綿麺 フライデーナイト Part133 (17/7/14) 小松菜としめじと油かすのつけ麺

7月第2週の綿麺フライデーナイトへと行ってまいりました!
今回の限定は夏の定番メニューの一つである「油かすのつけ麺」です!

この「油かすのつけ麺」は1年の最初と夏に登場するのですよね!(*゚ー゚)

以前は年始と盆の時期に登場するというイメージのつけ麺でしたが、
盆はお客さんの帰省の関係もあってフライデーナイトが休みになるので、
時期が少しずれてこうして7月に提供されることが増えたのですよね!

でもって、綿麺は外せない夏向けの定番の限定がけっこう多いので、
このつけ麺は真夏の時期を外したほうがちょうどいいのですよね!

ところで綿麺の入口のあたりに巣を作っていたつばめさん達は、
みんなずいぶんと大きくなり、巣立ちが近づいてきていました!

開店を待つ間につばめを見るのもこの時期の楽しみなのですよね!

綿麺 フライデーナイト Part133 (17/7/14) 小松菜としめじと油かすのつけ麺

ということで、この夏の「油かすのつけ麺」がやってきました!

油かすがどっさり入ったつけ汁にレアチャーシューの乗った麺、
この組み合わせはもう一つの定番として定着してきましたね!

まずはつけ汁ですが・・・おおぉ、節の風味がかなり太いですね!(●・ω・)

ちょっとこのさば節などの節系の旨味の太さは驚きました!

綿麺の清湯系のつけ麺では節系が使われることは珍しくないですが、
この旨味の太さはそうした限定の中でもかなり際立った強さですね!

この「油かすのつけ麺」は、牛の小腸を揚げたものである「油かす」を
一人分ずつスープで煮込んで仕上げるので、その高級油かすの持つ風味が
かなり強めにつけ汁へと溶け込んでくるのが大きな特徴になるのですよね!

そのため、ベースの動物系に節系を重ねるという基本形の清湯スープでも
油かすによって加わるコクや風味が前面へと出て大きく目立つのですよね!

ところが、今回はその点に一枚違いを加えようとしたように見えましたね!

油かすから出る風味やコクは生かしながらも、つけ汁の風味の中心の部分は
油かすに譲らず、旨味の核の一つとなる節系によって揺るがない強さを作る、
そしてその上で油かすの風味が生きるようなバランスへと変わっています!

なので、以前は後半は特に油かすの風味が全体的に支配的になっていたのが、
最後まで中心に据えられた太い節系の旨味がどっしりと生きてたのですよね!(=゚ω゚)

またスープがほんのり濁っているなど、動物系も少しだけ白湯ぽさがあるなど、
こちらも油かすという強い素材に合わせるにあたって強めてきた感があります!

そしてタレの持っている主張もこれまでに比べると一段強めになってましたね!
このあたりも油かすとのバランスを考慮して調整してきたものと見られます!

今回のつけ汁で最大のインパクトを与えてくれたこの太い節系の旨味ですが、
面白いのは麺やレアチャーをつけると逆にその風味がより際立った点ですね!

つけ汁を単体で飲んだときよりも、麺と食べたときのほうが強く感じましたし!

何かと合わせたときに、よりその風味が前面に出るように感じられたのは、
もしかすると節の香りを移したオイルなどを使ったのかもしれないですね!

そうすると麺などと合わせたときのほうがより香りが立つようになりますし!

そして麺ですが・・・綿麺の限定に欠かせないむっちりとした太麺です!(*゚◇゚)

今日はいつもよりもお腹を空かせてお店に来たこともあって、
つけ汁の到着前に麺を何本かするすると食べていたのですが、
つるりとした質感、噛んだときのむっちりとした絶妙の弾力、
そして麺の持っている小麦の風味のどれも見事なものでしたね!

香りに関してはレギュラーのつけ麺の全粒粉麺がより強いのですが、
小麦の自然な甘みという点ではこちらのほうが上なのですよね!

でもって、どんなつけ汁にも合うという点でも非常に優れています!

そして麺に添えられたレアチャーシューですが、これも重要なのですよね!(*・ω・)

というのも、主役である油かすは牛の小腸という脂の多い部位を
揚げたものなので、揚げることで余分な脂は落ちているものの、
かなりのまったり感を感じさせるタイプの素材なのですよね!

なので、逆にさっぱりと食べられるレアチャーシューがあることで、
油かすの存在がより生きますし、レアチャーもまた生きるのですよね!

なので、このつけ麺にとっての隠れたベストパートナーなのですよね!

綿麺 フライデーナイト Part133 (17/7/14) 小松菜としめじと油かすのつけ麺(つけ汁のアップ)

つけ汁の中にはまず主役である油かすがどっさりと入ったうえで、
限定でよく登場する小松菜、しめじ、そして青ねぎが入ります!

小松菜のほんのりとした苦味、しめじの持っている独特の旨味など、
こうした特徴のある風味もほどよいアクセントを与えていますが、
やはり何と言ってもこの油かすの旨さはずば抜けたものがありますね!

今回はいつもと比べてもより大きめなサイズにカットされていたのか、
油かすの脂の部分のコクと旨さがこれまで以上に堪能できましたね!(`・ω・´)

表面は少し歯ごたえがあって、なおかつ揚げた香ばしさが楽しめて、
逆に中の脂の部分はとろけるようにやわらかく脂の持つ旨味を広げ、
それでいて臭みやクセなどは全くないほんと見事な旨さを持ってます!

これだけコクがしっかりあるのも、高級な油かすを使ってるからですね!
そうした素材に対するこだわりの強さもまた綿麺の大きな魅力ですしね!

こうした強いコクと旨味という明確な個性を持った油かすだからこそ、
今回はつけ汁において節系の旨味やタレの主張を一段グイッと高めて、
つけ汁の風味と具材の油かすのコントラストやメリハリを際立たせる、
そうした新たな試みも感じることができた見事な一杯になってましたね!

間違いなく油かすという素材を主役に据えたつけ麺になっていながらも、
それに負けないインパクトを見せたつけ汁は強く記憶に残りましたね!

とりわけこの節系の旨味の太さはこの限定を語るうえで外せないですね!

定番の限定でありながら今なお進化を続ける、今の綿麺ならではの一杯でした!(゚x/)モキキキン

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part132 (17/6/23) 醤油つけ麺

6月第4週の綿麺フライデーナイトへと足を運んできました!

今回は前回の「塩つけ麺」に対して「醤油つけ麺」とのことです!

前回は「塩つけ麺」という一見オーソドックスな名前ながら、
自家製ベーコンと燻製の香りを生かした攻めの一杯でしたが、
今回は女将さんによると「シンプルな醤油つけ麺」だそうです!

とすると、前回の思い切った路線で攻めた「塩つけ麺」に対し、
今回はフライデーナイトの王道を思わせる内容なのですかね!

ただ、昨年からのフライデーナイトは王道路線かと思ったら、
思わぬ実験性が忍ばされていることがよくあったりするので、
実際にはいろんな隠れた要素などがあるかもしれませんが!(゚◇゚)

綿麺 フライデーナイト Part132 (17/6/23) 醤油つけ麺

ということで、今回の限定の「醤油つけ麺」がやってきました!

むむ、つけ汁のビジュアルがすでにやはり今までとは違いますよ!
王道の綿麺の清湯醤油つけ麺とは何か違いがあるように見えます!

今回は麺からですが・・・まずここから違いがありましたからね!(`・ω・´)

食感はフライデーナイトらしいむっちりとしたものなのですが、
麺を見ると明らかに小さい黒い粒がけっこう入ってるのですよね!

そうしたこともあって、小麦の香りにいくぶん違いが見えますね!
つけ汁に合わせてちょっと香りを強めてきたのかもしれません!

本当はそれが伝わるように麺だけをアップで撮影したのですが、
色合いが変になってしまっていたためボツになってしまいました;

そのため画像ではその小さな粒の存在が気付きにくいのですよね!

しかし今回の黒い粒、これが何だったのかがまず謎なのですよね!(=゚ω゚)

全粒粉だとすると、もうちょっと粒が大きなものになりそうですし、
そう考えると全粒粉を少しだけ練り込んだのとも違う気がします!

もしかすると玄麦で小麦の香りにふくよかさを出したのかもですね!

そして麺の上には例によってレアチャーシューが乗っています!

このレアチャーシューはほんと綿麺の中でも万能の素材で、
すっきり系でもこってり系でも、その中間的なつけ汁でも、
どんな風味と合わせても合わないことが全くないのですよね!

しっかりレアながら生っぽすぎず、ほどけるような食感で、
下味がしっかりなのでそのまま食べても十分においしい、
自分の中ではもう何年も燦然と1位に輝くレアチャーです!(*゚ー゚)

綿麺 フライデーナイト Part132 (17/6/23) 醤油つけ麺(つけ汁のアップ)

そしてつけ汁にはバラチャーシュー、小松菜、しめじが入ります!

小松菜、しめじ、ねぎの具材はたしかにフライデーナイトの定番ですね!
具材に関しては女将さんの言うように王道路線を明確に示しています!

小松菜のシャキッとした食感、そして青菜らしいほんのりした苦味、
しめじのプリッとした食感ときのこらしい特有の強めの旨味といい、
綿麺のつけ麺の具材としてなくてはならない存在なのですよね!

バラチャーシューですが、1枚丸ごとつけ汁に入るのはひさびさですね!

バラチャーシューがつけ汁に入るときはダイス状のことが多く、
1枚丸ごと入れるのは過去に数回あった程度な気がしますからね!

さて、バラチャーシューが丸ごと1枚入るという点を除いては、
たしかに具材は王道路線ですがつけ汁の味わいはどうでしょう!

そのつけ汁の味わいですが・・・えっ、ほんのり鶏白湯風ですよ!(●・ω・)

とはいえ、つけ汁全体で見ればどちらかといえば清湯なのですよね!

画像ではやや白っぽく見えますが、これは表面の油脂によるもので、
その下のほうはちょっと白湯要素もある清湯スープとなっています!

その部分だけを味わうと綿麺の清湯らしい動物系の下支えを中心に、
酸味によるすっきり感、そして節系などの魚介の旨味が広がります!

しかし麺をつけて食べると、こうした綿麺らしい種々の要素の中に
鶏白湯+魚介系を思わせるコクや旨味がふわっと上がるのです!

しかもこのときに感じる風味が4月第4週のフライデーナイトで登場した
鶏白湯系の「鶏煮込みつけ麺」の流れを汲んでいるものなのですよね!

特に鶏白湯ぽい風味と魚介の交わり具合がまさにそれでしたしね!
それでいて鶏油のクセっぽい部分を出さないのも綿麺らしいです!

今回のつけ麺は、まるでいつもの綿麺の王道清湯をベースにしつつ、
鶏白湯ならではのコクや風味をその上に重ねて仕上げてみたい、
そんな狙いで作られたのではないかと思わせる一杯でしたね!(*・ω・)

このバランスはほんと面白く不思議で、どのような炊き方によって、
こうした清湯の旨味と鶏白湯的な風味を重ねたのか興味が湧きますね!

「鶏煮込みつけ麺」が登場したときに、今後はさらにスープの幅が
広がってきそう、というようなことも予想しましたが、それが今回の
「清湯の中に白湯の旨さもある」一杯に繋がったとも言えそうです!

だけど決して「ライト白湯」のような表現が合うものではないのです!
そこに加わっているのは、むしろ濃厚系白湯の要素ですからね!

綿麺のフライデーナイトの王道スタイルの新しい形と言えるかもですね!

そしてこれは直接聞いた話なのですが、今回の醤油ダレには
島根県の井ゲタ醤油の「しじみ醤油」も使われているそうです!

今回のつけ汁から感じたいつもとは違う深い旨味の背景には
この「しじみ醤油」のよる部分が少なからずあったようですね!

これが面白いのはしじみなどの二枚貝特有のクセは感じさせず、
そうでありながら節系などとは違う深みを付与してくれる点ですね!

なので、二枚貝系のクセが苦手な人でも気にならなかったでしょうし、
それでいて旨味がさらに一枚加わっているのが伝わる味わいでしたしね!(*゚◇゚)

今回はこのコクや旨味の重ね方といい、全体のバランスといい、
前回の「塩つけ麺」とは全く違った視点で驚かされましたね!

あくまで基本の部分だけを見れば清湯つけ麺になるのですが、
そこに加わっている厚みとコク、それがやはり今までと違います!

もともとつけ麺は酸味を使うので、清湯の場合はラーメンと比べても、
よりすっきりとした印象の風味に傾くことが多くなりがちなのですが、
今回はそのすっきり感の上にまろやかなコクもありましたからね!

清湯の旨さと白湯の旨さを一杯の中で自然に味わえるつけ麺、
そういうふうに形容するのが最もしっくり来るかもしれません!

シンプルに見えて実際は奥深い、綿麺の新しい王道を見られた一杯でした!(゚x/)モキリュー

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part131 (17/6/9) 塩つけ麺

6月第2週の綿麺フライデーナイトに足を運んでまいりました!
今回の限定メニューはシンプルなネーミングの「塩つけ麺」です!

ただ、こうしたシンプルな名前に惑わされてはいけないのですよね!

名前がシンプルだから、つけ汁も綿麺の王道路線とは限っておらず、
かなり冒険的なつけ汁を合わせてくることもあったりしますからね!(`・ω・´)

数年前は名前から味の予想をするとピタリと当たることもありましたが、
最近は「こうきたか!」なんて思わされることのほうが多いですからね!

昨年の10月に登場した「塩つけ麺」なんてまさにそうしたものでしたし!
まさかあのときはペペロンチーノ風味で来るとは予想してなかったですしね!

さて、店内に入ると燻製をするための機材が厨房に置かれており、
あの自家製ベーコンを使ったつけ麺の登場が示唆されてました!

とすると、昨年10月の「塩つけ麺」の流れを汲んだ一杯なのですかね!

綿麺 フライデーナイト Part131 (17/6/9) 塩つけ麺

ということで、その謎に包まれた「塩つけ麺」が到着いたしました!
黄金色の香味油に覆われたつけ汁のビジュアルが実に印象的です!

まずはつけ汁ですが・・・うはっ、これは今期最高じゃないですかね!(●・ω・)

創作性の高さといい、その旨さといい、スキが全くありません!

一応大きな方向性としては昨年10月の「塩つけ麺」の流れを汲んでますが、
一段、いや数段は今回のつけ麺のほうが大きくパワーアップしています!

昨年10月の「塩つけ麺」は味の大まかな方向性が一言で説明しやすく、
「綿麺流和風ペペロンチーノ風つけ麺」なんて自分は呼びましたが、
今回は洋の要素も和の要素もその融合の度合いと調和の高さが半端なく、
わかりやすい言葉で形容しようとしても足りない魅力を持っています!

だからこそこのシンプルな名前に行き着いたとも言えるのでしょうが!

まず最大の鍵になっているのは、表面を覆っているこの香味油ですね!(=゚ω゚)

ベーコンなどの燻製肉の風味とコク、ガーリックや玉ねぎなどの香味野菜の旨さ、
大きな方向性としては洋を指向しつつも、香味油は綿麺の得意分野でもありますし、
綿麺の得意とする領域と洋の創作性が一つにまとまった香味油と言えるでしょう!

これが麺に絡むことによって、香り、コク、旨味などが一体となって合わさり、
今までに味わったことのない「創作的なのに安心できる旨さ」がやってきます!

そしてこれを支えているのがベースのつけ汁に溶け込んだ魚介の旨味なのです!

昨年10月の「塩つけ麺」のつけ汁にも和風の要素は入っていたのですが、
主役は完全に洋の要素で、和風の旨味は下支えといった感じでしたが、
今回は洋の旨さと節系の旨さの融合具合があまりに見事なのですよね!

スープのほうには魚介だけでなく、動物系やベーコンの旨味も染み出るなど、
決して和風の旨味だけで構成されてるわけではなく、洋のコクも生きています!

そうしたベーコンや香味油の洋の旨さと節系の和が旨さが合わさると、
それはもう驚くほどに何ら違和感なく旨味の相乗効果が現れます!

よくよく考えれば節系も燻製素材とは相性がいいものではありますし、
思い切って等価なレベルで融合させてもこれだけハマるのですね!

そしてこのつけ汁でもう一つ欠かすことのできないのが玉ねぎです!(*゚◇゚)

お店に入ると何かをじっくり炒めている場面に出くわしたのですが、
どうもこれが玉ねぎを炒める作業工程だったみたいなのですよね!

やや幅広で縦長にカットした玉ねぎをじっくり炒めたものなのですが、
この形で玉ねぎを活用するという発想こそが見事だと思いましたね!

フライドオニオンで玉ねぎの香味を生かすという手法は少々典型的ですし、、
飴色玉ねぎを利用するとつけ汁全体に甘みが強く移りすぎてしまいます!

そこで考えたのが縦長にカットした玉ねぎをじっくりと炒めることで、
一つの具材として甘みをギュッと閉じ込んだ玉ねぎとして楽しめるとともに、
スープにその甘い玉ねぎの香味をも溶け込む効果を期待することができる、
この玉ねぎは間違いなく今回のつけ汁における名脇役と呼んでいいですね!

昨年10月の「塩つけ麺」のときはペペロンチーノを意識していたので、
とにかく全体的ににんにくを主役に据えた内容になってましたが、
今回は洋と和の融合を目指しながらも何か一つを立てるのではなく、
「これまでにない創作的な和洋融合による旨さ」が目指されていて、
それが余すとこなくつけ汁の中で実現させられているのですよね!

これぞ「自己流ラーメン」の名にふさわしい一杯と言っていいでしょう!
今回の限定はラーメンではなくて、つけ麺ではあるのですが!笑

麺はいつものフライデーナイトらしい魅力を備えた麺となってます!

単体で食べれば小麦の自然な甘みが広がり、食感はむっちりと、
つけ汁につければつるみが出て、すすり心地の良さが強調されつつ、
噛んだときには絶妙の歯への押し返しと弾力を楽しむことができます!

こうした創作的なつけ汁と合わせても抜群の相性を見せますね!
「どんな食べ方をしても旨い麺」、これがこの麺の最大の特徴ですね!

そして麺の上には看板具材であるレアチャーがどっさり乗ります!

今回はかなり工夫を凝らした限定メニューだったのもかかわらず、
価格がレギュラーのつけ麺とあまり変わらず安く感じましたね!

しかもこれだけのレアチャーまで乗るのですから贅沢です!(*゚ー゚)

生っぽさのある質感はレアチャーの魅力の一つではありますが、
一方で人を選びかねない要素でもあったりするのですよね!

それに対して、綿麺はそうした過度な生っぽさが全くなく、
自分にとっては理想のたんぱく質の凝固具合なのですよね!

だから綿麺に来るたび、「レアチャーはやっぱりこれだな」と
一人でうんうんとうなずきながら食べてしまうのですよね!

しっとりほどけやすく下味も絶妙、ほんといいレアチャーです!

綿麺 フライデーナイト Part131 (17/6/9) 塩つけ麺(つけ汁のアップ)

つけ汁の中には自家製ベーコンにじっくり炒めた玉ねぎなどが入ります!

玉ねぎはもうとにかくその甘さが完全に引き出されています!
それでいて焦げのような苦味はここには一切出ていません!

この炒めのラインの取り方、やっぱりここもさすがですよね!

そして主役たる自家製ベーコンですが、いい具材になりましたね!(`・ω・´)

この自家製ベーコンの初登場が例の昨年10月の「塩つけ麺」で、
それが約8ヶ月を経てベーコンも香り、肉の旨味と磨きがかかり、
つけ汁も一回りも二回りも大きくなったうえで返ってくるという、
ほんといい意味でぐるりと回って戻ってきたなぁという思いです!

燻製の香りや香味の生きた黄金の香味油の旨さもさることながら、
じっくり炒めた玉ねぎなど洋のテクニックもこれまで以上に駆使し、
それでいてスープの軸には節を立てて両者をガッチリ組み合わせる、
創作性といい旨さといい、さらなる高みに達してきた一杯でしたね!

今年食べた中でもとりわけ秀逸と呼んでいい素晴らしい一杯でした!

これだけの旨さの創作つけ麺を作れるお店、そうそうないですよ!(*・ω・)

そもそも自家製ベーコンを武器に持ってるだけでも凄い話ですし!

綿麺のレギュラーの味は知ってるけど、フライデーナイトはまだ来たことがない、
これほどのつけ麺を出てるのですから、それはあまりにもったいないですよ!

「自己流ラーメン」の神髄、このフライデーナイトで触れてみませんか!(゚x/)モッキッキッキッキ

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part130 (17/5/26) まつばら焼きそば定食

5月第4週の綿麺フライデーナイトへと足を運んでまいりました!
今週の限定は「まつばら焼きそば」名付けられたソース焼きそばです!(`・ω・´)

綿麺の自家製麺で作るソース焼きそばがおいしいことは知られていて、
自分も綿麺でいただいた麺でソース焼きそばを作ったことがありますが、
お店の限定で登場するという話はこれまでずっとなかったのですよね!

やはり「ラーメン屋の限定でソース焼きそば?」ということもあり、
おいしいとはわかっていながらも登場することはなかったのですね!

それがつい先日女将さんが本場の富士宮焼きそばを食べた際に、
その蒸し麺の食感の良さなどに感激したということをきっかけに、
普通に麺を茹でて、それを焼きそばにするという方法ではなくて、
蒸し麺の手法を取り入れた焼きそばの研究をお店でも進められ、
今回のこの「まつばら焼きそば」の提供へと至ったわけですね!

ソース焼きそばとなると、お店のオリジナルの部分を出しにくいのですが、
ラーメン屋さんでは通常行わない蒸しの工程を経る麺を研究したことにより、
この限定メニューならではのオリジナルの要素が加わったというわけですね!

また、ソースなどの素材は松原市で作られたものを使うということで、
綿麺としてのオリジナルの要素と松原市ならではの素材を合わせる、
それがこの「まつばら焼きそば」の名前につながったわけですね!

ちなみにスーパーで「むし」と書かれた焼きそば用麺が安く売ってますが、
あれは生の中華麺を実際に蒸したのとは明らかに食感が違うのですよね;

自分は過去に生の中華麺を蒸して焼きそば用の麺を作ったことがありますが、
蒸すと麺の色はもう少し濃くなりますし、スーパーの「むし」の焼きそば麺は
どちらかといえば茹で麺に油を絡めたものに近いと言ったほうがいいですね!

ところで今回綿麺に訪問すると今年も入口近くにつばめが来ていました!

前回のときはまだ見なかったので今年は来ないのかと思いましたが、
ちゃんと今年もいつもの巣のところに帰って来てくれたみたいですね!(*゚ー゚)

さて、今回は珍しくご飯とみそ汁つきの「定食」が用意されています!

自分は焼きそば+ご飯という組み合わせで食べることはないのですが、
せっかくのオススメメニューなので「定食」を注文することにしました!

またトッピングとして焼きそばに乗せる「目玉焼き」も注文しました!

綿麺 フライデーナイト Part130 (17/5/26) まつばら焼きそば定食

ということで、今回の限定の「まつばら焼きそば定食」がやってきました!
そういえば焼きそばだけでなく、綿麺のみそ汁もまた今回が初めてですね!

まずはソースの味わいですが・・・バランスの良さが光るソースですね!(●・ω・)

ソースのタイプもいろいろあって、酸味を強く押し立てるものや、
フルーツ感を強く出すもの、甘みを立てたものなどありますが、
こちらはフルーツ感やほどよい甘みもありつつも強くは出すぎず、
酸味についてはやや抑えめで非常に食べやすい味わいとなってます!

バランスのいいソースは特徴が弱くなりがちなこともありますが、
こちらはそれでいてフルーツ感やスパイス感に物足りなさがなく、
調和の高さを軸にしつつもソースの持つ旨味はしっかりと強いです!

濃度はそこそこ高めで、麺との絡みやまとまり具合は非常にいいですね!

今回使ったソースは松原市にある「和泉食品」の2種類のソースで、
「和泉食品」の看板である「パロマソース」と焼きそばソースを合わせ、
どっしり感のある綿麺の太麺にも負けないソースとなっています!

地ソース好きの人からすると「パロマソース」はけっこう有名かもですね!

そして焼きそばの具材は豚バラ、キャベツ、人参、もやしとなっています!
この具材の組み合わせに関しては王道中の王道と言っていいでしょうね!

この中で何と言っても核になっているのはやはり豚バラ肉ですね!(=゚ω゚)

豚バラ肉は綿麺の限定ではけっこう頻繁に登場する具材の一つで、
とにかく脂がおいしく、重厚なコクがありながら嫌味が全くなく、
バラ肉が苦手な人でも一発で虜にしてしまうだけの力があります!

その豚バラ肉を使っているので、炒める際にいい脂が出ていて、
それがソースと絡むことで重厚なコクを引き出してるのですよね!

この豚バラの脂の旨さもまたソースと双璧をなす力を見せています!

そしてもう一つの注目が上にかかっているいわしの削り節ですね!

これは松原市のものではなく、静岡の「カクサ」という会社が作る、
いわしふりかけ 潮の華」という名前のいわしの削り節ですね!

「いわしの削り節」とだけ聞くと別に珍しくはないのですが、
びっくりするのが食べた瞬間に広がるそのいわしの風味です!

「こんなに素材が味がはっきり伝わる削り節ってあるの!?」と、
削り節に対する価値観を変えられるほどのものがありましたね!(*゚◇゚)

そうした素材ですから、麺に少し絡めるだけで香りが強く出て、
この削り節だけで魚介の香りと旨味が十分すぎるほど味わえます!

今回の焼きそばを作るきっかけとなった「富士宮焼きそば」では、
仕上げにだし粉をかけるのが大きな特徴となっていましたが、
この焼きそばはこのいわしふりかけが明確な個性となってますね!

そしてトッピングの目玉焼きは、卵黄はちゃんと半熟になっていて、
卵白は薄く広げることでサクッとした香ばしさも楽しむことができます!

この卵黄を麺に絡めながら食べるとコクが出ておいしいのですよね!

ちゃんと下味として塩胡椒がされているのでそのままでも十分いけます!

そして奥に見えるみそ汁ですが・・・このだしにも驚かされましたね!(*・ω・)

思えば綿麺と言えば魚介だしにも非常に強みを持ってるお店なので、
その魚介だしが生きるみそ汁がおいしくないはずがないのですよね!

今回のみそ汁では、とにかくいりこの旨味がビシッと生きていて、
みそよりもそのいりここそが主役であることが伝わってきましたね!

でもって、これはラーメン好きに受ける味わいでもありますよね!
ラーメン好きはいりこのしっかりした旨味にはほんと弱いですから!

中には下茹ですることでプリッとした食感を出した絹ごし豆腐に、
厚みのある油揚げ、えのきたけ、そして青ねぎが入っています!

そして手前のご飯にも松原市の会社のふりかけがかけられています!

こちらに使われているのは「竹内海苔」の「のりふりかけ」ですね!

でもって、これもまた自分が想像していた以上においしいのですよね!

中身は味付海苔、あられ、かつお削り節、卵フレークなどですが、
何と言ってもその海苔の香ばしさと風味が素晴らしくいいのです!

今まで食べた海苔を軸にしたふりかけの中では一番好きですね!(*゚ー゚)

海苔メインのふりかけというと、苦味が少し出ることもありますが、
これは海苔の香ばしさと味付けの良さがピタッとハマっていて、
ストレートにその旨さを楽しむことができるものとなっています!

綿麺 フライデーナイト Part130 (17/5/26) まつばら焼きそば定食(麺のアップ)

そしてこちらは今回の主役となっている焼きそばの自家製麺です!

今回は麺の調理工程についてもしっかり眺めていたのですが、
やはりその工程からして明らかに大きな違いがありましたね!

まず蒸しの工程から始まり、指定の時間だけ蒸してから茹で、
茹で終わったら水で洗ってから、焼き(炒め)へと移ります!

焼きそばということで、焼きの工程が入るのはもちろんなのですが、
茹での前段階として蒸しが入っているというのが大きな特徴です!

そして、それによって麺の食感にも大きな違いが出ていましたね!

いつもはむちっとした、表面には優しさと弾力の両方が感じられ、
噛むにつれてほどよい押し返しを見せるという食感なのですが、
今回はそれと比べてもより引き締まった食感となっていました!(`・ω・´)

むちっという質感にギュムっという締まった感覚が加わっています!

とりわけ表面が質感がより締まってしっかりしているのが特徴で、
これによって炒めても麺の表面のダレが起きなくなっています!

どんな麺でも茹でると表面がやわらかくなるので炒めると少しダレますが、
そこに蒸しの工程を入れることで、それを防ぐことができるわけですね!

それもあって、今回は一部にきちっと焼き目をつくぐらいに炒めていて、
そうすることで「焼き」による香ばしさも麺に加えられていましたね!

蒸しだと茹でと違ってかんすいの流れ出る量が少なくなることや、
麺の水分量が茹でよりも少なかったり、あるいは温度の関係で、
こうした大きな食感の違いが生まれてくることのようですね!

そう考えると、焼きそばの蒸し麺というのも奥が深いのですね!

その奥の深さがあるからこそ、今回の限定になったわけでもありますし!

しかもいつもと違って工程が蒸し、茹で、冷やし、炒めの4つになるので、
その時間配分も普段よりも遥かに気を遣う必要があったでしょうね!

でもって、3つのフライパンを並行してご主人が炒めていくので、
それはもうものすごく大変そうだなぁと思って見ていましたが!

パロマソースにいわしの削り節、海苔のふりかけにみそ汁のだしと、
使われている素材などにもたくさんの見どころがありましたが、
それでも何と言っても最大の注目点はこの蒸しを加えた麺でしたね!

蒸しを加えることで、いつものむちっとした食感だけにとどまらず、
焼きそば向けにカスタマイズされた締まった食感を楽しむことができ、
綿麺ならではの焼きそば麺というものをしっかりと堪能できました!

焼きそばというと、ソース以外にも塩焼きそばなどもあったりしますし、
もしかすると今後はそうした展開などもあったりするかもですね!

焼きそばの持つ奥の深さも同時に教えてくれる限定でございました!(゚x/)モキリューン

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : 焼きそば・焼うどん | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part129 (17/5/12) 濃口醤油ら~めん

5月第2週の綿麺フライデーナイトへと足を運んでまいりました!(`・ω・´)

今回の限定メニューは「濃口醤油ら~めん」とのことなのですが、
一見するとけっこうオーソドックスな指向性のネーミングながら、
実は綿麺で醤油にスポットを当てたラーメンは非常に珍しいです!

もちろん醤油系のラーメンはこれまでにも何度か出ていますが、
今回は「濃口醤油」と醤油の存在に着目させる名前となっていて、
こうしたメニューは以前にもほとんど出てはいないのですよね!

「濃口醤油のラーメン」と聞くといろんなイメージが浮かびますが、
綿麺の考える濃口醤油のラーメン像は果たしてどのようなものなのか、
頭に思い浮かんだイメージと照らし合わせつつ食べてみたいですね!

ちなみに「大盛」もあったので、もちろん大盛で注文いたしました!

綿麺 フライデーナイト Part129 (17/5/12) 濃口醤油ら~めん

おっと、ラーメンの「大盛」の提供方式が大きく変わってますね!

以前は大盛用の麺は替え玉の形式で提供されていたのですが、
今回はラーメンの麺量がそのまま増量される形となってます!

麺量が増えると、それにともなってスープの量なども増えますが、
それによるタレの量の変化などに対応する形を確立したのでしょうね!

実際に大盛の器には最後にタレを少し追加する形をとってましたし!
そうした方式になったので、器のギリギリまでスープが入ってますね!

まずはスープですが・・・ほぉ、こうしたスタイルで来ましたか!(●・ω・)

「濃口醤油」という醤油にスポットを当てた名前だったことから、
高井田系とか「新福菜館」のように醤油のキレを重視したような
タレが強めのシャープ系の醤油ラーメンを少し予想してましたが、
この「濃口醤油ら~めん」はそうした路線とは全く違ってますね!

「濃口醤油ら~めん」ということで、醤油の風味は生かしてますが、
醤油のキレを立てるのではなく、醤油の持つ旨味を引き出すような、
醤油の風味に丸みを持たせつつ伝えるようなバランスとなってます!

醤油の旨味を生かしつつも、醤油を完全に主役化させるのではなく、
ベースの動物系で厚みを持たせ、ねぎ系の香味油で香りとコクを高め、
魚介も節系と煮干のミックスなのかいつもよりもどっしり感があって、
醤油を中央に据えつつ複合的かつ総合的な旨さを実現していますね!

また、これらの素材以外にも何か旨味が重なっていた感があったのですよね!(*゚◇゚)

それが今回使用された醤油の持っている旨味に由来しているものなのか、
あるいは貝系などの素材を加えることによって生まれているものなのか、
スープの香りからどこか感じる懐かしさであったり、食べ進めて行くうちに
グイグイと引き込まれる力があったりと、不思議な魅力があったのですよね!

それがどこから来ているのか、今回は読み切れないところがありましたが!

トッピングは片面を焼いたバラチャーシュー、レアチャーシュー、
そして小松菜、青ねぎという組み合わせになっています!

この片面を焼いたバラチャーシューの登場はひさしぶりですね!

「カリッ豚」(かりっとん)という名前があったりもする具材で、
2・3年ぐらい前まではちょくちょく限定で登場していましたが、
肉具材の種類が増えたこともあって出なくなってたのですよね!

そうではありながらも、これもまた非常においしいのですよね!

片面を焼くことで脂が適度に落ちてややすっきりした風味になり、
それでいて焼くことで脂がじんわりとスープに溶け出す効果もあり、
なおかつ表面のカリッとした食感や香ばしさなども楽しめたりと、
綿麺の清湯ラーメンの隠れた名トッピングだったりしますからね!(=゚ω゚)

手前右に見えるレアチャーもいつもながらのクオリティの高さです!

しっとりとした質感とほどよい味付けといい、つけ麺だけでなく、
清湯系のスープとも非常にいい相性を見せてくれていますね!

そして小松菜ですが、こうしてラーメンのトッピングになると、
つけ麺のとき以上に青菜らしい風味がアクセントになりますね!

つけ麺のときはつけ汁となじんで一体感が強くなるのですが、
ラーメンの場合は青菜の苦味が味の変化を強くつけてくれます!

また、今回は青ねぎもその辛味でいい存在感を立ててましたね!

綿麺 フライデーナイト Part129 (17/5/12) 濃口醤油ら~めん(麺のアップ)

麺は中太ぐらいの太さの断面が軽く丸みを帯びたストレート麺です!

ラーメンの麺としてはけっこう太めの部類と言っていいのですが、
綿麺が清湯ラーメンを作るときはこの太さの麺が多いのですよね!(*゚ー゚)

ほどよいプリ感と小麦の風味の良さの両方をアピールする麺で、
今回はとりわけスープとのまとまりの良さが感じられましたね!

大盛分の麺が替え玉方式で後から提供されていたときの場合は、
前半はスープと麺のまとまりを、後半は麺を楽しむ感じでしたが、
今回は麺を味わいながら一体感も同時に楽しむという感じでしたね!

醤油にスポットを当てつつも、決してタレで食わせるのではなく、
総合的な旨さの中から醤油の旨味が引き立つように仕立てていく、
そうした綿麺らしい醤油の生かし方というのが感じられましたね!

今回の深さにはそうした醤油の風味がかなり生きていたでしょうしね!

キレよりも醤油の持つ旨さを堪能することができる醤油ラーメンでした!(゚x/)モキキキッ

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part128 (17/4/28) 鶏煮込みつけ麺

4月第4週の綿麺フライデーナイトへと足を運んでまいりました!
今回の限定メニューは「鶏煮込みつけ麺」とのことです!

鶏煮込みつけ麺・・・これは明らかに鶏白湯を示唆する名前ですね!(=゚ω゚)

綿麺で鶏白湯、これは超をいくらつけても足りないほどレアな存在です!

過去のフライデーナイトの限定メニューを全て洗い出してみても、
2011年1月21日に提供された「とりパイタンつけ麺」のみですし、
それ以前に試作的な限定として作られたという情報もありません!

そしてその6年前の鶏白湯つけ麺もネット上にレポートがないので、
いったいどのような鶏白湯スープだったのか謎に包まれたままです!

なので、「綿麺の鶏白湯」については知る人がほとんどいないのですよね!
というのも、6年前の「とりパイタンつけ麺」は自分も食べてないですし!

なので、メニュー名を見ても「本当に鶏白湯が登場!?」と信じ切れず、
厨房の中をこそこそと覗きながら「おおぉ、本当に綿麺の鶏白湯だ」と、
食べる前から一人でそわそわとしながら提供を待っている状態でした!

綿麺では豚骨の白湯はもちろん、鶏の清湯、豚系の清湯、魚介のスープ、
これらのスープはどれもけっこうな頻度で限定に使われているのですが、
鶏白湯だけはその姿をチラリとも見せたことがなかったですからね!

今では鶏白湯スープはラーメンにおける主流の一つとなっていますし、
それを綿麺が手がけるといったいどのような仕上がりとなってくるのか、
綿麺に通い詰めている人ほど気になって仕方ない限定と言えそうです!

綿麺 フライデーナイト Part128 (17/4/28) 鶏煮込みつけ麺

ということで、自分が綿麺で初めて食べる鶏白湯つけ麺が登場しました!

今日はつけ麺ながらも麺がラーメンの器に盛られていますね!
レギュラーのつけ麺とビジュアルの違いを強調してる感もあります!

レアチャーシューのカットの仕方なども普段とは違ってますしね!

最注目のつけ汁はあえて後に回してまずは麺から見ていきます!

その麺ですが・・・うん、非常にむっちり感が強調されてますね!(`・ω・)+

そういえば前回の麺はむっちり感以外の要素も感じたのですが、
今回はむしろ逆にいつも以上にむっちり感の強い食感ですね!

このあたりはやはり限定ごとに細かい違いを入れているのですかね!

今回は白湯系ということでつけ汁の主張もより明確なので、
それに合わせて麺のむっちり感も強めてきた感もしますね!

そのまま食べても麺の風味、食感ともに楽しめる仕上がりで、
フライデーナイトの麺の持つ良さをはっきり伝えてくれます!

麺に乗っているトッピングはレアチャーシュー、メンマ、味玉です!

レアチャーシューはいつもはスライスされて提供されますが、
今回は厚めにカットしたうえで、短冊切りとされています!

そのためいつもとは違って、食感で力強さをアピールしてますね!(*゚◇゚)

面白いのは使われているレアチャーシュー自体はおそらく同じなのに、
カットのされ方で食感だけでなく風味も違ってくるという点ですね!

これだけ分厚くなると肉としての主張がかなり強くなるので、
いつも以上に肉の風味がビシビシ伝わるようになっています!

そのため、レギュラーのつけ麺向けのいつものレアチャーシューが、
口をさっぱりさせて味をいったんリセットさせてくれるのに対して、
こちらはむしろつけ汁と合わさって力強さをさらに高める役割です!

そしてメンマについてもいつもに比べて大ぶりになってますね!

綿麺は限定でメンマを使うときでもサイズは比較的小さめで、
コリコリとした小気味いい食感をアピールしてくるのですが、
今回はそうしたスタイルとは少々違ったものを見せてくれます!

また、今回のメンマで特に感じたのですが、綿麺のメンマは
あえて発酵感があまり強くないものが使われているのですよね!

別の言い方をするなら「たけのこらしさ」がけっこう残ってます!

そのためメンマの発酵感が演出する酸味などがかなり控えめで、
ご飯のおかずにピッタリ合うような甘めの味わいとなってます!

味玉はつけ汁のまろやかさといい相乗効果を見せてくれますね!
こうして見ると綿麺の味玉は白湯スープと非常に相性がいいですね!

綿麺 フライデーナイト Part128 (17/4/28) 鶏煮込みつけ麺(つけ汁のアップ)

さて、今回の最注目のつけ汁ですが・・・なるほどこうなるのですね!(●・ω・)

もし綿麺が豚骨ではなく、鶏白湯を基本に据えたお店だったなら、
レギュラーメニューのつけ麺のつけ汁はどんなふうになるだろうか、
それをイメージしたときに出てくる風味とピタッとハマりますね!

ゴリゴリに高い粘度で攻め立てるのではなく、濃厚さを出しながらも、
丸みのあるまろやかさを持ち、それと同時に鶏の旨味がどんどんあふれる、
またそれでいて油脂では押さないので濃厚ながらも食べやすくスッと入る、
そして綿麺のつけ汁らしく酸味の引き締めも忘れずピシッと締まっている、
なるほど「綿麺の鶏白湯」として素直にイメージができる味わいですね!

綿麺は清湯ではこれまでの鶏系のスープは何度も作ってきていますが、
鶏油でガツンと押してくるようなスタイルを取ったことはないのですよね!

それは今回も同様で、スープにわかりやすい油脂の層はできていません!

しかし同時に白湯スープらしい見た目のきめの細かい白さがあるなど、
油脂をスープできちっと抱き込ませることで生まれる優しいまろやかさ、
そこに最大の魅力を持ってくるあたりは実に綿麺の白湯らしさを感じます!

そうした鶏白湯なので、まろやかさと丸みが全体に生きていますし、
ドロ系の鶏白湯にありがちなドスンとお腹に残る重さは持っておらず、
また同時に鶏白湯特有のクセなどもほとんど感じさせないのですよね!

そして「もし綿麺がレギュラーで鶏白湯つけ麺を作るなら」というところから
イメージできるように魚介の旨味についてもかなり強めに効かされています!

旨味としての魚介の強調度はレギュラーのつけ麺以上と言えるかもです!

おそらくはさば節を中心に複数の魚介で組み立てられたスープで、
まるで鶏白湯が丸みを、魚介がパンチを担当するかのような分担で、
単に旨味を下支えするのとは違った力強さを見せてくれていましたね!

そしてつけ汁の中にはバラチャーシューと新玉ねぎのピクルスが入ります!

バラチャーシューはいつものつけ麺と同様のダイス状のとろけるもので、
やはり白湯系のつけ汁には豚骨でも鶏でも抜群の相性を見せてくれますね!

そしてものすごく大きなポイントとなっているのが新玉ねぎのピクルスです!(*゚ー゚)

鶏白湯系のラーメンに生玉ねぎをトッピングするお店は多いですが、
生の玉ねぎは普通のねぎと比べても辛味のアクセントが強く出るので、
引き締めに効果的でも、同時に少々きつく感じることもあるのですよね!

そして一方でつけ麺のつけ汁には酸味の引き締めが効果的なわけですが、
玉ねぎの食感と薬味としての効果、そしてつけ汁と相性のいい酸味、
そして玉ねぎの旨味、この全てがこの新玉ねぎピクルスにあるのですよね!

この新玉ねぎピクルスはちょうど1ヶ月前に初登場したのですが、
今回の鶏白湯のつけ汁にもまさにうってつけと言える存在でしたね!

新玉ねぎならではの甘さとキツさを感じさせないラインの酸味と、
辛味は抑えつつシャキシャキとした食感はそのまま生きているなど、
このピクルスだけを食べていたくなるほどの完成度がありますからね!

「ついに綿麺の鶏白湯を体験できた」という喜びはもちろんのこと、
これが綿麺の限定の新しい扉を開いたという意義も大きそうですね!

今後また違った形で鶏白湯を使った限定が登場することもありえますし、
あるいは豚骨とミックスした鶏豚骨白湯スープの可能性も出てきますしね!

特に今回のスープは鶏白湯に求められる鶏の旨味と丸みを引き出しつつ、
鶏白湯の弱点になりがちなクセや後半の飽きをきちっと抑えているなど、
綿麺のらしさが生きてただけに、今後への期待もより膨らむのですよね!

これまで超レアな存在だった、綿麺の鶏白湯をしっかり堪能できた一杯でした!(゚x/)モキュルルッ

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part127 (17/4/14) 新玉ねぎとあわび茸のかき揚げつけ麺

4月第2週の綿麺フライデーナイトに足を運んでまいりました!
先月は金曜日が5回あったので3週間ぶりの限定となりますね!

そうしているうちに綿麺の近くでもつばめが飛び始めてました!(*・ω・)

このところ毎年綿麺の入口近くに巣を作ることが多いのですが、
今はどこに巣を作るか探しているような感じにも見えましたね!

おそらく次に綿麺に訪問するときはいつもの巣に来ていることでしょう!

さて、今回の限定は「新玉ねぎとあわび茸のかき揚げつけ麺」です!

新玉ねぎは前回の「春よ恋 豚しゃぶつけ麺」でも大活躍してましたし、
春らしく、なおかつ天ぷらに合う素材として今回も登場してきました!

でもって今回は「かき揚げ」をメインに据えたメニューとなってますが、
そういえば昨年も今年とほぼ同時期に「かきあげそば」がありましたね!

昨年はラーメンで、今年はつけ麺ということで大きな違いはありますが、
かき揚げやスープの個性がどう変わっているのかも見ものになりますね!(*゚ー゚)

そして今回は「あわび茸」という聞きなれない茸も登場してます!
あわびのような食感を持ったかなり大ぶりなタイプの茸のようです!

綿麺 フライデーナイト Part127 (17/4/14) 新玉ねぎとあわび茸のかき揚げつけ麺

ということで、「新玉ねぎとあわび茸のかき揚げつけ麺」がやってきました!
もはやラーメン屋さんであることを忘れさせるようなビジュアルですね!

麺の色がもう少し黒かったらおそば屋さんかと勘違いしそうです!

まずはつけ汁ですが・・・ほぉ、今回は海老が大きな鍵になってますね!(●・ω・)

昨年の「かきあげそば」のスープも海老が大きく活躍してましたが、
昨年はアミエビの小さな天ぷらをスープに溶け込ませることによって、
天ぷらそばを思わせる雰囲気と海老の旨味を引き出す方法でしたが、
今年は干したアミエビのだし感に重点がより置かれていますね!

そうしたことから、昨年は海老の香ばしさが打ち出されていたのに対し、
今年は海老の持つじんわりとした旨味がつけ汁に強く広がっています!

この「だしとしての海老の旨味」はこれまでにはなかったものですね!
つけ汁をよく見ると、小さいアミエビが浮かんでるのも見えますね!

そしてここにつけ汁らしく酸味による引き締めなども加わりますが、
今回は昆布をいつも以上に強めに効かせてるようにも感じました!

このあたりの舌の感覚は未熟なので当たっているか自信はないですが、
昆布の持つ優しさや深みの下支えを体感的には強く感じたのですよね!

さらにここに香味油が加わることで香味とコクがプラスされますが、
これはおそらくは玉ねぎ系の香味油がメインとなってそうですね!

また、この香味油のほうにも海老が生かされていた可能性も高いです!

こうしたつけ汁の組み立ては普段の清湯系とは明らかに違っていたので、
中の構成までは読み切れなくてもその違いは明確に伝わってきますね!

そして麺ですが・・・うん、フライデーナイトらしいむっちり麺ですね!(*゚◇゚)

心なしか今回は少しだけ加水を低めた感じたしましたが気のせいですかね!
むっちり感とともにごく軽めにパスッとした質感も感じたりしたのですが!

今回は「かき揚げ」がテーマと蕎麦を多少意識したメニューなので、
もしかするとそうしたところを踏まえてのものだったのかもですが、
単に自分がたまたまそんなふうに感じたというだけかもしれません!

もちろん今回のこの麺らしい自然な甘みや絶妙な弾力が生きていて、
海老を中心に据えた今回のつけ汁ともピシッと合っていましたね!

そして麺の上には看板トッピングであるレアチャーシューが3枚と、
さらに長めにカットされた青ねぎが乗るスタイルとなっています!

この青ねぎはかき揚げの風味をリセットする役割なのでしょうね!(=゚ω゚)

かき揚げは当然揚げ物ということもあって多少重さがありますが、
この長くカットされた青ねぎを食べれば一気にすっきりしますし!

また、レアチャーシューを巻いて食べるというのもかなりアリです!
というのも、このレアチャーシューはねぎとの相性が抜群ですからね!

綿麺 フライデーナイト Part127 (17/4/14) 新玉ねぎとあわび茸のかき揚げつけ麺(かき揚げのアップ)

そして今回の主役と言っていい「新玉ねぎとあわび茸のかき揚げ」です!

もちろん提供直前に揚げられるので、アツアツかつサクサクです!
綿麺では絶対に天ぷらの揚げ置きなんてことはありえません!

綿麺の限定では様々な大きな武器となる具材があるのですが、
その中でも最強クラスと言っていいのがこの天ぷら系統です!

本格的な天ぷら屋と全く遜色ないものが食べられますからね!

今回の具材は新玉ねぎとあわび茸という2つの主役を軸に、
人参と青ねぎ、そしてアミエビもかなり多く入っています!

どうも今回はこのアミエビも隠れた主役と言えそうですね!(`・ω・´)

昨年の「かきあげそば」には塩も準備されていましたが、
今年のかき揚げにはあえてそうしたものはついていません!

というのも、そのまま食べて十分おいしいのもさることながら、
つけ麺なのでつけ汁がそのまま天つゆとして使えますからね!

ちなみにこのかき揚げは実際には3つに分かれています!

これは決して作っている最中に割れてしまったのではないです!

昨年はこれと同サイズぐらいのかき揚げが1つドカッと出たので、
おいしいけど食べにくそうにしてる人が多かったのですよね!笑

おそらくそれを踏まえて今回はあらかじめ3つにしたのでしょう!
もちろんそうすることでつけ汁にもつけやすくなりますしね!

それでも一つ一つがけっこうなサイズなので食べごたえ十分です!

味わいはまず何と言っても新玉ねぎのすっきりとした風味と甘さ、
このすっきりとした感覚は普通の玉ねぎにはないものですね!

あわび茸はコリッとした小気味いい食感としっかりした旨味で、
他のきのこにはない魅力をかき揚げの中でも発揮してましたね!

そしてアミエビが入ることで揚げた海老の香ばしさも加わって、
さらにつけ汁の海老風味も重なることで旨味も増してましたね!

季節の素材を生かすのを綿麺は以前から得意としてましたし、
かき揚げなどの天ぷらも非常に大きな武器としていましたが、
今回はそれに加えて海老を軸に据えたつけ汁も合わせるなど、
かき揚げを軸に実にきれいにまとまった構成になってましたね!

他のラーメン屋でもお蕎麦屋さんでも決して食べられない、
かき揚げを中心に綿麺ならではにまとめあげたつけ麺でした!(゚x/)モキリッ

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part126 (17/3/24) 春よ恋 豚しゃぶつけ麺

3月第4週の綿麺フライデーナイトに足を運んでまいりました!
今週の限定は「春よ恋 豚しゃぶつけ麺」とのことです!(`・ω・´)

「豚しゃぶつけ麺」というと、綿麺のフライデーナイトを代表する
清湯つけ麺で、数年前は比較的登場頻度が高いメニューでしたが、
ここ2年ほどは年に1・2回ぐらいの登場という形になっています!

前回の登場は昨年の5月の第4週なので、約10ヶ月ぶりですしね!

しかしそれ以上に、今回はそのネーミングが目を引きますね!

「春よ恋」、この言葉を見てピンと来る人は多いでしょう!

もちろん春の訪れが近い時期であることにかけてもいるわけですが、
ラーメンにも使われる北海道産小麦として有名な品種ですよね!

この名前をつけた以上は、麺に「春よ恋」を使っているのでしょう!(*゚◇゚)

どうも今回の「豚しゃぶつけ麺」は限定の定番的存在としてではなく、
麺をはじめとして、様々な試みが行われていることが予想できます!

綿麺 フライデーナイト Part126 (17/3/24) 春よ恋 豚しゃぶつけ麺

というわけで、今回の「春よ恋 豚しゃぶつけ麺」がやってきました!

まずは麺の香りを嗅いでみましたが・・・ほう、香りが強いですね!(●・ω・)

香りに関してはいつものフライデーナイトの麺より明らかに強く、
軽く嗅ぐだけでも小麦特有の香りがかなり強めにやってきます!

それゆえに食べたときにもその香りの強さはかなり生きてきます!

噛んだ瞬間にやってくる香りはもちろん、麺を飲み込んだ後に残る
その香りの余韻に関しては特筆すべきものが感じられましたね!

麺の食感は基本的にはいつものフライデーナイトの麺の延長線上の
むっちりとした食感の系統にありますが、ややなめらかさが強くて、
「むちっ」というよりはやや「もちっ」に近い印象を持ちましたね!

おそらく麺の加水などについては普段と特に変えてないと思うので、
いつもの小麦粉とのグルテンの含有量などの関係なのでしょうかね!

なので、食感以上に香り・風味でより魅せてくれる麺になってましね!

綿麺 フライデーナイト Part126 (17/3/24) 春よ恋 豚しゃぶつけ麺(つけ汁のアップ)

そしてつけ汁ですが、いやはやこれまでとは明らかに変えてきています!(=゚ω゚)

「豚しゃぶつけ麺」はいつもは一つ一つの鍋に具材を入れて炊くことで、
豚バラ肉をはじめとした具材の旨味をつけ汁に溶け込ませる手法でしたが、
今回はそうした調理手順が大きく転換されて全く違うものとなってました!

まずフライパンに自家製ラードと思われるものを入れて豚バラを炒め、
豚バラ肉に8~9割ほど熱が通ったら、いったんそれを取り出します!

そしてそのフライパンにきのこ、キャベツ、菜の花の順に加えて、
それぞれに火が通ったら最後に取り出しておいた豚バラ肉を加え、
炒め終わったらそれらをつけ汁の器へと直接入れる流れでした!

こうした炒めの工程が入ってくるというのは意外でしたね!

きのこ、キャベツ、菜の花という今回使われた具材に目をやると、
どれも油との相性がいいので、豚の旨味を移すことも踏まえつつ、
炒めることによって旨さを増すという狙いがあったのでしょうね!

特に菜の花は油で調理することで特有の苦みが軽減されるので、
素材としての菜の花の旨さを生かす効果も非常に高かったですね!

では、今回はつけ汁で具材を煮込む工程がなかったのかというと、
実はまたこれとは別に豚バラ肉をつけ汁で炊いていたのですね!(*゚ー゚)

要するにつけ汁の中の豚バラはフライパンで炒めたものと、
つけ汁用のスープとタレで炊いたものの2つが入ってます!

「豚しゃぶつけ麺」の大きな魅力である、つけ汁に豚肉の旨味が
溶け込むことによって旨さを増すという点も継承されてたのですね!

こうした2つのスタイルを融合させた形で来たのは面白かったですね!

そしてそうして作られたつけ汁ですが・・・これはほんと抜群でしたね!(*・ω・)

つけ汁の中にほとばしる豚肉のコク、サバ節をはじめとした魚介の旨味、
どっさり入った具材からしみ出た旨味、そしてそれらをまとめる酸味と、
炒めの工程が入ったこともあり、これまでのしっとりした旨さだけでなく、
より骨太な風味がその中に加わって一段から二段上の旨さがありました!

そしてそれぞれの具材についてもいつも以上に光っていましたね!

まずは主役の豚バラですが、これはほんといつもながら申し分ない旨さです!

とにかく脂に臭みやクセが皆無で、その風味がサラリとしてるので、
脂身の多い肉が苦手な人ですら気に入ってしまう旨さがあります!

しかも今回は炒めた肉と炊いた肉の2種類が楽しめましたからね!

キャベツと菜の花は豚の脂で炒めたことで風味が増していて、
特に菜の花は過去に出たときよりも遥かに映えていましたね!(●・ω・)

きのこはおそらく質のいいひらたけ系のものだと思われます!

脂で炒めることによって非常にいいコクがあっただけでなく、
きのこそのものの風味もしめじなどよりも濃厚でしたからね!

そして今回のつけ汁は最後に玉ねぎが多く入れられていたので、
これがピリッとした辛味による刺激を与えるのかと思っていたら、
この玉ねぎ、びっくりするぐらいにみずみずしく甘いのですよね!

辛味に関してはもはや全くなく、ほどよい具合の酸味と
フレッシュな甘みをダイレクトに感じさせてくれました!

今回登場した具材で最も驚いたのはこの玉ねぎでしたね!

この甘さからして、甘い品種のタイプの新玉ねぎなのでしょうね!
菜の花に新玉ねぎと、具材でもしっかり春を演出してたのですね!

「豚しゃぶつけ麺」といえば、フライデーナイトの定番でしたが、
昨年あたりからどの限定メニューも新たな試みが必ず入っていて、
今回もまたそれらの新しい要素が様々なところに生きてましたね!(`・ω・)+

もともと自分が特に気に入っていた限定メニューの一つでしたが、
その中でも今回はこれまでの枠を大きく超える旨さがありました!

麺、つけ汁、そして春を感じる具材とどれをとっても絶品の一杯でした!(゚x/)モキキュンッ

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part125 (17/3/10) 特製辛味噌☆豚骨つけ麺

3月第2週の綿麺フライデーナイトに足を運んでまいりました!

前回は体調の関係もあって記事化がずいぶんと遅れましたが、
3月に入ってから徐々にではありますが安定化してきてるので、
今回はいつものようにあまり日をおかずに記事化ができました!

さて、今回の限定は「特製辛味噌☆豚骨つけ麺」でございます!

最近の限定だと昨年11月の第2週にも登場していることもあり、
ここ数年のフライデーナイトでは比較的登場頻度が高いですね!

ただ、最近の綿麺は同じ名前のメニューでも登場するたびに、
何か新しい試みが加えられているということが多いので、
今回もまた前回とは一味違う味わいが楽しめることでしょう!(*゚ー゚)

綿麺 フライデーナイト Part125 (17/3/10) 特製辛味噌☆豚骨つけ麺

ということで、今回の「特製辛味噌☆豚骨つけ麺」が登場いたしました!

まず見ただけではっきりわかるのは、麺がいつもと違う点ですね!(=゚ω゚)

今回は見ての通り色が黒く、全粒粉が配合された麺となってますが、
いつもは全粒粉が入らない黄色い太麺が使用されていましたからね!

食感に関しては綿麺の太麺らしいむっちり感の強い食感ですね!
この点はいつもの黄色い太麺とそこまで大きくは変わりません!

そのかわり麺を食べたときの香りや風味には明らかな違いがありますね!

黄色い太麺のときはまず小麦の持つ自然な甘みがやってくるのですが、
こちらは小麦ならではの強い香りがグッと強くやってきますからね!

この強めの香りがつけ汁と合わさったときにどうなるのか注目です!

しかしフライデーナイトで今回のように全粒粉麺が使われると、
レギュラーのつけ麺のとき以上に違いをダイレクトに感じますね!

というのも、フライデーナイトでは黄色い麺の風味のイメージが強いので、
その頭にある風味との違いという形ではっきりと伝わるからでしょうね!

綿麺 フライデーナイト Part125 (17/3/10) 特製辛味噌☆豚骨つけ麺(つけ汁のアップ)

つけ汁の中の具材はダイス状のチャーシュー、ニラ、もやし、しめじです!
この具材の組み合わせに関しては昨年11月のものと特に違いはないですね!

ニラが入ることでちょっとワイルドな印象が出るのがポイントですね!

ダイス状のチャーシューは綿麺の豚骨系つけ麺では外せない存在ですし、
食べるとふわっと口の中でとろける旨さはもちろんここでも健在です!

もやしのシャキシャキとした食感も味噌系のつけ汁にはよく合いますね!

そしてそのつけ汁ですが・・・おおっと、これは何とも重厚ですね!(●・ω・)

「えっ、このつけ汁ってここまで重厚な風味だったっけ?」というのが、
今回のつけ汁を味わったときに最初にものすごく強く感じた点ですね!

最近のフライデーナイトは何かしらの変化球が入ることが多いのですが、
今回はあえてそうではなく極めて力強い直球を投げ込んできた感じですね!

ここ1年ほどの「特製辛味噌☆豚骨つけ麺」のつけ汁の流れをたどってみると、
昨年1月のあつもりバージョンでは冬向けににんにくを強めスタミナ感を高め、
昨年11月はそれを一定程度継承しつつ、このつけ汁のもう一つの特徴である
七味や和山椒などの香りの良さもより強く立てるという流れがありました!

しかし今回はその両要素以上に、豚骨スープの骨太さが主役となってます!

つけ汁を飲んだ後に器に残る骨粉の量もいつもの1.5倍くらいに見えますし、
どうも今回はかなり意図的に豚骨の濃度を高めてきたような気がしますね!

そういえばこの「特製辛味噌」系の第1弾だった2014年のラーメン版では、
裏テーマとして「濃厚豚骨の底力!」というものが掲げられていましたが、
今回はその原点に返り、それをとことん突き詰めた一杯と言えるかもですね!

もちろん七味家の七味や山椒、柚子などによる複雑さのある香りの良さや、
ガーリックなどの香味も加えられていますが、つけ汁の粘度もいつもより高く、
濃厚でまったりとした豚骨スープの旨さを最後までとことん堪能できますね!

この豚骨の重厚さはこれまで自分が綿麺に通ってきた中でも一番かもです!(*゚◇゚)

かつて提供されていた「超こてーり」は自分は食べていないのですが、
それ以外の濃厚豚骨系ではトップと言っていい重厚さが楽しめました!

そしてそれだけの重厚さだけに麺の上にトッピングとして添えられた、
レアチャーシューや青ねぎの効果もまた非常に重要なのですよね!

青ねぎを麺に絡めて食べるといい具合に辛味のアクセントがつきますし、
レアチャーシューも食べると口をさっぱりとさせて切り替えてくれますし、
つけ汁の濃度がいつも以上であるからこそその存在感がより生きてました!

そして麺が全粒粉麺だったのも、このつけ汁を食べるとうなずけますね!(`・ω・)+

この濃度だといつもの黄色い麺だとつけ汁が勝ったでしょうからね!

でも全粒粉麺だと、その麺自体が非常に強い香りを持っているので、
重厚さを前面に立てたつけ汁と合わせても決して負けないですし、
むしろその小麦の香りによって相乗効果も生まれてきますからね!

そろそろ春が近づき寒い季節も終わりに近づいてきたということもあって、
体が温まるメニューを持ってきたのかなというぐらいに思ってましたが、
それだけに終わらない綿麺の豚骨の強さを改めて感じさせてくれましたね!

「濃厚豚骨の底力!」、そのテーマを存分に楽しめるつけ麺でございました!(゚x/)モキキキッ

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part124 (17/2/24) ブヒィ!ヤベース

2月第4週の綿麺フライデーナイトへと行ってまいりました!(`・ω・´)

フライデーナイトの記事化がここまで遅れるのはおそらく初ですね;

2月の月末記事に目を通した人はおおよそ想像がつくかもですが、
2月後半の時期はもう完全にボロボロになってましたからね;

というか、2月は10日ぐらいから月末までずっとズタボロでしたが;

ただそんな中、実はこの日は非常に調子が良かったのですよね!

友人が「ブヒィ!」を食べたいということで一緒に行きましたし、
このときには例の重い問題から離れることを決めてもいたので、
2月第4週の中では唯一のリフレッシュできる日だったのですよね!

このあたりは自分にとっての綿麺の存在感の大きさも感じます!(●・ω・)

翌日の25日は例の問題にケリをつける重要な日だったのですが、
1つだけ宿題が残ってしまったため解放感どころか死にそうな表情で、
やはり体調は崩れるわ、その宿題を終わらせるために日曜日も潰れ、
発熱しながらしんどい文章を書かざるをえない羽目になりましたが;

そんな状態だったので、綿麺の記事化も大幅に遅れたのですよね;

綿麺 フライデーナイト Part124 (17/2/24) ブヒィ!ヤベース

さて、2月は第2週だけでなく第4週も「ブヒィ!ヤベース」が登場します!

このラーメンはフライデーナイトの最大の看板と言ってよく、
人気も高いので1回だけだと行列が凄くなりすぎますからね!

また、そうしたこともあって仕込みの量もいつもより多く、
できるだけ多くの人が食べられるようにしてるのですよね!

なので、営業終了後はおそらく2人ともヘトヘトでしょうね!

ちなみに今回も大盛の麺1.5玉バージョンで注文しております!

スープなどの細かい構成については前回記事に任せるとして、
今回はとにかくそのときのフィーリング重視で書いていきます!

まずはスープですが・・・おっ、体感的には前回以上ですね!(*・ω・)

ただ、これは自分の体調も大きく関わってそうな気がしますね!

第2週の訪問時は体調が急速に悪化したタイミングだったのですが、
今回は2月後半にしては珍しく体調がかなり持ち直していたので、
それが自分自身の味覚にもいい方向に反映されたように思います!

トマトソースの酸味とトマトの風味、濃厚な豚骨スープのコク、
この両者の舌への伝わり方が2週前よりも格段に良かったですし、
何より豚骨ならではの旨さがじゅわっと広がってきましたね!

さらに良かったのが海鮮の旨味をより強く感じたことですね!

やはりあさりを中心に海鮮がスープに与える影響も重要で、
その旨さがあるからこそ「ブヒィ!ヤベース」であるわけで、
「ブイヤベース」的要素も今回はより楽しむことができました!

やっぱりおいしいものはいい体調で食べてこそですね!(=゚ω゚)

ほんとこの日だけでも体調が回復していて良かったです!

そして具材はもちろん大きな海老、イカ、あさり、タラの海鮮4種に、
エリンギとしめじのきのこ2種、そして最後にパセリが振られます!

今回もまた調理直前に女将さんが海老をしっかり見せてきました!笑

それだけあって海老は食べごたえ、風味とどれも抜群の存在感で、
「ブヒィ!」の具材の中でも間違いなく主役と言っていいです!

イカも量が多くいい風味が楽しめますが、海老はそれ以上ですね!

あさりは具材としてはもちろん、スープに与える旨さという点では、
4種の海鮮具材の中でも突出したものを見せてくれていますね!

やはり貝類は旨味の強さと個性が他の海鮮具材よりも上ですからね!

そして自分が意外と言及する機会が少ないタラではありますが、
クセがなく、どんなスープにもなじんで、骨もほぼなく食べやすい、
という3拍子そろった具材ということで非常に優秀なのですよね!

「ブヒィ!」の場合はできるだけクセのない魚が合いそうですし、
タラのこうした特性は実はいい仕事ぶりを発揮してるのですよね!

綿麺 フライデーナイト Part124 (17/2/24) ブヒィ!ヤベース(麺のアップ)

そしてこの麺ですが・・・やはり昨年まで以上に食感がいいですね!(*゚ー゚)

デュラム・セモリナ粉を配合することでパスタ感を出した麺ですが、
昨年まではパスタ感は持ちつつも主軸は中華麺寄りだったのに対し、
今年はより生パスタ的な感覚への接近してきた感があるのですよね!

そのあたりの変化は麺の見た目の質感にも表せている気がしますね!

パスタ感がより強まったことで、食感もさらに長く維持されるようになり、
食べ終わりまでデュラム・セモリナ特有の食感を楽しむことができます!

もしかすると麺1.5倍版が新たに提供されるようになったのは、
そうした麺の変化の踏まえたうえのことだったのかもですね!

綿麺 フライデーナイト Part124 (17/2/24) ブヒィ!ヤベース(パン)

もちろん今回の「ブヒィ!」でもパンをセットで注文しています!

今回も基本的にはいつもと同じフランスパンだと思いますが、
表面のカリッとした食感がいつもよりも絶妙でしたね!(*゚◇゚)

「ブヒィ!ヤベース」のスープをつけて食べるときでも、
まずカリッと来てから、スープをじわっとした旨味が来る、
そうした食感と味のコントラストをより楽しめましたね!

とにかくこの日は自分の体調がちょうど良かったことも重なり、
豚骨スープ、トマトソース、海鮮の旨味、海老、パンなど、
このラーメンを構成する全ての要素をより深く楽しめましたね!

フライデーナイトを代表する味を味わい尽くせた2回の訪問でした!(゚x/)モキュキュッ

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.