3/13発売 麺屋こころ監修 チーズ味噌台湾ラーメン 大盛

3/13発売の明星「麺屋こころ監修 チーズ味噌台湾ラーメン 大盛」を食べました!
「麺屋こころ」の監修商品はこれで早くも4商品目となりますね!

台湾系の麺料理だけで4商品とはずいぶんとペースが速いですね!

3/13発売 麺屋こころ監修 チーズ味噌台湾ラーメン 大盛

そして今回は「チーズ味噌台湾ラーメン」となっています!

チーズ味噌台湾ラーメン・・・なんだか不思議なネーミングですね(;゚ω゚)

台湾ラーメンというと、普通は味噌ではなく醤油ベースですし、
しかもそこにチーズまでトッピングされるということになると、
いったい何がどう台湾ラーメンなのやら謎にもなってきます;

「麺屋こころ」というと台湾まぜそばの有名店でもあるので、
そのお店だからこそ許されるメニューという感じもしますね!

お店の監修品でなくメーカーが独自でこれを開発していたら、
「これのどこが台湾ラーメンなのか」と突っ込まれそうですし;

3/13発売 麺屋こころ監修 チーズ味噌台湾ラーメン 大盛(内容物)

内容物は粉末スープ、液体スープ、あとのせかやくとなっています!
一部の具材、というかそぼろ肉はカップにあらかじめ入ってます!

3/13発売 麺屋こころ監修 チーズ味噌台湾ラーメン 大盛(できあがり)

チーズとニラ、ねぎが同じ袋に入っていたので整えるのは諦めました;
あえてそれらを同じ袋にしているのはコスト調整のためでしょうね!

まずはチーズをまぜない状態での味ですが・・・ほんとごく普通ですね!(*゚◇゚)

ちょっと香味野菜が強めに効かされた味噌ラーメンといった感じで、
台湾ラーメンを思わせるようなラー油などのピリ辛もないですし、
このまま食べると少しにんにくの強い普通の味噌ラーメンになります!

ということで、チーズと後入れ具材も全部まぜてから食べてみました!

その味ですが・・・うぅむ、これは何とも不思議なラーメンですね!(`・ω・´)

食べ始めの頃はこれといった強い印象を与えてこないのですが、
食べ進めるにつれてこれが意外とクセになってくるのですよね!

「カップヌードル」などでチーズを使う商品がときどき出ますが、
あのような強いまろやかさを打ち出すチーズとはかなり違って、
チーズをまぜてもものすごくまろやかになったりはしないですね!

また、いかにも洋風を思わせる風味になるというわけでもないです!

そのためまぜて食べ始めたときは少々拍子抜けだったりしますが、
時間が経つと後入れ具材のニラやねぎの風味がスープに溶け出し、
台湾ラーメンらしい強い香味野菜の風味が徐々に強まってきます!

そしてそこにチーズの持っている特有の風味のクセが絡むことで、
普通の台湾ラーメンとは一味違ったおいしさが徐々に出てきます!

ラー油が入るわけでもなく、醤油ダレのシャープな印象もない、
味噌ダレもオーソドックスでそこまで特徴的ではないですが、
ごく軽めの辛さとニラの風味、チーズのクセが一体となって、
「これはこれで一つの台湾ラーメンかも」と思えてくるのです!

そして最後にはスープを飲み干しそうになるぐらいでしたからね!(*゚ー゚)

普通に台湾系をイメージすると「?」なのは間違いないですし、
アレンジ系と呼ぶにも方向性があまり変わりすぎているのですが、
独自の台湾ラーメンとしての完成度は意外と高かったりします!

もっとも最後まで「?」のまま終わってしまう人もいそうですが!

スープの原材料はみそ、糖類、豚・鶏エキス、植物油脂、香辛料、
香味油、食塩、チキンオイル、ラード、かつおエキス、香味調味料、
ごま、酵母エキス、たん白加水分解物、発酵調味料、ねりごま、
にぼしエキス、しょうゆ、でん粉という組み合わせになっています!

なんだかおおよそ台湾ラーメンとは思えない素材が満載ですね!笑

もともとこのお店は標準の台湾ラーメンにも魚介系を使いはしますが、
ごま、ねりごま、にぼしエキスはそれを考慮しても少々異質ですし、
本来は主役の一つである醤油が最後から二番目に来ていますからね!

麺は平打ち気味で、やや厚みのある油揚げ麺となっています!

この麺なのですが・・・これは想像以上にレベルが高いですよ!(●・ω・)

縮れが弱めでもちプリとした食感も非常に印象が残るのですが、
この麺の油揚げ麺臭の弱さは素晴らしいものを持っています!

最近は胃腸への負担をちょっと軽くするという狙いもあって、
カップ麺の麺も噛む回数を少し増やしながら食べているのですが、
何度噛んでいても特有の油揚げ麺臭がほとんど出ないのですよね!

食感についても油揚げ麺的なふかふかとした食感が弱いですし、
ノンフライ麺に近いような弾力を感じることができるのですよね!

今回はどうしてもスープの奇抜さにまず目が行くと思いますが、
その裏で活躍するこの太麺は今後いろんな場面で活躍しそうです!

麺の量は多めの85gで、カロリーは537kcalとなっています!
脂質は21.2gで、やはり少々高めの数字となっていますね!

具材は豚・鶏そぼろ、チーズ、ニラ、ねぎとなっています!

どうもあといれかやくのほうの原材料はチーズ、ニラ、ねぎ以外に
デキストリン、粉末油脂、ポークエキス、食塩も入ってるようです!

チーズに関しては完全に粉末状なので具というよりはスープの一部で、
具材らしい具材はそぼろ、ニラ、ねぎの3種類と言っていいでしょう!(=゚ω゚)

そぼろは台湾ラーメンの主役でもあるので量は多いですね!

豚と鶏のミックスながらも肉感は十分で風味も野性味があり、
台湾ラーメンらしさを引き立てるという点でも効果は十分です!

ニラに関しては具材として麺に絡んできたりもしてくれますが、
それ以上にスープに与える風味の影響が大きかったですね!

ねぎと共に風味がスープに出ることで台湾らしさが強まって、
食べ始めの印象の薄い味わいがだんだん変貌してくるという、
やはり台湾系にニラは必須の存在なのだと思わせてくれましたね!

台湾ラーメンという枠で見るといろいろ不思議な点はあるのですが、
食べ進めていくと台湾ラーメンらしい香味とチーズのクセが融合し、
いつのまにかハマってしまうという奇妙な魅力を持った一杯でした!

だからこそお店のメニューとしても高い人気があるのでしょうね!

あまり先入観を持ちすぎずありのまま食べるのがいいかもしれませんね!(゚x/)モッキルン

【関連記事】
麺屋こころ監修 チーズ味噌台湾ラーメン 大盛
麺屋こころ監修 チーズ台湾まぜそば 大盛
麺屋こころ監修 台湾ラーメン 大盛
麺屋こころ監修 台湾まぜそば 大盛
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
なんか不思議な商品でしたよね。
でもなんか妙な満足感というか感動する内容が素晴らしいです。
不思議に台湾ラーメンらしさも感じられて、
台湾ラーメンアレンジとしてもなかなかの優れものじゃないでしょうか?

でもニラの風味が強かったですね~。
食べたあともずっとニラの味が残っていて、
まるで餃子の後のニンニクのような感じでしたww

麺もやや湯戻りが悪めですが、その食感はしっかりで美味しかったですね。

いやいやこのこころさんコラボカップ、
毎回なかなかの内容の製品を持ってきますね!
どれも大盛り製品なのが辛いですが (^_^;)
たういさん、こんばんは!

ほんとこれはずいぶん不思議な台湾ラーメンでしたよね!

一般的に台湾ラーメンを構成する要素はそれほどないのに、
食べてみるとどんどん台湾ラーメンらしくなってきますし、
それでいて他にない独創性がちゃんと宿ってましたからね!(●・ω・)

その中でも特にニラの役割の大きさはポイントになってましたね!

というか、ニラ以外に台湾ラーメンらしい要素がやや弱いので、
そこを強く立てることで台湾らしさを演出したのでしょうね!

麺に関しては食感といい、油揚げ麺臭の弱さといい、
これまでにないタイプの油揚げ麺になってましたね!

ほんと自分もノンフライ麺かと錯覚しそうでしたし!

台湾まぜそば系ってがっつりいくのが基本でもありますし、
それでどの商品も大盛仕様になっているのでしょうね!

一応レギュラーサイズ版も後で登場したことはありましたが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
まぜそばもラーメンも「台湾」の定義が
もはや何なのか分からなくなってきましたw

今回は麺が秀逸との事なので、
そこが最も期待している点だったりします。

ただ、またしても大盛り…(苦笑)
takaさん、こんにちは!

これ、最初は「どこが台湾なのだろう?」という、
疑問点のほうが多く浮かんできてしまいましたね!笑

台湾ラーメンというと、ラー油、ニラ、醤油ダレ、ひき肉、
このあたりが全部そろっているというイメージがありますが、
このうちのニラとひき肉以外はどれもほぼないですからね!(=゚ω゚)

「これならあの『ご当地マシマシ』のほうが、
 よっぽどちゃんとした台湾ラーメンだったのでは」
なんて思えてきたりもしましたし!

しかしこのラーメンの面白いのは、そんな体裁ながら、
食べ進めていくうちにどんどん台湾らしくなる点なのですよね!

不思議とチーズのクセまでが台湾ラーメンぽく感じられますし!

でもって、今回の麺に関しては要注目と言っていいですよ!
長く噛んでも油揚げ麺臭をほとんど感じないほどですから!

麺量に関しては85gと意外によくある範囲のものなので、
それほど気にしないのがいいかもしれないですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.