無鉄砲 大阪店 とんこつラーメン こってり(2016年)

ひさしぶりにこってりを求めて「無鉄砲 大阪店」に行ってきました!
どうも調べてみると6~7年ぶりの訪問になるみたいですね!

当時の訪問時にも一応ブログの記事は書いているのですが、
食べ歩きとかを全然していない感があまりにあふれ出していて、
自分でリンクを貼るのも躊躇してしまうような内容でしたね;

それにしてもここまで間隔が空いているとは思っていませんでした;

好みじゃなかったら足が遠のいていたとかいうわけではなく、
位置的に訪問しにくいという印象がずっとあったのですよね;

でも改めて調べてみると地下鉄の大国町駅からかなり近くて、
これだったら訪問できるなと思って候補に入れていました!

そこに「まりお流」への訪問でこってり熱が高まったこともあり、
今回「まりお流」から1週間空けずに訪問することにしました!

両者の違いというものも改めて体感してみたいと思いましたので!

注文はもちろん「とんこつ」でスープはこってり(背脂入り)です!(=゚ω゚)

ちなみに自分の前のお客さんが英語圏の人のカップルだったのですが、
"What do you like?"と聞かれたので迷わず「とんこつ」を薦めました!

無鉄砲 大阪店 とんこつラーメン こってり(2016年)

ということで、「とんこつラーメン(こってり)」がやってきました!
相変わらずきれいとは言い難いビジュアルではありますが・・・(゚◇゚)

やはりスープのドロドロ度という点ではかなりのものがありますね!
この粘度の高さに関しては「まりお流」と比べても上と言えます!

でもって、「まりお流」と比べてスープがかなり茶色寄りですね!
もっともこれは醤油ダレによる色という点が大きいのでしょうが!

まずはスープですが・・・おぉ、濃厚かつまろやかでたまりませんね!(●・ω・)

麺を食べる前にスープをまず何口かレンゲでいただいたのですが、
最初に浮かんだ感想が「まろやかで飲みやすい」だったのですよね!

どうも「まりお流」を食べたことで基準にズレが起きているようです!

決して薄いなんてことは全くなく、間違いなく超濃厚系のスープで、
豚骨の髄の部分まで溶け出したスープはドロドロ感も強烈なのですが、
それでも体感的なずっしり感では「まりお流」よりもやや軽いのですね!

短い間隔で両者を食べたことでその重さの差異がはっきりわかりました!

しかしそう考えると「まりお流」の濃厚さってやはり凄いのですね;

また、こちらは髄の部分などの固形部分もスープと一体化しており、
それによって生まれるコクなども強く堪能できるのが大きな特徴です!

豚骨という素材のあらゆる部分の旨味を引き出したような旨さですね!
そこに背脂が入ることによってまろやかな甘みがさらに加わります!

こうして改めて食べると濃度だけでなく、個性の違いもよく見えますね!

一般に想像する豚骨スープを純粋に濃厚にしたような「まりお流」と、
豚骨という素材のあらゆる面を引き出した旨さのある「無鉄砲」と、
それぞれ違いを持ちながら豚骨の持つ旨さを徹底的に伝えてくれます!

かなりのドロドロ感のある濃厚豚骨スープということもあって、
こちらのお店のスープを全部飲む人はあまり多くはないのですが、
今回はそれほど苦しくなることもなく全部飲むことができましたね!

そのかわりその後でちょっとお腹がもったりとしてしまいますが!(*゚◇゚)

ちなみに「まりお流」では全部飲むことはできなかったのです;

トッピングはチャーシュー、海苔、メンマ、ねぎとなっています!

背脂を最後にかけるので、トッピングが全部背脂に埋もれてますね;
なので、こってりでなければもう少しきれいなビジュアルになります!

ねぎについては注文の際に無料で増やしたり減らしたりできます!

スープに関しては強烈な個性を見せ付けてくれるお店ですが、
トッピングに関しては全体的にごくノーマルではありますね!

チャーシューは薄めでやや脂身が多めのものが数枚入って、
メンマは比較的小さめのもので食感もけっこうやさしいです!

自分はこうした超濃厚系のラーメンでチャーシューを食べると、
体感的な重さが増幅するのでないほうが向いてるのかもですね!

完全に背脂まみれになっている海苔ですが、これはいいですね!

ドロドロのスープを吸わせて麺を巻きながら食べるとおいしいです!(*゚ー゚)

無鉄砲 大阪店 とんこつラーメン こってり(2016年)(麺のアップ)

麺はかなり太めで、縮れのついた多加水系の麺となっています!

太めのブリッとした力強い弾力を見せるタイプの麺なのですが、
標準の硬さだとちょっとやわらかく感じてしまうかもですね!

こちらは麺の硬さについても注文時に選ぶことができるので、
硬めで頼んだほうがちょうどいい食感になるかもしれません!

もともとスープの主張が強いだけに麺も強さが必要ですからね!

ちなみに替え玉ではこの麺とは違う博多風の細麺で提供されます!
替え玉の際に時間をかけずに提供するための工夫でもあるのでしょうね!

自分はさすがに替え玉まで食べるだけの余力はなかったですが!(;゚ω゚)

というか、替え玉はほぼ麺だけを食べるタイプの人向けでしょうね!
自分はスープを多く飲むのでここでは替え玉向きではないのでしょう!

スープをほとんど飲まなければ替え玉もおそらくいけると思いますが!

ちなみに卓上には辛子高菜、紅生姜、にんにくなどが設置されています!
自分は何も入れずに食べるのが好きなのでそのまま全部食べましたが!

かなりひさびさの「無鉄砲」でしたが、やはり旨さに間違いはないですね!
そして以前よりも自分のこってり耐性が強まっているようにも感じました!

豚骨の持つ旨味をとことんまで堪能したいなら外せないお店ですね!(゚x/)モッキュルー

お店の住所と地図 大阪市浪速区戎本町1-5-21

【関連記事】
無鉄砲 大阪店 とんこつラーメン こってり(2016年)
無鉄砲 大阪店 とんこつラーメン こってり(2009年)
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

NAMBA 龍旗信RIZE 鶏塩ねぎそば

ひさしぶりに「NAMBA 龍旗信RIZE」に行ってきました!

この日はもともと濃厚系のつけ麺が目当てだったのですが、
自分が到着する少し前ぐらいに売り切れてしまったみたいで、
まだ食べていなかった「鶏塩ねぎそば」をDXで注文しました!

DXというのは、具が豪華になっているバージョンのことですね!(*゚ー゚)

NAMBA 龍旗信RIZE 鶏塩ねぎそば

「ねぎそば」というだけあって、ねぎがたくさん乗ってますね!

まずはスープですが・・・おぉ、鶏の旨みがよく出てますね!(`・ω・)+

スープは非常に龍旗信らしく、ガツンと来るタイプではなく、
じわっとその旨みが広がってくるようなスタイルなのですが、
その鶏の旨みに弱さはなく、じんわり系ながらも実に深いです!

おそらくは以前の「鶏塩ラーメン」の発展形だと思うのですが、
当時はもう少し厚みが欲しいと感じる面もあったのに対して、
今回はそういった不満を感じさせない厚みがありましたね!

やはりリニューアルにあたってより厚みを増したのでしょう!

またあまり油脂に頼りすぎないところもこのお店らしいですね!
ちゃんとスープそのものの持つ旨みで勝負してきています!

どうも以前の記事では鶏以外の要素もけっこう感じたようですが、
今回は明らかにスープにおける鶏の比重が高まっていましたし、
それによって通常の「塩そば」との個性の違いも明確になっており、
十分にこのお店の看板の一つとして活躍できる力を感じました!

最近のラーメン屋さんはあっさりとした清湯系のスープでも、
特徴となる要素を立ててインパクトを持たせることが多いですが、
こちらのお店はあくまでじんわりとした旨さにこだわるのですよね!

それゆえにわかりにくいと感じてしまう人もいるかもですが、
じんわり系だからこそ出せる旨さがここには明確にありますし、
その厚みも十分で、このお店の力を改めて感じさせられましたね!(*゚◇゚)

トッピングは鶏チャーシュー、味玉、白髪ねぎ、青ねぎ、
穂先メンマ、豆苗、そしてレモンの薄切りとなっています!

手前にあるのが穂先メンマで、左側にあるのが豆苗ですね!

以前の「鶏塩ラーメン」のときはすだちが入ってましたが、
リニューアルの際にレモンへと変わったみたいですね!

味玉は優しくほどよい味付けで、熱の入りもちょうどいいですね!

1個丸ごと入るタイプの味玉は中身が完全にトロトロのことも多くて、
スープに黄身が落ちないように食べないといけないものもありますが、
こちらはそうではないので、半分食べてスープに浮かべても大丈夫です!

2種類のねぎは麺と絡めながら食べると非常においしいです!(=゚ω゚)

そうすることで優しいスープの中に軽くアクセントが効いて、
全体的に受ける印象がより引き締まった感じになってくれます!

穂先メンマはやわらかく、豆苗は野菜ながらも味に深みがあります!
トッピングに豆苗が入るのはこのお店の大きな個性の一つですね!

もやしなどと違って水臭さやクセがなく、風味に力強さがあるので、
どんなスープに対して合わせることのできる良さがあるのですよね!

鶏チャーシューは脂の少ない胸肉で、肉質は非常にやわらかく、
このスープに合わせてさっぱりといただけるものとなっています!

レモンは絞ることによってスープをよりさっぱりとできますが、
絞るならあくまで食べ終わりに近い頃にしたほうがいいですね!

レモンを絞るとその分だけ鶏の存在感が少し下がりますので!

NAMBA 龍旗信RIZE 鶏塩ねぎそば(麺のアップ)

麺は細めのストレート麺で、色はやや白く透明感が強いです!
中に粒状のものが見えますが、全粒粉か何かなのですかね!

色を見るにおそらくは炭酸ナトリウム主体の天然かんすい使用で、
食感についてはブリブリとした強い食感を見せるタイプではなく、
しなやかでありながらプリンと弾けるような食感となっています!

この派手さはないながらもしっかりとした食感がいいのですよね!
また、優しいスープとのなじみという点でも申し分ないですね!

龍旗信らしく優しい風味ながらも鶏の旨みは想像以上に深く、
後口はさっぱりしつつも余韻を残す旨さがちゃんとあるなど、
意外にありそうでない鶏塩ラーメンに仕上がっていました!

さすがは大阪を代表する塩ラーメンのお店と呼べる旨さでした!(゚x/)モキュッ

[メニュー]
NAMBA 龍旗信RIZE メニュー

お店の住所と地図 大阪府大阪市浪速区難波中2丁目10-25

【関連記事】
NAMBA 龍旗信RIZE 鶏塩ねぎそば
NAMBA 龍旗信RIZE 魚煮出しの塩そば
NAMBA 龍旗信RIZE 塩冷麺RIZE
NAMBA 龍旗信RIZE まぜそばRIZE
NAMBA 龍旗信RIZE 塩そば
NAMBA 龍旗信RIZE 鶏炊いたん塩そば
龍旗信 なんば店 鶏塩ラーメン
龍旗信 なんば店 龍旗信ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

ひるドラ ガチ味噌カレーそば 辛さLv.3

日本橋にある「ひるドラ」へと足を運んでまいりました!
Junk Story」や「麺と心 7」の系列にあたるお店ですね!

今回は10/31まで提供される限定のカレー系ラーメンが狙いです!

本当はまずちゃんとレギュラーメニューを食べるべきなのですがね;
初回も限定だったので、結局いまだにレギュラーを食べておりません(;゚ω゚)

カレーを使ったラーメンってそれほど頻繁に見かけないですし、
このお店なりのカレーの使い方を見てみたかったのですよね!

辛さレベルについてはいつものようにLv.4までは無料で選べます!
今回はおいしく食べられる範囲に収まりそうなLv.3にしてみました!

標準でも量が多そうだったので、麺の大盛りなどはしていません!

にんにくの有無も選べますが、今回はにんにく有りにしました!

ひるドラ ガチ味噌カレーそば 辛さLv.3

これは・・・大盛やトッピング増しをしなくて正解だったようですね!
自分の胃袋を考えるとこれ以上の量になると完食が厳しそうですし!

さて、カレーはあらかじめスープに溶かし込まれてるわけではなく、
奥のほうにかけられるカレーソースをお好みでまぜる形になります!

前半はカレーをまぜずに食べて、途中で少しずつまぜるわけですね!

そこでまずはカレーなしで食べてみると・・・しっかりコクがありますね!(●・ω・)

何よりベースとなっている豚系のコクに分厚さがあって、
そこに味噌が入ることで全体に厚みが加わっています!

基本の「肉ソバ」を食べてないので比較できないですが、
おそらく基本となる部分は共通していると思われます!

さらにここにフルーティーで自然な甘みも加わってきます!

辛さについてはLv.3ぐらいではあまり辛く感じないですね!
辛さに強い人ならLv.4までなら問題なくいけそうな気がします!

こちらはカレーが入る分だけ辛さがやや増すようですが、
それでもこれといって辛さが強いとは思わなかったですし!

ただ有料のLv.5以降は急速に辛さが増してくるそうですが!

次にカレーをまぜて食べてみましたが・・・たしかに変わりますね!(*゚ー゚)

ノーマル版だとコクにフルーティーな甘さが入ることで、
厚みがありながらも意外とさっぱりしたバランスでしたが、
カレーが入ると今度は一気にパワフルな印象が強まります!

あくまで豚骨辛味噌+カレーというスタイルになってるので、
カレーを中心に据えて組み立てられたラーメンとは違いますが、
なかなか他にはない形のカレーラーメンとなっていますね!

生にんにくが入ることで強烈なジャンクさも備わってますし!

麺は断面が四角くブリンとした強めの食感の太麺となっています!

こういったタイプのラーメンはトッピングが多いこともあって、
食べ進めるのに時間がかかりますが、そこも考慮されていて、
時間が経っても食感がそれほどダレないのもポイントですね!

また、やわらかくなってきても味が弱くならないのもいいです!

これなら食べるペースが遅い人でも安心して食べられますね!(*゚◇゚)

そしてトッピングはカレー味の揚げ鶏、白髪ねぎ、ニラです!

主役は何と言っても揚げ鶏ですが、この存在感が凄いですね!

標準でも量が半端じゃなく多いですし、肉質は実にやわらかく、
カレー系のタレに漬け込まれることで味がしみているうえに、
さらにカレー風味の衣をつけて揚げているので風味も強いです!

でもって、スープにつけてもけっこうサクサク感が残るので、
最後まで余すことなくワイルドなカレー感を味わえますね!

ただ、自分にとっては量が多すぎてなかなか大変でしたが!
満足度が高い一方でこの量なのでかなりのヘヴィさですし!

量が平気な人なら締めにご飯を注文するのもいいでしょうね!
ご飯にスープをかけてこの鶏を乗せればすごく合いそうですし!

というか、実際にそうして食べてる人も多いみたいですね!

レギュラーの「肉ソバ」はまだ食べてはいないのですが、
カレーソースを溶かす前と後の風味の変化であったり、
トッピングを比較するとおそらくこちらはよりワイルドで、
ひたすらがっつりと行きたい人にこそ向いてるでしょうね!

逆にそれほど量が食べられない人はトッピングを増したり、
あるいは麺量を増やすというのは避けたほうがいいですね!

標準でこの量ですから、普通に食べても満腹になりますし!

とにかくひたすらワイルドな豚骨辛味噌カレーラーメンでした!(゚x/)モッキュルリ

お店の住所と地図 大阪府大阪市浪速区日本橋5-10-14

【関連記事】
ひるドラ ガチ味噌カレーそば 辛さLv.3
ひるドラ 冷し辛口まぜそば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

NAMBA 龍旗信RIZE 魚煮出しの塩そば

約1年ぶりに「NAMBA 龍旗信RIZE」へと行ってきました!

先日投稿した「がんこラーメン十八代目」からの連食となります!
ルートとしては がんこ→CDレンタル→龍旗信 となっていますが!

さて、ひさびさの訪問ということでメニューも書いておきます!(*゚ー゚)

◎麺メニュー
鶏炊いたん塩そば 830円
辛鶏炊いたん塩そば 930円
塩そば 780円
魚煮出しの塩そば 780円
鶏塩ねぎそば 830円
濃厚魚介つけそば 880円

◎トッピング
DX(肉と味玉が増量) 150円(つけそばと鶏塩は200円)
麺大盛 100円
味玉 100円

◎サイドメニュー
すじマヨ丼(スープ付) 680円
ねぎまみれ明太ごはん 300円
チャーシューごはん 300円
すじマヨごはん 300円
白ごはん 100円

※平日ランチはごはんもの200円
※ごはんものの大盛は+100円

海鮮風味塩唐揚げ 3個 400円、5個 600円

清湯系のラーメンは3種類で、「塩そば」は既に食べているので、
残る「魚煮出しの塩そば」と「鶏塩ねぎそば」が候補となります!

鶏塩系はこのお店がリニューアルする前に一応は食べてるので、
これまで似た系統も食べていない「魚煮出しの塩そば」にしました!

NAMBA 龍旗信RIZE 魚煮出しの塩そば

写真をきれいに撮ることができなかったのが痛恨の極みですね(´・ω・)

写りが悪そうだったので撮る枚数を少し増やしましたが、
結局どれもイマイチになってしまったのでがっかりです;

縮小された状態ならそれなりに見えないこともないですが!

さて、いつもの龍旗信のラーメンとはいろいろと違いが見えます!

トッピングにおなじみの豆苗が入っていないことに気付きますし、
奥のほうの黒っぽいトッピングもこれまでに見たことがないです!

さて、まずはスープですが・・・想像以上に魚介が強いですね!(=゚ω゚)

これはかなり意外な印象で、龍旗信というとパンチを効かせるよりも、
旨味がじわっと広がるような構成を取ることが普段は多いのですよね!

リニューアルで新たに登場した白湯系でもそこは維持されてましたし!

それに対してこちらは、龍旗信らしく塩ラーメンではあるものの、
その魚介のパンチは非常に強くビシビシと攻めてくる印象です!

塩分濃度についても他のラーメンよりはやや高いと思われます!

ラーメンが届いた段階から魚介の香りが強く上がってきて、
スープを飲むとベースの鶏とともに煮干を中心とした魚介が
香味油などと絡み合いながらかなり強めにアピールしてきます!

やや大げさに言うなら、「洛二神」的な魚介感すら感じますね!
これは龍旗信としては白湯系以上に思い切ったスープかもです!

龍旗信というと「優しいスープ」という印象が強いお店なので、
強いインパクトを求めるお客さんにも満足してもらえるよう
こういったスタイルのラーメンも取り入れたのかもしれませんね!

そういった指向性のラーメンであることは麺からも伝わってきます!

このお店は基本的に細めでつるりとした麺を使うことが多いですが、
こちらの麺はかなり太めの全粒粉麺でプリンと弾ける食感が特徴です!

これぐらいはっきりとした主張を持った麺も龍旗信では珍しいですね!

スープを意図的に強めに調整したからこそのこの麺なのでしょうね!
もし細麺だとスープが完全に勝ってしまうぐらいのバランスですし!

トッピングは2種のチャーシューと穂先メンマ、みつ葉、ねぎ、
そして奥に見えている黒いものはアオサ海苔だと思われます!

みつ葉は魚介の主張が強く効いたスープに清涼感を与える感じで、
一方のアオサ海苔はスープにさらなる磯の香りを加えてくれます!

ラーメンのトッピングに海苔が入ることは珍しくないですが、
こういった形で海苔が加わるというのは見たことがないですね!(*゚◇゚)

麺に絡めるようにして食べると海苔の風味を強く楽しめます!
スープとまぜるよりもときどき絡めて食べるのがいいでしょう!

予想していた以上の攻めの姿勢を感じさせるラーメンに仕上がっていて、
魚介がガツンと効いたラーメンを求めるときにはピッタリの内容でした!

龍旗信流の攻めの清湯と呼べるような魚介系塩ラーメンでした!(゚x/)モキリン

お店の住所と地図 大阪府大阪市浪速区難波中2丁目10-25

【関連記事】
NAMBA 龍旗信RIZE 魚煮出しの塩そば
NAMBA 龍旗信RIZE 塩冷麺RIZE
NAMBA 龍旗信RIZE まぜそばRIZE
NAMBA 龍旗信RIZE 塩そば
NAMBA 龍旗信RIZE 鶏炊いたん塩そば
龍旗信 なんば店 鶏塩ラーメン
龍旗信 なんば店 龍旗信ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

ひるドラ 冷し辛口まぜそば

いつものCD100枚レンタルのために日本橋に行く流れで、
でんでんタウン近くの「ひるドラ」へと行ってきました!(`・ω・)+

JUNK STORY」や「麺と心 7」と同じ系列にあたるお店です!

今年の6月に開店したばかりの非常に新しいお店でもあります!

開店してすぐに行ってみようかとも思っていたのですが、
この方面はCDを借りる際に必ず来るということもあり、
そのときに訪問しようと思って先延ばししていました!

さて、こちらのお店のメニューは極めてシンプルです!

◎麺
辛口ガチ味噌肉ソバ 800円

辛さLV0~4 無料  LV5 +100円  LV6 +300円
※LV5以上はLV4を食べたことがある人のみ注文可

◎トッピング
味玉 100円
肉増し 300円
麺大盛り 100円
麺特盛り 200円

◎その他
白ごはん 小 100円  中 150円  大 200円

※平日ランチはごはん100円引き

◎現在の限定
冷し辛口まぜそば 800円(麺大盛無料)

※辛さLVの選択は不可

このようにラーメンは基本1種類のみ、ごはんも白ごはんのみと、
ここまでメニューを特化しているのは非常に珍しいと言えます!

さて、いつもなら限定よりもレギュラーを最初に食べるのですが、
一気に夏めいてきたこともあって冷やしに走ってしまいました(;゚ω゚)

「定期的に通るしなぁ」という甘えが出たとも言えますが!

しかもその限定も15日までで、すでに残り1日しかないという、
今回は何とも参考にならないブログ記事になってしまってます;

・・・と思いながら、いったんこの記事を書き終えたのですが、
16日以降も提供がもう少し続くということが決まったようです!

ひるドラ 冷し辛口まぜそば

というわけで、「冷し辛口まぜそば」(麺大盛)が登場しました!
ちなみにこちらのお店も紙エプロンを出してもらうことができます!

唐辛子系の色って服につくとけっこう目立ちますからね!

まぜそばということで、しっかりまぜてから食べます!
まぜる段階からにんにくの香りがビシビシと来ますね!

さて、その味ですが・・・攻撃的ながらもフルーティですね!(●・ω・)

まずにんにくの香味、そしてにんにくなどの香味野菜を
揚げたと思われる自家製の食べるラー油のような香ばしさ、
こういったジャンクな攻めの要素が強めに感じられます!

その一方で味噌ダレはしっかりとした辛さを持ちながらも、
フルーツ由来のさわやかな甘さを強く感じさせてくれます!

なので、ジャンクな攻撃性一辺倒という印象は全くなく、
攻撃的ながらも実に清涼感のある仕上がりになっています!

この特徴である甘さにくどさが全くないのもいいですね!

甘さもタイプによっては口にまったり残るものがありますが、
こちらはキレの良い甘さになっているので嫌味がないです!

このフルーティな要素はラーメンにも共通しているようです!

また、辛さについては今回はほどほどといったレベルです!
辛さに強い人であればほとんど苦もなく食べられますね!

ここのお店の辛さはどちらかといえば遅効性の蓄積型で、
後半にかけてじわじわと広がってくる辛さとなっています!

さて、今回のまぜそばの路線はピビン麺に近いとも言えますね!

甘みのある辛味噌ダレの冷やし汁なしそばという点も近いですし、
フルーツを乗せるという発想も共通するものが感じられます!

一方でピビン麺に比べるとこちらのほうが攻撃的ではありますね!
にんにくなどの香味野菜の主張もかなり強めに感じられますし!

また、麺についてはピビン麺とはむしろ対照的だったりします!(*゚◇゚)

ピビン麺は韓国冷麺と同じ弾力の非常に強い麺が使われますが、
こちらはそれとは逆のブリブリとした質感の麺が使われています!

また麺もなかなか太く、力強さを感じさせる麺となっています!

噛むことでむちむちとした弾力を楽しむタイプの麺というよりも、
噛んだ瞬間に来る強い押し返しを一気に噛み切って押し切るという、
そういった「剛」の印象を強く残すタイプの麺と言えるでしょう!

トッピングは豚肉、味玉、りんご、ねぎ、唐辛子となっています!

豚肉は1枚1枚がそこそこ大きく、厚みも意外にありますね!

大きめなので、麺と一緒につまんですするという食べ方ではなく、
麺を食べる合間にときどきかぶりついて食べる感じになります!

小さめにカットしたものもあるとより食べやすかったかもです!

そしてやはりこの中でポイントになってるのはりんごでしょう!

フルーツが入ることを嫌う人も少なからずいるとは思いますが、
自分としてはこのりんごは非常にポイントが高かったですね!

ジャンクな攻撃性とフルーティなさわやかさの融合という、
全体の路線をトッピングでも上手く表現されていますし、
実際にこのまぜそばのタレとりんごがよく合うのですよね!

このタレなら肉なしでトッピングが野菜とフルーツだけでも、
全く違和感なく冷やし辛味まぜそばとして成立するでしょうね!

タレがこのお店の大きなポイントであることがよくわかります!

また、ここは他のJunk Story系列のお店と比べても、
帰りのときの店員さんの挨拶などがものすごくいいですね!

このあたりはその店員さんの資質も大きく寄与してそうですが!

また日本橋に出向くときにはちょくちょく寄ろうと思います!
特に寒い季節などは辛味のあるラーメンが合いそうですしね!(゚x/)モキリュン

お店の住所と地図 大阪府大阪市浪速区日本橋5-10-14

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

麺屋 彩々 なんば店 塩油和え麺

2週間ぶりに「彩々」のなんば店に行ってきました!
前回の記事に書いたように塩系の和え麺が目当てです!

この「塩油和え麺」はなんば店だけのメニューですし、
彩々では「辛味噌和え麺」を食べたことはありますが、
塩系の和え麺がどうなるかはなかなか楽しみですね!

この日は齊藤さんがなんば店で鍋を振るっていました!(*゚◇゚)

麺屋 彩々 なんば店 塩油和え麺

なるほど、こういったスタイルの塩和え麺なのですね!

どっさりと入った白髪ねぎと青ねぎ、細切りのチャーシュー、
そしてメンマと、具の多くは縦長の形にそろえられています!

さらに中央には半熟卵が乗り、上に胡椒が振られています!

見ての通りの「ねぎ塩」系の塩和え麺となっています!
風味もその路線をストレートに狙ったものとなっています!

シャープさのある塩だれ、びしびしと主張してくるねぎ、
パンチを与える植物系などの油脂、にんにくと胡椒の刺激と
ねぎ塩系の和え麺としてのポイントが押さえられています!

見た目から想像できる方向性の味なので驚きはないですが、
きちっとまとめられていて、その完成度はやはり高いです!

ところでこのメニューは麺の大盛などはないみたいですが、
大盛+細切りチャーシュー増しとかしたくなってきますね!(=゚ω゚)

この中で特徴的なのは中央に乗っている半熟卵ですね!

おそらくこの和え麺は卵がなくても成立すると思いますが、
そこに卵が入ることで鋭くなりすぎずに丸みが出ます!

でもこの和え麺の場合は、あえて最初は卵を全体とまぜずに
卵のかかっていない部分をある程度まで食べ進めてから、
卵を全体とまぜて味に変化をつけるのが一番いいかもです!

鋭さと丸みの対比を楽しむというのも面白そうですし!(●・ω・)

そんな上手くまとめられた正統派路線のこのメニューですが、
最大の主役は具やタレ以上に自家製太麺ではないかと思います!

やや平打ち寄りですが厚みがしっかりあり、ガシッとした強さと
ブリンと弾ける質感を兼ね備えた和え麺仕様の麺となっています!

ガッシリ路線だけどただ噛み切るだけみたいにはならず、
程よい弾力が同時に感じられるのが大きな魅力でしたね!

この弾力と強さを両立させた麺は実に素晴らしかったです!

ねぎ+油+塩ダレのトライアングルをしっかり堪能できて、
具も形がそろえられているので麺との絡みが非常に良く、
さらにその麺が抜群と、まとまりの高さが光ってました!

今度はひさしぶりに本店のほうにも行ってみたいですね!(゚x/)モキューン

お店の住所と地図 大阪府大阪市浪速区難波中1-12-13

【関連記事】
麺屋 彩々 なんば店 塩油和え麺
麺屋 彩々 なんば店 ポクチキらーめん
麺屋 彩々 白鶏塩ラーメン カップ版(2014年)
麺屋 彩々 なんば店 カレーつけ麺
麺屋 彩々 白鶏塩ラーメン カップ版(2013年)
麺屋 彩々 なんば店 白鶏担々麺
麺屋 彩々 巣立ちの塩つけ麺
麺屋 彩々 醤油らーめん(2013年)
麺屋 彩々 辛味噌和え麺
麺屋 彩々 辛味噌らーめん
麺屋 彩々 カレーらーめん
麺屋 彩々 味噌つけ麺
麺屋 彩々 冷塩 2011年版
麺屋 彩々 白鶏醤油らーめん
麺屋 彩々 白鶏塩らーめん
麺屋 彩々 鶏塩らーめん
麺屋 彩々 醤油らーめん(2010年)
麺屋 彩々 味噌らーめん

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

麺屋 彩々 なんば店 ポクチキらーめん

ひさしぶりに「麺屋 彩々」のなんば店に行ってきました!
調べてみると何と約1年ぶりの訪問になるみたいです!

さすがにそこまで空いてたとは思ってなかったです(;゚◇゚)

開店当初は昭和町の本店に比較的近いメニューでしたが、
昨年から鶏と豚骨を合わせたポクチキらーめんが始まり、
メニュー構成が本店とは大きく変わることになりました!

そのポクチキも今年初めになくなるという話もありましたが、
とりあえず今のところはまだ継続して提供されているようです!

現在のなんば店のメニュー構成は次のようになっています!

・ポクチキらーめん 780円
・ポクチキ辛過らーめん 830円
・清澄塩らーめん 730円
・清澄鶏塩らーめん 780円
・塩油和え麺(汁なし) 800円
・味噌らーめん 850円
・辛味噌らーめん 880円
・豚モツつけ麺
 200g 880円  300g 930円
 400g 1030円  500g 1130円

・まかない丼 350円
・ライス(小・並) 100円
・ライス(大) 150円
・替え玉(らーめんのみ) 150円
・チャーシュー増し 180円
・ネギ増し 60円
・プレミアムモルツ中ビン 550円

豚モツつけ麺もおそらくポクチキ系のつけ汁と思われます!
また味噌らーめんも本店とはスープが少し違うそうです!

ここのお店の最寄り駅は四つ橋線の難波駅になるのですが、
「彩々」から連想する31番出口が最も近いのは面白いですね!

麺屋 彩々 なんば店 ポクチキらーめん

とりあえず現在の基本である「ポクチキらーめん」にしました!
がっつり食べたかったのでチャーシュー増しにしました!

まずはスープですが・・・これは予想と違いましたね!(●・ω・)

予想としては豚骨を加えつつも本店の鶏白湯に近い、
一見サラリとしつつも濃度を見せるスタイルでしたが、
そうではなくかなりワイルドに攻め立てるタイプですね!

その質感もきめ細かさを見せる本店の鶏白湯と比べると、
鶏や豚骨の破片も見えるなどその無骨さは対極的です!

そんなかなりどっしりした濃厚さを見せるスープですが、
丸みを持った優しさも感じさせるのは彩々らしいですね!

ワイルドではありながらもきれいにまとまっています!

魚介の要素はなく、タレもサポート的な役割というか、
あくまで主役はスープであることが伝わってきます!

麺も本店の鶏白湯系ラーメンに使っているのとは少し違い、
そこまで太くないもののやや主張の強い食感を持っています!

麺単体だけで食べても十分なおいしさがありますし、
強めのスープに合わせても負けない力がありますね!

トッピングはチャーシュー増しなので大量のチャーシュー、
そして味玉、メンマ、海苔、ざく切りのねぎが乗ります!

チャーシューはちょっと以前とは変わったのですかね!(=゚ω゚)

かなり厚みがあって、食べごたえが重視されています!
下味はかなり弱く、肉の味をそのまま楽しむ感じですね!

また赤身の部分が非常にやわらかいので食べやすいです!

どこか食べたときの感覚に変化があったように感じましたが、
過去の写真を見ても厚みや質感などは今と似通っていますし、
単に記憶が薄れてしまっていただけなのかもしれないですね!

彩々らしさもあるまったりとした濃厚路線でしたが、
一方で看板である鶏白湯や鶏清湯の持つ圧倒的な力に
匹敵するほどかと言われるとそこはやはり及びませんね!

こうして考えるとなんば店のライバルは彩々自身というか、
彩々であるがゆえに求められるハードルの著しい高さと
向かい合わないといけないのは難しさもあるでしょうね!

でも本店にないメニューがあるのもなんば店の魅力でもあり、
現行メニューだと「塩油和え麺」に特に興味が湧いてきます!

今後もメニューの構成はちょくちょく変わりそうですが、
比較的行きやすいのでまた訪問しに行こううと思います!(゚x/)モッキュリ

お店の住所と地図 大阪府大阪市浪速区難波中1-12-13

【関連記事】
麺屋 彩々 なんば店 ポクチキらーめん
麺屋 彩々 白鶏塩ラーメン カップ版(2014年)
麺屋 彩々 なんば店 カレーつけ麺
麺屋 彩々 白鶏塩ラーメン カップ版(2013年)
麺屋 彩々 なんば店 白鶏担々麺
麺屋 彩々 巣立ちの塩つけ麺
麺屋 彩々 醤油らーめん(2013年)
麺屋 彩々 辛味噌和え麺
麺屋 彩々 辛味噌らーめん
麺屋 彩々 カレーらーめん
麺屋 彩々 味噌つけ麺
麺屋 彩々 冷塩 2011年版
麺屋 彩々 白鶏醤油らーめん
麺屋 彩々 白鶏塩らーめん
麺屋 彩々 鶏塩らーめん
麺屋 彩々 醤油らーめん(2010年)
麺屋 彩々 味噌らーめん

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

友愛亭 ストレート正油

日本橋の醤油ラーメン専門店「友愛亭」に行ってきました!

でんでんタウン側からオタロードに向かう道に
ほんの少しだけ進んだあたりにお店があります!

ちなみにこのお店が今年の麺始めだったりします!
訪問は1月4日だったのですが記事化が少し遅れました!

例によってCD100枚レンタルのために日本橋に行って、
その流れでこのお店に寄るという形で訪問しました!(=゚ω゚)

CDを借りに行くときは「○丈」に行くことが多いですが、
この日はまだ○丈は年始の休みの最中でしたからね!

「ストレート正油」、「カミソリ正油」、「ヘヴィー正油」の
3つの醤油ラーメンのラインナップとなっているのが特徴です!

ストレートは標準的、カミソリは淡口醤油を使ったすっきり系、
ヘヴィーは醤油をより強く効かせて太麺を合わせた高井田系です!

どうもお店としてはまずはストレートがオススメのようです!

以前はメニュー表の一番右がカミソリになっていたことで、
カミソリが標準だと思われることが多かったみたいですが!

友愛亭 ストレート正油

ということで、ストレートを麺大盛りで注文しました!

2枚のチャーシュー、メンマ、味玉、小松菜が乗ります!
スープの色はそこそこ濃いめの醤油の色をしています!

まずはスープですが・・・これはかなり正統派ですね!(●・ω・)

魚介の要素はなく、鶏の風味がじわっと広がってきます!
また、昆布によって旨味をプラスしてる感じもします!

さらにちょっと多めに入った香味油が印象的ですね!
ねぎなどの香味油と鶏油などを合わせた感じです!

旨味にものすごい厚みを持たせたタイプではないですが、
じんわりとした深みを感じさせるスープと言えますね!

素朴ながらもしっかりとした醤油ラーメンと言えます!

麺はかなり細めですが、プリッとした食感が強いです!(*゚ー゚)

細いながらも意外にはっきりとした主張を持ってるので、
食べ始めはちょっとスープに勝ってる気もしたのですが、
そこからすぐにスープとのなじみが良くなってきます!

麺の細さなども考慮したバランスになってるのでしょうね!

トッピングのチャーシューは1枚がやや赤身の多い部位で、
もう1枚はバラというふうに違った2枚が合わされています!

トロトロ系でもレアでもなく、厚みがけっこうあるので、
ちょっと硬さは感じますが、味はいいものがありますね!

このタイプのチャーシューだと1枚1枚を薄く小さくして、
そのかわり枚数を増やすほうが合いそうな気もしますが!

全体的に非常に安心感のある正統派醤油ラーメンというか、
この方面に来るときにときどき寄りたくなる力はありますね!

次に訪問するときは「カミソリ正油」でいこうと思います!(゚x/)モキルン

お店の住所と地図 大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目12-1 朝日旅行ビル1F

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

NAMBA 龍旗信RIZE 塩冷麺RIZE

なんばの「龍旗信RIZE」へと足を運んできました!

この日は行くお店の候補が他にもいくつかありましたが、
どうしてもここの冷やしが気になっていたのですよね!(`・ω・)

ということで、「塩冷麺RIZE」を注文しました!

標準で1000円ということでやや高めの設定ですが、
さらに+100円で麺を大盛にして注文してみました!

NAMBA 龍旗信RIZE 塩冷麺RIZE

おっ、これはかなり豪華できれいなビジュアルですね!
これだったら標準で1000円になるのも納得できます!

でもって、トッピングがこれだけたくさん乗ってるので、
器もかなり広いタイプのものになっているのが特徴です!

まずはこのたくさんのトッピングを順番に見ていきます!

左奥の光っているのは鶏の燻製、その少し手前に味玉、
その手前にチャーシュー、鶏の右にあるのは茄子で、
その少し手前に見える赤いのはカニの身となっています!

カニの身が3本入っているというのもなかなか豪華です!

レタスの上には海老の天ぷら3つとレモン、海苔があります!

そして器の端のあたりにいくつかプチトマトが浮いていて、
手前や右に刻んだ大葉、左奥に少ししょうがが入ってます!

それにしてもほんとたくさんのものが入ってますね!(●・ω・)

茄子は生なので、生食用の水茄子を使ってるのでしょう!
ほんのりとした甘味が広がるのが特徴となっています!

まずはスープですが・・・実に上手くまとまってますね!

冷やしラーメンの一つのお手本とも呼べる方向性というか、
「冷やしラーメン」と聞いたときに頭に思い浮かぶ味を
きっちりと高いレベルでまとめあげたような印象があります!

おそらく鶏の清湯と魚介を合わせたスープだと思いますが、
ベースのスープからはしっかりした強さも感じることができ、
そこに魚介の旨味が前面に出てきて全体を盛り立てています!

スープのほうには油脂に関する要素はほとんどないかわりに、
海老の天ぷらをトッピングに加えることでそこを補うという、
このあたりのバランスの取り方には面白いものがありますね!

衣はやや厚めで、サクサク感を楽しめるものとは違いますが、
あっさりした路線の中で上手く変化を与える存在ではあります!

また大葉やしょうがが与える風味の変化もなかなかいいですね!
もともとさっぱり系ですが、さらにそれを強めてくれます!

プチトマトは味がつまっていて、かつ非常に甘いです!
このプチトマトはかなりいい存在感を持っていますね!(=゚ω゚)

チャーシューは赤身メインですが、やや硬くもあります!
鶏は自分としてはちょっと燻製のクセが強く感じましたね!

自分の好みだけで言うなら、チャーシューはなしにして、
鶏は少し風味を軽めにして量が増えるとよりいいですね!

この具の中で一番気に入ったのはやはりカニですかね!
カニが具として入るラーメンってあまり見ないですし!

そして麺ですが、これがまた非常に良かったですね!(*゚◇゚)

どうしても冷やしの麺は主張が強くなりがちですが、
この麺はその食感の狙いどころが実に絶妙でしたね!

一見するとちょっとやわらかそうに見えながらも、
噛むとちょうどいい感じの弾力が返ってくるという、
このちょっとした食感のコントラストがいいですね!

以前はこのお店の麺はそれほど好みでなかったのですが、
リニューアル後はずいぶんと良くなった印象があります!

前は麺単体での主張はけっこう控えめになっていて、
スープとのなじみを重要視していたイメージでしたが、
今はなじみの良さと麺の主張が両立されていますね!

高水準でかつまとまりがあって、さらに具も豪華と、
実にきっちりと作りこまれた冷やしでございました!(゚x/)モキルッ

お店の住所と地図 大阪府大阪市浪速区難波中2丁目10-25

【関連記事】
NAMBA 龍旗信RIZE 塩冷麺RIZE
NAMBA 龍旗信RIZE まぜそばRIZE
NAMBA 龍旗信RIZE 塩そば
NAMBA 龍旗信RIZE 鶏炊いたん塩そば
龍旗信 なんば店 鶏塩ラーメン
龍旗信 なんば店 龍旗信ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺屋 彩々 なんば店 カレーつけ麺

ひさびさに「彩々 なんば店」へとやってきました!
ゲリラ限定の「カレーつけ麺」目当てでの訪問です!

事前の告知がtwitterやブログなどでなされていて、
お店の入口にも限定情報の張り紙がありました!

彩々の「カレーらーめん」の完成度は凄いですし、
「カレーつけ麺」にも期待が大きくふくらみます!(`・ω・)

ところで「なんば店」のみの限定ではあるのですが、
彩々の本店のある昭和町から電車に乗ってなんば店に
向かうというのはちょっと不思議な気分になりますね!

麺屋 彩々 なんば店 カレーつけ麺

というわけで、カレーつけ麺がやってまいりました!

彩々のカレー系といえば、彩々の根幹をなしている
濃厚ながらもさらっとした鶏白湯スープをベースに
彩々にとってのもう一つの看板である味噌だれを加え、
そこにカレーを重ねるといったスタイルが特徴です!

味噌+カレーというと一見違和感がありそうですが、
一度食べるとこの相性の絶妙さにハマってしまいます!

「カレーらーめん」で見せるそういったスタイルは
今回の「カレーつけ麺」でも明確に見られますね!

丸みのある鶏白湯に味噌ダレがさらに厚みを加えて、
カレーのスパイス感もしっかりと生かされています!

カレー系だからといってカレーの独り勝ちではなく、
それぞれの要素がバランスよく調和していますね!(●・ω・)

つけ汁の中には豚バラ肉、ねぎ、卵が入っています!
また味噌だれ由来と思われるひき肉も少しあります!

具の中ではねぎがとりわけいい効果を見せています!
麺に絡めて食べると上手い具合に味が引き締まります!

卵は味玉ではなく特に味の入っていないものですが、
つけ汁を絡めて食べるといい調和を見せてくれます!

肉系としては豚バラ肉が具として入っていますが、
チャーシュー増しなどにするのもいいかもですね!

そしてもう一つの主役の麺ですが、これがいいです!(*゚◇゚)

最近は歯切れのいい麺がいろんなお店で見られますが、
この麺はそれとは違い、むちっとした食感が強いです!

こういった噛んだときにむっちりと押し返してくる麺は
まさに太麺の王道といったものを感じさせてくれて、
太麺を食べる楽しさを強く実感させてくれますね!

麺単体だけで食べても十分に楽しめるぐらいです!

そしてそれだけ絶妙な弾力を持った麺ですから、
この主張の強いカレーのつけ汁にも負けません!

彩々のカレー系のスープの安定感もさることながら、
この麺も全体の中で非常にいい効果を挙げています!

「カレーらーめん」よりも麺を食べる楽しさが強いですね!(=゚ω゚)

もちろん最後はスープ割りを注文して締めました!

さて、この限定は3月2日までの提供となっています!

券売機には「カレーつけ麺」の項目がありませんが、
「豚バラ醤油つけ麺」の食券を購入したうえで、
渡すときに「カレーつけ麺」と言えばいいです!

なんば店では定期的に限定が登場するみたいですし、
まだ食べていないレギュラーメニューもあるので、
そのあたりを目当てにときどき行こうと思います!(゚x/)モキリン

【関連記事】
麺屋 彩々 なんば店 カレーつけ麺
麺屋 彩々 白鶏塩ラーメン カップ版
麺屋 彩々 なんば店 白鶏担々麺
麺屋 彩々 巣立ちの塩つけ麺
麺屋 彩々 醤油らーめん(2013年)
麺屋 彩々 辛味噌和え麺
麺屋 彩々 辛味噌らーめん
麺屋 彩々 カレーらーめん
麺屋 彩々 味噌つけ麺
麺屋 彩々 冷塩 2011年版
麺屋 彩々 白鶏醤油らーめん
麺屋 彩々 白鶏塩らーめん
麺屋 彩々 鶏塩らーめん
麺屋 彩々 醤油らーめん(2010年)
麺屋 彩々 味噌らーめん

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.