麺と心 7 雲丹白湯ラー麺

3月の月別限定を求めて「麺と心 7」へと行ってきました!

先月は行く日がなかなか作れずに25日になんとか訪問したのに対して、
今月は時間もできたので余裕を持って訪問することができましたが、
日付をよくよく見ると20日とかなり後半に足を運んでるのですよね;

ただ、気持ちの上では余裕を持って訪問したという感じだったのですが!

しかし前回のあの訪問時からもう約1ヶ月も経っているのですね!

もちろん今回はあのときのような落ち込んだ心境ではなく、
しっかりとその限定を楽しみにしながら食べられましたが!

ということで、今月の限定の「雲丹白湯ラー麺」を食べたのですが、
なんとその翌日の21日からはつけ麺バージョンへと変更されました(;゚ω゚)

事前に予告されていたわけではなく、20日の夜に報告があったので、
訪問した翌日にはすでに提供が終了するということになりました;

今月こそは提供期間中に記事化したいと思っていたのですけども!

さて、ウニの限定は3年連続で3月の定番となっていますね!
その中でもラーメン版が登場したのはなんと今年が初めてです!

なので、自分としてはラーメン版の間に行けて良かった気がしますね!
そのかわり記事の鮮度が落ちてしまうということにはなりましたが!

麺と心 7 雲丹白湯ラー麺

ということで、今月の「雲丹白湯ラー麺」がやってきました!
泡系のスープになっているあたりに現代的な香りがしますね!

こちらの魚介白湯のラーメンで泡系って意外にない気がしますし!

まずはそのスープですが・・・うおっ、このウニはすごいですね!(●・ω・)

おそらく単にスープのウニの濃度ということだけでいえば、
これまでのようにつけ麺まぜそばとして提供したほうが
物理的な濃度という点では確実に上になるはずなのですよね!

でも体感的な濃度として見ると、自分は今回が一番でしたね!

つけ麺はやはりラーメンと比べると麺が主体になりますし、
まぜそばについても麺の主張の強さが大きな鍵になるのに対し、
ラーメンはスープと麺の一体感が重視されるところがあるので、
これが体感的な濃度を高める要因となっているのでしょうね!

しかも今回はスープの粘度もいつも以上に高かったことから、
麺をどこからすすってもウニのスープがたっぷりと絡みついて、
口の中がウニによる磯の風味で満たされつくしましたからね!

その味わいは何と言っても「ウニ」の一言に尽きると言えます!(`・ω・)+

「ウニそのものを食べている」、「ほぼウニの味しかしない」、
というぐらいに言ってしまっていいぐらいにウニ一色です!

そしてここに海苔の香味油が加わりますが、ウニと海苔は相性がいいですね!

やはりどちらも磯の香りを大きな武器としている素材なので、
海苔の香味油によってウニらしさがさらに引き立ってきます!

相乗効果という以上にウニの風味がより強まるようにすら感じます!

さらに海苔は具材としてもたっぷりと入っているのですが、
海苔とウニの相乗効果という点ではこちらが発揮しています!(*゚◇゚)

海苔を少しずつ麺に絡めるようにして食べてもいいですし、
スープの表面に広げて食べてもどちらも印象はほぼ同じです!

というのも、強引にスープ全体とまぜ合わせて溶かさない限りは、
海苔は自然とスープの表面に浮いて麺と絡んで上がってきますし、
量も多いので違いは海苔がどれくらいやわらかいかぐらいですので!

ウニと海苔の磯の風味の共演に、海苔の持っている香ばしさが加わり、
両者が非常に強い一体感を感じさせてくれるのは実に見事でしたね!

トッピングは他にレアチャーシュー、メンマ、玉ねぎ、ねぎが入ります!

レアチャーシューは今回も脂身が多めの部位となってましたね!
前回もそうだったので、意図的にそうしているみたいですね!

このあたりはメニューによって変えているのかもしれないですが!

メンマは発酵感がやや控えめなのか、たけのこぽさを残しつつ、
オーソドックスなメンマらしさも同時に感じさせるものでしたね!

そういえばこちらのお店でメンマが入るのって珍しい気がしますね!
あえてメンマ以外の素材を使うことにこだわってた印象がありますし!(*゚ー゚)

玉ねぎはかなり細かめながら、全体的にまったり路線のスープに対し、
時折ピリッとしたアクセントを与えるという役割を担っています!

麺と心 7 雲丹白湯ラー麺(麺のアップ)

麺は断面の四角い焙煎小麦を練り込んだ中太のストレート麺です!

あえて少し硬めに茹で上げることで前半は歯切れの良い食感を打ち出し、
食べ進めるにつれてだんだんとプリッとした弾力が前面へと出てくる、
そうした二段階の食感が楽しめるこのお店らしい麺となっています!

最近の限定の中でも最もこのお店の基本に近いタイプの麺と言えますね!

そうした食感の変化を前提としながら作られている麺ということで、
普通に食べ進める限りでは食感がダレてこないのも大きな強みです!

とにもかくにもどこからどう切り取ってもウニを楽しめるスープで、
ウニのまろやかさ、磯の香りを心行くまで堪能できる一杯でした!

ほんと夏に海の近くに来ているかのような気分にすらなりましたし!笑

すでにラーメン版からつけ麺バージョンへと切り替わってはいますが、
味の基本は継承されているはずなのでウニ好きならオススメですね!(゚x/)モキリュッ

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 雲丹白湯ラー麺(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺と心 7 アンコウ白湯つけ麺 「海のフォアグラ」 ~アン肝ムース添え~

「麺と心 7」に2月の魚介白湯の限定を求めて行ってまいりました!
・・・って、もうとっくに2月も終わって提供期間が過ぎてますが;

2月は中旬以降は絶不調で、毎日のように微熱が出ていて、
こちらのお店に行けるかどうかも不確定だったのですよね;

ただ、例の水曜日と土曜日の予定の最終日にあたる25日に、
何が何でも時間を作って訪問しようとあらかじめ決めてたので、
なんとか訪問することができ、この限定を食べることができました!

26日の日曜日に行くという手段もなくはなかったのですが、
日曜日は完全休養にあてないといけない状況でしたからね;

25日は例の用事の最終日ということで気分が晴れるかと思いきや、
一つ大きな宿題が残ったことで精神状態は最底辺をさまよっていて、
微熱を出しながらため息をつきつつ訪問したのをおぼえています;

せっかく時間を作ってこちらのお店を訪問したにもかかわらず、
まるで世界が終わるかのような表情でつけ麺をすすっているなど、
「そんな表情で食べなくていいだろう」と思わせてしまうような、
そんな状態だったのはお店の人にも申し訳なく思ってしまいます;

提供されたつけ麺に関しては決して何も問題はなかったですからね!

あのときの食べっぷりを思い返すと自分でも苦笑してしまいます(;゚ω゚)

麺と心 7 アンコウ白湯つけ麺 「海のフォアグラ」 ~アン肝ムース添え~

麺の上にアン肝のムースが乗っているのが何より目を引きますね!

このムースは麺に直接つけたうえで食べてもいいですし、
つけ汁の中に溶かし込んだうえで食べてもいいようです!

そこでムースを直接麺につけて食べると・・・これはいけますね!(*゚◇゚)

後でムースをつけ汁に少し溶かし込んで食べもしましたが、
このムースに関しては単独で麺につけるほうが向いてますね!

何よりアン肝の持っているコクがダイレクトに伝わりますし、
クセが上手く抑えられているのでそのままつけて食べても、
ネガティブさがなく、そのおいしさを素直に楽しめますからね!

そしてつけ汁ですが・・・アンコウのちり鍋を連想させてくれますね!(●・ω・)

アンコウのちり鍋に出たおだしをより濃厚にしたような、
そんなアンコウの旨味がつまったつけ汁となっています!

つけ汁の見た目からしてもどう見ても白湯ではなく清湯ですが、
そこは置いておいて、アンコウの持っている旨味をストレートに
堪能するという点ではベストのつけ汁と言っていいでしょうね!

アンコウのスープって口にする機会はあまり多くないですが、
それでもはっきりとアンコウだと伝わるものがありましたしね!

また、油脂を少し多めにすることで味に厚みを持たせてましたね!

こうしたアンコウの身や骨の旨味がしっかりと出たつけ汁なので、
アン肝はちょっと溶かすぐらいならほどよくコクを高めてくれますが、
あまり多く入れてしまうとちょっとアン肝が勝ちそうな気がしますね!

つけ汁にはみつ葉とねぎなどを浮かべることでより香りを立てています!

アン肝ムース以外のトッピングはレアチャーシュー、海苔、かいわれです!

今回はアン肝ムースにかなりのコストがかかったこともあってか、
他のトッピングに関しては必要最小限になった感じもしますね!(*゚ー゚)

ところで今回はレアチャーはいつもよりも脂の部分が多めでしたね!

これはこちらのお店のレアチャーシューの仕様が変わったのか、
あるいはこのメニュー向けにそうされたのかは少々謎でしたが!

麺と心 7 アンコウ白湯つけ麺 「海のフォアグラ」 ~アン肝ムース添え~(麺のアップ)

麺はやや色が濃いめの平打ち気味のつけ麺用の太麺となっています!
この濃いめの色はおそらくは焙煎小麦を練り込んでいるからでしょう!

焙煎小麦を練り込んだ麺はこのお店ではけっこうよくありますが、
その中でも色が濃く、小麦の香りについても強めになってますね!

これは主張の強いアン肝ムースに負けないようにするためですかね!

そうしたこともあってムースと一緒に食べても麺の香りが明確で、
アン肝の風味一辺倒になってしまわないだけの強さがありますね!(`・ω・´)

麺の食感はこちらのお店らしいプリッとしつつ歯切れのいいもので、
麺の持っているみずみずしさを強く感じられるものとなっています!

麺と心 7 アンコウ白湯つけ麺 「海のフォアグラ」 ~アン肝ムース添え~(追いめし)

そして最後はもちろん追加メニューの「追いめし」を注文しました!
精神的に落ち込んでいた状態でもこうしたところは逃しません!笑

本来はつけ汁をこちらに少量かけて食べるスタイルなのですが、
つけ汁も全部飲みたかったので、こちらをつけ汁に投入しました!

海苔に梅チップということでお茶漬けっぽくもなるのですが、
梅チップがかなり強く、やや勝ちすぎていた面もありましたね!

梅チップを少し減らして、おかきとかが入っていても良かったかもです!

それでも最後にさっぱりといただくには非常に最適なご飯でしたが!

これまで魚介白湯の月別限定には最低1回は必ず訪問してましたが、
体調という点では今回が最も悪かったのは間違いなかったですね;

ただ、それでも継続記録を途切れさせずに済んでホッとしました!

もちろん3月以降もしっかりと月別限定を追っていこうと思います!(゚x/)モキュキュン

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 アンコウ白湯つけ麺 「海のフォアグラ」 ~アン肝ムース添え~(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

麺と心 7 鰤白湯つけ麺

1月の限定を求めて「麺と心 7」へと行ってまいりました!

1月の魚介はブリなのですが、自分はちょっと不安なのですよね;
というのも、自分はけっこうブリが苦手なタイプですからね;

「じゃあブリの限定を食べに行くなよ」という話なのですが、
毎月ちゃんと行ってるだけに外そうとは思えないのですよね!

ちなみに月の前半はブリのラーメンが提供されていたのですが、
後半になってからつけ麺へと切り替えられているのですよね!

麺と心 7 鰤白湯つけ麺

というわけで、ブリのつけ麺がやってまいりました!
何やらつけ汁の色がずいぶんと白いのが目を引きますね!

白湯スープなので白みがかっているのは普通ではあるのですが、
どうもこの白さは単に白湯だからというわけではなさそうです!

まずはつけ汁ですが・・・おっ、これはおいしいじゃないですか!(●・ω・)

ブリの持つクセが苦手な自分でも全く問題を感じないですし、
むしろストレートに旨いと感じさせてくれる力がありますね!

そしてこのつけ汁の白さですが、これは酒粕のようですね!

酒粕を使うことによってブリの持つクセをきれいに抑えて、
ブリの持っている旨さだけを堪能できるようになってます!(=゚ω゚)

ブリという力強さのある魚なので、コクは非常に潤沢ですし、
そこに酒粕のまろやかさとさわやかさが加わることによって、
濃厚でありながらも食べやすさのあるつけ汁となっています!

そしてそこにやや多めに入った一味唐辛子がアクセントとなり、
またつけ汁の中の玉ねぎも全体の風味を引き締めてくれます!

なので、ブリがあまり得意でない人でも十分いける味ですが、
そのかわり酒粕が苦手な人はさ避けたほうがいいかもです!

それにしてもブリがここまで食べやすくなるとは意外でした!

昨年1月のブリの限定もまあまあ楽しむことができましたが、
それと比べてもこちらのほうが自分としては圧倒的に好きですね!

「いい旨味は持っているけどクセが強い」というブリの特性を
非常に上手く生かすことに成功したつけ汁となっていますね!

これはスルーせずに食べに来て大正解だったと言えるでしょう!

トッピングは炙ったブリと水菜、糸唐辛子となっています!(*゚◇゚)

こちらのお店のトッピングとしてはけっこうシンプルなほうですね!
そのかわり価格が864円とつけ麺にしては安くなっています!

麺を300gにしても864円なのですから、かなりお得ではありますね!

水菜は麺と絡めながら食べて味をリセットしてくれる役割で、
すっきりとしつつほんのりとした苦味を楽しむことができます!

そして炙ったブリですが・・・これもまたよくできていますね!(`・ω・)+

これもまたブリ特有のクセといったものは感じさせないですし、
ブリのコクが非常にいい形として舌に広がってくるのですよね!

自分は本当はけっこうブリ好きなのかと錯覚してしまうほどです!

表面の炙りによって軽く香ばしく、中心部分は生の旨さがあり、
そのままでもつけ汁につけてもどちらでもおいしく食べられます!

麺と心 7 鰤白湯つけ麺(麺のアップ)

麺は実にこちらのお店らしいスタイルの平打ち麺となっています!
セブンのつけ麺の麺というと、まずこのタイプが思い浮かびますね!

しっかりとした表面の質感とプリッとしつつも歯切れのいい食感、
そして焙煎小麦を練り込むことによる香ばしさが一体となっています!

もちもち感ではなく、ハリのある質感を武器にしている麺なので、
まったりとしたつけ汁に対しても明確な存在感を見せてくれます!

最近の魚介白湯の限定では締めのご飯がよく提供されてましたが、
今回はそうしたものは特に用意されてはいないみたいですね!

とはいえ、普通に麺を食べるだけでつけ汁がほぼなくなるので、
締めご飯などがあっても注文しようがなかったと思いますが!(*・ω・)

それにしても炊き方と酒粕でクセを取る手法は実に見事でしたね!

ブリがあまり得意でないからこそそのクオリティの高さがわかり、
これなら来年以降もブリ白湯が楽しみになる力がありましたね!

全くブリがダメな人にはさすがにオススメできないと思いますが、
「少し苦手」ぐらいならあえて挑戦してみるのもアリでしょうね

そうすることでブリの持つ魅力を改めて知ることができるかもです!(゚x/)モキュキューン

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 鰤白湯つけ麺(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

麺と心 7 蟹白湯ラー麺 ~自家製太ちぢれ麺~

12月の限定を求めて「麺と心 7」へと行ってまいりました!(`・ω・´)

今月は前半に全くラーメン屋に行かない日が続いてたので、
いろんなお店に行く予定が全て後半につまってしまって、
行く日を作りにくい状態でしたが何とか行ってきました!

12月の月別魚介白湯のテーマは「蟹」となっています!

こちらのお店の冬の「蟹白湯」はもはや定番となっていて、
月別の限定の中でもとりわけ安定感が高いのですよね!

もちろん毎年その内容は全く新しいものになっているのですが、
確実にいいものを作ってくれるので毎年楽しみなのですよね!

麺と心 7 蟹白湯ラー麺 ~自家製太ちぢれ麺~

ということで、今年の蟹白湯のラーメンがやってまいりました!
中央に乗っている巨大な天ぷらが何と言っても目を引きますね!

右側の人参は明らかに蟹のハサミを意識したトッピングですね!

まずはスープですが・・・うん、やはり蟹の旨味が詰まってますね!(●・ω・)

昨年一昨年の蟹白湯と比べると、今年はかなり素直なビジュアルで、
もうスープそのものに全ての旨味を溶け込ませたような感じになってます!

今回は大量の蟹を炊き込んだスープをベースとしたうえで、
そこに蟹味噌を使ったタレを合わせているとのことですが、
中でも蟹の身などの持つ旨さがビシビシと伝わってきます!

というのも、スープの中にたくさんの蟹の身が見えますからね!

もちろん蟹の甲羅などによる甲殻類らしい旨さも備わってますし、
蟹味噌を使ったタレによるコクも非常にいい効果を挙げてますが、
この蟹をひたすら炊き込んだがゆえの蟹の身の旨さは最高ですね!

そこに蟹オイルをかけることでさらに風味に厚みを持たせています!

またスープのとろみが強いので、スープの温度はかなり高いですね!
これもまた肌寒くなってきた今の季節にはピッタリとハマります!

また、蟹味噌は旨味が強い一方で多少のクセもあったりしますが、
こちらはタレとして熟成することでその旨さだけが生かされていて、
それがスープと合わされることで深いコクが全体に広げられています!

自分としてはここ3年の「蟹白湯」の中でも今年が最も好きでしたね!(=゚ω゚)

タレも含めたスープ全体の旨さが半端ない充実度を誇ってましたしね!

また、こちらのお店の「蟹白湯」は重くなりすぎないのもいいですね!

それは今年に限らず、昨年や一昨年についても同様ではあるのですが、
しっかり濃厚で蟹の旨味が存分に感じられる仕上がりでありながら、
サラッと食べられるので、これも大きな安心感に繋がってますね!

トッピングは中央の天ぷら、チンゲン菜、海苔、白ねぎ、にんじんです!

中央の天ぷらは実際の蟹ではなく、巨大なかにかまぼこを揚げたものです!
さすがにこのサイズの蟹の身は見つけるだけでも苦労するでしょうしね!

とはいえ、かにかまぼこでもこのサイズのものは普通は見ないですが!
おそらくは「オーシャンキング」の「極」と呼ばれるものですかね!

そしてこの天ぷら、目立っているだけあって非常に味もいいです!(*゚◇゚)

それも単に味がいいだけでなく、ちょっとだけ身をつまんで、
それを麺に絡めながら食べるということもできるのですね!

過去2年はトッピングにレアチャーシューが入っていたのですが、
蟹白湯との相性という点ではこの天ぷらのほうが遥かにいいですね!

海苔は蟹とはまた違った磯の風味を感じさせる効果を見せます!
しっかりとスープに浸したうえで麺に絡めて食べるといいですね!

チンゲン菜もなかなか効果的で、こちらは青菜特有のほのかな苦味が、
まろやかなスープの中でいいアクセントとなってくれています!

なので、口をリセットするためにときどき食べるのがいいですね!

にんじんはトッピングというよりはビジュアル要員ですね!

麺と心 7 蟹白湯ラー麺 ~自家製太ちぢれ麺~(麺のアップ)

そして今回はかなり太めで縮れの強い麺が使われています!

この麺もなかなか良くて、最初はややがっしり目の食感で、
食べ進めるにつれてもちもち感がどんどんと強まってきます!

今回のスープはとろみも強く、麺との絡みも非常にいいので、
それに負けないだけの麺を合わせてきたということなのでしょう!

それがよく当たっていて、麺のもちもちした食感が映えていて、
それと同時にしっかりとした小麦感を感じさせる風味も良く、
スープ一辺倒のバランスにならないうえで大きく貢献してました!(*゚ー゚)

麺と心 7 蟹白湯ラー麺 ~自家製太ちぢれ麺~(雑炊風〆ご飯)

そしてラストは+50円で締めの雑炊風ご飯をいただきます!
写真にあるようにラーメンのスープをかけて雑炊風に食べます!

最初はなぜ錦糸卵が乗っているのだろうとちょっと思ったのですが、
この錦糸卵が入ることで雑炊っぽい風味を作り出しているのですね!

さすがに本物の雑炊のように卵を投入して熱を通すのは無理なので、
そこをしっとりとした錦糸卵によって代用したということですね!

これが非常に面白く、ほんとに雑炊らしい風味になってくれますね!

また、今回のスープは麺に負けないほどにご飯との相性がいいので、
締めとしては申し分のないクオリティを発揮してくれていました!

ほんの+50円なので、これは注文しないともったいないと言えますね!

蟹の身などの旨味がぎっしりとつまったスープにもっちりとした太麺、
さらにトッピングの天ぷらが思っていた以上にスープと相性がいいなど、
全体のまとまりの高さは過去3年でもトップと言っていい内容でした!

さて、来年1月の限定は「ブリ白湯」になることが告知されていました!
今年の1月も「ブリ白湯」だったので、2年連続ということになりますね!

自分は例によってブリがやや苦手なので、ちと不安ではありますが;

また、9月の「まぜそばGP」で優勝した「魚貝味噌MAZESOBA」が、
2~3ヶ月ほどの期間限定で少し前から提供がスタートしています!

自分は9月の提供時に食べていますが、また食べに行こうと思います!
このまぜそばはほんとに素晴らしくクオリティが高かったですからね!(゚x/)モキリリッ

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 蟹白湯ラー麺 ~自家製太ちぢれ麺~(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺と心 7 サンマ白湯ラー麺 ~自家製もちもち太麺~&カジキのマヨ丼

11月の限定を求めて「麺と心 7」へと行ってきました!

今月は月の比較的前半の時期に行くことができたのですが、
またしても写真がたまって記事化が遅れてしまいました;

日々の用事が大変すぎてカップ麺以外の記事がほとんど書けてないです(;゚ω゚)

今月のテーマは8月の「鯖」、10月の「鰯」に続いて青魚の「秋刀魚」です!
青魚系のテーマがここまで連続するというのは珍しい気がしますね!

ただ、それゆえにそれぞれの特徴の違いを感じやすくもありますし、
そうした狙いも込めてのこのようなリレーになってるのかもですね!

麺と心 7 サンマ白湯ラー麺 ~自家製もちもち太麺~

というわけで、「サンマ白湯ラー麺」がやってまいりました!
これはずいぶんとタレの色が強く出たスープになってますね!

まずはそのスープですが・・・あ、これは完全にタレが主役ですね!(●・ω・)

ただしそれは決して醤油の主張がものすごく強いということではなく、
タレに秋刀魚の旨味をじっくり溶かし込んでいるということです!

こちらのお店は基本的にスープによって魚介白湯を演出していますが、
このようにタレに強く焦点を当ててきたのは珍しいように思いますね!

そしてこの秋刀魚の旨味を溶かし込んだタレが非常に深いのですよね!

なので、この色の濃さは醤油の濃さが表れているというよりは、
じっくりと熟成させた秋刀魚の旨味が表れているという感じです!

青魚系の魚介白湯はその魚介の持つクセも多少は出たりしますが、
こちらはタレで熟成しているのでそうしたクセなどは感じられず、
秋刀魚ならではの深みがギュッとつまったスープになってますね!

こうしたタレ主体の魚介白湯というのもまた面白いものですね!(*゚◇゚)

そしてここに絶妙のアクセントを加えているのが粗びきの黒胡椒です!

タレが強めに出たスープなので全体的にまったりとしていますが、
そこに黒胡椒が多く入ることでさわやかな感覚も備わっています!

さらに後半は味変としてすだちを絞って入れることができます!

柑橘類が入ることで一気にスープの印象が変わるかと思いきや、
秋刀魚の醤油ダレが強いので実はそこまで大きくは変わりません!

あくまですだちのさわやかな香りがふわっと加わる感じですね!

トッピングは煮た秋刀魚、エリンギ、ねぎとなっています!

この煮た秋刀魚は事前にはほとんど味がつけられてないので、
スープの下のほうに沈めて味を含ませておくといいですね!

少しタレに漬け込んだうえでトッピングしても良かったかもですね!

エリンギはその特有の旨味が全体に変化を加えてくれるとともに、
黒胡椒がたくさん絡むことでピリッとした刺激も持ち合わせています!

麺と心 7 サンマ白湯ラー麺 ~自家製もちもち太麺~(麺のアップ)

麺はけっこう太めのもっちり感の強い麺が使われています!

こちらのお店は歯切れの良さとプリッとした弾力を両立させた
そうしたタイプの麺を使ってくることが多かったりしますが、
今回はそれとはタイプの違うもちっとした食感の麺となってます!

もっちり感が強いのでタレの強い主張にも全く負けておらず、
麺の風味や食感とタレがガシッと組み合う感覚を楽しめます!(*゚ー゚)

麺と心 7 カジキのマヨ丼

そして今回はサイドメニューの「カジキのマヨ丼」も食べました!

このメニューはけっこう以前から販売されてはいるのですが、
限定数が非常に少ないのでハードルがすごく高いのですよね!

今回はかなり早い時間に来れたので思い切って注文しました!

カジキはこのお店のラーメンのトッピングにも使われていますが、
サッパリとしていてクセがないので、非常に食べやすいのですよね!(`・ω・´)

自分はマヨとご飯を一緒に食べる機会があまりないのですが、
カジキのサッパリ感とマヨの風味がなかなか良く合っていて、
またネギやわさびによる刺激もいいアクセントになってますね!

ちなみにわさびは量は多めに見えますが辛さは控えめです!
また、わさびを入れるかどうかは注文時に選ぶことができます!

「鯖」、「鰯」、「秋刀魚」と3つの魚介白湯を食べてきましたが、
見事なまでにそれぞれの魚介の持つ特徴が引き出されていましたね!

特に熟成してタレに生かす手法は秋刀魚ならではとも言えますし、
いつもの魚介白湯とはまた一味違った旨さを楽しむことができました!

月末まではおそらく提供されているので、まだ食べられますよ!(゚x/)モキリーン

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 サンマ白湯ラー麺 ~自家製もちもち太麺~(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

ラーメンZikon 阿倍野元町店 特製つけ麺

影武者」の跡地にできた「ラーメンZikon 阿倍野元町店」に行ってきました!

あの「影武者」の後に「而今」の新店が来るとは意外でしたね!

ただし「而今」の4thブランドのお店ができたというわけではなく、
四ツ橋の「Zikon」の2店舗目ができたという形ではありますが!

基本的なメニューは四ツ橋の「Zikon」とは変わらないのですが、
こちらはレアチャーシューが提供されている点が大きく違います!

また、つけ麺もレギュラーになっているので今回注文してみました!

一方で一部のメニューはまだ提供が始まってなかったりもするので、
メニューなどが安定するにはちょっと時間がかかるのかもしれません!

こちらの店舗には「影武者」があった頃からよく来ていたのですが、
実際にお店に入って「影武者」の店主さんがそこにいないのを見ると、
頭ではわかってはいながらも一抹の寂しさを感じたりもしましたね(´・ω・)

最後の訪問の際には店を売りたいという意思を示されてましたし、
近いうちにお店を閉められることはわかってはいたのですけどね;

「影武者」には開店して数日もしない頃に訪問したりもして、
その後も訪問のたびに店主さんといろいろ話したりもしたので、
自分の中では非常に思い入れの強いお店でもありましたしね!

ラーメンZikon 阿倍野元町店 特製つけ麺

そんな寂しい話ばかりしてないで、こちらのつけ麺に行きましょう!
せっかく新店ができたのですから、そちらに注目しないとですね!

まずはつけ汁ですが・・・おっ、中庸的なラインを狙ったつけ汁ですね!(●・ω・)

基本的には動物系白湯+魚介という王道のつけ汁に見えますが、
ベースとなる動物系をそこまで重くはしていないのですよね!

「Zikon」というと、もともと軽めの白湯スープを軸にしてるので、
そうした「食べやすい白湯スープ」によるつけ汁とも言えそうです!

そのかわりここに加わる煮干などの魚介のパンチはかなり明確です!

なので、動物系白湯らしい厚みも一定程度感じさせながら、
強めの魚介によって旨味に感してははっきりとした印象を残す、
そういう食べやすくもインパクトも残るつけ汁と言えそうです!

そうしたつけ汁なので濃厚さを求めると多少は軽くもありますが、
重くなりすぎないつけ汁を求めるときはピタッとハマるでしょう!

トッピングはバラチャーシュー、味玉、レアチャーシュー、かいわれです!
レアチャーシューと味玉は「特製」にしたことでついたものですね!(=゚ω゚)

標準ではバラチャーシューとかいわれのみがトッピングされています!

バラチャーシューはおそらくは四ツ橋の「Zikon」と同じものですね!

基本的には非常にやわらかくホロッとほどけるチャーシューで、
外側の焼き目の香ばしさが大きな特徴となっていますね!

味玉もまた良質ですが、何より今回はレアチャーシューですね!

阿倍野元町店の看板と言ってもいいのがこのレアチャーシューで、
それゆえに肉のしっとり感、クセのなさはかなりのものがあります!

自分がこれまで食べたレアチャーの中でもかなり上位に来ますね!

下味に関してはそこまで強めにはつけられてはいないので、
ラーメンのスープやつけ汁に軽くつけて食べるのがいいですが、
それ以上にこのお店は「レアチャーシュー丼」が気になりますね!

今後は限定メニューなどもときどき登場してくるでしょうし、
それとともにこの「レアチャーシュー丼」は狙いたいですね!

ラーメンZikon 阿倍野元町店 特製つけ麺(麺のアップ)

麺はつけ麺らしい幅広の麺が使われてはいるのですが、
厚みは控えめで、一般的なつけ麺の麺ほど太くはないです!

これはつけ汁とのバランスを考えてのものなのでしょうね!

つけ汁が濃厚路線ではなく中庸的なラインを取っているので、
あまり主張の強い麺だと明らかに麺勝ちになりますからね!(*゚◇゚)

プリプリと弾けるような食感と瑞々しさを感じることができる麺で、
この麺のおかげでより全体をサラリと食べられるようになってます!

なので、濃厚系のつけ麺が苦手な人でも気に入る人は多そうです!

軽めの白湯スープを軸にしたつけ汁はいかにも「Zikon」らしく、
強烈なインパクトを残すタイプではないもののバランスは良く、
誰もが食べやすいと思えるラインに上手く整えてきてましたね!

四ツ橋の「Zikon」とそこまで大きな違いはつけられていないので、
基本的には自分の行きやすい店舗を選ぶのがいいかと思いますが、
レアチャーシューだけは一度食べに来るだけの価値がありますね!

次回の訪問時にはぜひともレアチャー丼を狙おうと思います!(゚x/)モキュッ

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野元町4-3

[メニュー]
ラーメンZikon 阿倍野元町店 券売機

【関連記事】
ラーメンZikon 阿倍野元町店 特製つけ麺
ラーメンZikon たまり醤油の極み煮干しそば
ラーメンZikon oh! それみ~そ食べて味噌
ラーメンZikon 天然塩の極上あさりそば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

麺と心 7 鰯白湯つけ麺 ~自家製「平打ち麺」~

10月の限定を求めて「麺と心 7」へと行ってまいりました!
・・・って、もう思いっきり11月になってしまってますが;

このところラーメン店に訪問する機会がなかなか作りにくく、
こちらのお店に来るのも時期が遅くなってしまいがちです;

以前はできるだけ月の前半に訪問するようにしてたのですが!

さて、10月の魚介白湯の限定のテーマは「鰯」となっています!

9月は特別な構成でいろんな社員さんのまぜそばとなってましたが、
10月からはまたいつも通りに一つの魚介がテーマとなっています!

その9月を除くと、8月が「」で、10月が「鰯」となっていて、
そして11月が「秋刀魚」と青魚が続いているのが目を引きますね!

8月の「鯖」はびっくりするほど強烈な仕上がりでしたが、
10月の「鰯」がどのように調理されたのか気になりますね!

麺と心 7 鰯白湯つけ麺 ~自家製「平打ち麺」~

ということで、「鰯白湯つけ麺」がやってまいりました!

レアチャーシュー以外のトッピングが揚げ物なのが面白いですね!
また、後半に味を変えることができるようにカレー粉もついてきます!

まずはその味ですが・・・おっ、これは非常にまとまってますね!(●・ω・)

8月の「鯖」はとにかく強烈で、水煮した鯖をミキサーにかけて、
それに味をつけてそのままつけ汁にしたような感じの味でしたが、
こちらはもっとベーシックな濃厚魚介白湯系スープに近いです!

鰯というと煮干もそうですし、つけ麺ではポピュラーな素材なので、
「鯖」のときと比べると広く受け入れられる仕上がりになってますね!

ですが、こちらのお店は煮干などのよく使われる素材ではなく、
オイルサーディンを使っているというのが大きな特徴です!

それによって魚介だけでは足りない油脂のコクが存分に補われ、
動物系+魚介のつけ汁に負けないだけの濃厚さを感じさせます!

また、煮干のようなクセもないので食べやすいのですよね!

なので、鰯という素材を使いつつもクセが出ないようにまとめ、
それと同時にコクも引き出したつけ汁として仕上げられています!

そのため食べたときにはベーシックな印象も多少与えながらも、
よくよく見てみるとしっかり練られていることが伝わってきます!

そして後半にカレー粉を入れると・・・印象がガラッと変わりますね!(=゚ω゚)

ちょっとアクセント的にカレーが加わる感じになるかと思いきや、
カレー粉を入れた瞬間に完全にカレーつけ麺そのものになります!

もちろんベースである鰯のコクと旨味ははっきり感じられますが、
前面に出てきて主張するのはむしろカレーという感じになります!

一つのつけ麺で2つの味が楽しめるというのは面白くもありますが、
ここまで印象が変わるとちょっと面食らうところもありますね!

なので、途中で一気に違う味にしたいときは入れるといいですが、
この鰯つけ麺の風味をできるだけそのまま楽しみたいときには、
入れるとしてもごく少量にとどめておいたほうがいいでしょうね!

・・・といっても、すでに提供期間は終わってしまってますが!(;゚◇゚)

トッピングはレアチャーシュー、揚げたレンコン、茄子、ごぼうです!
面白いのは素揚げした3種類の野菜が入っているという点ですね!

今回はスープの素材もオイルサーディンということで油が絡んでますし、
油の旨さを生かすという視点がこのトッピングからも見えてきますね!

やはり動物系+魚介に比べて、魚介のみだとコクに弱さが出るので、
そのあたりをトッピングも含めて上手く補ってきた印象ですね!

でもって、3種類の野菜とも油と合わさることで旨さを増しますしね!

麺と心 7 鰯白湯つけ麺 ~自家製「平打ち麺」~(麺のアップ)

麺はこちらのお店が得意とする自家製の平打ち麺となっています!

ほどよい歯切れの良さとプリッとした弾力が同居した食感で、
このあたりもこちらのお店の王道の旨さと言っていいでしょう!

そして今回の麺の大きな特徴は非常に香りが強かったところですね!(*゚ー゚)

鰯の風味を生かしたつけ汁につけても麺が負けないように、
焙煎小麦あたりを加えることで香りを強めていると見られます!

麺を口を含んだ瞬間や、麺を噛んだときなどに香りが上がり、
鰯の濃厚な旨味の中からも小麦の存在感が光るのですよね!

こうした麺とつけ汁のせめぎ合いなどは非常に面白いですね!

麺と心 7 鰯白湯つけ麺 ~自家製「平打ち麺」~(〆のじゃこご飯)

ラストは「〆飯」の「じゃこご飯」(50円)をつけ汁に追加投入します!
そういえばこのじゃこもまた鰯の稚魚だったりするわけですよね!

このじゃこは油で炒めることで香ばしさが高められるとともに、
カリカリした食感が全体の中でいいアクセントになるのですよね!

また、どちらも鰯ということで味の相性は全く文句なしですね!

今回はひたすら冒険的だった8月の「鯖」よりも食べやすい内容で、
それでいて様々な工夫が凝らされたつけ麺として仕上がってました!

続く11月の「秋刀魚白湯」もできるだけ早く食べに行きたいですね!(゚x/)モキュッ

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 鰯白湯つけ麺 ~自家製「平打ち麺」~(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

麺屋 彩々 味噌らーめん(2016年)

ひさしぶりに昭和町の「麺屋 彩々」の本店に行ってきました!

「麺屋 彩々」は一応全てのレギュラーメニューを制覇してるので、
そこから多少足を運ぶ機会が減ってしまってはいるのですよね;

ただ、この「味噌らーめん」を食べたのは6年前の初訪のときだけで、
それだけ時間も経てばスープにもいろんな変化もあるはずですし、
鶏白湯スープの存在自体を知らなかった当時としては自分の感じ方も
いろいろと変わっているはずなのでひさしぶりに注文してみました!(*゚ー゚)

ひさびさとはいえ、その後に「辛味噌らーめん」を食べてはいるので、
「味噌らーめん」から完全に遠ざかっていたわけでもないのですが!

しかしその「辛味噌らーめん」を食べたのも4年前なのですね;

麺屋 彩々 味噌らーめん(2016年)

以前は味噌系はもう少しどっしりとした器が使われてましたが、
最近は他のラーメンと同様にやや軽いどんぶりになってますね!

まずはスープですが・・・うん、彩々の2つの武器が生きてますね!(●・ω・)

やはり彩々と言えば、まずはそのまったりとした鶏白湯スープですね!

彩々のスープは鶏白湯としてはドロ感はそれほど強くないのですが、
それでいながらも鶏の旨味とコクは強く、なおかつ非常にまろやかで、
丸みがあってそれでいて飲みやすく実にバランスがいいのですよね!

通い始めの頃はその鶏白湯の魅力がすぐにはわかりませんでしたが、
こちらのお店でいろんなラーメンを食べることで鶏白湯の持っている
旨さというのも様々な視点から自分に教えてくれたスープでもあります!

決してライトではないですし、一方で重たすぎることもないので、
ドロ系鶏白湯をやや苦手に感じる人にもオススメできるのですよね!

そして彩々のもう一つの大きな武器が自家製の味噌ダレなのですよね!

今でこそ「鶏白湯ラーメンのお店」という印象が強いこちらのお店ですが、
もともとは「味噌ラーメンがおいしい店」としてよく知られてたのですよね!

こちらのお店は味噌も自家製で、しかも元中華料理店だったこともあり、
その味噌ダレの組み立て方にも他のお店にないものがあるのですよね!(=゚ω゚)

その自家製味噌ダレは味噌の持つ鋭さよりも大豆の旨さが生きていて、
炒めた豚ひき肉や生姜などの香味野菜が加わることで中華料理における
肉味噌的感覚も備えた様々な旨味が一体となった味噌ダレなのですよね!

以前に綿麺と彩々のコラボメニューが提供されたことがあったのですが、
そのときも一口でこちらのお店の味噌ダレであることがわかりましたし、
それだけはっきりとした個性を持った味噌ダレになってるのですよね!

トッピングはレアチャーシュー、水菜、もやし、ゆで卵です!

レアチャーシューは時期によってけっこうタイプが変わりますね!
これまでにも何度かリニューアルを重ねているように思います!

今は以前と比べてもしっとり感の強い仕上がりになっていますね!

もやしは太めのもので、もやしというと多少水っぽさがあるので、
最近ではラーメンに合わせるのを好まない人もけっこういますが、
このまったりとしたスープの中ではいい瑞々しさを加えますね!

そして水菜ですが、たしか以前は春菊だった気がするのですよね!

写真などを見ても勘違いをしていたわけではないみたいですし、
よりクセのない水菜へと切り替えられたのかもしれないですね!

そして面白いのが味玉ではなくゆで卵が入っている点ですね!
開店した頃からこのスタイルがずっと継続されているのですよね!

ゆで卵にすることで卵の持つまったりとした風味がより際立ち、
それがこの鶏白湯+味噌のスープとけっこう合うのですよね!(*゚◇゚)

ニュートラルな味であるがゆえの良さというものがありますね!

また、どんぶりの底には味噌ダレに入っているひき肉も見えます!
これもまた彩々の味噌ラーメンの隠れたポイントだったりします!

麺屋 彩々 味噌らーめん(2016年)(麺のアップ)

麺はおなじみの彩々の味噌向けらしい自家製の太麺となっています!

この麺は表面にはつるみがあり、噛んだ瞬間はややがしっとしつつ、
噛み切るときはプリッと弾ける、弾力を強くアピールする感じではなく、
力強さと噛み切るときの心地良さが両立したような麺となっています!

こうした食感のバランスを持った麺って意外にないような気がしますね!

この麺もまた彩々の味噌系ラーメンの大きな個性の一つとなっています!

まったり感のあるスープの中でもしっかりとした存在感を持っていて、
スープに埋没しないだけの力をきっちりと感じさせてくれますからね!

まろやかながらも重すぎない鶏白湯スープに個性を持った味噌ダレ、
そしてプリ感とがっしり感をバランスよく合わせた自家製太麺と、
改めてその旨さが明確に確立されていることが再確認できました!

ここにもう一つ刺激が加わるほうが自分に合いそうと思う場合は、
「辛味噌らーめん」のほうを注文してみるのがいいでしょうね!

基本的にはここに純粋に唐辛子がプラスされるという構成ですので!

ひさびさに味噌の名店らしいおいしさを堪能させていただきました!(゚x/)モッキルー

[メニュー]
麺屋 彩々 メニュー

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阪南町1丁目46-8

【関連記事】
麺屋 彩々 味噌らーめん(2016年)
麺屋 彩々 白鶏醤油らーめん(2015年)
麺屋 彩々 なんば店 塩油和え麺
麺屋 彩々 なんば店 ポクチキらーめん
麺屋 彩々 白鶏塩ラーメン カップ版(2014年)
麺屋 彩々 なんば店 カレーつけ麺
麺屋 彩々 白鶏塩ラーメン カップ版(2013年)
麺屋 彩々 なんば店 白鶏担々麺
麺屋 彩々 巣立ちの塩つけ麺
麺屋 彩々 醤油らーめん(2013年)
麺屋 彩々 辛味噌和え麺
麺屋 彩々 辛味噌らーめん
麺屋 彩々 カレーらーめん
麺屋 彩々 味噌つけ麺
麺屋 彩々 冷塩 2011年版
麺屋 彩々 白鶏醤油らーめん(2011年)
麺屋 彩々 白鶏塩らーめん
麺屋 彩々 鶏塩らーめん
麺屋 彩々 醤油らーめん(2010年)
麺屋 彩々 味噌らーめん

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺と心 7 魚貝味噌MAZESOBA ~貝出汁FEVER~

9月限定の「魚介まぜそばGP」を求めて「麺と心 7」へと行ってきました!

9月はいつものような月別限定が提供されるのではなくて、
レギュラーメニュー化をかけてこちらのお店の社員さん達が
オリジナルメニューで競い合うという形になってたのですよね!

期間を9/1~5、9/7~12、9/14~18、9/19~24、9/25~30と分け、
それぞれの期間に各社員さんが作ったまぜそばが提供されます!

そのうえで限定メニューを注文したお客さんが簡単な採点をして、
その結果をもとにしてレギュラーメニュー化を決める方式です!

本来であればこのうちのいくつかを食べておきなかったのですが、
9月は忙しかったため1つだけ食べに行くのが限界といったところで、
それならとミッキーさんによる9/25~30のまぜそばを狙いに行きました!(`・ω・)+

メニュー名は「魚貝味噌MAZESOBA ~貝出汁FEVER~」となっています!

以前にこちらでミッキーさんが作ったまぜそばを食べたことがあり、
これが締めのご飯も含めて非常にクオリティが高かったのですよね!

なので、今回のまぜそばにもかなりの期待が持てそうな気がします!

麺と心 7 魚貝味噌MAZESOBA ~貝出汁FEVER~

おー、これはなかなかそそるビジュアルとなってますね!

ホタテの時雨煮にはまぐり、軽く砕いたイカフライにレアチャーシュー、
みじん切りの玉ねぎ、かいわれ、海苔がトッピングされています!

さらにかいわれの下に甘辛く炊かれたダイス状の肉も入っています!

レアチャーシューはいつもながらもしっとりとしたもので、
はまぐりは貝の旨味があふれ、玉ねぎは清涼感を運びます!

ただし、タレも強めなので玉ねぎの主張はそこまで強くきません!
自分は玉ねぎが強く出すぎるよりはそのほうが好きなのですが!

そしてホタテの時雨煮ですが、これは非常においしいですね!(=゚ω゚)

ホタテの持つ深い旨味とともに生姜によるさっぱり感もあり、
なおかつしっかりと染みわたった甘辛い醤油の風味も良く、
こうした具材を取り入れるあたりにはセンスも感じますね!

また、意外と面白いのがこの砕いたイカフライなのですよね!

サクッとした食感やイカの香ばしい風味もさることながら、
あえてマヨネーズ風味のイカフライを使ってるのですよね!

まぜそばってマヨネーズの風味とは相性が良かったりする一方で、
それをそのまま投入すると味を強く支配したりしてしまうのですが、
これはイカフライの風味なのでマヨの長所だけが生きてるのですよね!

マヨとまぜそばの相性の良さを感じさせつつ目立ち具合を抑える、
このアイデアはこのまぜそばの中の隠れたポイントになってました!

また、海苔が醸し出す磯の風味も貝の風味の効いたタレとよく合ってます!

そしてメインとなるタレの風味ですが・・・これは間違いないですね!(●・ω・)

あさりなどの二枚貝のだしと味噌、これが合わないはずはありません!
味噌汁でも定番ですし、この組み合わせは鉄板の旨さがありますね!

以前に「Junk Story」で食べた「濃厚貝出汁味噌」を彷彿とさせる、
王道の貝と味噌のハーモニーを楽しむことができる味噌ダレです!

貝をはじめとした魚介の旨味がしっかりと味噌ダレに宿っていて、
味噌の深い旨味を引き出しつつもほんのりした甘みでカドは抑え、
油脂によってコクを重ねるなど、そのバランスもまた秀逸ですね!

さらにこのまぜそばには「煎り酒」なるものがついているのですよね!

「煎り酒」というのは江戸時代などにはよく使われていた調味料で、
日本酒に梅干などを入れて煮立たせてアルコールを飛ばしたものです!

ミッキーさんは過去のまぜそばでもお酒を活用したことがあって、
今回の「煎り酒」の登場はそのことを思い出させてくれましたね!

こちらの「煎り酒」だけでも何か魚介系の旨味が移されていて、
アルコールがほぼ飛ばされているのでキツさもありません!

これを味変としてかけるのですが、これがまた効果的なのですよね!

ほんの少し残ったアルコールの風味が貝味噌ダレとよく合っていて、
さらにこの「煎り酒」に忍ばされた旨味がタレに加わってくれます!(*゚ー゚)

麺と心 7 魚貝味噌MAZESOBA ~貝出汁FEVER~(麺のアップ)

麺は平打ち気味のプリンとした弾力の強い麺となっています!

この麺はまさにこちらのお店の王道とも言えるようなスタイルで、
ほどよい歯切れの良さとプリッとした弾力が上手く調和していて、
まぜそばでもラーメンでも何にでも合う万能性の高さを見せます!

貝系の具材はどれもプリッとした弾ける感じを持っていますし、
それと共通した食感を見せてくれるという点も面白いですね!

麺と心 7 魚貝味噌MAZESOBA ~貝出汁FEVER~(深川あさり〆めし)

そして締めご飯としてこの「深川あさり〆めし」が注文できます!

いやいや、これってそのまま食べても十分いけそうなのですが、
それでも残ったタレとまぜて食べるためのご飯なのですよね!

ちなみに上にちょこっとだけかかっている粉末は山椒です!

とりあえずタレに入れる前にあさりとご飯を食べてみましたが、
いやはやもうこれだけで十分に味が完成しているではないですか!

それでもタレとまぜて食べてみましたが・・・これはびっくりですね!(゚◇゚)

今まで食べてきたまぜそばの締めご飯として間違いなく1位です!

あさりの時雨煮が入るという飛び道具も忍ばされていますが、
とにかくこの締めご飯と貝味噌ダレとの相性は文句なしですね!

以前に作られたまぜそばでもピリ辛なめたけをご飯に加えるなど、
締めご飯に一品加えるという工夫に強みを見せてはいたのですが、
今回のあさりの時雨煮を加えた締めご飯は群を抜いていますね!

貝の旨味の効いた味噌ダレとあさりの時雨煮の甘辛い風味、
それとご飯が一体化ですから、旨いに決まってますからね!

一つのまぜそばとしても見事で、「煎り酒」も非常に効果的、
さらに締めご飯でここまでうならせてくれたのは感激でしたね!

一見するとイカフライや煎り酒などが変化球に見えるのですが、
冒険的でありつつもその旨さの構成は王道を強く感じさせるもので、
レギュラーメニューを張るにふさわしい一杯だと思わされましたね!

貝味噌というスタイルもまたレギュラーでもおかしくないですし、
新しさと安心感をしっかりと共存させた実にいいまぜそばでしたね!

食べた後の採点では思い切って100点をつけさせていただきました!(゚x/)モキキッ

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 魚貝味噌MAZESOBA ~貝出汁FEVER~(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

麺と心 7 濃厚 鯖のどろつけ麺

8月の限定を求めて「麺と心 7」へと行ってまいりました!
今回は昼訪問でしたが、このお店に昼に行くのはひさびさですね!

いつもは夜営業の開始時間を狙って訪問していましたので!

さて、8月の限定は鯖(さば)を使った魚介白湯となっています!

サバというと節素材としてラーメンでもよく使われますが、
こちらのサバ白湯がどんな路線で来るのか気になりますね!

なかなか一筋縄ではいかないラーメンを提供するお店ですので!(*゚ー゚)

麺と心 7 濃厚 鯖のどろつけ麺

ということで、「濃厚 鯖のどろつけ麺」がやってまいりました!

つけ汁を見るに、かなりのどろ感に仕上がっているようですね!
味変用にしょうがとみょうがの2種の薬味も用意されています!

まずはつけ汁ですが・・・ぬおっ、これは強烈などろ感ですね!(=゚ω゚)

これはもうつけ汁と呼んでいいのかどうか迷ってしまうような、
「醤油ダレで味をつけたサバのペースト」そのものという感じです!

まさかここまでのどろ系のつけ汁で来るとは思っていませんでした!

今回のつけ汁はサバの身はもちろん骨も溶け込んでいるようで、
もうサバをひたすら煮込んでペーストにしたような感じです!

そのため、麺をつけようとしても全然つけ汁に沈まないのですよね;
そのままつけ汁の上に麺が乗っかったような感じになります!

でもって、濃度が著しく高いので麺をすするのも大変です!

麺を勢いよくすすってもなかなか麺が上がってこないですからね!

ペースト状のつけ汁ということもあって麺との絡みは非常にいいので、
麺を完全に沈めてつけるのではなく、1/2ぐらいをつければ十分です!

そして中盤からは生姜やみょうがによって変化を加えていきます!

つけ汁の味わいはほんと100%サバと言ってもいいほどなので、
生姜などで好みのさっぱり具合をプラスするといいでしょう!

また、裏技としては早い段階でスープ割りを注文してしまって、
そのスープ割りで濃度を調整するといった方法もありますね!

今回のつけ麺のアイデアのもとは冷や汁あたりにあるのですかね!

青魚のペーストと薬味類といったあたりには共通性がありますし!

ただし、こちらのつけ汁は温かいものとなってはいますし、
味噌は使わないなどいろいろと大きな違いはありますが!

なので、締めはスープ割りで濃度を調整しながら、
ご飯にかけて食べるといった方法もアリでしょうね!(*゚◇゚)

つけ汁の中には玉ねぎ、白ねぎ、甘夏の皮が入っています!

麺の上にはレアチャーシュー以外にかいわれが乗っているので、
レアチャー以外の具材は全て薬味類と言ってもいい感じですね!

なので、薬味を駆使しつつサバの風味を楽しむつけ麺とも言えます!

甘夏の皮はそのまま丸ごとかじってしまうと少々苦くなるので、
ときどきちょっとずつかじるというのが良さそうに思います!

レアチャーシューは厚めのカットなので非常に食べごたえがあります!

もちろんそのまま食べてもレアチャーらしい旨味が楽しめますが、
つけ汁につけてサバの風味と合わせるとまた違った魅力も出ますね!

麺と心 7 濃厚 鯖のどろつけ麺(麺のアップ)

麺はかなり太めのもっちり感のある太麺となっています!

食べ始めの頃は多少のがっしり感とプリッとした質感も出しつつ、
食べ進めるにつれてもっちり感と風味の良さが立ってくる麺ですね!

麺単体としての主張もけっこう強く持った麺ではあるのですが、
今回はつけ汁の主張が強烈なので、つけ汁優位ではありましたね!

さすがにこのつけ汁以上の主張を見せる麺はあまりなさそうですが!(●・ω・)

麺と心 7 濃厚 鯖のどろつけ麺(食べ終わり頃の図)

今回は途中でつけ汁を飲まずに普通に食べ進めたのですが、
それでも最後はこの状態になってつけ汁がなくなりました!

もはやスープ割りをするかどうか迷うまでもなかったですね!

さすがに麺300gでここまでなるつけ汁はそうそうないと思います!
著しく高い粘度でもない限りはこれほどつけ汁は減らないですしね!

今回はここ数ヶ月ぐらいのこちらの限定の中では最も攻めた内容で、
それゆえにかなり人を選ぶ要素も含んでいるのは間違いないですね!(`・ω・)+

冒険心の強さという点では初期の魚介白湯の限定を思い起こさせますね!

なので、苦手な人はとことん苦手と感じる内容ではありますが、
逆にハマると何度もリピートするぐらいになる力もありますね!

これだけサバの風味をとことんまで味わえるつけ麺はないですし!

とにもかくにも最後までサバに圧倒されるつけ麺でございました!(゚x/)モキルー

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 濃厚 鯖のどろつけ麺(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.