喜だ屋 魚介系豚ラーメン

藤井寺の「喜だ屋」へと足を運んできました!

6/14を区切りにラーメン屋としては長期休業に入りますが、
予定がややこしいので今後の予定を再掲しておきます!

6/3~6/14
新作の「魚介系豚つけ麺」と「魚介系豚ラーメン」のみの提供に

6/15~9/11
ラーメン屋「喜だ屋」としては長期休業

6/17~おそらく8/22
昼のみ「喜だ屋 カリー蔵」として、
「牛すじ肉の和風純カレーライス」と
「鶏もも肉の唐揚げ定食」のメニューで営業
(平日のみ 11:50~13:15)

6/23~8/31
夜のみイタリア料理店「バール・マンマ・マンマ」として営業

6/3からはいつものレギュラーメニューの提供も終了し、
魚介豚骨系のラーメン・つけ麺のみが出されています!

また、これ以外の月替わり限定なども出されてません!

ラーメンもつけ麺もおそらくは近い系統だと思われますが、
こういうときはたいていラーメンを注文したくなります!

ということで、「魚介系豚ラーメン」を注文しました!(*゚◇゚)

喜だ屋 魚介系豚ラーメン

今回は野菜は標準で麺は250gにして注文しました!

トッピングはもやし、ねぎ、チャーシューとなっています!
このあたりの構成はいつものレギュラーと変わらないですね!

まずはスープですが、これは予想とけっこう違ってましたね!(=゚ω゚)

「豚骨魚介」らしさを強く打ち出すのかと思いきや、
むしろレギュラーのラーメンに近い印象を感じました!

レギュラーのラーメンは今年から鶏+豚骨になってますが、
この鶏の要素を外して豚骨のみをベースに変更したような
普段のラーメンのアレンジバージョンといった感じですね!

もちろん豚骨と魚介のそれぞれの要素が出ていますが、
レギュラーと全く違った個性を持ってるわけではないです!

ベースが豚骨白湯になったことでレギュラーと比べると
よりまろやかさが強調されたバランスになっていますが!

レギュラーと甲乙つけがたい仕上がりではありますね!

一方、麺はいつものレギュラーとある程度近くはありつつも、
プリプリ感の強いパスタ的な印象の強い普段の麺と比べると、
ややプリ感が抑えられもちっとした質感も感じられますね!

今回は最初に写真を撮るのに少し手間取ってしまいましたが、
それでも食感が全く弱ることがなかったのが印象的でしたね!

噛んでいて楽しいかなり明確な食感を感じさせてくれます!

麺としての主張はいつもよりもちょっと強くなってますが、
スープがより力強くなってるのでバランスはいいですね!(*゚ー゚)

また豚骨魚介ながらも重さのあるスープではないので、
麺が250gと多くてもスープまで軽く完食できますね!

このあたりの重くならないバランスはこのお店らしいです!

このレギュラーとある程度近いバランスのスープを見るに、
レギュラーのラーメンを模索する流れの一つなのかもです!

これからイタリア料理店としての営業に一時的に移ったうえで、
その結果を踏まえて営業形態をどうするか考えられるそうですが、
ラーメン屋を続ける場合の研究材料という側面もありそうですね!

昨年末からこれまで10回ほど足を運んでまいりましたが、
いろんな経験があって器用さを感じさせてくれる一方で、
なかなか明確な柱が見えにくいという一面もありましたね!

麺・野菜ともに多めに提供するというスタンスもありますが、
それもまたラーメン全体のバランスに影響してきますし、
ときにその枠はもっと柔軟でも良さそうな気もしました!

あと提供された瞬間にそこに引き込まれてしまうような、
そんな見せ方があればもっと強みが出たようにも思います!

「バール・マンマ・マンマ」はけっこう人気のようなので、
9月にいったんラーメン屋に戻ったうえで移行しそうですし、
ここでラーメンを食べるのもあと1・2回の気もしますが、
これからどの道に進むにせよ健闘を期待したいですね!(゚x/)モキュリュッ

お店の住所 大阪府藤井寺市岡2丁目13-23

【関連記事】
喜だ屋 魚介系豚ラーメン
喜だ屋 和え麺的かるぼなーら・misoがmiso
喜だ屋 つけ麺
喜だ屋 ラーメン
喜だ屋 黒ごま汁なし担担麺
喜だ屋 河内鴨の塩ラーメン
喜だ屋 宮崎・日南産もち豚南蛮つけ麺
喜だ屋 海老味噌つけ麺
喜だ屋 牛すじ肉の新味カレーラーメン&南河内・羽曳野バーガー
喜だ屋 藤井寺ブラックN
喜だ屋 中華そば2013
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

喜だ屋 和え麺的かるぼなーら・misoがmiso

「喜だ屋」に5月の限定を食べに行ってきました!

6月中旬からラーメン屋が長期休業に入るなど、
いろいろ予定がややこしい感じになってますが、
新しくわかった部分なども含めてまとめておきます!

5/6~6/1
月替わり限定として「和え麺的かるぼなーら・misoがmiso」と
「和え麺的かるぼなーら・KARE(カレー)がmiso」が登場
レギュラーのラーメンとつけ麺もいったん販売終了

6/3~6/14
新作の「魚介系豚つけ麺」と「魚介系豚ラーメン」のみの提供に

6/15~9/11
ラーメン屋「喜だ屋」としては長期休業

6/17~おそらく8/22
昼のみ「喜だ屋 カリー蔵」として、
「牛すじ肉の和風純カレーライス」と
「鶏もも肉の唐揚げ定食」のメニューで営業
(平日のみ 11:50~13:15)

6/23~8/31
夜のみイタリア料理店「バール・マンマ・マンマ」として営業

6月のメニュー構成が主に新しい情報と言えますね!

さて、このかるぼな~らは以前は味噌のみの提供で、
それが限定の中で最も人気が高かったそうです!

今回はカレー版も登場して二本立てになりましたが、
基本と見られる味噌バージョンを注文してみました!

麺の量は300gまで無料で増量することができます!(*゚ー゚)

喜だ屋 和え麺的かるぼなーら・misoがmiso

手前には大量のフライドオニオン、右手には角切りベーコン、
奥には自家製の新玉ねぎのみじん切りが乗せられています!

さらにパルミジャーノ・レッジャーノチーズをかけ、
仕上げにカルボナーラらしく黒こしょうをかけています!

また、見えにくいですが中央には卵黄が乗っています!

もはやほぼイタリアンと呼んでいいビジュアルですね!

味噌だれは器の下のあたりに入っているので、
普通のまぜそばと同様に底から一気にまぜます!

カルボナーラとありますが牛乳は生クリームは入ってなく、
卵黄・ベーコン・チーズ・黒胡椒がカルボナーラ要素で
そこに味噌だれと揚げと生の玉ねぎが入る構成です!

なので、カルボナーラのまったりとした感覚を持ちつつ、
味は主に味噌だれの主張が担うというバランスです!

このあたりがなかなか他にはないタイプと言いますか、
何料理と形容すべきなのか不思議な感覚がありますね!

揚げ玉ねぎが全体に香ばしさとずっしりした感覚を与え、
一方で生玉ねぎが食感の良さと刺激的なさわやかさを出し、
味噌とカルボナーラ要素がともにまったりとまとめます!

そして全体の中で特に光っているのがこのベーコンです!(●・ω・)

大きめの角切りでブリッとした明確な食感があって、
なおかつオリーブオイルでしっかり炒めているので、
カルボナーラ的な風味と上手く調和してくれてます!

麺はこのお店らしいパスタチックなものとなっていて、
従来のまぜそば的感覚とイタリア料理的感覚のまざった
このメニューにしっくりと来る存在感を見せています!

それにしてもずいぶん面白い感覚の和え麺と言いますか、
主役の味噌だれに目をやるとまぜそばらしい感じですが、
全体を包むカルボナーラ的なまろやかさとチーズの風味に
時折出てくる黒胡椒の刺激がイメージをまた変えるなど、
一言では表現しにくい不思議な魅力を持っていますね!

こうしてこれまでに出た限定メニューを眺めてみると、
イタリアンの感覚を取り込んだものがやはり多いですね!

そこもここのお店の大きなウリでもあるでしょうし!

休業直前の6月に登場する魚介豚骨系も気になりますね!

つけ麺の路線としては定番中の定番と言えますし、
あえてそれを休業の直前に提供するというのは
9月以降のことも見据えてのものなのかもですね!

今後次第で完全にイタリアンに戻る可能性もありますが、
そのあたりも含めて今後の展開が気になるところですね!(゚x/)モキユッ

お店の住所 大阪府藤井寺市岡2丁目13-23

【関連記事】
喜だ屋 和え麺的かるぼなーら・misoがmiso
喜だ屋 つけ麺
喜だ屋 ラーメン
喜だ屋 黒ごま汁なし担担麺
喜だ屋 河内鴨の塩ラーメン
喜だ屋 宮崎・日南産もち豚南蛮つけ麺
喜だ屋 海老味噌つけ麺
喜だ屋 牛すじ肉の新味カレーラーメン&南河内・羽曳野バーガー
喜だ屋 藤井寺ブラックN
喜だ屋 中華そば2013

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

喜だ屋 つけ麺

2週間ぶりに藤井寺の「喜だ屋」に行ってきました!
お店が6月中旬から長い休みに入るので今のうちに行っておきます!

前回は8回目の訪問で初めてレギュラーを食べましたが、
今回もそれに続けてレギュラーメニューを食べました!

前回はラーメンだったので、今回はつけ麺を注文しました!(`・ω・)

喜だ屋 つけ麺

今回も麺300gで野菜増しにして注文しました!

トッピングはチャーシュー、野菜、味玉、レモンです!
レモンは後半につけ汁に入れて味を変化させるのですかね!

そういえば「海老味噌つけ麺」にもレモンがついてましたね!

一方、つけ汁は予想とは違ってかなり色が濃い目です!

ラーメンのときはけっこうスープの色は薄めだったので、
つけ麺のつけ汁とそれと似たスタイルなのかと思いきや、
見た目の色が全く違っていたのはけっこう意外でしたね!

その味ですが・・・ほう、これは和の要素が強いですね!(*゚◇゚)

ラーメンが動物系のスープの厚みをベースとしたうえで
そこに魚介が旨味をブーストするスタイルなのに対して
こちらはタレの持つ和の感触がまず強く感じられます!

しっかりとした魚介の旨味と醤油にやや強めの甘味と、
少し甘めの和風だしといった方向性が見られますね!

そしてそこに動物系のコクが加わってくる感じです!

このちょっと甘めのタレが主張するつけ麺というと、
以前の限定の「もち豚南蛮つけ麺」を思い出しますが、
この路線はお店の得意とするところなのでしょうね!

味はそこそこ濃い目ではありますがすっきり感もあり、
途中で飽きを感じさせないのがいいところでもあります!

そして後半にレモンを入れるとさっぱり感が増しますが、
つけ汁の持つ個性もちゃんと生きていて相性はいいですね!

レモンはこのつけ麺の隠れた名脇役だと言えそうです!(=゚ω゚)

最後はもちろんスープ割りにして飲むことができますが、
レモンを入れるとさっぱりするのでそのままでもいけます!

そこそこ濃いはずなのにそのまま飲みたくさせてくれます!

麺はいつものパスタ的なプリプリ感の強い麺です!
この麺はなかなか他にはないタイプのものですね!

歯を押し返す感触やもっちり感とはまた違ったもので、
とにかく噛んだ瞬間の弾力に意識を置いた麺と言えます!

その点で中華麺的な弾力とパスタ的な弾力が合わさり、
つけ麺にするとその弾力がより前面に出てきますね!

これまでレギュラーのつけ麺を食べてませんでしたが、
長期休業に入る6月までに食べることができて一安心です!

次に訪問するときは5月の限定を食べようと思います!(゚x/)モキー

お店の住所 大阪府藤井寺市岡2丁目13-23

【関連記事】
喜だ屋 つけ麺
喜だ屋 ラーメン
喜だ屋 黒ごま汁なし担担麺
喜だ屋 河内鴨の塩ラーメン
喜だ屋 宮崎・日南産もち豚南蛮つけ麺
喜だ屋 海老味噌つけ麺
喜だ屋 牛すじ肉の新味カレーラーメン&南河内・羽曳野バーガー
喜だ屋 藤井寺ブラックN
喜だ屋 中華そば2013

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

喜だ屋 ラーメン

「喜だ屋」でデフォのラーメンを食べてきました!(`・ω・)

8回目の訪問で初めてデフォのメニューを食べるという、
ちょっと自分としてもかなり珍しいケースになりました!

基本的に初訪問時はデフォを食べるようにしてるのですが、
月替わり限定が多いこともあってこのようになりました!

デフォのラーメンは限定と比べてリーズナブルですし、
麺・野菜・背脂・にんにくの量も自分で選べます!

なので、麺300g、野菜・背脂マシで注文しました!

喜だ屋 ラーメン

マシとはいっても二郎系みたいな量にはなりません!
そこそこ少食の人でも十分に食べられるぐらいです!(=゚ω゚)

まずはスープですが、これはなかなか深いですね!

どこのお店でも基本的には同じではあるのですが、
やっぱり最も練られているのはデフォなのですよね!

鶏だけでなく豚によって動物系のコクに厚みを加えて、
しっかりとした魚介の旨味がじんわりと旨味を広げます!

ここのお店のスープは器用さを感じさせてくれる一方で、
どこを最大の柱としているのかが見えにくい面もありますが、
器用さとバランス感覚の強みがこのスープからはうかがえます!

これまでの限定よりもこのレギュラーのほうが好きですね!

動物系のコク、魚介の旨味、そしてにんにくのパンチ力と、
それぞれがほどよくスクラムを組んだスープになっています!

バランス重視だけどおとなしいという印象は特になく、
ドカ盛り系に見えながらもやさしさがあって間口が広い、
野菜との相性もこのレギュラーのときが最もいいですね!

そのあたりはチャーシューや麺についても同様ですね!(*゚ー゚)

太めでブリブリッとした食感の麺はここの特徴ですが、
やはりこのスープと合わせたときが一番合ってますね!

麺の良さもこれまでよりもしっかりと引き立ってましたし!

チャーシューもスープとのなじみが非常にいいですね!
ちゃんとスープ・麺・トッピングが一体となっています!

それだけきっちり練り上げてきたからこそでしょうね!

やっぱりまずはレギュラーから食べるのが一番ですね!
今回はずいぶんと遅れて食べることになりましたが!

月替わりの限定がよく知られているお店ではありますが、
最初に食べるのはレギュラーのメニューをオススメします!

6月中旬からはいったんイタリア料理店に戻るわけですが、
それまでにもう一つのレギュラーのつけ麺も食べたいですね!

月替わりの限定でもできるだけ押さえるつもりではありますが、
一部それを外してもレギュラーを食べてみたくなりましたね!(゚x/)モキュキュッ

お店の住所 大阪府藤井寺市岡2丁目13-23

【関連記事】
喜だ屋 ラーメン
喜だ屋 黒ごま汁なし担担麺
喜だ屋 河内鴨の塩ラーメン
喜だ屋 宮崎・日南産もち豚南蛮つけ麺
喜だ屋 海老味噌つけ麺
喜だ屋 牛すじ肉の新味カレーラーメン&南河内・羽曳野バーガー
喜だ屋 藤井寺ブラックN
喜だ屋 中華そば2013

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

喜だ屋 黒ごま汁なし担担麺

今月も「喜だ屋」に月替わりの限定を食べに行ってきました!

すると何やらお店のほうで大きな動きが出ているようです!
お店の前に次のようなキャンペーンの告知が書かれてました(*゚◇゚)

アカン! イオンさんの無料の駐車場なくなったから
店閉めやなアカンキャンペーン

4/1~6/14 ラーメン店「喜だ屋」として営業
 ~5/4 「黒ごま汁なし担担麺」を月替わり麺として提供
 4/23・24 2周年記念麺 第2弾「河内鴨の中華そば」提供
 5/2・3 第3回 藤井寺バルに「牛すじ肉の和式カレーまぜそば」出品
      (注:バル期間中は月替わり麺のみ提供中止)
 5/6~ 「和え麺的かるぼなーら・misoがmiso」と
     「和え麺的かるぼなーら・KARE(カレー)がmiso」を月替わり麺として提供

6/23~8/31 イタリア料理店「バール・マンマ・マンマ」として営業(夜のみ)
6/17~8/22 カレーライスのお店として営業(昼のみ 11:50~13:15)

9/12~ ラーメン店「喜だ屋」に戻ったうえで今後の方針を決定

その後はそのままラーメン店を続ける、お店を移転する、
「バール・マンマ・マンマ」での営業に転換するなど、
いくつかの選択肢の中から選ぶことになるようです!

4月と5月の月替わり麺はともに人気が高いものらしく、
最後になる可能性もあるのでそれを選んだのでしょうね!

それにしてもずいぶんと生々しいキャンペーン名ですね(;・ω・)

相変わらずまだレギュラーメニューを食べてないですが、
6/14までに一度はレギュラーを食べておかないとですね;

たしかにこのところ来店しても自分しかいないのですよね;
お店に入ってから出るまでずっと1人のことも多いです;

今日もそうでしたが、その直後にお客さんが3人来てました!

喜だ屋 黒ごま汁なし担担麺

ということで、限定の「黒ごま汁なし担担麺」です!
麺については無料で300gまで増量することができます!

また唐辛子と花椒で作ったラー油が自由に入れられます!

黒ごまで作った芝麻醤(チーマージャン)をベースに
そこに鶏ガラスープを加えたタレが軸となっています!

また、肉味噌は豆板醤、豆鼓醤、甜麺醤、中国醤油など
肉味噌に適した中華材料を使って作られているそうです!

その他トマト、玉ねぎ、たけのこがトッピングされてます!
トマトやたけのこのトッピングがかなり珍しいですね!(*゚ー゚)

そして最後にねぎとすりごまが散らされて完成です!

見た目やそのフォーマットは普段の限定とは違いますね!
野菜や背脂を増やすといったオプションもありません!

さて、その味ですがごまの主張が非常に強いですね!

見た目だけだとそこまでごま押しには見えないのですが、
食べてみると何よりごまが主役なのがはっきり見えます!

一方、担々麺らしさを引き立てる唐辛子の辛さであったり、
花椒のしびれは最初の段階ではほとんど感じないですね!

それゆえにごまの主張がより前面に出てるとも言えます!

そしてそのごまに肉味噌の持っている風味が合わさり、
その両者が味の根幹を作っている感じになります!(=゚ω゚)

ここに自家製のラー油加えると花椒の風味などが加わって、
それまでと比べてパンチのある味へと変化してくれます!

ただ自分のように花椒のしびれが大好きな人だと、
花椒そのものをもっと多く入れたくもなってきますが!

しびれが軽めなので担々麺としてはやさしいとも言えます!

麺はいつものパスタチックな麺と路線は共通してますが、
よりプリッとした歯ごたえが強いのが特徴となっています!

また麺を取りやすくするためか一本一本がやや短めです!

いつもと比べても麺の食感の主張がかなり明確なので、
ずっしりとした力のあるタレにも負けていませんね!

玉ねぎ、たけのこ、トマトの3種のトッピングについては、
玉ねぎが刺激を、たけのこが食感を、一見不思議なトマトは
全体のずっしり感を軽くリセットするような効果がありますね!

とにかくごまの主張が強く、かつ全体も力強い仕上がりでした!(゚x/)モキリュッ

お店の住所と地図 大阪府藤井寺市岡2丁目13-23

【関連記事】
喜だ屋 黒ごま汁なし担担麺
喜だ屋 河内鴨の塩ラーメン
喜だ屋 宮崎・日南産もち豚南蛮つけ麺
喜だ屋 海老味噌つけ麺
喜だ屋 牛すじ肉の新味カレーラーメン&南河内・羽曳野バーガー
喜だ屋 藤井寺ブラックN
喜だ屋 中華そば2013

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

喜だ屋 河内鴨の塩ラーメン

2週連続で藤井寺の「喜だ屋」に行ってきました!
今週は綿麺のフライデーナイトが休みですからね!

さて、「喜だ屋」では3月26日から特別な限定として
「河内鴨の塩ラーメン」の提供が始まっています!

麺は250gまで増量可能で、締めのご飯もつきます!
しかし値段は1280円とかなり高めの設定となってます!

河内鴨というと松原市の特産品として知られてますが、
その「とり福本店」さんの河内鴨を使ったそうです!(*゚ー゚)

喜だ屋 河内鴨の塩ラーメン

これまで「喜だ屋」の限定というとどのラーメンも
基本的にそのフォーマットと麺が共通していましたが、
今回は見てのとおり全く違ったものとなっています!

なので、野菜の増量などのオプションもありません!

トッピングはチャーシュー、自家製さつま揚げ、たけのこ、
そして白髪ねぎと糸唐辛子という組み合わせになってます!

そして上にパラパラと振られているふりかけ状のものは
からすみ・干し海老・干しほたての海鮮3種を粉末にして、
それをあぶってからねぎ油と合わせて作られたものです!

まずはスープですが・・・ほう、たしかに鶏とは違いますね!(=゚ω゚)

鶏に比べるといくぶん淡く、透明感のある深みがあります!

ファーストインパクトはそれほど強くないのですが、
じんわりと染み渡ってくるような深さがありますね!

そして塩だれには昆布、干し海老、干しほたてという
粉末状のトッピングとも共通した素材が使われています!

まだねぎ油の主張がけっこう強めに効かされてもいます!

鴨を中心にこれらの様々な素材が使われていますが、
あくまで鴨を主軸に置いてあることが伝わってきます!

塩だれに使われている昆布や干し海老・干しほたてなども
鴨の存在感を弱めてしまうような主張の仕方はしておらず、
むしろ鴨の持つ透明感をより引き立たせてくれていますね!

それはねぎ油を合わせてあるという点にも言えそうですね!

動物系の油脂や魚介の節系の主張をプラスしてしまうと、
どうしてもそれによって鴨の存在が少し隠れそうですし!(●・ω・)

さて、麺もこれまでとは違う極細の縮れ麺が使われています!

それほど明確な食感の主張を持った麺ではないですが、
今回の優しい鴨のスープといい相性を見せてくれます!

やはり麺も変わるとスープとの調和もより楽しめますね!

トッピングは春らしいたけのこもなかなか光ってますが、
何と言っても海老と白身魚による自家製さつま揚げですね!

これが魚と海老の持つ旨味がギュッと凝縮されていて、
他のトッピングがかすむほどの存在感を見せてました!

いっそチャーシューなしでさつま揚げ3つとかにしても
面白いのではないかと思えるぐらいの力がありましたね!(*゚◇゚)

喜だ屋 河内鴨の塩ラーメン とびっこ飯

そして締めのご飯として「とびっこ飯」がつきます!
とびっこは飛び魚の卵に味をつけたもののことですね!

このままとびっこでご飯を食べてもいいのですが、
残ったスープに投入してお茶漬け風にして食べます!

するととびっこのプチプチ感が面白いのですよね!
またこの優しいスープはご飯ともいい相性を見せます!

この締めとびっこ飯の発想はなかなか面白かったですね!

値段がけっこう高めに設定されたラーメンですが、
お店に来ていた人の多くがこれを注文してましたね!

ちなみに提供期間はいつまでと決まってないので、
早めに行かないと売り切れになってしまうかもです!(゚x/)モキュー

【関連記事】
喜だ屋 河内鴨の塩ラーメン
喜だ屋 宮崎・日南産もち豚南蛮つけ麺
喜だ屋 海老味噌つけ麺
喜だ屋 牛すじ肉の新味カレーラーメン&南河内・羽曳野バーガー
喜だ屋 藤井寺ブラックN
喜だ屋 中華そば2013

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

喜だ屋 宮崎・日南産もち豚南蛮つけ麺

藤井寺の喜だ屋で3月第2弾の限定を食べてきました!(=゚ω゚)

今回の限定の提供期間は3月30日までとなっていて、
4月は「黒ごま汁なし担々麺」が提供される予定です!

ただし3月26日から「河内鴨の塩ラーメン」が始まるので、
この塩ラーメンが売り切れてからの提供となるようです!

3月から4月にかけて限定の入れ替わりが激しいですね!

さて、今回の限定は宮崎・日南産のもち豚を使った
鴨南蛮のアイデアをもとにしたつけ麺となっています!

麺は300gまで無料で増量可能で、野菜や背脂も
無料でマシマシまで増やすことができるようです!

今回は麺300g、野菜・背脂マシで注文しました!

喜だ屋 宮崎・日南産もち豚南蛮つけ麺

麺の上にはいつものようにもやしとチャーシュー、
そしてつけ汁の中にはじっくり煮込まれた豚肉、
味の染みた油揚げ、ねぎ、背脂が入っています!

豚南蛮なので豚肉とねぎが入っているのですね!

ねぎに関してはけっこう多めに入っていますが、
つけ汁の中の豚肉はそこまで多くはありません!

チャーシューも同じもち豚が使われているので、
それと合わせての豚なんばということかもです!(●・ω・)

さて、つけ汁はかなり甘めに仕上げられています!

油揚げを甘く煮るときの味を連想させるような、
かつおが効いた甘めの風味といった感じですね!

黒板に書かれた説明でも「甘め」とあるので、
この甘さはあらかじめ狙ったもののようですね!

かなり甘くはありますが、嫌な感じはないですね!
一つの和風つけ汁の形としてアリだと思います!(*゚ー゚)

また、そこにつけ麺らしいパンチを加えるために
ねぎ油をやや多く入れるという手法を取っています!

多めとはいっても油っぽくはなってないですし、
旨味とパンチをプラスするちょうどいい量ですね!

麺に関しては今回も特にいつもと変わりはないですね!
というか、どのメニューでも基本的に共通のようですし!

ただこの麺は不思議とつけ麺にしたほうが映えるので、
ミスマッチといった印象はほとんど感じないですし、
やさしいつけ汁との相性はむしろいいほうですしね!

甘めに仕上げることで全体の個性に明確さを出して、
それをねぎと油揚げなどが支えるという形なのですが、
全体でもっとその方向性を支えても良かった気もします!

どうしても野菜+チャーシューという基本形があるので、
「豚南蛮」の主張がどこか抑えめになってるというか、
この形を少し変えてつけ汁の具の量をもっと増やすとか、
もっと全体の自由度を高めてもいいようにも思いますね!

それは麺についても似たようなところはありますけども!(*゚◇゚)

個性の出し方やバランスの調え方はいつも面白いですので、
もっと全体の変化やバリエーションも楽しみたいですね!

それはともかく、まだレギュラーを食べてないので、
4月か5月あたりにはちゃんと食べておかないとですね!(゚x/)モキュー

【関連記事】
喜だ屋 宮崎・日南産もち豚南蛮つけ麺
喜だ屋 海老味噌つけ麺
喜だ屋 牛すじ肉の新味カレーラーメン&南河内・羽曳野バーガー
喜だ屋 藤井寺ブラックN
喜だ屋 中華そば2013

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

喜だ屋 海老味噌つけ麺

藤井寺の「喜だ屋」に3月の限定を食べに行ってきました!
3月の限定は前半と後半でメニューが変わるようです!(*゚ー゚)

3月16日までが今回食べた「海老味噌つけ麺」で、
3月18日から30日が「日南もち豚南蛮つけ麺」という、
「鴨なんば」のアイデアを使ったつけ麺になります!

また、3月26日からは2周年記念の限定も始まります!

松原市にある「とり福本店」の河内鴨を使った
「河内鴨の塩ラーメン」が提供されるそうです!

価格が1000円超えしてる高級ラーメンになりますが!

提供期間はおそらく売り切れるまでだと思われます!

ところでこの前の日曜の夜にもお店に行ったのですが、
いつのまにか日曜は昼だけの営業になっていました;

営業形態がちょくちょく変わるので注意が必要ですね;

喜だ屋 海老味噌つけ麺

ということで、今回の限定の「海老味噌つけ麺」です!
麺量は300gで、野菜をマシ(大盛)にして注文しました!

つけ麺だと300gってそこまで多い量じゃないですしね!

そういえばここでつけ麺を食べるのは初めてですね!
これまでの3つはどれもラーメンになってましたし!(●・ω・)

トッピングはもやしを中心とした野菜、ねぎ、レモン、
そして大きめの海老が3切れ(1.5尾)となっています!

つけ汁のほうには目立つような具材は入ってないです!

ということで、麺をつけ汁につけてすすってみます!(`・ω・)

おぉっ、これはなかなか強烈な海老っぷりですね!

海老の頭などの香ばしいコクがとにかく強いです!

海老らしいクセもけっこうはっきり出ているので、
海老が強いのが苦手な人にはオススメできませんが、
海老を堪能するという点ではかなりの力があります!

また、それに合わせられる味噌だれも主張が強いです!

味噌らしい主張を明確に出しつつ、辛さも少し入り、
海老の強さと味噌だれの強さががっぷり組んでいます!

かなり強めに海老の風味を出してきているので、
これぐらい強い味噌だれのほうがいいかもですね!

ちなみにベースとなるスープは海老を頭を炒めて、
魚介だしと鶏がらスープで割って作られています!

そして仕上げに炒めた粉末の干し海老を入れています!
なので、つけ汁の底に干し海老の破片が沈んでいます!

また味噌だれは豆板醤やいろいろな味噌を合わせて、
酒醸(チューニャン)を加えて作られています!

チューニャンはお米をもとにして作った甘味料で、
濃度の高い甘酒に近いといった感じのものです!(=゚ω゚)

麺はいつもと特に変わりがなさそうに見えますが、
この麺って意外につけ麺にも応用がきくのですね!

ラーメンで食べるときよりもプリッとした感触が強く、
もやしと合わせて食べるとなかなかよく合いますね!

まぁ、そんなふうに万能性のある麺ではありますが、
もうちょっと麺のバリエーションが欲しくもあります!

また、食べている途中でレモンをつけ汁に投入したり
無料の辛海老粉などの加えて味の変化も楽しめます!

辛海老粉はつけ汁に辛さを加えてくれるだけでなく、
風味もプラスしてくれるのでなかなか良かったです!

もちろん最後はつけ汁をスープ割りにして締めました!

3月後半の限定なども食べに行きたいと思います!(゚x/)モキルッ

【関連記事】
喜だ屋 海老味噌つけ麺
喜だ屋 牛すじ肉の新味カレーラーメン&南河内・羽曳野バーガー
喜だ屋 藤井寺ブラックN
喜だ屋 中華そば2013

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

喜だ屋 牛すじ肉の新味カレーラーメン&南河内・羽曳野バーガー

藤井寺駅近くの「喜だ屋」へと行ってきました!
今回もまた例によって限定メニュー狙いです!

2月の限定は「牛すじ肉の新味カレーラーメン」です!
提供期間は3月2日までということになっています!

ちなみに3月は2種類の限定つけ麺が出るようです!
3/4~16は「海老味噌つけ麺」で、17日以降はまだ不明です!

さて、今回のカレーラーメンは麺は300gまで増やせて、
野菜・背脂・にんにくが増量無料、追加トッピングとして
ガーリックバターとモッツァレラチーズがあるようです!

また、(チーズ+)〆ご飯のセットも注文できます!

今回はラーメンの後にバーガーを食べる予定だったので、
麺の量も標準で、トッピングなども全くつけていません!

喜だ屋 牛すじ肉の新味カレーラーメン

トッピングは牛すじ、チャーシュー、もやし、ねぎなどです!

まずはスープですが、ちょっと口にするだけでも、
様々な要素が組み合わさっていることが伝わります!

動物系の濃厚なスープ+カレーという感じではなく、
すっきりとした動物系スープに魚介の旨味を加え、
それとカレーが調和するといったバランスですね!

動物系スープは具である牛すじを煮込んだスープと
鶏ガラスープが合わさるというスタイルになってます!

そして、ここにもう一つ加わるのがトマトソースです!

これがこのカレーラーメンの個性を決定付けてますね!

動物系+魚介+カレーでも十分に成立しうるのですが、
トマトソースが入ることでその旨味ががっしり増強され、
なおかつ適度な酸味によって食べやすさが増しています!

そのままご飯にかけたくなってくるスープです!(=゚ω゚)

そしてこのカレーラーメンの面白いところは、
随所にイタリアン出身ならではのノウハウが
生かされているのが伝わってくる点ですね!

トマトソースももちろんですが、主役の具である
牛すじのシチューさながらの抜群の煮込み具合です!

またもやしなども意外にスープに合ってますね!

麺は断面が四角のブリブリとしてどこか素朴な
ここのお店らしい個性的な麺となっています!

不思議と多くの量を食べたくなる麺ですね!

今回は標準の量で注文することになりましたが!(*゚◇゚)

喜だ屋 南河内・羽曳野バーガー

そして今回のもう一つの主役のハンバーガーです!

ツヅミさんが看板商品の「いちじくソース」を提供し、
羽曳野にあるPanyaさんというパン屋がバンズを担当し、
他の部分をここのお店の主人が担当して作られました!

ポテトは標準でついてくるという形になってます!
チーズに関しては追加トッピングで注文しました!

基本的には「ベーコンレタスバーガー」の構成です!

上からバンズ、玉ねぎ、ソース、ベーコン、チーズ、
ビーフパティ、レタス、下のバンズとなっています!

しかしながら一つ一つのパーツがどれも豪華です!

ベーコンは非常に肉厚で、ビーフはパティというより
単独のハンバーグとして十分成立する200gという大きさ、
そしてバンズは粒も見える全粒粉バンズとなっています!

またソースはいちじくソースが使われていることで、
ソースの中にいちじくのフルーティーな甘みがあり、
普通のソースとは一味違った個性を見せてくれます!

これらの明確な個性を持った様々なパーツが
それぞれの主張を出しながら調和するといった
非常にパワフルなハンバーガーとなっています!

ポテトは塩だけでなくスパイスも振られていて、
辛くはないもののスパイシーな風味となってます!

ちなみに販売期間は22日の夜営業までだったので、
すでに販売は終了ということになっていますね!

3月の2つの限定も食べに行ってみようと思います!(゚x/)モキキン

【関連記事】
喜だ屋 牛すじ肉の新味カレーラーメン&南河内・羽曳野バーガー
喜だ屋 藤井寺ブラックN
喜だ屋 中華そば2013

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

喜だ屋 藤井寺ブラックN

藤井寺の「喜だ屋」さんに再び行ってきました!

前に行ったのは昨年の12月の初旬だったのですが、
12/11まで休業、1/13までイタリア料理店として営業、
1/20まで休業というふうな形態になっていたことで、
今回は約2ヶ月ぶりの訪問ということになりました!

この休業期間はスープの研究という目的もあったようで、
レギュラーのメニューのスープも変わったそうです!

以前は動物系のスープは鶏だけで取られていたそうですが、
今年からは鶏と豚骨の両方が使われているとのことです!(*゚◇゚)

さて、今回も月替わりの限定目当てでやってきました!
2回目の訪問ですがまだレギュラーは食べてないのです;

1月の限定は「藤井寺ブラックN」というラーメンです!
提供期間は2月2日までという短い期間になっています!

1月の営業開始が1月21日だったということもあって、
提供期間は定休日を除くと12日しかなかったはずです!

このラーメンは以前にイベントで出したことがあって、
そのときに人気だったということで登場したようです!

そんな金久右衛門風の名前のラーメンを注文してみました!(●・ω・)

喜だ屋 藤井寺ブラックN

ちなみに野菜の量と麺の量は注文時に選ぶことができます!
麺の量は300gまでなら対応できるシステムになっています!

メニュー表には150g,200g,300gの3つが載っていますが、
250gも可能ということなので250gにして注文しました!

手前には2枚のチャーシュー、中央にはもやしや白菜、
左側に醤油だれ、右奥に謎のトッピングが乗ります!

まずは色のついてない部分のスープからいただくと、
主に魚介の風味がほんのりと香るものとなっています!

ただ、スープそのものなので塩分はほとんどないです!

そして右奥のトッピングは細かいしいたけなどですね!
どうもどんこしいたけと玉ねぎが入っているようです!

これはおだしを取った後のどんこかもしれないです!

左の醤油だれはとろみがあって、しいたけの風味や
牡蠣の風味などが感じられるものとなっています!

たしかに金久右衛門のなにわブラックを連想させます!

左側のタレと右側の椎茸トッピングの存在を考えると、
これは食べる前に全体を一気にまぜるのがいいですね!

さて、そうしてからスープを飲むと表情が変わります!

ベースのスープ、醤油ダレ、トッピングが与える風味、
その3つが一体となって多様な旨味が広がってきます!(=゚ω゚)

このあたりの様々な旨味を折り重ねるというスタイルは
12月に食べた「中華そば」のときとも共通していますね!

このお店は野菜も麺も多めで注文できるわけですが、
多くしてもジャンクになりすぎたり重くなることがなく、
むしろちょっと増やしたほうがよりまとまる気がします!

野菜はノーマルにしましたが、増やしてもよかった感じです!

チャーシューも素朴なスタイルのようでありながら、
肉の持つ旨味がしっかり感じられる仕上がりですね!

麺は前回の「中華そば」と同様にどこか素朴な中華そば風で、
なおかつちょっぴりパスタチックでもある太麺となっています!

この麺も持っている個性もまた不思議なのですよね!

特別にずば抜けた印象があるというわけではないですが、
風味も良く気がつくと引き込まれるような力があります!

この意外な万能性というのが面白い麺だったりします!(*゚ー゚)

弱点を挙げるなら椎茸トッピングが冷たかった点ですね!
そのためまぜたときにスープの温度が少し下がります!

乗せる前にレンジで少し温めたほうが良かったかもです!

ですが、全体的に見どころのある仕上がりでしたね!

これまでの2つを食べた感じだと旨味を重ねていきながら、
すっきりとした優しさを内包した味という印象なのですが、
レギュラーのほうはややドカ盛り系の路線と聞いていますし、
レギュラーのラーメンの味も気になってくるところです!

さて、次の限定は牛すじのカレーラーメンの予定だそうです!

また2/18~2/22の夜営業では「Panya」というパン屋さんと、
いちじくソースで知られる「ツヅミ」とのコラボで作られた
ハンバーガーが限定販売される予定が入っているそうです!

「ラーメン屋がハンバーガー?」と思われるかもですが、
ここの主人はもともとはイタリア料理出身の人なので、
そういった路線もお手のものということなのでしょう!

2/21に行く予定なのでそのときにハンバーガーも食べてみます!

これからもこのお店はちょくちょく追っていくつもりです!(゚x/)モキユッ

【関連記事】
喜だ屋 藤井寺ブラックN
喜だ屋 中華そば2013

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.