5/22発売 スーパーカップ極太盛り 濃いラー油蕎麦

5/22発売のエースコック「スーパーカップ極太盛り 濃いラー油蕎麦」を食べました!
「極太盛り」ということで極太と大盛を両立させたシリーズですね!(=゚ω゚)

このシリーズって、過去に商品が出たことがあったかなと思って調べると、
昨年「極太盛り ニンニク・ヤサイ入り 豚骨醤油ラーメン」が出てますね!

昨年5月の発売だったので、約1年ぶりの新作ということになります!
あまりにひさびさだったので、新シリーズなのかと思ってました;

5/22発売 スーパーカップ極太盛り 濃いラー油蕎麦

昨年は二郎系を意識したような太麺+大盛+野菜のラーメンでしたが、
今回はなんと和そばでラー油蕎麦という路線で登場してきました!

エースコックの極太麺系というと「厚切太麺」シリーズがありますが、
そこでも「厚切太麺 濃いつゆ肉そば」が出たことがありましたね!

そのときはラー油は使れてなかったですが、方向性は近そうです!
肉が入るという点も「厚切太麺 濃いつゆ肉そば」と似てますしね!

5/22発売 スーパーカップ極太盛り 濃いラー油蕎麦(内容物)

内容物はかやくと液体スープという組み合わせになっています!

しかしそれよりも下側の麺の異様な太さが目を引きますね!
乾燥した状態でこの太さというのは類を見ない気がします!

「厚切太麺」シリーズのときと比べても明らかに太いですし!

これはとんでもなくパワフルな仕上がりになってそうですね!(*゚ー゚)

5/22発売 スーパーカップ極太盛り 濃いラー油蕎麦(できあがり)

今回は「スーパーカップ」とは思えないぐらいに具も多いですね!
いつも具については弱みを感じさせることが多いシリーズなのですが!

まずはスープですが・・・これはまたパンチが効いてますね!(●・ω・)

ラー油蕎麦というと、醤油、ラー油、そして甘味の3つがポイントですが、
このスープは醤油とラー油は効かせつつも甘味はそれほどありません!

かつおベースの東京風のつゆに濃口醤油をかなりしっかり効かせ、
キレのいい醤油系の和風だしにラー油を合わせるというスタイルで、
シャープかつラー油の辛味とパンチが効いた構成となっています!

でもって、油脂はラー油だけでなくラードもけっこう多いため、
それも含めてかなりワイルド感の強いスープになっていますね!

一般的にはここに甘味を重ねることで全体を丸めるのですが、
このスープはあえてそうせずとにかくシャープに来ています!

そうでありながら塩カドはそれほどきつくは感じないのですよね!(*゚◇゚)

もちろん塩分の量を見るとけっこう高めの数字になっていますが、
麺の主張の強さなどもあり、醤油の強さがネガティブにはならず、
むしろ麺に負けないちょうどいい主張の強さにすら感じます!

でもって、自分はラー油蕎麦の甘味がそれほど好きでないので、
このシャープ系のラー油蕎麦はけっこうピタッとハマりますね!

「厚切太麺 濃いつゆ肉そば」のときのスープと比べてみると、
油脂+醤油+甘味で、かつ醤油のカドは意外と抑えていたので、
今回のスープとはかなり方向性が違っているみたいですね!

むしろ一般的なラー油蕎麦は「厚切太麺」のスープがより近いですし!

スープの原材料はしょうゆ、動物油脂、食塩、砂糖、香味油、植物油脂、
醸造酢、たん白加水分解物、魚介エキス、発酵調味料となっています!

なるほどシャープさの背景の一つは酢による効果もあったのですね!

酢でシャープさを出しつつ醤油のカドが立ちすぎないようにする、
どうもそうした狙いがあったのではないかと考えられますよね!

麺はとにかくものすごく太い油揚げ麺の和そばとなってます!
これだけ太い和そばはカップ麺で見るのは今回が初ですね!

「厚切太麺」のときの麺が中太麺ぐらいに思えてくるほどです!(`・ω・´)

標準の湯戻し時間の5分を待ってもとにかくがっしりとした食感で、
噛みごたえは抜群、それでいてそばの風味もしっかりとしてます!

エースコックのそばって、ポソポソ系の食感のものが多いのですが、
これだけ太いとポソポソかどうかとかはどこかへ飛んでいきますね!笑

時間が経ってもけっこうがっしりとした食感が維持されますし、
がしがしと噛み切って楽しむタイプの麺と言っていいでしょう!

極太麺であるおかげでそばの風味が逆に引き立ってますし、
この麺は好みは分かれそうですが当たりだと思いますね!

今回はちょっと麺の原材料についても見てみようと思います!

[原材料]
そば粉、小麦粉、植物油脂、植物性たん白、食塩、砂糖、ヤマイモパウダー

ヤマイモパウダーが入っているのも目を引くところですが、
小麦粉よりそば粉が前に来ているのが最大の注目点です!

「どん兵衛」も「緑のたぬき」もエースコックの他の和そばも、
そば粉のほうが前に来ているケースはなかったりするのですよね!

今回のそばは極太なだけじゃなく風味も強いと感じますが、
実際にそば粉の含有量を多くしていたからでもあるのですね!

麺の量は1.5倍よりも10g多い100gで、カロリーは550kcalです!
脂質は19.7gで、麺量やラー油を考えるとそこまで高くないですね!

具は豚肉、ごま、揚げ玉、ねぎ、輪切り唐辛子という組み合わせです!
薬味がメインながらもけっこう具のほうも充実してますよね!(*・ω・)

エースコックというと肉具材が弱いという印象がありますが、
そういえば「豚キムチ」で使っている豚肉がありましたね!

これはちゃんとリアル系の肉で東洋水産には及ばないものの、
肉そばらしさを演出するうえでしっかりと役立っていますね!

ほんのりとにんにくっぽい下味がついてるようにも感じますが、
これは「豚キムチ」の肉と同様の味付けになってるからですかね!

揚げ玉はふやけてスープに広がるのでそこまで目立たないですが、
このスープの持つジャンク感を高めるのに貢献していますね!

ねぎは普通ですが、量がけっこう多くいいアクセントになってます!
輪切り唐辛子もラー油とともに辛さを上手く引き立ててくれてますね!

そして具材の中で特にいい仕事をしてくれているのがごまですね!

プチプチとした食感のアクセントに、香ばしさとコクもあって、
麺が大盛で単調でありながちなところにいい変化をつけてます!

スープ、麺、具材ともにひさしぶりに本気を感じる仕上がりで、
最近のスーパーカップの中では特に当たりと言っていいでしょう!

もちろんかなりワイルドなので人を選ぶ内容ではあるのですが、
スープはシャープ系ラー油蕎麦としていい線をついてますし、
麺はとにかく豪快で、そして具材も上手くそろえられてますし、
ハマる人はとことんハマる力は持っていると言えるでしょうね!

シャープでワイルドなそばを食べたいときにはピッタリですね!(゚x/)モギギュッ

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/24発売 ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン

4/24発売のエースコック
「ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン」
を食べました!

今週は入手可能な新作がもともと4つしか発売されなかったので、
余った日を利用して以前に紹介しきれなかった商品を紹介します!

ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン

この商品は4/24の週には見つけることができなかったのですが、
その1週間後ぐらいに近くのスーパーに入荷されたのですよね!

そのスーパーはそれほど新作に強いところではないのですが、
最近はときどき掘り出し物があるので覗くようにしています!(`・ω・´)

この「ご当地くいだおれ」はこれでシリーズ4作目となりますが、
過去の商品は全て低評価という相性の悪いシリーズでもあります;

ただ「惜しい」と思わせる仕上がりもけっこう多かったりするので、
今回こそはそのあたりをピタッと合わせてきてほしいところです!

ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!

かやくも粉末スープもどちらも後入れ仕様となっているので、
お湯を入れる前に投入するのが何もない商品となっています!

麺の見た目はエースコックが得意とするあの多加水麺ですね!
麺は約束されているだけに、あとはスープに頑張ってほしいです!

ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン(できあがり)

具材もけっこう多めで、ラー油の色もなかなか目立ってますね!

まずはスープですが・・・これまたいろんな点でシャープですね!(●・ω・)

これまでカップの台湾ラーメンはいくつか食べてきましたが、
ここまでシャープさに重きを置いたスープは他にない気がします!

まずこのシリーズらしいと言いますか、塩分と醤油がシャープです!

もともと台湾ラーメンはキリッとした醤油も特徴の一つですが、
今回は塩分相当量が8.1gと高く、塩カドもかなりのものですね!

これが動物系のコクなどを重視した白湯系のラーメンだと大問題ですが、
もともとキレで食べさせることの多い台湾ラーメンということもあり、
そこまで大きな問題になっていないので何とか助かってはいますね!(=゚ω゚)

今回は塩分の量が多いことはお湯を入れる前にわかっていたので、
お湯が少なめにならないように注意したのは良かったようです!

また、今回は辛味に豆板醤を使っているのも鋭さに一役買っています!

豆板醤って唐辛子の辛さだけでなく、塩味に強いカドがあるので、
調味料として利用すると全体のカドが強まる傾向があるのですよね!

でもって、エースコックはピリ辛系の商品に豆板醤を使うことが多く、
それがさらに全体の塩カドを高めることにつながってるのですよね!

それにしてもエースコックは大盛系やがっつり系の商品となると、
異様に塩分を立ててくる癖がある気がしますがどうなのでしょうね!

そしてもう一つのシャープな点はにんにくの強烈な主張ですね!(*゚◇゚)

これは粉末スープを入れた瞬間にちょっと驚きましたね!

もうその時点でスタミナ系ラーメン顔負けのにんにくの香りで、
ガツンガツンに攻めたスープであることが想像できましたからね!

でもって、にんにく以外に玉ねぎなどの香味野菜も効いてますし、
そうした香味野菜系のジャンク感は極めて強いものとなってます!

これは台湾ラーメンとしてはおおむねプラスにはたらくものなので、
台湾ラーメンらしさの演出としては功を奏していたと言えそうです!

ただ、香味野菜のシャープさと塩分が合わさるとカドが強まるので、
そこを考慮して塩分はもう少し抑えたほうが良かったと思いますが!

そのあたりがこのシリーズのもったいない点でもあるのですよね!
とてもじゃないですが残ったスープを飲むには塩辛すぎましたし!

スープの原材料はしょうゆ、鶏・豚エキス、糖類、植物油脂、食塩、
動物油脂、香辛料、発酵調味料、オニオンエキス、でん粉、
たん白加水分解物、酵母エキス、シイタケパウダーとなっています!

とにかく醤油+塩分とにんにくの二大要素の主張が強烈なので、
動物系の風味はあくまで下支えといった感じではありましたが、
椎茸の旨味に関してはけっこういい具合に貢献していましたね!

また台湾ラーメンに欠かせない存在であるラー油も効いていて、
過去の「こってり和歌山中華そば」のときに気になったような
油脂感の弱さによる物足りなさなどは特に感じなかったです!

麺は中太ぐらいの太さの多加水ノンフライ麺となっています!

エースコックの多加水麺らしいもっちり感がしっかりあって、
麺の風味も良く、麺に関しては申し分ないと言っていいでしょう!(*゚ー゚)

この麺は存在感が強いため、スープがあまり弱かったりすると、
「麺だけを食べている」という感覚になりがちだったりしますが、
今回はスープなシャープなこともあってそうはならなかったですね!

また、一般的に多加水麺って麺の風味は控えめになりがちですが、
このエースコックの麺は不思議と小麦の風味がよく出るのですよね!

それもまたシャープなスープの中でいい存在感を発揮していました!

麺の量はやや多めの78gで、カロリーは415kcalとなっています!
脂質は10.5gで、ノンフライ麺系としてはそこそこの数字ですね!

具材は鶏・豚そぼろ、ねぎ、ニラ、輪切り唐辛子となっています!(*・ω・)

そぼろは例のスポンジ状のもので肉らしい風味は皆無なのですが、
後入れにしていることで下味の香味野菜の風味は強く感じられ、
台湾ラーメンらしさの演出にもちょっとは役に立っていました!

どうしても麺にコストをかけるシリーズなので仕方ないですかね!
できれば具の量は減っても普通のそぼろにしてほしくはありますが!

そぼろ以外の具は質・量ともに思っていた以上にしっかりしてます!

特にニラは後入れにすることで食感がそれほどクタクタにならず、
ねぎとともに台湾ラーメンらしさを強調するのに役立っています!

いつもは具の量が貧弱になりがちですが、今回は頑張ってますね!

またエースコックが得意とする輪切り唐辛子の活躍度も高くて、
口に入ってくるたびにピリピリとした刺激を運んでくれます!

過去の商品は何かしらどこかに大きな弱点を抱えていましたが、
今回は塩カドは気になるもののお湯の量などで調節できる範囲で、
なおかつ台湾ラーメンらしさを損なうようなものではなかったので、
全体的には上手くまとまっていたと言えるぐらいの仕上がりでしたね!

どうもエースコックの大盛系は白湯系のまったり路線よりも
こうしたシャープ系のスープのほうが相性がいいようなので、
今後もそうした系統を掘り下げると当たりが増えるかもですね!

にんにく、豆板醤、醤油とシャープさ満点の台湾ラーメンでした!(゚x/)モキー

【関連記事】
ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン
ご当地くいだおれ 麺大盛り 広島汁なし担担麺
ご当地くいだおれ 麺大盛り ねぎ盛り博多とんこつラーメン
ご当地くいだおれ 麺大盛り こってり和歌山中華そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/24発売 ときたまご風 チキンカレー味ラーメン

4/24発売のエースコック「ときたまご風 チキンカレー味ラーメン」を食べました!
同時発売の「ときたまご風 チキン醤油味ラーメン」はすでに紹介していますね!

エースコックが大きな武器としている卵黄ペーストを使った商品で、
これまでに「タマゴが決め手」シリーズでも何度か使われてますが、
以前の商品は主にコンビニ向けの価格帯の商品となっていたのに対し、
今回は完全にスーパー向けとして展開されているのが最大の違いです!(*゚ー゚)

もちろんその分だけ全体的にこじんまりとした印象にはなりますが、
スーパーの客層にもアピールしたいという狙いが見えてきますね!

4/24発売 ときたまご風 チキンカレー味ラーメン

この「きみまろペースト」がカレー味に適用されるのも初めてです!

地域によっては生卵をカレーに入れて食べることがよくありますし、
その中でも卵黄だけならかなりとっつきやすくもあったりするので、
この「きみまろペースト」とカレーの組み合わせは面白いですね!

4/24発売 ときたまご風 チキンカレー味ラーメン(内容物)

例によって「きみまろペースト」はカップの中に入っています!
具材のほうも卵がメインなのは「チキン醤油味」と同じですね!

4/24発売 ときたまご風 チキンカレー味ラーメン(できあがり)

カレーらしくこちらは人参も具材のほうに入っていますね!

まずはスープ単体の味ですが・・・こちらも素朴なカップ麺らしい味わいです!(`・ω・´)

どういった感じの「チキンカレー味」で来るのかと思いきや、
「チキン醤油味」と同様の香ばしい鶏ガラ風味で来ましたね!

「チキン醤油味」はチキンラーメンの風味をライトにしたような、
いかにもカップ麺らしい鶏ガラ風味をベースとしていましたが、
この「チキンカレー味」のチキン風味もそれと共通しています!

なので、その鶏ガラ風味をもとにシンプルに作ると「チキン醤油味」に、
カレー風味を加えて仕上げるとこの「チキンカレー味」になる感じですね!

どうも素朴なカップ麺らしさは今回の2商品に共通するテーマのようですね!

そしてそこに加わるカレー風味も本格派を指向してるというよりは、
ウスターソースなども少し加えた庶民的なカレー風味となっています!

和風だしも加えられていることで、より素朴な旨味がありますね!

また、スープのとろみはけっこう控えめでややサラリとしています!

ここに「きみまろペースト」を加えてみると・・・なるほどよく合いますね!(●・ω・)

スープに溶かし込んでもカレーをまろやかにまとめてくれますし、
麺に絡めつつ食べるとよりダイレクトにその丸みが楽しめます!

スープに溶かす場合は半分ぐらい食べてから入れるといいですね!

前半は普通にカレーを楽しみ、後半はまろやかに食べる感じで、
1つのスープで2つの味わいを楽しむことができるようになりますし!

もともとカレーの風味と卵黄のまろやかさは相性がいいものですし、
それをカップ麺に生かしてくるあたりの発想は非常にいいですね!

大阪を拠点とするメーカーらしい発想というふうにも言えますが!

スープとペーストの原材料は植物油脂、食塩、香辛料、糖類、還元水飴、
小麦粉、卵黄油、魚介エキス、大豆たん白、鶏・豚エキス、卵黄、ソース、
酵母エキス、オニオンパウダー、香味調味料、しょうゆ、全卵粉です!

麺はややヌードル麺ぽさもある幅広の油揚げ麺となっています!
原材料の並びなどを見るに、おそらく「チキン醤油味」と同じ麺ですね!

チキンラーメンほどではないものの、そこそこ強めな感じで
鶏ガラ系の醤油風味が下味としてつけられた麺となってます!

これがスープの香ばしい鶏ガラ風味といい相乗効果を見せてますね!(=゚ω゚)

こうした麺が合わされると全体がより素朴な雰囲気になりますし、
いい意味でのカップ麺らしさを演出するのにも貢献していますね!

麺の量は少なめの50gで、カロリーも292kcalと軽いです!
脂質は13.4gと、こちらはそこそこ高めとなっていますね!

具材はふんわりしたかき玉、人参、ねぎという組み合わせになっています!

「チキン醤油味」は例の味のないスポンジ鶏そぼろが入ってましたが、
こちらではそれは外され、そのかわりに人参が起用されています!

スポンジそぼろに関してはほんと入っていても意味がないので、
カレーらしい具材として人参が入っているのはうれしいですね!

細かい人参ではありますが、コリコリとした食感も楽しめましたし!

ねぎはごく普通のカップ麺的なものですが、量はけっこう多いですね!

そしてかき玉ですが、単なる具材として見ると普通なのですが、
このかき玉にペーストをかけたうえで麺に絡めて食べてみると、
その卵の風味が数段アップして引き立ってくれるのですよね!(*゚◇゚)

スープに溶かしても、麺に絡めて食べても役立つペーストですが、
このように卵具材にかけつつ食べてもいい効果を見せるのですよね!

一気に「ふんわりとしてまろやかな風味の卵具材」になってくれますし!

「チキン醤油味」がシンプルなスーパー向け商品という雰囲気だったのに対し、
こちらはそれとともにカレーと「きみまろペースト」の相性の良さを示すなど、
このペーストのさらなる可能性を示してくれる新商品となっていましたね!

カレー味はラーメンだけでなく、うどんにも汁なしにも応用できるので、
それに応じてこのペーストの応用範囲もまた広がった感じがしますね!

今後もこの「きみまろペースト」は様々な場面で活躍してくれそうですね!(゚x/)モキルルルッ

【関連記事】
ときたまご風 チキンカレー味ラーメン
ときたまご風 チキン醤油味ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/15発売 全国ラーメン店マップ 函館編 函館麺や一文字 コク塩らーめん

5/15発売のエースコックからの新作
「全国ラーメン店マップ 函館編 函館麺や一文字 コク塩らーめん」
を食べました!

全国のラーメン店を紹介するという名目で展開されている
「全国ラーメン店マップ」シリーズからの第5弾商品です!

5/15発売 全国ラーメン店マップ 函館編 函館麺や一文字 コク塩らーめん

この商品が登場したのにはかなり驚かされてしまいましたね!

何せ2年前の第2弾商品から今年発売された第4弾商品までは
すでに札幌の「らーめん空」の監修商品が3連続で出ていて、
もはや「空」しか出ないシリーズという印象でしたからね!

それが同じ北海道ながらも函館のお店のカップ版が登場しました!

それにしてもこのところエースコックは店カップに力を入れてますね!(`・ω・´)

一度は食べたい名店の味」シリーズを中心にどんどん展開していて、
それがエースコックの技術力の底上げにもつながっている印象です!

やはりお店の監修品となると、お店からいろいろ注文も出ますし、
そうした流れの中でこれまでとは違う視点を盛り込むことができたり、
スープに使う素材などの幅もだんだんと広がっている感がありますね!

今回の商品もそうした流れから見てみることができそうな気がします!

5/15発売 全国ラーメン店マップ 函館編 函館麺や一文字 コク塩らーめん(内容物)

いつものようにカップの中には粉まみれの液体スープが入ってます!

この粉末スープまみれになった液体スープは賛否両論ありますが、
ふたに貼る形式だとどうしても袋が小さめになってしまうので、
こうした方式もこれはこれでアリと言えるのかもしれませんね!

ちょっとエースコックに感化されすぎているかもしれませんが!(=゚ω゚)

5/15発売 全国ラーメン店マップ 函館編 函館麺や一文字 コク塩らーめん(できあがり)

澄んだスープながらも海老油が入ることでオレンジ色も目立ちますね!

まずはスープですが・・・ほう、スープにも海鮮が生きてますね!(●・ω・)

決して海鮮系だけをを主役に打ち立てたスープではないですが、
海老油の香ばしさと風味による海老のアクセントだけではなく、
ベースのスープにもいろいろな海鮮の旨味を感じることができます!

魚介系には煮干、さらにはホタテなどの旨味が重ねられてますが、
どうも海老油だけでなくベースにも少し海老が入ってそうです!

あくまで基本は鶏と豚の動物系スープに魚介や野菜や昆布、
これらの旨味を重ねて作られる総合力重視のものなのですが、
その中でも一際存在感を見せるのが海老などの海鮮と言えますね!

ただ、あくまで数々のパーツのうちの重要な一つという位置づけなので、
海老などのインパクトだけを求めてしまうと肩透かしになってしまいますが!

それでも最近のエースコックが作るお店系のカップ麺と同様に
スープの総合力が高く、たとえ海老の要素を取り去って食べても
様々な素材の複合的な旨味を堪能できる完成度は持っていますね!

海老油のない部分を少し食べて、その後で海老油の多い部分を食べる、
なんていうふうに変化をつけるとその風味の変化を楽しむことができます!

エースコックは各メーカーの中でも海老油や海老系清湯に特に強いですが、
今回の商品はそうしたところをより高めるという狙いも見えてきますね!

ちょっと気になるのはスープの塩分がやや高いという点ぐらいですかね!

麺と食べている限りはそれほど塩カドは立ちはしないのですが、
スープだけを飲むとけっこうシャープに主張してきますからね!

このサイズのカップで塩分相当量7.6gってかなり高いですからね!

なので、スープの旨味の凝縮度を高めるためにお湯を少なめに、
というようなことをすると痛い目を見そうなので注意しましょう!

スープの原材料は鶏・豚エキス、食塩、植物油脂、糖類、動物油脂、
魚介エキス、野菜エキス、エビオイル、たん白加水分解物、香辛料、
全卵粉、コンブエキス、でん粉、魚醤という組み合わせです!

麺は平打ち系の油揚げ麺で、少しパスッとした歯切れの良さも見せます!(*゚◇゚)

どうもこのところエースコックは麺のタイプも広がった気がしますね!

今回の麺も単体の麺として見たときの完成度がなかなか高くて、
太めでありながらも油揚げ麺臭を強く見せたりはしないですし、
スープとのなじみという点では少々弱みも感じさせはするものの、
食感といい表面のつるみといい、そのクオリティはなかなかです!

以前はがっしり系の麺など、インパクトで攻める傾向がありましたが、
このところはより幅広い方向性に対応できるよう研究を重ねてますね!

ただ、スープとのなじみという面であと一歩というケースもあるので、
このあたりがより向上すると、さらに新しい水準に到達できそうです!

そういえば縦型カップの麺に力を入れてるメーカーって意外に少ないので、
縦型向けの麺で言えば、今でもけっこう上位に入ると言えるでしょうね!

麺の量は70gで、カロリーは373kcalとなっています!
脂質は14.0gで、標準的からやや控えめといった数字ですね!

具材はチャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎとなっています!

お店カップなどを通じてスープや麺の改良を進めるエースコックですが、
その中で明らかに課題となってしまっているのが具材なのですよね!(*゚ー゚)

肉具材は事実上こうしたチャーシューと味のないそぼろばかりで、
あとのバリエーションもメンマ、ねぎが大半となってますからね!

とりわけ肉具材に関しては明らかに他社に負けていますからね!
具材の担当班も奮起して新しい具材をぜひ開発してほしいものです!

とは言いながら、今回はいつもよりは肉感がしっかりしていて、
もしかするとちょっとだけ改良されていたのかもしれませんが!

ただ、そのあたりはスープとの相性の関係もあったりしますからね!

メンマはコリコリ感が強いもので、ねぎはごく普通となっています!

そしてほうれん草ですが、これが意外といい仕事をしてましたね!

スープが動物系や海鮮の複合的な旨味でもって攻めて来る中で、
ほうれん草が口に入るとアクセント的に軽い苦味がやってきて、
ちょうど全体の味にいい変化をつける役割を見せるのですよね!

そこまで強いインパクトを見せるタイプのスープではないものの、
最近のエースコックに見られる総合力の高さはちゃんと生きていて、
なおかつエースコックが得意とする海老の存在感も生きているなど、
いい意味で「最近のエースコックらしい」仕上がりと言える一杯でした!

味わいのはっきりした塩ラーメンを求めるなら最適でしょうね!(゚x/)モキーン

【関連記事】
全国ラーメン店マップ 函館編 函館麺や一文字 コク塩らーめん
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 コク味噌ラーメン(2016年)
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 コク味噌ラーメン(2015年)
全国ラーメン店マップ なにわ編 麺や而今監修 醤油鶏そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/8発売 厚切太麺 背脂こってり油そば 大盛り

5/8発売のエースコックからの新作
「厚切太麺 背脂こってり油そば 大盛り」
を食べました!

極太麺をウリにした「厚切太麺」シリーズからの新作ですね!

5/8発売 厚切太麺 背脂こってり油そば 大盛り

年に何商品かのペースで「厚切太麺」が発売されていますが、
この「こってり油そば」だけは毎年の定番となっていますね!

ただ、この油そば・・・毎年なかなか手ごわい相手なのですよね(;゚ω゚)

油そばで手ごわいというと、一般的に油脂などの多さですが、
この油そばはそれとは違って塩カドの強さがすごいのですよね;

昨年一昨年に比べればいくぶんマシになっていましたが、
果たして今年はどうなっているのか食べる前から少し心配です;

今年はタレが「背脂入り」になっているという変化もありますね!
これがプラス方向にはたらいてくれていることを祈るばかりです!

5/8発売 厚切太麺 背脂こってり油そば 大盛り(内容物)

内容物はかやくと液体だれという組み合わせになっています!
このあたりについては昨年と特に違いはないみたいですね!

5/8発売 厚切太麺 背脂こってり油そば 大盛り(できあがり)

        なんやこの小1の子が描いた絵みたいな盛り付けは;(・ω・*)
(*・ω・)春の花っぽくしたつもりやったんやけど;

まずは味ですが・・・あぁ、やっぱりガツガツに醤油の塩辛さ来ますね!(●・ω・)

ただ、ひたすら醤油の主張しか感じなかった一昨年に比べると、
今回は食べた瞬間にまずチャーシューダレらしい風味も感じますし、
油脂も背脂など動物系が強まったので油そばらしさは増しています!

エースコックは油そばでもなぜか油脂の分量を少なめにするかわりに、
タレのカドを強めてくるという謎の傾向がけっこう見られるのですが、
今年はカドも強いけど、油そばらしい油脂感もそこそこ出ていますね!

その分だけ塩分の強さを油脂のまろやかさがマスクしてくれています!

とはいえ、塩分の絶対量が多いのでそれでも相当強烈ですけどもね(;゚◇゚)

今年の食塩は7.6gで、昨年の6.9gはもちろん一昨年の7.4gも超えてますし;
いくら大盛とはいえ、汁なし系で食塩7.6gはちょっと尋常ではないですね;

このシリーズはどうしてこんなに強烈な塩分量にするのですかね;

でもって、塩分だけでなく醤油そのものの主張もかなり強いので、
醤油の風味と塩分のダブルのとがりが出てしまってるのですよね!

この油そばをおかずにご飯を食べるぐらいでちょうどいいかもです!

また、他のカップ油そばはお酢による酸味も加わることが多いですが、
この油そばは酸味も控えめで、とにかくタレで攻めてくるのですよね!

ガーリックはそこそこ効いてますが、これも強いというほどではなく、
醤油ダレを軸にそれを油脂が軽く丸める構成は昨年までと同じですね!

タレの原材料はしょうゆ、動物油脂、発酵調味料、鶏・豚エキス、植物油脂、
砂糖、醤油調味料、食塩、オイスターソース、香辛料、醸造酢となっています!

昨年と比べると動物油脂が増えて、かつおエキスが消えるかわりに、
オイスターソースが加わるという風味の変化が起きていますね!

醤油ダレを軸にしながらもその味わいは微妙に変えてきてますね!

麺はかなり太めで、もっちり感のある油揚げ麺となっています!

この麺に関しては昨年までよりも良くなっている気がしますね!(`・ω・)+

昨年までは極太麺ということでがっしりとしたワシワシ系でしたが、
今年は極太ながらも戻り切っていないようなゴツゴツ感は弱まり、
もっと太さと同時にもっちりとした食感も楽しむことができます!

なので、ただやみくもに麺を太くしただけという感じはしなくて、
ちゃんと太麺としてのおいしさが楽しめるようになっていますね!

湯戻し時間は標準の5分よりほんの少し待ってもいい感はありますが!

麺は大盛の130gで、カロリーは716kcalとやはり高いです!
脂質は30.7gで、これまでに比べると高くなっていますね!

一昨年が24.2gで、昨年が25.4gなので大幅に増えています!
そのおかげで油そばらしさが増したのでむしろ好印象でしたが!

具材はなると、メンマ、ねぎ、輪切り唐辛子となっています!
この組み合わせは昨年と同じですが、唐辛子の量が減ってますね!

その分だけタレのほうにコストを回したということなのですかね!

唐辛子は口に入るとピリリとしたアクセントをつけてくれますが、
それでも今年は量が少なすぎてその存在感は薄かったですね;

ねぎも具材というよりは全体的に味を加える役割なのですが、
醤油ダレに埋もれてしまってそれほど目立つ感じはなかったです!

そのかわりメンマとなるとは具材として存在感を発揮してましたね!(*゚ー゚)

メンマはどうしても醤油ダレをまとって塩辛くなりますが、
それでもコリコリとした食感はいいアクセントになりますね!

なるとは下味がないので、タレをまとっても塩辛くならず、
全体の中で最もバランスのいい味わいとなっていました!

背脂が加わったことで醤油ダレのカドがいくぶんマスクされて、
また油脂の全体量が増えたことで油そばらしさは増しましたが、
それでも強烈な塩カドを持った商品なのは間違いないですね;

なので、塩分の強さが気にならず、とにかくがっつりといきたい、
そういう濃いめの味わいが好きな人向けと言ったほうがいいでしょう!

良くも悪くもこのシリーズらしいこってり油そばでございました!(゚x/)モキキル

【関連記事】
厚切太麺 背脂こってり油そば 大盛り
厚切太麺 シビれる辛さと濃厚ダレの汁なし担担麺 大盛り
厚切太麺 こってり油そば 大盛り(2016年)
厚切太麺 濃いつゆ肉そば
厚切太麺 こってり油そば 大盛り(2015年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/25発売 なりたけ監修 しょうゆラーメン

4/25発売のエースコック「なりたけ監修 しょうゆラーメン」を食べました!
ファミリーマート/サークルKサンクスのみの限定商品ですね!

4/25発売 なりたけ監修 しょうゆラーメン

これは最初に見かけたときは完全にスルー対象にしてたのですよね!
というのも、昨年版を食べて紹介したという印象が強かったですので!

ですが、実際には昨年食べたのはこれの「みそラーメン」版で、
「しょうゆラーメン」についてはまだ食べてなかったのですよね!

パッケージのデザインがほぼ同じだったので完全に勘違いしてました!(;゚ω゚)

4/25発売 なりたけ監修 しょうゆラーメン(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!

液体スープの袋はかなりパンパンにふくれあがっていて、
その中身がほぼ背脂であることをうかがわせてくれます!

背脂がメインなのは、昨年の「みそ」も同様でしたしね!

4/25発売 なりたけ監修 しょうゆラーメン(できあがり)

むむ、醤油ラーメンとしてはずいぶんとスープの色が薄めですね!

背脂は奥のほうにまとめて入れたので、油脂の膜によって、
スープの透明感が強いように見えているわけでもないですし!

まずはベースのスープですが・・・うん、やはりかなり軽めです!(*゚◇゚)

醤油ダレの感覚が非常に薄いというか、あっさり系の動物系に
玉ねぎやにんにくなどの香味野菜を効かせて軽く魚介も加えた、
これだけで食べると非常にシンプルですっきりしたスープです!

見ての通り醤油感は弱く、完全にだしをメインに据えたスープです!

この点はすごく以外で、昨年の「みそ」が味噌ダレが非常に強く、
背脂よりもタレの強さのほうが目立っていた構成だっただけに、
醤油ラーメンのほうもおおむねそうしたバランスと思っていたら、
それとは全く正反対でタレの主張が非常に控えめでしたからね!

お店のスープの写真を見てもたしかに醤油ダレの色は薄くて、
あまりタレに重きを置かないラーメンなのは事実なようですね!

ただ、このカップ麺版は少々それが大げさすぎる気もしますが!

そして背脂と全体をまぜると・・・シンプルにたし算した味になります!(●・ω・)

一応は液体スープの背脂のほうにも塩分は多少ついていますが、
とがるほどのものではなく、スープの風味もそのまま生かされ、
そこに背脂のコクがただただ加わるという想像通りの味です!

そのため、だしの持つ旨味のほうを粉末スープに担わせながら、
コクや厚みについては完全に背脂だけでまかなっている感じです!

一方でタレの主張が弱いので、背脂のコクと張り合うようにして、
メリハリをつける相手がおらず、ただただ背脂味という感もあります!

また、今回は不思議と背脂の甘みがあまり主張されてこないのですよね!

これも対となるタレの主張が弱いがゆえにそう感じるのかもですが!
とにもかくにも「控えめなスープと大量の背脂」ということに尽きます!

スープの原材料は動物油脂、食塩、鶏・豚エキス、でん粉、しょうゆ、砂糖、
香辛料、ポークコラーゲン、オニオンパウダー、酵母エキス、魚介パウダーなどです!

動物油脂(=背脂)の次に食塩が来ていて、醤油はそれより後ろなので、
「醤油も加えた塩ラーメン」と言ったほうが印象には近いかもですね!

麺はやや平打ち気味で、そこそこもっちり感が強めのノンフライ麺です!

乾燥状態の麺の香りがエースコックの多加水麺に非常に近いので、
全く同じ麺ではないものの、多加水麺の技術を応用してそうです!(*゚ー゚)

それゆえに麺の食感と風味についてはなかなかのクオリティですが、
多加水寄りだけに麺とスープがやや絡みにくい弱点もありますね!

麺の量は60gと少なめながら、カロリーは545kcalと怒涛の高さです!
脂質は33.4gで、ノンフライ麺のカップ麺とは思えない数字です!

「なりたけ」シリーズって、ここまで背脂が強かったかと思いましたが、
昨年の味噌は脂質18.4gで462kcalなので、全然数字が違っていますね!

背脂の量に関してはほぼ倍増したと言っていいほどではないですか!(`・ω・´)

どうりで昨年の背脂よりも味噌ダレのほうが目立っていた構成から、
逆にタレの存在感がなく、背脂が圧倒的なバランスになるわけですね!

しかしお店の2つのラーメンはそこまでバランスに差があるのですかね!

公式ページの「味噌」には「濃いめの味噌」という説明があるので、
味噌のほうがタレの手法が強いというのはたしかなようですが!

具材はメンマ、もやし、ねぎという組み合わせになっています!

この構成は昨年版と同じですが、もやしが微妙に変わってます!
昨年は太もやしでしたが、今年は細もやしになってるのですよね!

細もやしもカップ形状や量によってはけっこう有効なのですが、
このラーメンの場合はスープに埋もれて存在感が消えますね;

量だけで見るとそこそこ入っているだけにここは残念です(;゚◇゚)

ねぎはごく普通ながらも、メンマは全体的に長さがあり、
コリコリ感も楽しめるなど、いい存在感を見せてました!

控えめながらも動物系と香味野菜の旨味を効かせたスープに、
ただただ背脂を大量に投入して「あとはどうぞ」という一杯で、
背脂だけを楽しむという点ではアリと言える内容でしたね!

ただ、それだけに背脂の甘みをもっと感じたかったですし、
背脂とスープの調和、麺との絡みの良さなどに弱みもあり、
どうもポテンシャルを生かし切れてない印象も残りました!

あの大量の背脂の量に関しては圧倒されるものがありましたが!

とにもかくにも背脂を求めたい人にオススメできる一杯でした!(゚x/)モッキゥー

【関連記事】
なりたけ監修 しょうゆラーメン
なりたけ監修 みそラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/10発売 CoCo壱番屋監修 魚介の旨み スパイシーカレーラーメン

4/10発売のエースコックとココイチコラボの新作
「CoCo壱番屋監修 魚介の旨み スパイシーカレーラーメン」
を食べました!

同時発売の「野菜の旨み コク辛カレーラーメン」はすでに紹介してますね!

4/10発売 CoCo壱番屋監修 魚介の旨み スパイシーカレーラーメン

ココイチコラボでも魚介系の商品はときどき出てますよね!
ただ、調べてみるとどれもカレーうどんだったりするのですが!

なので、おおよそ味についてはイメージがつきそうですが、
とりあえずこちらについてもしっかり食べてみたいですね!(*゚◇゚)

4/10発売 CoCo壱番屋監修 魚介の旨み スパイシーカレーラーメン(内容物)

むむ、乾燥状態の写真でも麺が全然違うのがわかりますね!
こちらは明らかにかなり太めの麺がチョイスされてますし!

そもそも湯戻し時間がこちらは3分ではなく5分ですからね!

内容物はいつも通りかやく、粉末スープ、後入れスパイスです!

4/10発売 CoCo壱番屋監修 魚介の旨み スパイシーカレーラーメン(できあがり)

あら、何やらシーフードカレーぽいビジュアルになってますね!
そしてこちらも後入れのとび辛スパイスの量はやはり少ないです;

まずはスープですが・・・あら、これは予想とは全然違うスープです!(●・ω・)

これまでに出たココイチコラボの魚介系のカレーうどん
節系などの魚粉を強く効かせたタイプだったのですよね!

なので、今回もそうした魚粉による節系の魚介スープと思いきや、
それとは全く違ったシーフードカレーを指向したスープとなってます!

最近は「魚介」と言うと節系や煮干のことを指すことが多いので、
「海鮮」や「シーフード」と味が伝わりやすそうな感じですね!

そのため、今回の主役は節系ではなく貝やイカの持つ旨味ですね!

シーフードカレーの具材の中でも特に味に強い影響を与えるのが、
ホタテなどの貝系とイカですが、それがちゃんと再現されてます!

これまでシーフードカレー指向のココイチコラボはなかったですし、
それがやっとこういう形で登場してくれたのは感慨深さもありますね!

自分はこうしたタイプのシーフードカレーが好きでもありましたし!(=゚ω゚)

従来の魚粉系のスープをイメージしてスルーするともったいないです!

スープの原材料は豚エキス、砂糖、食塩、香辛料、ポテトパウダー、
おからパウダー、ソース、酵母エキス、魚介エキス、クリーミングパウダー、
たん白加水分解物、デキストリン、香味調味料となっています!

ベースはココイチらしくポークカレーで、魚介エキスは中間のあたりですが、
実際の存在感は海鮮系のほうが強いぐらいで、豚は下支えに徹していて、
ちゃんとシーフードカレーらしいスープとして楽しめるものとなってます!

ちなみにとび辛スパイスを入れてもやはりそれほど辛くはないですね;
こちらも「野菜」と同じく「やや辛口寄りの中辛」といった感じです!

麺は「野菜」のほうとは全く違う、太めで断面の四角い油揚げ麺です!

これだけ太いのでカドメン以上のがっしり系の麺かと思いきや、
この太さでありながらも意外としっとりとした食感なのですよね!(`・ω・´)

がっしり感よりももちもち感が強く、エースコックがいつのまにか
こうしたバリエーションの麺も備えていることに少々驚きました!

自分としては中太ぐらいの麺でもいいかなと思ったりはしましたが、
「野菜」のほうとの差別化のためにあえて太麺にしたのでしょうね!

太麺でもスープとの絡みなどの面では特に弱みはなかったですしね!

麺の量は大盛の90gで、カロリーは453kcalとなっています!
脂質は14.8gで、こちらも麺量を考えると少なめと言えますね!

具材はいか、かにかまぼこ、卵、ねぎとなっています!

卵はスープに溶けてしまうのでおまけといった感じで、
ねぎもスープに風味を加える薬味といった感じなのですが、
イカがそこそこの量ながらも入っているのはうれしいですね!

一つ一つは薄めですが、イカを食べることで広がる風味が
スープ全体のシーフード感をグッと高めてくれますからね!(*゚ー゚)

かにかまぼこはごく普通ですが、それでも入っていることで、
シーフードカレーらしい雰囲気はきちっと高まっています!

思えば今までシーフード系が出ていなかったのが意外でしたが、
こうしてきちっとその旨味を備えて登場したのは良かったですね!

シーフードカレー好きとしてはご飯投入もしたくなりましたし!

シーフードカレーが好きな人なら十分にオススメできる一杯でした!(゚x/)モッキキン

【関連記事】
CoCo壱番屋監修 魚介の旨み スパイシーカレーラーメン
CoCo壱番屋監修 野菜の旨み コク辛カレーラーメン
CoCo壱番屋監修 とろうまかき玉カレーうどん
CoCo壱番屋監修 とび辛鶏南蛮カレーそば
CoCo壱番屋監修 カレー油そば
CoCo壱番屋監修 フライドチキン入りカレーラーメン(2016年)
CoCo壱番屋監修 甘口派に捧げる とろ甘カレーうどん
CoCo壱番屋監修 辛口派に捧げる とび辛カレーラーメン
CoCo壱番屋監修 香ばし小海老天カレーそば
CoCo壱番屋監修 フライドチキン入りカレーラーメン(2015年)
CoCo壱番屋監修 魚辛カレーうどん
CoCo壱番屋監修 チリトマカレーラーメン
CoCo壱番屋監修 トマト風味のスパイシーカレー焼そば
CoCo壱番屋監修 だし振りカレーうどん 大盛り
CoCo壱番屋監修 トマ辛カレーラーメン 大盛り
CoCo壱番屋監修 キーマカレー焼そば
CoCo壱番屋監修 旨辛スパイシーカレーラーメン
CoCo壱番屋監修 深コクマイルドカレーラーメン
JANJAN増刊号 CoCo壱番屋 カレー焼そば
CoCo壱番屋監修 カレーラーメン とび辛スパイス入り
CoCo壱番屋監修 カレー焼そば
CoCo壱番屋 カレーラーメン 野菜入り
CoCo壱番屋 カレーラーメン 挽き肉入り

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/24発売 ときたまご風 チキン醤油味ラーメン

4/24発売のエースコックの新作
「ときたまご風 チキン醤油味ラーメン」
を食べました!

「チキンカレー味ラーメン」との同時発売商品となっています!

4/24発売 ときたまご風 チキン醤油味ラーメン

この商品は名前だけ見たときはスルーしようと思ったのですが、
あの「卵黄風きみまろペースト」入りとわかって購入しました!

「きみまろペースト」の完成度はほんと素晴らしいですからね!(*゚ー゚)

これまでの「きみまろペースト」入りの商品は主にコンビニ向けで、
今回は価格帯の関係から完全にスーパー向け商品となってます!

「きみまろペースト」をより幅広く知ってもらう狙いなのでしょうね!

4/24発売 ときたまご風 チキン醤油味ラーメン(内容物)

先週日清から「チキンラーメンビッグ 卵黄だれ鶏つくね」という、
卵黄だれがついた商品が出てますが、今週はエースコックから
卵黄ペーストつきの「チキン醤油味ラーメン」が発売されたりと、
なんだかいかにも似た方向性の商品が続くことになってますね!

価格帯が違うので、商品の内容も大きく違っているでしょうけども!

4/24発売 ときたまご風 チキン醤油味ラーメン(できあがり)

卵以外の具はさみしいものの、卵感の演出はなかなかのものですね!

まずはペーストなしの味ですが・・・薄味のチキンラーメン風ですね!(●・ω・)

ペーストなしで食べると、これといった特徴が全くないというか、
チキンラーメンっぽい風味を控えめにしただけのような感じです!

同じくペースト入りの「タマゴが決め手 とろうま濃厚中華そば」の
正統派中華そば路線と比べても、ずいぶんと方向性が違ってますね!

チキンラーメンと違って、麺の持つ風味はそこまで強くないですし、
あくまで粉末スープで香ばしい鶏ガラ風味をつけた感じなのですが、
「あえて特徴を抑えめにして作ったスープ」という雰囲気が強いです!

そしてそこに香味野菜で一定のアクセントをつけたような感じです!

そこでペーストを加えつつ食べると・・・あら、一気に化けますね!(=゚ω゚)

「きみまろペーストって反則だなぁ」と思わせるほどの変わりようで、
特徴の薄いスープすらあっという間に個性的にしてしまうのですよね!

逆に言うと、ペーストを生かすための薄味だったとも言えるのですが!

一言で言うなら、チキンラーメンに卵を入れた味にかなり近いです!
なんというか狙いどころがここまでわかりやすいのも珍しいです!

ただし、先にも触れたようにベースがチキンラーメンほど強くないので、
卵のまろやかさを中心に置きつつ、香ばしい鶏ガラ風味と合わせる、
そうした両者のバランス感が重視されたような感じになっています!

先週の「チキンラーメン」の卵黄だれが卵黄のまろやかさ以外に、
炭火焼の香ばしさなどを加えるなどアレンジをしていたのに対して、
元祖であるこちらはあくまで卵黄のまろやかさのみに絞ってます!

ちなみにこちらのペーストはかなり多めに入っているので、
半量ぐらいは一気にスープとまぜてしまってもいいでしょうね!

そうすることでチキンと卵黄の風味が合わさったスープとなり、
そこにときどき残ったペーストを麺にかけつつ食べ進めることで、
このペーストのまろやかさをいろんな面から楽しむことができます!

特に今回はスーパー向け商品ということで麺量があまり多くないので、
その分だけ全体の中でのペーストの比率がより上がってるのですよね!

なので、ペーストの楽しみ方の幅はこれまでの商品以上と言えます!

スープとペーストの原材料は植物油脂、食塩、還元水飴、卵黄油、
香辛料、卵黄、デキストリン、でん粉、鶏・豚エキス、砂糖、しょうゆ、
魚醤、酵母エキス、たん白加水分解物、全卵粉などとなっています!

麺はやや平打ち気味のヌードル麺ぽい雰囲気が強い油揚げ麺となっています!

縦型らしいチープな雰囲気を出してるのはおそらく意図的でしょうね!
ベースのスープもチキンラーメンを連想させるところがありますし!

下味もチキンラーメンほどではないもののそこそこ施されてます!

原材料を見ると、醤油、鶏・豚エキス、野菜エキスが入ってますし、
こうしたやや味が強めという点も素朴な縦型らしい良さがありますね!

チープではありますが、こうした素朴な味わいもまた魅力的ですからね!(*゚◇゚)

麺の量は50gと少なめで、カロリーは285kcalとなっています!
脂質は14.3gで、「きみまろペースト」が入るためか意外と高めです!

具材は卵、鶏そぼろ、ねぎという組み合わせになっています!

鶏そぼろは例によって味のないスポンジ系のものですね;
できればこれではなく、なるとなどのほうが良かったですね!

具材はふわふわ系の卵を中心としてますが、そこそこ効果的ながらも、
どうしても「卵しか目立たないカップ麺」になる弱点もありますね!

あえて具材から卵を外すかわりに鶏だんごを入れる手もありますし、
決して悪くはなかったのですが他の方法もあった気もしますね!(`・ω・)+

チキンラーメンをライトにした感じのスープに「きみまろペースト」と、
必要最小限な形で卵黄ペーストを生かした一杯という内容でしたが、
それでもきちっと成り立つあたりがこのペーストの凄味でしょうね!

「きみまろペースト」を手軽に楽しむという点では十分な一杯でした!(゚x/)モッキー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/17発売 三河屋製菓監修 えび満月味 焼うどん

4/17発売のエースコックからの新作
「三河屋製菓監修 えび満月味 焼うどん」
を食べました!

セブン&アイ系列のお店のみで販売されている商品で、
三河屋製菓の「えび満月」を焼うどん化したものです!

4/17発売 三河屋製菓監修 えび満月味 焼うどん

最近のセブン&アイとエースコックのコラボ商品は面白いですね!(*゚◇゚)

チキチキボーン スパイシーチキン味ラーメン(日本ハムとの共同開発商品)
ベビースター BIG(おやつカンパニーとの共同開発商品)
ブタメン BIG(おやつカンパニーとの共同開発商品)

今回の「えび満月味 焼うどん」もその流れにあると言えるでしょう!

比較的最近のエースコックによる変わり種コラボ商品というと、
よっちゃん風いか焼そば」もかなり印象に残るものでしたが、
これはセブン&アイ系列の限定商品ではなかったですからね!

4/17発売 三河屋製菓監修 えび満月味 焼うどん(内容物)

内容物は液体たれとふりかけのみというかなりシンプルな構成です!

三河屋製菓の「えび満月」については食べたことがなくても、
これに似せたお菓子はけっこういろんなものに入ってるので、
それに近い味を連想しておけばおおよそ間違いなさそうですね!(*゚ー゚)

4/17発売 三河屋製菓監修 えび満月味 焼うどん(できあがり)

なんだか見た目がほんと「えび満月」そのものになってますね!
キャベツなどの具材もなく、バックのうどんも色が白ですしね!

まずはその味ですが・・・いやはや、香ばしい海老風味がいいですね!(●・ω・)

何より面白いのは液体だれの風味がほぼ海老油ということですね!

もちろんたれが完全に油脂でできているなどということはなく、
水分をベースにした要素なども多分に入ってはいるのですが、
色は海老油そのものといったオレンジ色のものとなっていて、
そこに塩や砂糖を含んだ水分で風味を調整している感じです!

なので、風味の核はほぼ海老油と言っても間違いないでしょう!

思えばエースコックは非常に海老油に強いメーカーなのですよね!
かつて出た名作の「芳醇香味 塩そば」なんてまさにそうでしたし!

この海老油の風味が素晴らしく、とにかく海老の風味が生きていて、
さらに焼いた海老の香ばしさなどがギュッとここにつまっています!

それでいて全体の油脂感はそれほど強くは仕上げられてないので、
塩系焼うどんなどにありがちな油っぽさはあまり感じさせないですし、
また塩カドも立たせず、ちゃんと煎餅的な塩加減に近い感じなので、
「全体的に控えめな味付けながらも海老が生きている」バランスです!

これは決してキワモノ系カップ麺として扱うにはもったいなく、
一つの海老塩系焼うどんとして秀逸な一杯と言っていいでしょう!

自分としてはちょっとリピートしたくなるぐらいのものがありました!(`・ω・)+

たれの原材料は植物油脂、たん白加水分解物、食塩、砂糖、発酵調味料、魚介エキスです!
メインとなっているのが明確に海老の風味を移した植物油脂となってますね!

実際の「えび満月」はイカも原材料に含まれているようなので、
魚介エキスの中にはイカの要素も入っているのかもですね!

麺はやや幅が細めながらも、そこそこ厚みのある油揚げ麺のうどんです!

エースコックのうどんは昨年11月のつるとんたんの監修商品以降、
飛躍的にそのクオリティが上がっているといった印象がありますね!

やや細めながらもしっかりとした食感のうどんが使われるようになり、
今回使われているうどんも一応はその流れのものを感じさせますね!

ただし、がっしり系の食感ではなくほどよいもっちり感を感じさせ、
それでいて油揚げ麺臭があまり強くない焼うどん向けの調整も見えます!

たれといい麺といい、思っていた以上にスキを感じさせませんね!(=゚ω゚)

麺の量は100gで、カロリーは505kcalとなっています!
脂質は20.6gで、麺の量を考えればそこまで高くはないですね!

具材は後入れふりかけのアミエビとあおさのみとなっています!

もともと煎餅的なお菓子をモチーフにして作られたこともあり、
アミエビは焼いたパリッとした硬さを感じることができます!

それと同時に海老の香ばしさをしっかりと伝えてくれますね!

また、あおさについても普通の焼そば向けのものとは違っていて、
見ての通りちょっと一つ一つの粒が大きめになっているのですよね!

それによってあおさの風味がよりダイレクトに伝わってきます!

この2つの具材が果たす役割は大きく、タレだけで食べると、
「塩系の海老焼うどん」なのですが、これらが入ることで、
一気に「えび満月」を思わせる風味へと近づくのですよね!

でもって、ただ単にアミエビとあおさを入れただけでなく、
「えび満月」らしい味が再現できるように調整されているなど、
このあたりは三河屋製菓が監修したことが伝わってきますね!

しかもそのふりかけの量がけっこう多いというのもいいですね!
実際には写真でかけている量でもまだ全体の6割ぐらいですから!

「今度は煎餅的なお菓子の再現カップ麺なのか」と驚かせながら、
食べてみると海老に強いエースコックの実力が存分に発揮され、
ネタ的に注目されるだけではもったいない見事な仕上がりでした!

海老が苦手でなければ迷わず手に取っていいぐらいの一杯でした!(゚x/)モッキルー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/10発売 CoCo壱番屋監修 野菜の旨み コク辛カレーラーメン

4/10発売のエースコックとココイチコラボの新作
「CoCo壱番屋監修 野菜の旨み コク辛カレーラーメン」
を食べました!

ココイチとのコラボ商品はもはやエースコックの定番ですね!
カップ麺におけるカレーラーメンを代表する存在にもなってますね!

「ココイチ監修」というだけで、大きな安心感が出ますからね!

4/10発売 CoCo壱番屋監修 野菜の旨み コク辛カレーラーメン

これまでココイチとのコラボ商品はけっこう出てきたのですが、
野菜の旨味を中心に据えたカレーラーメンは初ではないですかね!

テーマ的には地味ながらも、意外に新しい点を突いてきたようです!

単に具材に野菜が入ってるだけでなく、肝心のスープのほうに
どれくらい野菜の旨さが出ているかに注目してみたいですね!(*゚ー゚)

4/10発売 CoCo壱番屋監修 野菜の旨み コク辛カレーラーメン(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、後入れスパイスとなっています!
「とび辛スパイス」ではなく単に「スパイス」と書かれてますね!

4/10発売 CoCo壱番屋監修 野菜の旨み コク辛カレーラーメン(できあがり)

後入れにする必要があったのかと思うようなとび辛スパイスの量ですね;

まずはスープですが・・・あー、エースコックが得意とする味ですよね!(●・ω・)

ココイチとのコラボ商品なのでココイチも監修してるでしょうが、
この味わいは自分としては「いかにもエースコック」という感じです!

玉ねぎの風味がかなり強めに効かされたタイプのカレースープですね!

エースコックはラーメンでももともと玉ねぎをよく使ってきますし、
玉ねぎを強めにアピールするのは非常に得意としてるのですよね!

でもって、それがカレーラーメンのスープとは非常に相性がいいので、
エースコックが得意とする味をきれいに再現してきたという感じです!

なので、野菜系のカレーラーメンとしての不足感は全くないですね!
玉ねぎならではの香味、甘み、ピシッと締まった感覚がそろってます!

にんにくや生姜なども効かされてますが、主役は完全に玉ねぎなので、
玉ねぎをたくさん入れたカレーが好きな人ならオススメできますね!(=゚ω゚)

ちなみにとび辛スパイスが入ってますが、辛さはごく軽めです!
全部入れても「やや辛口寄りの中辛」ぐらいでしかないですね!

スープの原材料は豚エキス、砂糖、香辛料、食塩、野菜エキス、
おからパウダー、ソース、酵母エキス、クリーミングパウダー、
たん白加水分解物、香味調味料という組み合わせになっています!

ココイチの基本であるポークカレーの風味をベースにしたうえで、
玉ねぎを強く効かせ、ソースによってちょっと素朴さもプラスする、
そうした構成であることが原材料からも透けて見えてきますね!

麺は中ぐらいの太さの断面の丸い油揚げ麺となっています!(`・ω・)+

エースコックの大盛系の麺といえばやはり「カドメン」ですが、
これは明らかにカドメン系のがっしり系食感とは違ってます!

ごく軽めのがっしり感はありますが、もう少ししっとりしていて、
より中間的な食感を見せつつ、スープを生かすタイプの麺ですね!

そういえばエースコックはココイチコラボの商品に関しては、
カドメン色があまり強くない麺を採用してくることが多いですね!

麺の量は大盛の90gで、カロリーは472kcalとなっています!
脂質は15.1gで、麺の量を考えるとむしろ低めと言えるでしょう!

具材はキャベツ、玉ねぎ、にんじん、ねぎという組み合わせです!(*゚◇゚)

どれも普通の具材なのですが、まず玉ねぎがかなり多めですね!
このシャリシャリとした食感と辛味はいいアクセントになります!

キャベツも普通なのですが、野菜カレーとしての量は備わってます!
ねぎはスープ全体に風味を、人参は彩り目的としても役立ってますね!

何か驚くような要素を取り入れたカレーラーメンではないのですが、
「玉ねぎを強く効かせたカレースープ」はなかなかの完成度があり、
エースコックの得意分野ということもあって上手くハマってますね!

オーソドックスではありますが、きちっと楽しめる一杯でした!(゚x/)モキリューン

【関連記事】
CoCo壱番屋監修 野菜の旨み コク辛カレーラーメン
CoCo壱番屋監修 とろうまかき玉カレーうどん
CoCo壱番屋監修 とび辛鶏南蛮カレーそば
CoCo壱番屋監修 カレー油そば
CoCo壱番屋監修 フライドチキン入りカレーラーメン(2016年)
CoCo壱番屋監修 甘口派に捧げる とろ甘カレーうどん
CoCo壱番屋監修 辛口派に捧げる とび辛カレーラーメン
CoCo壱番屋監修 香ばし小海老天カレーそば
CoCo壱番屋監修 フライドチキン入りカレーラーメン(2015年)
CoCo壱番屋監修 魚辛カレーうどん
CoCo壱番屋監修 チリトマカレーラーメン
CoCo壱番屋監修 トマト風味のスパイシーカレー焼そば
CoCo壱番屋監修 だし振りカレーうどん 大盛り
CoCo壱番屋監修 トマ辛カレーラーメン 大盛り
CoCo壱番屋監修 キーマカレー焼そば
CoCo壱番屋監修 旨辛スパイシーカレーラーメン
CoCo壱番屋監修 深コクマイルドカレーラーメン
JANJAN増刊号 CoCo壱番屋 カレー焼そば
CoCo壱番屋監修 カレーラーメン とび辛スパイス入り
CoCo壱番屋監修 カレー焼そば
CoCo壱番屋 カレーラーメン 野菜入り
CoCo壱番屋 カレーラーメン 挽き肉入り

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.