9/26発売 リンガーハットのピリカラちゃんぽん(カップ版)(2016年版)

9/26発売のエースコック「リンガーハットのピリカラちゃんぽん」を食べました!

エースコックとリンガーハットのコラボ商品は定期的に出てますが、
「ピリカラちゃんぽん」に関しては2014年以来の登場となりますね!

9/26発売 リンガーハットのピリカラちゃんぽん(カップ版)(2016年版)

今回は2014年版に比べて具材が1.5倍に増量されているようです!

具材の増量は今年3月の「長崎ちゃんぽん」でも行われていたので、
その増量路線が今回も継続されているということみたいですね!(*゚ー゚)

9/26発売 リンガーハットのピリカラちゃんぽん(カップ版)(2016年版)(内容物)

例によってカップの中には粉まみれの液体スープが入っています!
今回はふたを開けた瞬間に粉末スープが少し飛んできて面食らいました;

9/26発売 リンガーハットのピリカラちゃんぽん(カップ版)(2016年版)(できあがり)

お湯はちょっと少なめにしたつもりでしたが、逆にやや多かったようです;
後入れの辛味噌が入ることによってスープはやや赤くなっています!

まずはスープですが・・・うん、やはりその完成度は高いですね!(●・ω・)

ベースとなっているまろやかでクセのない豚骨スープをベースに、
鶏のコクも加え、そこにホタテなどの海鮮によって旨さに厚みを出し、
さらに野菜の風味も加わり、王道のちゃんぽんの味わいを見せます!

このちゃんぽんスープとしてのスキのなさはいつもながら見事です!
これだけ安心して手に取れるカップちゃんぽんもなかなかないですしね!

そしてここに辛味噌が加わるわけですが、これもよくできてますね!

基本的には豆板醤系のやや鋭さを感じさせる辛味噌なのですが、
その鋭さがまろやかなスープの中でいいアクセントとなって、
辛さについても激辛とかそうしたレベルとは全く違うものの、
ちゃんとピリピリとした刺激を最後まで感じさせてくれます!(=゚ω゚)

辛味の強さで攻めるというより、辛味の伝わり方を工夫することで、
ほどほどの辛さながらもピリ辛感を感じられるスープとなっています!

2014年の記事でも「辛さにあまり強くない人でも大丈夫な辛さでありつつ、
ピリピリとした刺激はしっかり持続する」というふうに書いてあるので、
そうした辛味噌の特徴が今回も生かされていると見てよさそうですね!

スープの原材料は鶏・豚エキス、食塩、糖類、動物油脂、クリーミングパウダー、
植物油脂、香辛料、みそ、でん粉、しょうゆ、豆板醤、野菜パウダー、香味油、
酵母エキス、たん白加水分解物、ホタテエキス、全卵粉となっています!

2014年版と比べると豚脂が動物油脂という表記に変わってますが、
それ以外については並びも含めて変わったところはないですね!

麺は角刃と丸刃の中間のような断面の太めの油揚げ麺となっています!
この麺もおそらく以前と比べてちょっと変わったように思えますね!(*゚◇゚)

2014年の頃はちゃんぽんらしい丸刃の麺が使われていたのですが、
その後は「スーパーカップ」のカドメンを思わせる角刃の麺となり、
食感もカドメンに近いがっしり系のものになっていたのですよね!

ただ、今回は一応はそれなりに四角い断面の麺ではありながらも、
ほどよい丸みもあって、両者の中間的な形になっていましたね!

実際のリンガーハットの麺もそのような感じの形になってますし、
麺の形状についてもよりお店に近づけたのかもしれませんね!

また、食感についてもがっしり感は以前よりも弱くなって、
ほどよくがっしりしつつもよりしなやかな食感を感じさせます!

これによってちゃんぽんとしての完成度がより上がった感じがしますね!

麺の量は70gで、カロリーは376kcalとなっています!
脂質は11.6gで、白湯系のスープでありながら低いですね!

2年前よりは13kcalだけ増えてますが、これは具材が増えたためでしょうね!

具材はキャベツ、鶏・豚そぼろ、かまぼこ、もやし、人参です!

もやしはごく普通の乾燥具材で、人参はけっこうやわらかめです!

カップ麺の人参って、コリコリ感を強く主張するものが多いので、
こうしたしんなりとした人参が入っているのはやや珍しいですね!

かまぼこも普通ですが、ちゃんぽんにはよく合っていますね!

そしてそぼろ肉ですが、スポンジ系ではなく味がしっかりあります!(`・ω・´)

慣れてくると見た目でわかるというか、スポンジそぼろはやや大きめで、
ちゃんとしたそぼろの表面がややざらついた感じになってるのに対し、
スポンジそぼろはちょっとつるりとした質感になってるのですよね!

今回はそうした特徴は全くなく、ちゃんと肉の風味がするそぼろです!
とりわけ噛みしめたときに肉のコクが広がってくるのはいいですね!

そしてキャベツですが、ほんとこのキャベツはいつも内容がいいです!

一般的な乾燥キャベツのしんなりとした質感とは全く違っていて、
シャキシャキとしたフレッシュ感を持っているのが大きな特徴です!

これがこのちゃんぽんを決定づける大きな要素の一つにもなってますね!

量が増えたこともあって、このキャベツがより楽しめるのはいいですね!

基本的には2014年版の味わいがそのまま踏襲されていますが、
麺の食感や具材の量などではたしかな改良を見ることができ、
より一つのカップちゃんぽんとしての完成度が高まりましたね!

辛味噌の効果も非常に上手く練られたものとなっていますし、
これは万人にオススメできるカップ麺と言えそうですね!

カップちゃんぽんが食べたいときには間違いない一杯ですね!(゚x/)モキーン

【関連記事】
リンガーハットのピリカラちゃんぽん(カップ版)(2016年版)
リンガーハットのまぜ辛めん(カップ版)
リンガーハットの長崎ちゃんぽん(カップ版)(2016年版)
リンガーハットの味噌ちゃんぽん(カップ版)
リンガーハットの長崎ちゃんぽん(カップ版)(2015年版)
リンガーハットのピリカラちゃんぽん(カップ版)(2014年版)
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/26発売 大砲ラーメン監修 黒とんこつ

9/26発売の明星「大砲ラーメン 黒とんこつ」を食べました!
「大砲ラーメン」のカップ麺は毎年1回ほど登場してますね!

9/26発売 大砲ラーメン監修 黒とんこつ

今回は「黒とんこつ」ということで、マー油系の豚骨ラーメンです!

実際のお店には「呼び戻しブラック(黒とんこつラーメン)」があるので、
これが今回のカップ麺のモデルになっていると見て良さそうですね!

「黒とんこつ」の下に「呼び戻しブラック」と英語で書かれてますし!(*゚ー゚)

9/26発売 大砲ラーメン監修 黒とんこつ(内容物)

カップの中にはカラフルな具材が入り、後入れ調味油がついています!
豚骨の白みがかった粉末スープがかなりたくさん入っていますね!

9/26発売 大砲ラーメン監修 黒とんこつ(できあがり)

後入れのマー油を入れると、かなり全体が黒く仕上がります!

まずはスープですが・・・おぉ、さすがにマー油が強烈ですね!(`・ω・´)

縦型カップということで、後入れ調味油がよく絡みますし、
なおかつマー油の量が多いのでそのインパクトは抜群です!

でもって、このマー油は単純な焦がしにんにく油ではなく、
ラードとマー油をミックスして軽めに辛味をつけたものなので、
焦がしにんにくの香ばしい香味だけでなく豚系のコクに厚みを加え、
さらにピリピリとした刺激を運んでくれる役割も果たしています!

でもって、表面に油膜を張ることでスープの温度を保つので、
スープもかなりアツアツの状態で楽しめるのは大きいですね!

ベースとなっている豚骨スープはオーソドックスなもので、
クセをあまり打ち出さないタイプのものとなってはいますが、
他の豚骨スープよりは多少厚みを持たせている感はあります!

豚骨スープそのものの個性を求めるなら物足りなく感じるかもですが、
マー油や豚脂も含めた総合力としてはなかなかのものを持っています!

スープの原材料はポークエキス、ラード、香味油、小麦粉、
でん粉、糖類、香味調味料、香辛料、乳等を主要原料とする食品、
しょうゆ、食塩、デキストリンなどの組み合わせとなっています!

小麦粉やでん粉も入ってますが、スープは特にとろみはないですね!
あくまで自然に感じる程度の効果しかつけられていないと見られます!

麺は細めでそこそこ縮れのついた油揚げ麺となっています!

明星は油揚げ麺でもストレート麺の技術を持っていますが、
さすがに縦型カップでの採用はまだ難しいのかもですね!

ほんのちょっと低加水寄りっぽい食感を持ってはいますが、
基本的にはオーソドックスな油揚げ麺と言っていいもので、
九州豚骨らしいパツッとした感覚はそれほどないですね!(=゚ω゚)

ここにノンフライのストレート麺が合わせられたとすると、
より九州豚骨らしい雰囲気が強まったとは思われますが、
今回はコストなどの関係もあってこの麺になったのでしょう!

ちなみに以前の「大砲ラーメン neo」のときはノンフライ麺でした!

そんな比較的オーソドックスな油揚げ麺ではありましたが、
今回の豚骨スープとぶつかったりしてしまうことはなく、
全体のまとまりという点では決して悪くはなかったですね!

麺の量は75gで、カロリーは509kcalとなかなか高いです!
脂質も24.8gと、麺量を考えるとかなり高めと言えますね!

具材は豚ダイスミンチ、卵、紅生姜、ねぎ、ごまです!

ダイスミンチはかなり風味が野性的でインパクトも強いです!
今回の攻撃的なスープと相まってワイルドさを高めてますね!(*゚◇゚)

卵は明星らしいやや甘めの味付けでふんわりとした食感です!

紅生姜は量はそこまで多くないもののときどき自然に口に入ってきて、
パンチのあるスープの中にちょっとした清涼感を運んでくれますね!

マー油と豚脂が強いスープの中で意外といい仕事をしてくれています!

ごまもそこそこ入っていて、プチプチとした食感が小気味いいですね!

「大砲ラーメン」というと、本来は「呼び戻しスープ」と呼ばれる、
継ぎ足しスープによる豚骨の個性を打ち出したスープが魅力ですが、
このラーメンに関してはそうした「呼び戻し」特有の個性は薄めで、
そのかわりマー油のパンチを楽しめる一杯に仕上がっていましたね!

なので、今回は「大砲ラーメン」らしい豚骨の個性を求めるよりは、
マー油のインパクトを楽しむという姿勢で食べるのが良さそうです!

その視点から食べると、かなりの充実度を誇っていると言えますし!

とにもかくにもマー油をしっかり楽しめる豚骨ラーメンでした!(゚x/)モキューン

【関連記事】
大砲ラーメン監修 黒とんこつ
大砲ラーメン neo とんこつ+牛だし
大砲ラーメン監修 昔ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/19発売 ラ王 背脂コク醤油(2016年9月リニューアル版)

9/19リニューアル発売の「ラ王 背脂コク醤油」を食べました!

今週はエースコックの「ニボ野郎」を狙っていたのですが、
結局どこのコンビニに行っても見つけることができませんでした;

煮干系って、そんなに避けられる素材ではないと思うのですけどもね;

9/19発売 ラ王 背脂コク醤油(2016年9月リニューアル版)

ということで、この「ラ王」のリニューアル版にお鉢が回ってきました!

なんだかずいぶん高級感の弱いデザインになった気がしますが、
「RA」「OH」の部分は口の動きを表したものになってるそうです!

今回はリニューアルの際に価格も20円ほど上がっているのですが、
それに見合うだけの価値があるのかどうかも大きな注目点ですね!(*゚ー゚)

9/19発売 ラ王 背脂コク醤油(2016年9月リニューアル版)(内容物)

内容物はかやく、焼豚、海苔、液体スープとなっています!
4袋構成ですが、そのうちの3袋がどれも具材用なのですよね!

海苔については今回のリニューアルで新たに加えられました!

9/19発売 ラ王 背脂コク醤油(2016年9月リニューアル版)(できあがり)

ねぎは本当は先入れですが、ビジュアルを考えて後入れにしました!
そのおかげでねぎの白い部分がいやに光ってしまっておりますが!

まずはスープですが・・・あ、思ったよりも鶏感が強いですね!(●・ω・)

ラ王の醤油のスープは以前から鶏ベース+背脂ではあるのですが、
これまでと比べて鶏の旨味がよりダイレクトに来る感がありますね!

初期の頃は鶏以上に背脂の主張のほうがより強く感じられましたが、
現在はまず基本となっている鶏の旨味をしっかりと生かしたうえで、
そこにもう一枚加えるような感じで背脂のコクが重なってきます!

初期のラ王に比べるとずいぶんとすっきり系になった気はしますが、
王道の醤油ラーメンとしてのまとまりはより高まったように思います!

そしてここに魚介の持つがサポート的に加わってくるのですが、
これも目立ちすぎずに上手く旨味をスープに与えていますね!

この全体の組み立ての上手さは高く評価できるポイントですね!

スープの原材料は動物油脂(豚、鶏)、醤油、チキンエキス、
野菜調味油、食塩、魚介エキス、魚介調味油、香味油、糖類、
香味調味料、香辛料、いわしパウダーなどとなっています!

以前のスープとは多少原材料の並びなどが変わっていますが、
ここについては大きな変化があったわけではなさそうです!

そして麺ですが・・・ほう、これはなかなかのクオリティですね!(=゚ω゚)

多加水の中華麺を思わせるリアル感重視の「正麺カップ」の麺に対し、
こちらは多少カップ麺らしいノンフライ麺の延長線上という感じながら、
卵麺の持つプリ感と表面のつるみ、そして中心のあたりにアルデンテ的な
ちょっとした硬さも残す、食感のコントラストを重視した麺となってます!

麺のリアル感という点ではやはり「正麺カップ」が数歩前に行ってますが、
この「ラ王」の麺もかなりのレベルの高さであることは間違いないですね!

中心のあたりの食感は、最近のラーメン屋さんなどで時折見かける、
あえて少し茹で時間を短めにしたアルデンテ感覚を思わせますね!

そして以前の「ラ王」の麺にあった、麺どうしがくっつきやすく、
食べる際にほぐしにくいという弱点はけっこう解消されています!

自分としてはその点に注目していたので、ここは合格と言えますね!

またそれ以外の点でも「ラ王」ならではの個性がはっきりしていて、
事前に予想していたよりも満足度の高い麺となっていましたね!(*゚◇゚)

麺の量は75gで、カロリーは437kcalとなっています!
脂質は15.8gで、これまでとそれほど大きな違いはないです!

具は厚切りチャーシュー、焼き海苔2枚、ねぎという組み合わせです!

構成はシンプルですが、やはり厚切りチャーシューが大きいですね!

肉の厚み、しっかりとした肉質、そしてジューシー感と
そのどれを取ってもレベルの高さを感じさせてくれます!

今では「ラ王」にとっての最大の看板とも言える存在ですね!
ただ、「味噌」ではこのチャーシューが今回抜けたみたいですが;

新たに加わった焼き海苔も王道系の醤油スープにはよく合いますね!
しっかりとスープを吸わせたうえで麺に絡めて食べるとおいしいです!

ねぎもちゃんと高級系カップ麺らしいクオリティを備えてますね!

一つの高級系カップ麺としての安定感としては申し分がない内容で、
とりわけほぐれにくさが解消し、食感も向上した麺はなかなかのもので、
今回のリニューアルによってクオリティはより安定感を増しましたね!

ただ問題はどうしても価格との兼ね合いということになってきますが、
「正麺カップ」がすでに麺において「ラ王」の先を行く存在となっており、
今回の値上げで「正麺カップ」との価格差がさらに広がったこともあり、
ライバルである「正麺カップ」との勝負では不利にはたらきそうですね;

今後はこのクオリティを維持しつつ、製造コストを下げることによって、
商品そのものの価格も下げられるかがポイントになってきそうですが、
ちょっと現状ではまだ「正麺」と比較されると難しい面がありそうです!

一つの王道系醤油ラーメンとしては非常によくできてるのですけどもね!

鶏スープの旨味とプリ感の強い麺を楽しめるしっかりした醤油ラーメンでした!(゚x/)モキュー

【関連記事】
日清ラ王 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/19発売 マルちゃん 関西風肉うどん

9/19発売の東洋水産「関西風肉うどん」を食べました!
先に紹介した「関西風肉そば」との同時発売商品です!

9/19発売 マルちゃん 関西風肉うどん

こちらには「新関西工場 竣工記念商品」と書かれていますね!
ただ、全体的な内容はかなり「関西風肉そば」に近そうですが!

9/19発売 マルちゃん 関西風肉うどん(内容物)

うっかり先に袋を開けてしまったので、こんな写真になりました;
内容物は「関西風肉そば」と同じく、かやくと粉末スープとなります!

また、油揚げなどの具材はあらかじめどんぶりの中に入ってます!

9/19発売 マルちゃん 関西風肉うどん(できあがり)

なんだかかまぼこがずいぶんと多く入っていますね!

それ以上に気になるのがブロ友さんの記事との具材の違いで、
明らかに具材のバランスが大きく違っているのがわかります!

ブロ友のたういさんの商品は油揚げが多くてかまぼこは少なめ、
それに対してこちらはそれとは正反対の構成となっています!

ちょっと個体差と呼べないぐらいの違いになってますね;

まずはおつゆですが・・・おっ、こちらはほんのり甘みがあります!(●・ω・)

基本的には淡口醤油系で昆布と和風魚介の効いた関西風だしですが、
そこに関西風の油揚げの風味を思わせる甘めの風味が軽くあります!

「関西風肉そば」のほうがそうした甘みはそれほどなかったですが、
このあたりは具材に入っている油揚げの効果も多少あるのかもですね!

肉うどんによくある肉を甘辛く炊いたときのタレの風味とは違います!

淡口醤油系ということで醤油のシャープな感覚はそれほどなくて、
昆布と魚介の持っている旨味の調和をダイレクトに感じられます!

おつゆの原材料は砂糖、食塩、醤油、魚介エキス、粉末こんぶ、
香辛料、植物油などという組み合わせになっております!

「関西風肉そば」は昆布だけではなく、粉末かつおぶしや
粉末煮干しが入ってましたが、こちらはエキスになってますね!

このあたりは具材の構成との関係から来るコスト調整ですかね!
具材のコストについてはこちらのほうが多少かかってそうですし!

また、一味唐辛子の量がこちらはいくぶん多めに感じました!(=゚ω゚)

麺はやや厚みのある、軽く縮れのついた油揚げ麺のうどんです!

なんだか以前に比べて麺の厚みがいくぶん増した気がしますね!

「どん兵衛」の麺が厚みを重要視したもっちりとした麺なのに対し、
「赤いきつね」シリーズは麺にはそこまで厚みを持たせることなく、
おつゆとのなじみやしなやかさを重視したような印象がありましたが、
麺の厚みが少し増したことで食感についてもやや強めになってますね!

自分としては以前のしなやかな印象を持たせる麺も好きでしたが!

単に商品ごとに麺の厚みを微妙に変えてるという可能性もありますが!(*゚◇゚)

麺の量は66gで、カロリーは376kcalとなっています!
脂質は16.4gで、ほぼ標準的と言っていい数字ですね!

具材は牛肉、油揚げ、かまぼこ、ねぎという組み合わせです!

主役となっている牛肉は「関西風肉そば」と同様に秀逸ですね!
甘めでほどよく脂身を含み、肉うどんらしさを強調してくれます!

質・量ともに充実していて、肉うどんとして文句なしの内容で、
東洋水産の肉具材に対する強さをしっかりと見せてくれますね!(*゚ー゚)

油揚げは「赤いきつね」と同じ揚げを刻んだものでしょうね!
なので、その味わいについては非常にいいものがありますね!

ふんわりとした食感をアピールする「どん兵衛」の揚げに対して、
「赤いきつね」の揚げはややしっかり食感なのが特徴となってます!

かまぼこはごく普通ですが、思っていた以上に大量に入ってましたね!

ただし、油揚げとかまぼこの量については個体差が激しいようなので、
できれば油揚げのほうが多めに入っているほうがうれしくはありますが!

王道の関西風のおつゆに、味・食感・量の全てが充実した牛肉、
さらにそこに油揚げも入るなど、オーソドックスでありながらも
非常に優れた内容の肉うどんとして仕上がっていましたね!

そういえば東洋水産は肉うどんは普段出していないのですよね!

肉具材に強い東洋水産が肉うどんを出していないというのは意外で、
今回の2商品はその壁を打ち破るという狙いも垣間見えてきますね!

気付いたら肉うどんか肉そばのどちらかがレギュラー化してるかもですね!

それだけの価値が十分にあると思わせてくれる2商品でした!(゚x/)モッキリー

【関連記事】
マルちゃん 関西風肉うどん
マルちゃん 関西風肉そば
マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン
ドラゴンボール超 麺づくり 黒い豚カレー味
ドラゴンボール超 赤いきつね 焼うどん
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん
マルちゃん 博多水炊き風鶏だしうどん
マルちゃん 旨みふぐだしうどん
マルちゃん 黄色い博多ラーメン
マルちゃん 青いちゃんぽん
マルちゃん 親子でがんばる うどん
マルちゃん おそば屋さんのにしんそば
マルちゃん 鶏だし塩そば
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん
マルちゃん わさび香るそば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part117 (16/9/23) 鶏ワンタン麺

9月第4週の綿麺フライデーナイトへと行ってまいりました!
今回の限定メニューは「鶏ワンタン麺」でございます!(`・ω・´)

綿麺のワンタン麺というと2年前に食べたものを思い出しますね!
というか、このラーメンが2年も前だったというのが驚きですが;

ワンタンといいスープといい、非常にクオリティが高かったのですよね!
たしか「麺哲」のワンタンに触発されたメニューだったと記憶してます!

そんな十分に看板具材になれる力のある綿麺のワンタンなのですが、
やはり作る手間が非常にかかることもあってか登場頻度は極めて少なく、
フライデーナイト全体で見ても今回でやっと3回目の登場となります!

もちろん皮も自家製ですし、餡を包むという手間もかかりますからね!

今回は「鶏ワンタン麺」ということで、また違った工夫が見られそうです!

綿麺 フライデーナイト Part117 (16/9/23) 鶏ワンタン麺

ということで、その「鶏ワンタン麺」がやってまいりました!

大ぶりのワンタンが5つも入っているので迫力満点ですね!
さらに綿麺の名物具材であるレアチャーシューも乗っています!

まずはスープですが・・・おぉ、なんだかいつもといろいろ違いますね!(●・ω・)

ベースの動物系はおそらく鶏で、なおかつ親鶏かなと思いますが、
そこに節系の深みのある魚介の旨味が加わるという基本の形ですが、
今回のスープはどうもそれだけでは収まらない旨味があるのですよね!

玉ねぎの香味油が使われているというのはけっこうわかりますが、
それだけでなく非常に優しく深みと軽い甘みのある旨味があって、
さらに食べているとほのかな刺激と体が温まる感覚があるのですよね!

ほのかな刺激といっても唐辛子などの香辛料系のものとは違った、
何かじわじわと深いところから広がるような感覚を感じました!

あまりきれいな話ではないですが、食べ終わった後のげっぷの香りから
にんにくを強く感じたので、どうも意外と多く使われてそうですね!(=゚ω゚)

そうすると香味油も玉ねぎとにんにくのミックスだったのかもです!

また、優しく軽く甘みのある旨味は野菜に由来してるのかもですね!
そしてその中の香味野菜が刺激や温まる感覚を生んだのかもしれません!

いずれにしても今回のラーメンは決して具材だけが主役ではなく、
スープのほうにも様々な工夫が凝らされているのは間違いないです!

そういえば2年前の「しょうゆわんたん」のスープも良かったですしね!
ワンタンという具材に合うようにスープも調整してるのでしょうね!

綿麺 フライデーナイト Part117 (16/9/23) 鶏ワンタン麺(麺のアップ)

麺はけっこう太めで、プリプリとした弾ける食感が特徴です!

フライデーナイトの太麺はむっちりとした食感が基本なので、
今回のラーメンでもそうしたスタイルの麺で来るかと思いきや、
もっちり感もありながら、それ以上にプリンと弾ける感覚が強い、
食べていて口の中で踊るような感覚を楽しめる麺となってました!

このプリプリとした食感を見るに卵も使われていそうですね!(*゚◇゚)

清湯スープに太麺が合うのかと思われる方もいるかもですが、
綿麺は澄んだスープに太麺を合わせるのが上手いのですよね!

初めてフライデーナイトで紹介した「塩らーめん」がまさにそれで、
今でもそのハマり具合を鮮明に思い出すことができるほどですし!

このプリッとした食感も清湯との相性の良さを引き出してますね!

綿麺 フライデーナイト Part117 (16/9/23) 鶏ワンタン麺(ワンタン)

そしてこちらが今回の具材の主役であるワンタンですね!

ワンタンはラーメンを作る直前に皮に包んでから茹でるので、
出来立てのつるりとした皮の食感をしっかりと楽しめます!

ワンタンというと餡はそれほど入れないものが多いですが、
綿麺のワンタンは餡についてもかなり多めに入ってます!

なので、皮のなめらかでつるりとした食感を楽しむだけでなく、
餡の持っている肉の旨さなども堪能することができるのですよね!(*゚ー゚)

餡の中には肉だけでなく生姜やねぎなどが加えられていますが、
今回特に面白かったのはこの餡のコリコリとした食感ですね!

見たところ大きめの軟骨などが入っているという感じでもなく、
肉の食感が強く残るほどの粗びきにしいるわけでもないのですが、
餡を噛んでいると肉の旨味とともにときどきコリコリ感が出て、
それがこの餡のいいアクセントとして機能してるのですよね!

このコリコリとした食感は親鶏の肉に由来してるのかもですね!

ひき肉になってるので見ただけではくわしいことはわからないですが、
親鶏特有のコリコリとした食感を生かしてきた可能性は高い気がします!

また、もう一つの具材であるレアチャーシューもよく合ってますね!
こうしたスープにはバラチャーシューよりもレアが合いますね!

綿麺のレアチャーシューは他のお店と比べてもクセがないので、
どのようなスープとでもきれいに合わさってくれるのですよね!

綿麺 フライデーナイト Part117 (16/9/23) 鶏ワンタン麺(替え玉)

今回はラーメンということで、もちろん替え玉も注文しました!

今回から券売機では「替え玉」ではなく「大盛」表記になりましたが、
このようにラーメンの数分後に別盛で提供されるのは同じなので、
あくまで表記だけが変わったというふうに見て良さそうですね!

「大盛」のほうが「替え玉」と書くより注文が増えそうですしね!(*・ω・)

綿麺の「替え玉/大盛」にはタレや具材などもついてきます!
なので、一般的な「替え玉」に比べると非常にお得なのですよね!

この追加の麺は最初の麺以上にベストの食感で食べられるので、
替え玉直後はこの麺のプリプリ感を前半以上に堪能できますね!

とにかく具材も忘れていったんは麺だけを楽しむのがベストです!
口の中で大量の麺がプリプリと弾け倒してくれますからね!

つるりとした皮とコリコリ感のアクセントが映えるワンタンに、
動物系と魚介だけにとどまらない深い旨味を湛えた清湯スープ、
そしてプリプリと弾ける太麺と、今回登場したワンタン麺もまた
具材だけにとどまらず総合力でも見事なものを見せてくれましたね!

この少し涼しくなってきた季節にピッタリと温まるラーメンでした!(゚x/)モッキュリ

[メニュー]
綿麺 券売機

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

9/19発売 マルちゃん 関西風肉そば

9/19発売の東洋水産「関西風肉そば」を食べました!
今週は東洋水産から関西風の商品がたくさん出ていますね!

9/19発売 マルちゃん 関西風肉そば

新しい関西工場が竣工したことを記念してのものだそうですが、
なぜかこの商品にだけはその旨が書かれていなかったりします!

もしかしてこれだけレギュラー化する狙いでもあるのですかね!(=゚ω゚)

9/19発売 マルちゃん 関西風肉そば(内容物)

内容物はかやくと粉末スープのみというシンプルな構成です!
揚げ玉とかまぼこについてはあらかじめどんぶりに入っています!

9/19発売 マルちゃん 関西風肉そば(できあがり)

うん、「肉そば」というだけあって、しっかりと肉が入ってますね!

まずはおつゆですが・・・うん、これはたしかに関西風ですね!(●・ω・)

関西風らしく昆布のだしを効かせつつ、かつおやいりこのだしも加え、
淡口醤油で仕上げたすっきりとした味わいのつゆとなっています!

いつものマルちゃんのおそばのおつゆよりも明らかに色が薄めですね!

カップ麺でもうどんに関しては色が薄めのおつゆがよくありますが、
そばの場合は醤油の色が濃いめのもののほうが優勢なのですよね!

なので、この関西風のおだしのそばというだけでも珍しさがあります!

肉うどんや肉そばというと、具として甘辛く炊いた牛肉が入るので、
その甘辛い醤油味が入るのが大きなポイントとなることが多いですが、
今回のおつゆに関してはそうした甘めの風味はあまり感じないですね!

その甘めの醤油ダレを加えると、その分だけつゆの色が濃くなるので、
シンプルに関西風のだしを味わうためにそうしなかったのかもですね!

今回のおつゆはほんとものすごくシンプルに関西風を指向してましたし!(*゚◇゚)

おつゆの原材料は砂糖、食塩、醤油、粉末かつおぶし、
粉末こんぶ、香辛料、粉末煮干し、香味油脂などです!

原材料の最初に砂糖が来ているのはちょっと意外ですね!
体感的な甘さに関してはそれほど強くはなかったですからね!

醤油より前に食塩が来るあたりは醤油の弱める意図が見えますね!

麺は縮れが少なめの油揚げ麺の和そばとなっています!

この和そば・・・以前よりもずいぶんクオリティが上がってますね!(`・ω・´)

日清はけっこう前からストレートの和そばを採用していますが、
東洋水産はそれほど縮れを弱める改良はしてこなかったのですよね!

でもこのそばは非常に縮れが少なく、ほぼストレートと言えるもので、
パスッとした食感も、そばらしい風味というその質は非常に高いです!

いやはや、東洋水産はあまり麺の改良をアピールしていないものの、
いつのまにやらそばもずいぶんとレベルアップしてたのですね!

特に鼻に抜ける風味という点ではかなりのものを感じられましたね!

麺の量は65gで、カロリーは379kcalとなっています!
脂質は17.5gで、肉が入るためかちょっとだけ高めですね!

具は甘めに炊いた牛肉、玉ねぎ揚げ玉、かまぼこ、ねぎです!

まずは主役の牛肉ですが、これは申し分ないと言っていいですね!

噛んだときの風味がまさに関西風の肉うどんの肉そのもので、
脂身のバランスといい、その再現度は文句のつけようがないです!

やはりリアル感のある肉具材では東洋水産は頭一つ抜けてますね!

これだけ肉が楽しめる肉そばなら、レギュラー化も望めますね!
十分に固定ファンを獲得できるだけの強みを持っていますね!

でもって、量も多いですし、この点は手放しで賞賛できますね!(*゚ー゚)

そして玉ねぎ揚げ玉は一見すると普通の揚げ玉のようでありながら、
食べると揚げた玉ねぎならではの香ばしさが一気に広がりますね!

玉ねぎが入っていることがはっきり伝わるのも大きな強みですね!

かまぼこやねぎは普通ですが、それぞれの仕事をきっちりしてますね!
かまぼこなどは全体に彩りを与えるという点でも重要ですしね!

あえて牛肉を炊いた風味をつゆに加えないことで関西風のつゆを強調し、
なおかつ牛肉は牛肉として食感、風味のどちらもリアルに楽しめるという、
「関西風肉そば」という名前にふさわしい仕上がりになっていました!

スーパー向けの商品で高級感を打ち出したタイプではないものの、
つゆ、麺、具材のどれを取ってもきちっと組み立てられていて、
さすがは東洋水産だなと思わせる安定感の高さが見られました!

肉うどんや肉そばが好きな人なら十分にオススメできる一杯でした!(゚x/)モキルン

【関連記事】
マルちゃん 関西風肉そば
マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン
ドラゴンボール超 麺づくり 黒い豚カレー味
ドラゴンボール超 赤いきつね 焼うどん
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん
マルちゃん 博多水炊き風鶏だしうどん
マルちゃん 旨みふぐだしうどん
マルちゃん 黄色い博多ラーメン
マルちゃん 青いちゃんぽん
マルちゃん 親子でがんばる うどん
マルちゃん おそば屋さんのにしんそば
マルちゃん 鶏だし塩そば
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん
マルちゃん わさび香るそば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/19発売 昔ながらの関西風お好みソース焼そば

9/19発売の東洋水産「昔ながらの関西風お好みソース焼そば」を食べました!

調べてみると「昔ながら」シリーズの商品の紹介は
1年ぶり以上ということでかなりひさしぶりですね!

「昔ながら」シリーズってそこそこ知名度があると思いますが、
新作に関してはあまり出されていないのは少々不思議ですね!

9/19発売 昔ながらの関西風お好みソース焼そば

「昔ながら」シリーズの「お好みソース味」は過去にも出てますね!
どうも今回はその関西風バージョンというふうに見て良さそうです!

デザインも当時のものをコテコテの関西風にアレンジした感じですし!(*゚◇゚)

9/19発売 昔ながらの関西風お好みソース焼そば(内容物)

内容物はかやく、後乗せかやく、液体ソース、からしマヨネーズです!
マヨネーズがついているのが以前のものとの最大の違いですかね!

9/19発売 昔ながらの関西風お好みソース焼そば(できあがり)

何と言っても揚げ玉がカラフルなのが目につきますね!

まずはその味ですが・・・うん、まったりとしたソースの味わいですね!(●・ω・)

鉄板で炒めたような感じというか、豚脂がかなり強めに効いていて、
またソースそのものの味わいもまったり感と甘みが感じられますね!

ただ、いかにもお好みソースといった強い甘さをアピールはせずに、
お好みソースの持つ濃厚感と豚脂のコクがミックスした感じですね!

そうしたソースなので、一般のソース焼そばよりもどっしり感は強いですね!
まったりとした味わいを楽しみたいときに向いていると言えるでしょう!

そしてここにマヨネーズが加わることでお好み焼きらしさが強まります!

からしマヨネーズにはあえてキユーピーのものが使われていて、
そのためかまったりとした味わいが他社のものよりも強いですね!

からしの刺激は控えめで、マヨネーズも酸味をアピールするよりも、
マヨネーズそのもののまろやかさに焦点が当てられている印象です!

そのため、ソースと合わさることでさらにまったり感が強まりますね!
ここまで全体をまったり路線に振っているカップ焼そばも珍しいです!(=゚ω゚)

とはいえ、重いという感じはしないので食べやすくもありますが!

ソースの原材料はソース、マヨネーズ、砂糖、豚脂、トマトケチャップ、
植物油、りんご酢、デーツ果汁、食塩、酵母エキス、香辛料となっています!

以前の「お好みソース」の原材料は次のようになっていました!

ソース、砂糖、豚脂、トマトケチャップ、
植物油、りんご酢、デーツ果汁、食塩、香辛料など

比較するとマヨネーズ以外はこれといった違いが見られないですね;

ソースがどのように関西風なのかちょっと謎な面がありましたが、
もしかしてマヨネーズを加えるという点が関西風なのですかね!

たしかにお好み焼きにマヨネーズを加えるようになったのは、
関西のお店が発祥というふうに言われてはいるみたいですが!

ただ、それを「関西風」と言われるとちょっと変な気もしますね!

もしかするとソースも「関西風」にアレンジしているのかもですが、
しばしば「関西風」の特徴と言われる甘味もそこまで強くないですしね!

麺はかなり太めでもっちり感の強い油揚げ麺となっています!

東洋水産ってもちもち感の強い焼そば用の油揚げ麺に強いのですよね!
しかも今回は太麺ということでその食感もより際立っていますね!(*゚ー゚)

また、麺にラードを用いることで特有のコクと甘みが宿っていて、
それがさらに全体のまったり感を後押しする形となっています!

麺の形状などを見るに、これも以前の「お好みソース味」と近いですね!
やはりマヨネーズ以外は麺も含めてかなり継承していると言えそうです!

麺の量は90gで、カロリーは577kcalとなっています!
脂質は28.1gで、マヨが入る分だけ高めになっていますね!

具材はキャベツ、あおさ揚げ玉、紅生姜揚げ玉となっています!

キャベツについてはごく普通なので特筆すべきことはないですが、
2種類の揚げ玉は見た目だけでなく味でも大きく貢献していますね!

あおさ揚げ玉はあおさが入ることによってほんのりとした苦味があり、
紅生姜揚げ玉は噛むとちゃんと紅生姜らしい清涼感が広がります!

この紅生姜揚げ玉も以前の「お好みソース味」に使われてましたが、
そのときもサクサクの食感といい風味といい良かったのですよね!

どのあたりが関西風なのかはイマイチ伝わらない感もありましたが、
一つの「お好みソース味」の焼そばとしては上手くまとまっていて、
甘みのあるソースと豚脂のコク、もっちりとした太麺に揚げ玉と、
それぞれのパーツに明確な個性が見られたのは良かったですね!

まったり感の強い焼そばを求めるならピッタリと言えますね!(゚x/)モキー

【関連記事】
昔ながらの関西風お好みソース焼そば
昔ながらの焼ラーメン
昔ながらの油そば
昔ながらのソース焼そば お好みソース
昔ながらのナポリタン味焼そば
昔ながらのソース焼そば 下町ウスターソース味
昔ながらのソース焼そば 凄太

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/20発売 サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ たっぷりコーンバターオイル仕上げ

9/20発売のサンヨー食品からの新作
「サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ たっぷりコーンバターオイル仕上げ」
を食べました!

「みそラーメン」シリーズからの新作はけっこうひさしぶりですね!
「みそラーメン」の新作が出ると秋が来たという気になりますね!

9/20発売 サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ たっぷりコーンバターオイル仕上げ

今回は「BESTレシピ」ということで、家で袋麺を作る際に
使えそうなレシピをカップ麺化したような雰囲気ですね!

しかもバター+コーンというと王道中の王道の路線ですからね!

9/20発売 サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ たっぷりコーンバターオイル仕上げ(内容物)

おっと、これは思っていた以上にコーンづくしになってますね!
ちなみに実際には青ねぎも具材としてちょっと入っています!

またうっかり写真を撮る前に取り出してしまってたのですよね(;゚ω゚)

9/20発売 サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ たっぷりコーンバターオイル仕上げ(できあがり)

いやはや、これは「たっぷりコーン」の名にふさわしいですね!
仕上げに後入れのバターオイルをかけると完成となります!

まずはスープですが・・・おっ、思っているよりバターが強いですね!(●・ω・)

ベースとなっているスープはいつもの「みそラーメン」ですね!

やや赤味噌よりで深みのある味噌ダレに野菜と豚の旨味を効かせ、
そこに生姜やにんにくなどの香味野菜の風味が加えられています!

一応はバターオイル以外の点でも多少の差はつけられていますが、
基本的には普段のスープとの違いはそれほどないと言っていいです!

そこにバターオイルが入りますが、かなり印象は変わってきますね!

バターによるまろやかさによって全体的にまったりした感覚が強まり、
なおかつシャープな印象が薄れ、一気に丸みを帯びた印象を与えます!

なので、「みそバター」的な風味を求めるならピッタリでしょうね!

自分で「みそラーメン」を作る際にバターを入れることが多い人なら、
その風味がきちんとカップでも再現されているのが伝わると思います!(*゚◇゚)

一方で「みそラーメン」の持つシャープな部分がもともと好きな人だと、
今回のアレンジは少々好みから外れてしまうところもあるかもです!

それぐらいはっきりとした形でバターオイルが最後まで主張しますからね!

でも隠し味のようにほんのりとだけバターを効かせるのではなくて、
けっこう思い切って効かせてきたのは自分としては正解だと思います!

どっちつかずの中途半端な仕上がりになるともったいないですしね!

スープの原材料はみそ、糖類、食塩、植物油脂、香辛料、豚脂、
ポークエキス、バターオイル、酵母エキス、発酵調味料です!

普段の「みそラーメンどんぶり」のスープの原材料と比べると、
野菜エキスとかつおエキスが外されることで相対的ではありますが、
ポーク系の風味の比重が高まっているとも言うことができますね!

麺は中ぐらいの太さのしっとりとした印象の油揚げ麺です!

麺単体としての主張は強くなく、食感もややゆるめですが、
それゆえにスープとのなじみの良さはいいものがありますね!

自分はサッポロ一番系のカップ麺は麺そのものの主張よりも、
スープとのなじみを重視するので好みには合っていましたね!

スープとよくなじむほうが袋麺に近い印象を持たせてくれますしね!(*゚ー゚)

麺の量は72gで、カロリーは448kcalとなっています!
脂質は19.2gで、バターオイルの分だけやや高めです!

麺量の72gはずいぶんと中途半端な数字になっていますね!

具材は大量のコーンと青ねぎのみというシンプルな構成です!

秋から冬になると「みそバターコーン」系のカップラーメンが
いろんなメーカーから出ますが、これはずば抜けてますね!(`・ω・´)

さすがにここまでコーンを大量投入したカップ麺はほぼないですし!

麺の合間にコーンをどんどん食べ進んでも最後まで楽しめますし、
コーンがちゃんとスープに浮いて下に沈まないのもいいのですよね!

具材が多く入っていても下に沈んで目立たなくなるケースも多いですが、
このコーンは自分が食べた限りではずっと浮いていてくれましたし!

コーンを楽しむという点ではこの上ないぐらいの満足度がありますし、
バターとコーンの相性の良さを楽しめるという点もまた大きいですね!

基本的には「みそラーメン」にコーンとバターを加えただけですが、
どちらも思いきり振り切ってくれたというのが気持ち良かったですね!

バターもパンチが効いていて、コーンはカップ全体を埋めつくすほどで、
「みそバターコーンラーメン」の究極系の一つの形を見せてくれています!

でもって、ベースがサッポロ一番などのスープへの安心感もありますしね!

味噌もコーンもバターも、そのどれもがしっかり楽しめる一杯でした!(゚x/)モキュルー

【関連記事】
サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ たっぷりコーンバターオイル仕上げ
サッポロ一番 焼肉風味 みそラーメン味 焼ラーメン
サッポロ一番 鍋風 みそラーメンどんぶり
サッポロ一番 大人のみそラーメン 濃厚チェダーチーズ&ブラックペッパー味
サッポロ一番 みそラーメン味 焼そば
サッポロ一番 きのこがおいしい みそラーメン
サッポロ一番 こってりみそラーメン
サッポロ一番 みそラーメン 辛口ラー油仕上げ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/19発売 銀座デリー監修 カシミールカレー焼そば

9/19発売の明星「銀座デリー監修 カシミールカレー焼そば」を食べました!

先々週に同じく銀座デリーの「カシミールカレーラーメン」が出ましたが、
今回はラーメンではなく焼そばとしての登場ということになりました!

銀座デリー監修の焼そばが発売されるのは今回が初めてではなく、
以前に「銀座デリー監修 マサラカレー焼そば」が発売されています!

そのときはピリ辛程度の辛さの焼そばとなっていたのですが、
今回は「カシミール」なので辛さにも期待が持てそうですね!(*゚ー゚)

9/19発売 銀座デリー監修 カシミールカレー焼そば

「マサラカレー焼そば」と同じく、大盛仕様での登場となります!
レギュラーサイズのほうがいい気もしますが、譲れない点なのですかね!

「マサラカレー」の「小辛」に対して、こちらは「極辛」となっています!
「カシミールカレー」のスパイス感がどう生きているかも注目ですね!

9/19発売 銀座デリー監修 カシミールカレー焼そば(内容物)

内容物は液体ソースとふりかけのみというシンプルな仕様です!
かやくについてはあらかじめ麺の下に入れられていますね!

9/19発売 銀座デリー監修 カシミールカレー焼そば(できあがり)

おぉ、「カシミールカレー」だけあって非常に黒い仕上がりですね!

まずはその味ですが・・・おぉ、さすがにビリッと来ますね!(●・ω・)

カシミールカレーらしいシャープで複雑なスパイス感が広がり、
それと同時にビリビリとした強めの辛さもやってきます!

ただ、食べ進めるうちに辛さはずいぶんとやわらいできますね!

おそらく「カシミールカレーラーメン」より辛さが弱いわけではなく、
焼そばのほうが温度が低いことで刺激が控えめに感じられることや、
油揚げ麺の持つ甘さによって緩和されてしまうのが理由でしょうね!

それでもカレー焼そばの中ではかなり辛い部類なのは間違いないです!

そんな「カシミールカレー」らしいスパイス感の効いた味わいですが、
動物系油脂がかなり強いため、スパイスがダイレクトに攻めてくる感覚は
ラーメン版に比べるといくぶん控えめに感じられるところがあります!

ラーメン版はノンフライ麺であることも含めて油脂が少ないので、
複雑さのあるスパイスが完全に主役として前面に出てきますからね!

できればそれぐらいのシャープさを焼そば版にも求めたいですけども!(=゚ω゚)

ソースの原材料は糖類、チキンオイル、香辛料、ラード、食塩、
しょうゆ、香味油、ビーフエキス、香味調味料、オニオンペースト、
カレー粉、発酵調味料などといった組み合わせとなっています!

チキンオイルとラードが前半に来ているのがとりわけ目立ちますね!

ラーメン版と比べると香辛料やカレー粉の位置が明らかに下ですが、
これは汁なしと汁ありとの違いによる部分が最も大きいのでしょう!

麺についてはかなり細めの油揚げ麺が使われています!(*゚◇゚)

原材料を見るに、一平ちゃんの焼そばの麺と同じものかもですね!
一平ちゃんの焼そばでもこれぐらい細い麺をよく見かけますね!

味わいがシンプルで、どのようなソースとも合わせやすい麺ですが、
本格派のソースに比べると麺のスナック感が多少目立ちはしますね!

また、麺の風味がスパイス感をいくぶんマスクする面もあります!

ただ、それはソースのスパイス感が強いがゆえにそう思うだけで、
トータルとして見ればバランスはむしろいい部類と言えますね!

麺量は大盛の130gで、カロリーは734kcalとなっています!
脂質は35.2gで、大盛なだけあってかなり高くなってますね!

具は豚・鶏そぼろ、赤ピーマンのみというシンプルな構成です!
ふりかけはカレー粉とパセリをミックスしたものとなっています!

ふりかけについてはソースの一部というふうに言ったほうが近いです!

麺量に比べて具材が少ないですが、そぼろの味はなかなかいいです!
赤ピーマンはややビジュアル要員的で存在感はあまり強くないです!

これならいっそ輪切り唐辛子にしてしまっても良かった気がしますが!

ラーメン版ほどとまではいかないもののソースのクオリティも高く、
麺もノンフライ麺には劣るものの全体のバランスは決して悪くなく、
具材もそぼろの風味がなかなかいいなど、パーツは優れていますが、
今回もまた大盛仕様による負の側面がちょっと気になりましたね(;゚ω゚)

麺量が多いことでどうしても後半はやや重さも出てきますし、
また具材の量とのバランスが取れなくなる弱点があるのですよね!

それでも前回の「マサラカレー」よりはスパイス感が強まっているので、
全体のバランスはそのときに比べれば向上したとは言えると思います!

そんな大盛仕様ゆえの弱点も多少なりとも感じたりはしますが、
ここまで本格派のスパイスが楽しめるカレー焼そばは他になく、
十分な存在意義を感じさせる一杯であることは間違いないですね!

ドンキなどに安く流れて来たら何度かリピートすると思います!(゚x/)モキルー

【関連記事】
銀座デリー監修 カシミールカレー焼そば
銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン(2016年9月)
銀座デリー監修 コルマカレーラーメン
スパイスタイム 銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン
銀座デリー監修 マサラカレー焼そば
銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン(2015年9月)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/20発売 麺匠玄龍監修 濃厚味噌らーめん

9/20発売の東洋水産「麺匠玄龍 濃厚味噌らーめん」を食べました!
仙台と盛岡に店舗を持つお店の再現カップ麺でローソン限定です!

9/20発売 麺匠玄龍監修 濃厚味噌らーめん

「味噌らーめん」の再現カップ麺が発売されるということで、
実際のお店もメインが味噌かと思うとそうではないようです!

味噌の看板メニューの一つとして位置づけられてはいますが!

また、仙台と盛岡でラーメンのメニューも違っているようですね!
盛岡のほうがトビウオだしのラーメンが主役となっていますし!

9/20発売 麺匠玄龍監修 濃厚味噌らーめん(内容物)

内容物はかやく、レトルトもやし、粉末スープ、液体スープです!
レトルトもやしと粉末スープはどちらも後入れとなっています!

なので、お湯よりも先に入れておくのは普通の乾燥かやくだけですね!

食塩相当量を見ると9.9g・・・これはなかなか警戒が必要そうです(;゚◇゚)

9/20発売 麺匠玄龍監修 濃厚味噌らーめん(できあがり)

マルちゃんらしいレトルトもやしが存在感を放っていますね!

まずはスープですが・・・なかなかまろやか系の味噌ラーメンですね!(●・ω・)

札幌系の味噌ラーメンほどではないものの豚脂がそこそこ多く入り、
ベースの豚骨スープもほどよく厚みがあり、そこにごまが入ることで
さらにコクを重ねるといったまろやかさのあるスープとなっています!

味噌ダレもキレよりは丸みのある味噌感を感じさせるタイプで、
軽めの甘さの中から香味野菜のパンチが顔を覗かせてきます!

また、隠し味のような感じで山椒の香りもふわりと上がってきます!

厚めのスープと豚脂ということで札幌味噌ラーメンに近くもありますが、
札幌系がとにかく押しの強さが香味野菜の攻撃性を効かせるのに対して、
こちらはある程度は方向性は共通しつつももっとバランス型と言えますね!

また、塩分相当量の高さですが、実際はあまり気にならないですね!(*゚ー゚)

どうもかやくの塩分量がやや高めになっているのも理由のようなので、
スープ単体で見るとこれといってとがっているというわけではないです!

ただ、お湯を少なめにしてしまうと味が強く感じられるかもですが!
ちなみに粉末スープはやや溶け残りやすいので注意が必要です!

スープの原材料はみそ、豚脂、ポークエキス、砂糖、植物油、香辛料、
食塩、すりごま、でん粉、香味油脂、醤油、野菜エキス、酵母エキスです!

麺は縮れが強めで、ちょっと平打ち気味のノンフライ麺となっています!

食感は味噌ラーメン向けらしいもっちり感のあるものですが、
力強い感じではなく、しっとりとしたしなやかさがありますね!

また、時間経過によってけっこう食感が早くゆるんできますが、
そうすることで生まれるスープとのなじみも良かったりします!(=゚ω゚)

こうしたもっちりしつつも優しさのある麺もなかなかいいですね!

麺の量は70gで、カロリーは486kcalとなっています!
脂質は17.1gで、ノンフライ麺にしてはけっこう高いですね!

このあたりはやはり豚脂などの多さが効いているのでしょう!

具は乾燥具のひき肉、ねぎとレトルトのもやし、にんじんです!
レトルト具材にもやしだけでなくにんじんも入るのは珍しいですね!

ひき肉は量もそこそこ多く、ふんわりとした食感でありながらも、
肉らしい風味がしっかりとあって、満足度はなかなか高いですね!

やはり東洋水産は肉具材についてはいつもいいものを出してくれますね!

そしてレトルトのもやしとにんじんですが、これが非常にいいです!(`・ω・)+

スープだけで見るとけっこうまったりとした味噌スープですが、
このもやしなどが入ることでシャキッとした小気味いい食感と
さっぱりとした風味が合わさって非常に食べやすくなります!

でもって、量が多いのでけっこう多めに食べ進んでいっても、
麺とほぼ同じぐらいのペースで食べ終わる感じになるのですよね!

なので、麺と一緒に食べ進んでいくのにすごく向いていますね!

レトルトもやしなので一定の酸味などは感じさせはしますが、
それも含めて全体のさっぱり感を押し上げてくれています!

札幌系の味噌ラーメンをよりバランス重視で仕上げたスープに、
もっちりとしながらもなめらかな優しさも感じさせる麺に、
多く入ったもやしと、意外にありそうにない組み合わせで、
明確な個性を感じさせる味噌ラーメンになっていました!

ずいぶんと涼しくなってきた今の季節にピッタリの一杯でした!(゚x/)モキュリッ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.