという面もありはするのですが!

昨年は「濃厚とんこつ」という名前から過大な期待を抱いて、
「なんだ、やっぱりクリーミー系か」となった経緯がありますし;

今年もクリーミー路線の豚骨である点は継承されてはいるのですが、
昨年がごくごく普通のクリーミー豚骨そのものだったのに対して、
今年はクリーミー豚骨路線に関してはこれまで同様に維持しつつも、
その中でまろやかさや濃度を立たせようという試みが見えるのですよね!

あくまでまろやかで食べやすい豚骨スープを意識しているので、
強い豚骨臭や大量のラードといった攻撃的な要素はないですが、
マイルドながらもそこそこ厚みの感じるスープにはなっています!

クリーミー豚骨好きであれば、これは気に入るのではないですかね!(*゚ー゚)

また、にんにくなどの香味野菜も効かせてますがほどほどのラインで、
豚骨ラーメンに必要な要素をカドが立たないようにまとめた感じです!

スープの原材料は豚・鶏エキス、食塩、香味油、ラード、しょうゆ、糖類、
デキストリン、香味調味料、香辛料、酵母エキス、乳等を主要原料とする食品、
たん白加水分解物、粉末油脂、ねぎ、植物油脂という構成になっています!

原材料の並びについては昨年のものとあまり変わってないのですが、
新たに「乳等を主要原料とする食品」が入ったのが最大の変化です!

要は乳製品系の原材料でまろやかさを高めたとも言えるわけですが;

それでも体感的な丸みや濃度についてはいくぶん上がってましたし、
軽めではありながらも豚骨ラーメンっぽいザラつきも感じたりと、
「食べやすくも本格感も少し感じられる」という路線を意識するなど、
本格派タイプを求める層にも多少の目配りをした内容になってましたね!

もちろんあくまでクリーミー系豚骨という枠組みの中ではありますが!

麺は湯戻し1分のストレート感のある低加水の極細麺となっています!

やはりこの麺はカップ麺における豚骨向けの麺としては秀逸ですね!(`・ω・´)

パツパツとして食べ始めはざっくりとした感覚もあるその食感、
そして食べたときの低加水麺らしい小麦の風味の香り方といい、
まだまだこの麺を凌ぐ豚骨向けの麺はないと言えるものですね!

この麺+豚骨というだけで一定の満足度が確実に得られますからね!

今ではこうした低加水系の麺は他のメーカーも作ってはいますが、
どうかそうめんぽい風味がしたり、表面がつるつるしすぎていたり、
食べ始めこそパツパツしてるものの後半からプリプリしてくるなど、
何かしら弱点があるのですが、明星の麺にはそれがないのですよね!

ちゃんと後半まで豚骨向けの麺らしい個性をしっかりと感じさせます!

麺の量は65gで、カロリーは380kcalとなっています!
脂質は12.4gで、ノンフライ系豚骨としてはおおむね標準的ですかね!

ちなみに昨年と比べるとカロリー、脂質ともに微減しています!

具材はチャーシュー、ねぎ、ごまという構成になっています!

昨年は言っていたきくらげが具材から外されたかわりに、
ねぎが後入れになったことで量が大幅に増えていますね!

青ねぎもやわらかでリアル感を感じさせるものとなってるので、
ねぎ豚骨好きの人にはこの具材の変更はプラスになりそうですね!

昨年のきくらげも存在感に関してはそれほどなかったですしね!

ごまについてはスープに軽い香ばしさを出すような役割ですね!

そしてチャーシューはサイズについては明らかに小さいものの、
厚みはそこそこあって、食べごたえはまあまあのものですね!(*゚◇゚)

これまでと同じくクリーミー路線の豚骨スープではありましたが、
その中で濃度を高めようという姿勢が見えたのは良かったです!

とにかく豚骨臭の強いタイプでないと嫌という人には向かないですが、
一つの豚骨系カップ麺としては総合力が高い一杯とは言えるでしょうね!

豚骨臭の強いタイプは「長浜風とんこつ」でカバーしてくれてますし!

よくできたクリーミー系豚骨ラーメンと呼べるような一杯でした!(゚x/)モッキー

【関連記事】
明星 バリカタ 濃厚とんこつ(2017年)
明星 バリカタ 辛とんこつ(2017年)
明星 バリカタ 長浜風とんこつ
明星 バリカタDX 高菜とんこつ
明星 バリカタ 濃厚豚骨醤油
明星 バリカタ 濃厚とんこつ
明星 バリカタ 辛とんこつ(2015年)
明星 バリカタ 豚骨キムチ味
明星 バリカタ マー油豚骨
明星 バリカタ大盛 濃厚とんこつ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

8/21発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 メガしびれポーク味

8/21発売の明星からの新作
「一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 メガしびれポーク味」
を食べました!

8/21発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 メガしびれポーク味

今回は花椒の刺激を中心に据えた味になってるようですね!
それにしてもほんと今では花椒系の商品も定着してきましたね!

ただ、「一平ちゃん」の場合はマヨというまろやか要素が入るため、
それと花椒の痺れとのバランスがどのようになるか気になりますが!

8/21発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 メガしびれポーク味(内容物)

内容物はいつも通り液体ソース、ふりかけ、マヨとなっています!

あれ・・・今回は具のところにキャベツ以外のものが見えますね!(=゚ω゚)

「一平ちゃん」というと、具はキャベツのみというのが定番ですが、
大盛バージョンでありながら違う具も採用してきたのは珍しいですね!

8/21発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 メガしびれポーク味(できあがり)

今回はふりかけもマヨも全体の1/4程度だけ入れて写真を撮りました!

おそらく全部入れるとお互いの味がぶつかり合うと思ったのですが、
食べながら交互に入れていくような感じが良さそうに感じましたので!

まずはベースの味ですが・・・おっ、かなりのポークの強さですね!(●・ω・)

それも油そばによくあるストレートに豚脂を効かす形ではなく、
炒めた豚肉の風味や軽く焦げたような豚脂の風味であったり、
そうした香ばしさを強く付与しているのが印象的なソースです!

なので、「炒め醤油ポーク味」とでも言えばいいでしょうかね!

ちなみにこのソースだけだと花椒の痺れはほとんど感じません!
おそらく少量は入っていますが、あまり気にならない程度です!

さて、まずここにマヨを合わせると・・・おっ、相性がいいですね!(*゚◇゚)

花椒と合わせるとちょっとぶつかりそうな感じもする一方で、
ベースのソースとマヨに関しては確かな相性があります!

ベースのソースが香ばしさを立てた油そば的な雰囲気もあり、
そこに丸みを持たせるような効果を加えてくれてるのですよね!

特にベースの味は面白いものの、それだけでは少し物足りないので、
そこに入るべきパーツが合わさったような感じになってくれますね!

そして次に花椒を加えると・・・おっ、こちらは量が多いですね!(`・ω・´)

後入れのふりかけはその全てが花椒で構成されていると言えるほどで、
全体量も多く、花椒を加えるとその刺激がダイレクトにやってきます!

こちらもベースのソースとの相性でいうとなかなかいいですね!

ただ、昨今の他の花椒系の商品に比べるといくぶん控えめですが、
それでも花椒が主役であることを十分に伝えてくる内容ですね!

そして花椒とマヨを同時に合わせると・・・あっ、味はいいですよ!(*゚ー゚)

単純に「味の良さ」で見るなら、このときがベストかもです!

どうも今回のソースはマヨとの相性がかなりいいようなので、
花椒が入る場合でもマヨが入って味を壊すことはないです!

ただ、一方で刺激の強さをマスクするのは事実でもあります!

なので、オススメとしては次のような順番になりますかね!

・ソース+マヨだけで少し食べる
・ソース+花椒+マヨで少し食べる
・ソース+多量の花椒+少量のマヨで食べる

マヨとソースの相性の良さを生かしながら、花椒の割合を高めて、
だんだんと後半に向けて刺激を強めるような食べ方ですね!

こうするとこの焼そばのポテンシャルも生かされると思います!

ソースの原材料は糖類、しょうゆ、ラード、香味油、食塩、
豚・鶏エキス、ローストオニオンペースト、植物油脂、魚醤、ソース、
醸造酢、香味調味料、たん白加水分解物、ビーフエキス、香辛料です!

ラードと香味油、ローストオニオンが香ばしさを生んでたのでしょうね!

麺はいかにも「一平ちゃん」らしい、細めの油揚げ麺となっています!

縮れも強めで、食べるとほどよくプリプリとした食感で、
どのようなソースとでも上手く交わる麺となっています!

原材料がシンプルなので、麺そのものの味も希薄ですしね!

「一平ちゃん」の麺はもともと香ばしい味わいとは合うので、
そういう点では必要なバランスは整っていたと言えるでしょう!(=゚ω゚)

麺の量は大盛の130gで、カロリーは774kcalと高いです!
脂質は39.0gと、ポーク系ということでこちらも高いですね!

具はいつも通りのキャベツに加えて豚肉チップが入っています!

その分だけキャベツのほうは少なめになってはいますが、
もともとあまり意義のない具材なので気にはならないですね!

豚肉チップのほうも一つ一つが小さく存在感は薄いのですが、
全体とまぜるとときどき自然と口に入ってくるようになるので、
それが全体のポーク感を底上げする効果は間違いなくありますね!

なので、単体のチャーシュー具材というふうに考えるよりは、
全体の豚感を増すためのパーツの一つと見るほうがいいでしょう!

花椒とマヨはぶつかるけど、花椒もマヨもソースとの相性はいい、
そこを考慮しながらふりかけとマヨをいかに駆使して食べるか、
これまでの「一平ちゃん」の中でも特に食べ方が鍵になりますね!

自分なりに両者を使い分けてベストの食べ方を見つけてみてください!(゚x/)モキウー

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

8/7発売 竹井幸彦監修 うめ鶏しおそば

8/7発売の明星「竹井幸彦監修 うめ鶏しおそば」を食べました!

明星の縦型商品ということで見つかりにくいかと思いきや、
けっこういろんなコンビニに並んでいて入手は容易でしたね!

というか、最近は明星の縦型も普通に並ぶケースが増えましたね!(*゚ー゚)

8/7発売 竹井幸彦監修 うめ鶏しおそば

「竹井幸彦」という名前の割烹店が監修した商品となっています!
なんだか人の名前をそのまま店名にした感じになっていますが;

それゆえに呼び捨てみたいに書くのに少し抵抗が出ちゃいますね;

「うめ鶏しおそば」と、これまた夏向けのさっぱり路線ですね!

8/7発売 竹井幸彦監修 うめ鶏しおそば(内容物)

ちゃんと後入れの梅肉ペーストが入っているのはうれしいですね!
ただ、それ以外の具材がいくぶんさみしい気配が漂ってますが;

8/7発売 竹井幸彦監修 うめ鶏しおそば(できあがり)

あら、3分湯戻しの細麺なのに意外とほぐれがゆっくりですね!
まず作っている時点で麺のそうした特徴にちょっと驚きました!

まずはベースのスープですが・・・うん、ベーシックな鶏塩系です!(=゚ω゚)

梅肉ペーストを溶かさない状態だと、ほんとに素直なスープで、
鶏の風味をじわっと感じる油脂感の弱い塩スープとなってます!

このまま食べてしまっても一応成立するだけの味はありますが、
もう一つ何か味がほしくなるようなバランスではありますね!

そしてペーストを少しだけ麺につけて食べると・・・一気に梅が勝ちます!(*゚◇゚)

後でスープに溶かす分を考えてごく少量だけつけたのですが、
それでも完全に梅が勝つので、この食べ方は向かないですね!

作り方の説明でもペーストは完全に溶かすように書かれてますし!

そこでペーストを溶かすと・・・おっ、ほんのり梅風味になりますね!(●・ω・)

梅って非常に主張の強い素材なので、ペーストをスープに溶かすと、
一気に梅に全体が支配されるスープになるかもと思っていたら、
むしろ「もう少し梅が強くてもいいかも」というバランスですね!

あくまで基本は鶏スープで、そこに梅の香りと酸味がほんのりと、
さらに具材のしそからの風味もそれを支えるような形になります!

ペーストは全溶かしでも強く出すぎないということを考えると、
好みによってペーストを溶かすタイミングを変えてもいいですね!

1/4ほどペーストなしで食べて、スープもちょっと飲んでから、
残りの3/4をペースト入りで食べたりするのもいいでしょうし!

そうするとペーストの風味がちょっと強めに出たりするでしょうしね!

このあたりの調整はいろいろと試すことができそうですね!

スープの原材料は香味調味料、糖類、梅肉ペースト、デキストリン、たん白加水分解物、
食塩、鶏肉エキス、酵母エキス、香辛料、ラード、梅肉粉末という構成になってます!

麺はかなり細めで、なおかつ食感も少し硬めの油揚げ麺となってます!

3分湯戻しの麺って、1分30秒ぐらいで簡単にほぐせることが多いのですが、
この麺はその時点だと意外と硬くほぐしにくかったのが印象的でしたね!

でもって、食べ始めの段階でもパツッとしたやや硬めの食感が残り、
目立たないようでいて、意外に主張するタイプの麺だと感じました!

できればこの硬さを維持しつつほぐれやすければ良かったのですが!(`・ω・´)

油揚げ麺臭もそこそこありましたが、スープの風味が優しいので、
逆にそれとのバランスを取るような感じもあったりしましたね!

でも、ノンフライ麺でも良かったかなという印象も多少しましたが!

麺の量は75gと意外に多く、カロリーは406kcalとなっています!
脂質は15.9gで、麺量を考えるとやや控えめと言えそうですね!

具材は蒸し鶏、メンマ、青しそという組み合わせになっています!

青しそはスープや梅肉と一体になって全体を高める役割ですね!
ここをねぎでなく、青しそにしたのは大きなポイントでしたね!

メンマは量は少ないものの、コリコリ感の強さはかなりのもので、
一つ一つも大きく、想像以上に印象に残るメンマになってました!

蒸し鶏もしっとりとしていて、味わいは非常に良かったですね!

具材に関しては少数精鋭と呼びたくなるような内容でしたね!(*・ω・)

鶏ベースのオーソドックスな塩スープを基本に据えながら、
梅肉ペーストでほんのり梅と、具材の青しそを香らせる、
中でもこの梅の主張の度合いのバランスが秀逸でしたね!

出しゃばりすぎず隠れすぎず、ちゃんと存在がチラリと覗く、
このあたりのバランス感こそが人気の大きな鍵なのでしょう!

いかにも夏にピッタリといった軽く涼しげな塩らーめんでした!(゚x/)モキウー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

8/7発売 一平ちゃん 夜店の焼そば ツナマヨ味

8/7発売の明星「一平ちゃん 夜店の焼そば ツナマヨ味」を食べました!
もはや「一平ちゃん」の定番となっている変な味のカップ焼そばです!

8/7発売 一平ちゃん 夜店の焼そば ツナマヨ味

今回は「おツナ味わい」というダジャレまでぶち込んできてます;

ツナマヨ・・・まぁ、一平ちゃんが得意とするマヨが絡むので、
一平ちゃん向けの味わいと言えなくもないような気がしますが!

例によってそれほど期待せずに食べてみようかと思います!(=゚ω゚)

8/7発売 一平ちゃん 夜店の焼そば ツナマヨ味(内容物)

内容物は液体ソース、マヨネーズ、ふりかけとなっています!
やはり「一平ちゃん」の焼そばはこの3つが入ってないとですよね!

8/7発売 一平ちゃん 夜店の焼そば ツナマヨ味(できあがり)

後入れのふりかけがちょっとツナフレークっぽくなってますね!

まずはその味ですが・・・あぁ、とっても「一平ちゃん」らしいですね!(●・ω・)

少し前によくあった「一平ちゃん」のよくわからない焼そば系、
そのときの感触をしっかりと思い起こさせてくれる味ですね!

ソースだけで食べるとイマイチ何の味なのかが伝わってこない、
でもマヨとふりかけの3つが合わさると何となくそれっぽくなるけど、
「これはツナマヨだ」と意識しながら食べてやっとおぼろげに見える、
そんな微妙な「一平ちゃんらしさ」がこの商品からはほとばしってます!

まぁ、食べているとその狙いどころなどは見えてはくるのですけどもね!

液体ソースにはごくごく細かい繊維質のものなどが入ってますが、
これはおそらくツナを細かくしたその繊維状のものなのでしょうし!

味わいは「言われてみればツナ醤油ぽいかも」と思えるようなもので、
「意識して食べるとそう感じることもできる」そんな味となってます!(*゚◇゚)

ここにマヨが入るとツナマヨらしさがちょっと強まってくれる一方で、
マヨのほうが強く出るので単なるマヨ味のように思えてもくるなど、
やはり全体のバランスは難しいなぁと思わされたりもしてきます!

ふりかけはツナ風のフレークが入るなどツナ風味ではあるのですが、
それほど効果は大きくはなく、おまけ的な存在にしかなってないですね!

良くも悪くもこれが「一平ちゃんらしい」バランスではあるのですが!

ただ、味そのものに関しては決して悪くはないのですよね!
何味か伝わりにくいけど案外おいしいので不満はあまりないです!

ソースの原材料は植物油脂、糖類、ツナマヨ風ソース、しょうゆ、
食塩、豚・鶏エキス、香味油、魚醤、ソース、醸造酢、香味調味料、
たん白加水分解物、香辛料といった組み合わせとなっています!

繊維状のものは「ツナマヨ風ソース」の中に入ってるのでしょうね!

麺はいつもの一平ちゃんらしい細めの油揚げ麺となっています!(*゚ー゚)

下味はほとんどなく、どのようなソースとも合うタイプの麺で、
食感はほどほどにプリプリとしていて汎用性の高さを感じます!

「一平ちゃん」は商品によって麺をほとんど変えてこないので、
もうこの麺について改めて書くことはほとんどないですけども;

麺の量は標準の90gで、カロリーは534kcalとなっています!
脂質は26.6gで、カップ焼そばとしてはおおむね標準的ですかね!

具材は例によってキャベツのみというシンプルな仕様です!(`・ω・´)

ふりかけのツナマヨフレークと海苔も具材と言えなくもないですが!

ツナマヨフレークはサクサクとしてツナの風味がするのですが、
それもごく軽いもので、全体量もそれほど多くはないので、
活躍度はそれほど高いものとはなっていなかったりします;

胸を張って「ツナマヨ味」かと言われると怪しいものがあり、
でもそう思い込みながら食べるとそれなりに楽しめたりもする、
一平ちゃんの変わり種らしさあふれる一杯といった感じでしたね!

「意図は伝わりにくいけどまあまあおいしい」そんな一杯でした!(゚x/)モキニュー

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/24発売 ぶぶか 超にんにく豚骨しょうゆらーめん

7/24発売の明星「ぶぶか 超にんにく豚骨しょうゆらーめん」を食べました!
油そばで有名な「ぶぶか」のラーメンのほうのカップ麺版ですね!

7/24発売 ぶぶか 超にんにく豚骨しょうゆらーめん

以前は「ぶぶか」のラーメンのカップ麺はバケツ型だったのですが、
前回から縦型ビッグカップへと形状が変更されたのですよね!

ただ、その前回の商品は味に関してはごく普通においしいものの、
「ぶぶか」のラーメンの特徴であるにんにくが鳴りを潜めていて、
「これじゃ『ぶぶか』らしくない」と思う内容だったのですよね!

メーカーである明星の側もそうした評判が耳に入ったのかどうなのか、
今回はおろし生にんにくが付属されるという形で発売されました!(`・ω・´)

生にんにくに関してはバケツ型でも実現したことがなかっただけに、
今回の商品に関してはそのワイルドさへの期待も高まってきますね!

7/24発売 ぶぶか 超にんにく豚骨しょうゆらーめん(内容物)

具材はいかにもカップ麺的ですが、これもまた「ぶぶか」らしいですね!
そして後入れの生おろしにんにくの小袋がインパクト抜群ですね!

7/24発売 ぶぶか 超にんにく豚骨しょうゆらーめん(できあがり)

左側にラードみたいに入っているのが後入れの生おろしにんにくです!

まずはにんにくをまぜる前のスープですが・・・これは普通ですね!(●・ω・)

ただ、商品名が前回の「醤油豚骨」から「豚骨醤油」に変わったものの、
むしろバランス的には今回のほうが豚骨はやや弱まった気がしますね!

どちらかというと、今回のほうが醤油ダレ優先のような気がします!

なので、単にベースだけで見るなら前回のほうがバランスが良く、
オーソドックスながらも楽しめるスープになっていましたね!

そこでにんにくを全体とまぜてみると・・・一気に変わってきますね!(*゚◇゚)

やはりこのスープはにんにくをまぜてこそ完成するというか、
ベースのスープだけで味わうべきものではないようですね!

やはり生にんにくは、一般的にカップ麺においてよく使われる、
フライドガーリックやパウダー系のガーリックとは全く違い、
そのにんにくの刺激や風味のダイレクトな感覚が抜群ですね!

生なのでもっと攻撃的な要素ばかりが前面に出るかと思いきや、
そのあたりはちょっと強めの醤油ダレなどでバランスが取られ、
生にんにくの風味としての刺激と旨さが何より前に出てきます!

そのため、全体のバランスとしてもにんにくが優位となりますが、
このラーメンに関してはそのバランスこそが狙いなのでしょうね!

これがごく普通の豚骨醤油ラーメンだったらにんにく過剰と評しますが、
「ぶぶか」のカップ麺ならこれぐらいやってくれても問題ないですね!

むしろもっとにんにくが強くてもいいと思わせてくれるほどですし!

スープの原材料はポークエキス、香辛料、デキストリン、糖類、食塩、
たん白加水分解物、しょうゆ、ラード、香味調味料、加工油脂です!

原材料としてはあくまでポークエキスのほうが前面に出ていて、
醤油は後ろのほうにありますが、実際には色を見てもわかるように
醤油ダレの持っている主張がけっこう前に来るタイプではあります!

もっともそれよりもさらに前ににんにくのほうが出てきますが!(=゚ω゚)

2つめに書かれた香辛料は、生おろしにんにくのことを指してるのでしょうね!

麺はかなり太めで、がっしりとした食感の油揚げ麺となってます!

幅の広さだけで言えば、前回使われた麺とそれほど変わりませんが、
今回は厚みが増したことでよりがっしり感が強まっていますね!

感覚的にはエースコックの太麺を思わせるものが強くありましたね!

それゆえに今回の強いスープとガンガン張り合ってくる麺です!
あえてそうしたバランスを狙って組み合わせてきたのでしょうね!

一方で麺の主張でにんにくの攻撃性も一定程度抑えていたので、
もう少し細めの麺にすることでにんにくをより暴れさせるような
食べていてそんなバランスにも期待したくなったりしましたが!

麺の量は80gと多めで、カロリーは444kcalとなっています!
脂質は16.6gで、麺量を考えるとむしろ若干低めな感じですね!

具材は豚ダイスミンチ、キャベツ、卵、ねぎ、背脂加工品です!

背脂加工品はもともとは乾燥状態の具材として入っていて、
お湯をかけるととろりとした背脂に変わるというものです!

このところ東洋水産や明星がけっこう活用している素材ですね!

ただ、今回はにんにくに隠れてそこまで目立たなかったものの、
ときどき口に入ることでコクを広げる効果を見せていました!(*゚ー゚)

豚ダイスミンチは明星が得意としている具材の一つですね!

豚の風味とダイスミンチらしいワイルドさが上手く共存し、
今回の攻撃的なスープともいい相性を見せてくれています!

卵はいつもの明星らしい甘めの卵具材となっていました!

キャベツはごく普通ながら、全体的にワイルドな具材が多いので、
ちょっとした箸休めとして役立ったりもしてくれていましたね!

今回はとにかく生おろしにんにくを起用したことに尽きるというか、
「ぶぶか」のカップ麺を食べた人が望んでいたことの一つだったので、
「やっとそれが実現してくれた!」という喜びも大きくありましたね!

とにかくにんにくの強い醤油豚骨系が好きなら迷わずオススメですね!(゚x/)モッキムー

【関連記事】
ぶぶか 超にんにく豚骨しょうゆらーめん
ぶぶか 油そば(2017年)
ぶぶか 醤油豚骨らーめん
ぶぶか 油そば やみつきマヨ仕上げ
ぶぶか 油そば 濃厚背脂だれ
ぶぶか にんにく辛みそ豚骨らーめん
ぶぶか 油そば カップ版(2016年)
ぶぶか 辛みそ油そば
ぶぶか にんにく背脂豚骨らーめん
ぶぶか 肉だれ油そば
ぶぶか にんにく辛豚骨らーめん
ぶぶか 油そば カップ版(2015年)
ぶぶか にんにく醤油豚骨らーめん
ぶぶか 油そば カップ版(2014年)
ぶぶか にんにく豚骨らーめん
ぶぶか 油そば カップ版(2013年)
ぶぶか 油そば マヨネーズ付
ぶぶか 油そば こがしニンニク油

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/17発売 沖縄のソウルフード そーみんちゃんぷるー

7/17発売の明星のセブンイレブン限定の新作
「沖縄のソウルフード そーみんちゃんぷるー」
を食べました!

こちらも「ハイサイ! 沖縄フェア」の関連商品の一つですね!
日清、東洋水産、明星のそれぞれが商品を担当したわけですね!

7/17発売 沖縄のソウルフード そーみんちゃんぷるー

ただし、こちらは沖縄そばではなく「そーみんちゃんぷるー」です!
簡単に言ってしまえばそうめんを使ったチャンプルーですね!

チャンプルー味を再現したカップ焼そばは今回が初ではなく、
これまでにいくつかの商品が発売されてきた経緯があります!

沖縄の風 チャンプルー焼そば(東洋水産:2012年)
沖縄風 塩焼そば(エースコック:2012年)
ゴーヤチャンプルーやきそば(まるか食品:2011年)

ただし、これらがどれもあくまで「焼そば」だったのに対して、
今回はちゃんとそうめんを使った商品となっているのですよね!

そういう点ではけっこう革新的な商品と言っていいでしょう!(=゚ω゚)

7/17発売 沖縄のソウルフード そーみんちゃんぷるー(内容物)

内容物はかやく、液体スープとかなりシンプルな構成です!
また、キャベツに関してだけはあらかじめカップに入ってます!

乾燥状態でも麺がそうめんであるということが伝わりますね!

7/17発売 沖縄のソウルフード そーみんちゃんぷるー(できあがり)

うん、具材も充実していてチャンプルーらしさが出ていますね!
さすがに卵がきれいに全体に絡む感じとはまた違いますが!

肉具材がスパム風のものとなっているのも沖縄っぽいですし!

まずはその味ですが・・・うん、チャンプルー系の味ですね!(●・ω・)

チャンプルー系の味も沖縄そばの味と構成が似ているところがあり、
豚の風味を強めに効かせつつ、かつおぶしの風味を重ねるのですよね!

ただ、この商品は「かつおの旨味とツナの風味」と書かれてあるので、
ここにさらにツナ系の風味が加わるという形になってるようです!

ただ、原材料を見るとツナといってもまぐろではなくかつおのようで、
かつお節でないかつおとかつお節のダブルかつお風味になってるようです!

これによって魚介の旨味により幅を持たせる形になってるのですね!

こうした構成は過去のチャンプルー系商品でもおおむね近かったですが、
食べていてどうもこの商品だけ少ししっくり来ない感があったのですよね;

それが何なのだろうと思っていたのですが、栄養成分を見るとすぐわかりました;
なんとこの商品は脂質が42.4gと、かなり尋常ではない数字になってるのですよね!

これって大盛系のカップ油そばの脂質の数字よりも高いと言えるものですし!

要するに味の構成に関しては王道のチャンプルー路線を踏襲しながらも、
とにかく油脂が強いので食べ進めるほどに重くなってくるのですよね(;゚◇゚)

自分は重くても完食する分には平気なので普通に食べ切れましたが、
ここまで脂質優位にする必要があったかと言われると少々謎ですね!

もしかすると本場のそーみんちゃんぷるーがそうなのかもしれないですが、
この商品は麺が油揚げ麺のそうめんという決定的な違いもあるわけで、
その分を差し引く感じで油脂を活用したほうが良かったように思いますね!

ソースの原材料はしょうゆ、植物油脂、たん白加水分解物、香味油、ラード、
鶏・豚エキス、かつおぶしエキス、かつおエキス、香辛料、食塩、酵母エキスです!

この原材料をよく見ると、前半に油脂系が3つも並べて書かれており、
完全に油脂メインで構成されているソースであることがわかります!

かつおぶしエキスの後ろのかつおエキスはツナエキスの意味でしょうね!

麺は油揚げ麺のそうめんで、そうめんらしくかなり細めになってます!

湯戻し時間の3分は麺の太さを考えるとさすがに長く感じたので、
今回は2分30秒で湯切りましたが、それでもやわらかめでしたね!

もしかするとそのやわらかさこそが再現で重要なのかもですが!(*゚ー゚)

麺に関してはそうしたやわらかさが少々気になりはしたものの、
そうめんを使ったことでリアル感が高まったのはたしかでしたね!

麺の量は115gとそこそこ多めで、カロリーは745kcalです!
脂質は42.4gと、先にも触れましたが驚くぐらいの高さです!

しかも麺量115gって、大盛系カップ焼そばより少ないのですよね!
カップ油そばだと麺量130gで、脂質は38gぐらいだったりしますし!

それを考えると、この商品の脂質がどれぐらい多いかが見えますね!

具材はキャベツ、スパム風豚肉、卵、人参、ニラとなっています!

この中の主役は間違いなくスパム風豚肉と言えるでしょうね!(`・ω・´)

これが肉質といい風味といい水準がなかなかの高さで、
全体の中でもオアシス的な存在になってくれてましたね!

卵はチャンプルーを意識してふわふわ系に仕上げてますが、
全体量は多くなく、ときどき顔を出すような感じでしたね!

人参は戻りが良すぎて、食感がほとんど残ってなかったです;

キャベツとニラは全体をまぜるとときどき麺に絡んできて、
チャンプルーらしさを上手く高めてくれていましたね!

味の構成自体は決して悪くないし、そうめんを使ったのも面白い、
具材に関してもスパム風豚肉を中心になかなかよくできています!

ただ、それでもこの脂質の多さはさすがに人を選ぶでしょう!

もともとがっつり系の味付けの商品というわけではないので、
この脂質の高さを求めて手に取る人もあまりいないでしょうしね;

脂質のバランスさえ上手くいっていれば、そう思える一杯でした!(゚x/)モキムー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.