7/17発売 全国麺めぐり 広島汁なし担担麺

7/17発売の寿がきや「全国麺めぐり 広島汁なし担担麺」を食べました!

先週発売の商品ですが、今週から急に出回り始めたうえに、
記事化している人があまりいないので優先することにしました!

7/17発売 全国麺めぐり 広島汁なし担担麺

それにしても最近は広島風の汁なし担担麺のカップ麺がよく出ますね!
少し前の「台湾まぜそば」のカップ麺でのブームを思い起こさせます!

これ以前にもいろんな汁なし担担麺がカップ麺化されてきてますが、
広島風の特徴であるねぎと低加水の細麺の2つに注目してみたいですね!

この2つの特徴が生かされることで、一気に広島らしさが出ますからね!(=゚ω゚)

7/17発売 全国麺めぐり 広島汁なし担担麺(内容物)

おっ、麺に関しては乾燥状態でもかなりの細麺なのがわかりますね!
一方の内容物は液体スープと後入れかやくのみとシンプルになってます!

7/17発売 全国麺めぐり 広島汁なし担担麺(できあがり)

いやはや、この後入れかやくの大量っぷりにはかなり驚かされますね!
粉末状のものもかなり入っていますが、これはおそらく花椒でしょう!

まずはその味ですが・・・おぉ、これはまさに広島風らしいですね!(●・ω・)

最もベースとなっているのは白ごま系のねりごまのコクですね!

これによって基盤が固められ、そこにラー油による辛味と油脂のコク、
さらに後入れかやくに多く入れられた花椒の痺れが交わっています!

この3つは基本的にごく普通の汁なし担担麺にも共通するものなのですが、
甜麺醤などの中華系の甘味噌であったり、豆鼓などの素材の風味がないので、
このあたりが中華料理系の汁なし担担麺とのわかりやすい違いになってます!

自分はこのねりごまに甘味噌+豆板醤系の肉味噌の風味が絡んでくる
中華料理系の汁なし担担麺の風味もかなり好きではあるのですが、
ごま・ラー油・花椒でシンプルに仕上げるこの広島系もいいですね!

また、ごまのコクは強いものの動物系のコクが控えめなのも特徴です!
なので、しっかりとした味わいながらもあまり重くならないのですよね!

こうして食べてみると、寿がきやは味の特徴を引き出すのが上手いですね!

自分はもともと広島風=ねぎ+細麺ぐらいしか思ってなかったですが、
これを食べると一般的な汁なし担担麺とのタレの違いもはっきり見えて、
広島風の汁なし担担麺の個性が非常に明瞭に理解できましたからね!(*゚◇゚)

このタレはこれまでに出た広島系の中でもかなり秀逸だと思います!

タレの原材料は植物油脂、しょうゆ、ねりごま、香味油、食塩、
調味酢、チキンエキス、たん白加水分解物となっています!

味噌が一切入っていないというのが大きな特徴になってますね!
このあたりもまた広島風のポイントと言ってもいいでしょう!

サンヨー食品の「広島式汁なし担担麺」もほぼ同様でしたしね!

麺は縮れが強めの低加水で細めのノンフライ麺となっています!

寿がきやの麺(作っているのは加ト吉だったりしますが)って、
あまり多くのバリエーションがないというイメージがありますが、
この低加水の細麺はなかなかのクオリティを誇っていますね!(`・ω・´)

「これぞ広島風」と言いたくなるパツパツの細麺は歯切れが良く、
小麦の風味もしっかりと伝わる実に低加水らしい麺となっています!

規定の湯戻しは4分ですが、少しぐらい短くしてもいいでしょうね!

この細麺に白ごまのコクと花椒の痺れが効いたタレが上手く絡む、
広島風汁なし担担麺の魅力がしっかりと伝わる麺となっています!

麺の量は75gで、カロリーは460kcalとなっています!
脂質は20.5gで、ノンフライ麺系商品としては高いですね!

ただ、植物油脂がメインなのでこの数字ほどの重さはありません!

具材は後入れの大豆たん白加工品、ねぎ、ごま、香辛料です!
粉末状のものはどうも花椒とすりごまがまざってるようです!

なので、具材らしい具材は大豆たん白とねぎということになります!

まずは青ねぎですが、後入れなので乾燥状態ではありますが、
それゆえに主張も明確で、広島風らしさの演出に貢献してます!

見てのとおり、その量については申し分がないですからね!(*゚ー゚)

そして大豆たん白ですが、これが意外とよくできていますね!

もし湯戻し具材だったらもうちょっと不自然さが出たかもですが、
後入れなので食感は硬くとも風味はちゃんとつまっていますし、
いかにも疑似肉というような変な感触はあまり感じさせません!

とはいえ、具材については圧倒的にサンヨー食品が上ではありますが!

ただ、この後入れ具材の多さが一つ問題も起こしてるのですよね!

具材に水気がないので、全体とまぜてもやや乾燥した感じになり、
麺をすすったときに花椒などが喉を直撃してむせることがあります;

なので、できるだけきちっとまぜて全体に上手く絡ませたうえで、
あまり一気にすすらないように食べるのが隠れたポイントですね!

途中からはむせないように注意することに集中して食べましたし!

後入れかやくが多いことでむせやすいという隠れた弱点はありつつも、
広島風汁なし担担麺の特徴を出すという点では素晴らしいものがあり、
「広島風らしさ」に触れる目的なら非常にオススメできる一杯ですね!

ノンフライ麺ということで、コクがありつつすっきりといけますし、
普段は寿がきやの新作をスルーしてしまいがちだったりするのですが、
これは一週遅れでも迷わず購入して紹介したのは大正解でしたね!

広島風汁なし担担麺のお手本とも言えるような高水準の一杯でした!(゚x/)モキウッ

【関連記事】
全国麺めぐり 広島汁なし担担麺
全国麺めぐり 富山白えびラーメン
全国麺めぐり 鳥取牛骨ラーメン
全国麺めぐり 安養寺らーめん
全国麺めぐり 尾道ラーメン
全国麺めぐり 富山ブラック
全国麺めぐり 奈良天理醤油ラーメン
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/24発売 日清焼そば U.F.O. 極太 油そば マシ×2キムチマヨ

7/24発売の日清からの新作
「日清焼そば U.F.O. 極太 油そば マシ×2キムチマヨ」
を食べました!

7/24発売 日清焼そば U.F.O. 極太 油そば マシ×2キムチマヨ

ワイルドさを前面に立てる「UFO極太」シリーズの第5弾です!
相変わらず「焼そば」なのか「油そば」なのか謎な名前ですが!

今回はキムチマヨをつけた油そばという路線となっています!
見たところ別にキムチそのものが入るわけではないようです!

7/24発売 日清焼そば U.F.O. 極太 油そば マシ×2キムチマヨ(内容物)

内容物は液体ソース、きざみのり、キムチマヨとなっています!
キムチマヨがマシマシということで、量がかなり多くなってます!

7/24発売 日清焼そば U.F.O. 極太 油そば マシ×2キムチマヨ(できあがり)

タレとマヨの色が同系統なので、マヨがあまり目立たないですね!
きざみのりは実際はこの1.5倍ほど、マヨはこの数倍はあります!

まずはマヨなしでの味ですが・・・意外と正統派の油そばですね!(●・ω・)

まず前面に香りが出てくるのはごま油で、さらに豚脂が分厚く、
そこにほんのり甘みのある醤油ダレが重なる感じとなってます!

お酢も入ってますが、それほど酸味を主張するわけではなくて、
どちらかといえばヘヴィ路線の油そばのタレと言えそうですね!

また、この段階でも意外とピリッとした唐辛子系の辛味があります!

このままの味でも十分に一つの油そばとして成り立っていますが、
ただよくあるタイプの風味ではあるので個性はあまり強くないです!

そしてキムチマヨをまぜると・・・一気に味が変わってきますね!(=゚ω゚)

このキムチマヨ、けっこうキムチの香りや風味が強く出ていますね!
それと同時にマヨの酸味とまろやかさが等価ぐらいに感じられます!

油そばにマヨが入るというケースはけっこう多く見かけるのですが、
そうした商品とはちょっと一線を画したタイプのものとなってますね!

というのも、普通はタレがメインでマヨがサブという感じになりますが、
これはマヨが多いうえに香りも強いのでマヨのほうが前面に出てきます!

なので、キムチマヨ風味の裏で油そばに使われるタレが下支えをする、
そうしたちょっと逆転したようなバランス感になっているのですよね!

ただ、ここにきざみのりが入ってくるとなかなか面白くなります!(*゚ー゚)

キムチマヨと海苔が合わさることで一気に韓国料理風になり、
このときのバランスの噛み合い具合はなかなかのものでした!

ただ、もったいないのは分量的にキムチマヨが海苔より圧倒的に多く、
タレ・キムチマヨ・海苔の三位一体感を楽しめるのは一部にとどまり、
他はほとんどキムチマヨ一色に染まるような感があった点ですね!

本来であればベースの油そばのタレだけの味も楽しんだりしつつ、
キムチマヨ+海苔によってもう一つの表情も出るのが理想的でしたが、
インパクトをつけるためかキムチマヨをマシマシにしてしまったことで、
結果的にそうした分量のバランスを崩すことになってしまったのですよね;

味そのものはなかなかいいだけに、そこはもったいなく感じましたね!
無理に分量の多さでアピールしなくても良かったように思いますね!

タレの原材料は豚脂、醤油、植物油脂、糖類、ポークエキス、食塩、醸造酢、香味油です!

この組み合わせ自体は油そばといてはけっこうオーソドックスですね!

麺はやや平打ち気味でつるみのある油揚げ麺となっています!

この麺はほんと大盛系の麺としては極めて秀逸と言えますね!(*゚◇゚)

大盛系でワイルドな風味ということになると、食べているうちに
ちょっと持て余し気味になってしまうことも少なくないのですが、
この麺は太めなのに油揚げ麺の持つネガな要素があまりなくて、
気付いたらもうスルスルと完食してしまっているのですよね!

今回も大盛系油そばにしては非常に速く食べることができましたし!

表面はつるみがあり、食感はもちもちというよりは軽いプリ感、
すすりやすく、それでいて噛み心地がいいのがポイントですね!

麺の量は130gで、カロリーは790kcalとかなり高めです!
脂質は41.6gで、やはりこちらも高い数字となってますね!

ただ、食べたときの感触は数字に比べるといくぶん軽い感じですが!

具材はキャベツで、そこにふりかけ的に海苔がついてきます!(`・ω・´)

海苔は単なる具材というよりは味付けの一部という感じなので、
純粋に具材と呼べるのはキャベツのみと言ったほうがいいかもです!

一般的には油そばには肉系の具材などが入ることが多いのですが、
今回はキムチマヨが多かったためかキャベツだけとなっています!

その分だけさっぱり食べることができるという利点もありましたが!
ここに肉具材が入るとちょっと重くなりすぎたかもしれませんし!

ベースの正統派ながらもワイルドな油そばのタレはなかなか良く、
キムチマヨと海苔の三者が合わさった風味も面白かったのですが、
いかんせん分量のバランスが悪かったのがもったいなかったです!

ここまで大量にキムチマヨを入れる必要はない感じがしましたね!

味のバランスだけで言うなら、キムチマヨは全部入れず少し残して、
自分できざみのりを追加するとよりおいしく食べられるかもですね!

分量の多さがつねにプラスになるわけではないと感じた一杯でした!(゚x/)モッキルン

【関連記事】
日清焼そば U.F.O. 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

This is 中川 クリアー中川

淡路にある「This is 中川」へと初訪問してきました!
こちらのお店はずっと行きたいと思っていたのですよね!

開店当初は夜営業のみという営業スタイルだったのですが、
自分と空いている日と定休日が重なっていることもあり、
簡単に行けそうなのに行けない状態が続いてたのですよね!

そうしているうちに今度は営業形態が昼のみへと移行し、
一気に訪問するのが難しいお店へと変貌してしまいました(;゚ω゚)

ですが、このところは昼に時間を作って思い切ったお店に行く
という機会を作っているので、その流れで足を運んでみました!

さて、こちらのお店は「This is 中川」と主に呼ばれてますが、
実際は「This is 中川 これはなかがわです。」となっています!

率直に言って「なんだこりゃ」と思ってしまうような店名ですが、
店主さんのインタビュー記事を読むと意外と由来は深いのですね!

もともと自分の姓の「中川」を入れたいと思っていたそうですが、
なかなか自分の中でしっくりと来る名前がつかなかったそうです!

そこで相談していた方から「中川を表現したいと考えてるのなら、
『This is 中川』でいいんじゃないの」と提案を受けたそうです!

要するに「これが中川のラーメンなんだ」という強い意思表示ですね!

ただ、そこに「和訳したのも入れたほうが面白い」という提案もあり、
直訳的な和訳が入ったことで一気に脱力系の名前になったそうです!笑

こちらの店主さんは「縁乃助商店」の店主さんでもあるのですが、
こちらのお店が分離してから、両者の評価が数段上がった印象があるのですよね!

というのも、「縁乃助商店」は初期は「とろっと」と「さらっと」の
食べやすい白湯と清湯の2種類のラーメンを提供していたのですが、
清湯ラーメンの分離方針にともない、「縁乃助商店」は濃厚路線に傾倒、
その結果として非常に個性の強い2店舗体制へと移行しましたからね!

なので、こちらのお店は単なるセカンドブランドという位置づけではなく、
中川店主のラーメンの一つのコアな部分を示すお店となっています!

しかもお店は一人で切り盛りされているので非常に大変なのですよね!
「中川のラーメンなのだから、自分一人で」ということなのでしょう!

ユーモア感もありながら、同時にほとばしる熱意も見えてきますね!

到着は開店直前だったので限定10食のチャーシュー麺も残ってましたが、
自分はこのお店の基本のスープをまず味わいたいと思ったことから、
巨大なチャーシューはスルーして普通にオススメの清湯を注文しました!

この清湯は開店当初は「1983 NAKAGAWA 塩」という名前でしたが、
現在ではシンプル化して「クリアー中川」という名前になっています!

また少々変な構成だった券売機も今ではずいぶんシンプルになってます!(*゚ー゚)

This is 中川 クリアー中川

というわけで、こちらのデフォである「クリアー中川」が来ました!

ほぉー、見た感じは遊び心にあふれるラーメンという感じですね!
右奥に見える不思議な泡、手前のカラフルなあられが目につきます!

まずはスープですが・・・うわっ、このスープ、何という深さでしょう!(●・ω・)

スープを一口飲んだだけでその旨味、コクの深みに圧倒されましたね!

自分が飲んだときにまず感じたのは鶏のどっしりとした旨味を中心に据えつつ、
複合的な旨味が絡み合い、なおかつ丸みのあるタレが重なるという印象でしたが、
どうもこのスープは素材の種類をあえて極限まで抑えてるようなのですよね!

開店したときのコンセプトが「豚骨使わない、魚介使わない」だったわけで、
なおかつスープの風味がダイレクトに伝わる塩ラーメンというテーマですから、
その制約の中で旨い一杯を作るというのはものすごく難しいはずなのですよね!

どうもこちらのお店は、まずとことん鶏の旨味を引き出すことを考えて、
そこに牛肉(牛すじ?)の旨味を重ねるという形を取っているようです!

さらに香味油で香りとコクに深みを重ね、謎の泡で旨味の幅を持たせる、
おそらくはそのような形によって構成されたスープとなってるのでしょう!

しかし驚くのは、この深く、かつ広がりがあり、塩のとがりは感じさせない、
素材はかなり絞っているのに重層感のある旨味が口の中に広がってくる、
なるほど「This is 中川」なラーメンであることがひしひしと伝わります!

塩のとがりがないのは、塩ダレをしっかり熟成させてるからのようです!

このラーメンですから、そりゃあ評価もどんどんと上がるわけですよね!(*゚◇゚)

そしてトッピングもこのお店ならではのものがそろっています!

まずは左側のクリスピーな鶏もも肉のローストなのですが、
これがまた秀逸で、旨いというほかないという具材ですね!

表面はカリッと香ばしく、肉質はしっとりとして旨味が詰まっている、
チャーシュー麺にしなかったことで肉系具材が弱くなるかと思いきや、
いやいや巨大なチャーシューなしでも抜群のトッピングではないですか!

そして中央のしっとりとした鶏胸チャーシューは肉質がやわらかで、
なおかつバジルやペッパーでアクセント的な風味が上手くついていて、
よくある鶏胸肉チャーシューとは一線を画す旨さを見せ付けてきます!

右側に見えるじっくりと炊かれた具材は軟骨系のものですかね!

食べるとほどよい感じにコリッとやわらかくほぐれていき、
肉の旨味とじわっとした甘辛い下味が口の中に広がります!

この3種の肉具材のトッピング、いやはや流石だとうなりました!(`・ω・´)

味玉は比較的味が薄めで、醤油系の味わいはついていません!
あくまで塩系の味わいが比較的ほんのりとつけられています!

「塩ラーメンだからこそ塩味玉」、そんな狙いが見えますね!

手前のあられについては、どちらかといえば彩り目的ですね!
カリカリとした食感が小気味よく感じたりもしますが!

そして右奥の謎の泡ですが、これは調理過程で勝手に出るのではなく、
ちゃんとこうした泡状のものをトッピングするという形になってます!

でもって、最近流行りのエスプーマやミキサー系の泡ではないです!

情報が少なくどのような泡なのかははっきりとはわからないのですが、
旨味を凝縮したような、スープと重ねることで旨味が増すような、
そうした素材を泡状にしてトッピングしているのだと思われます!

なので、泡だけを少し食べてもイマイチよくわからなかったりします!

This is 中川 クリアー中川(麺のアップ)

麺は塩ラーメンにしてはやや珍しく平打ちの麺が使われています!

こちらのスープは決して味がきついということはないのですが、
旨味が凝縮したような「強い」スープであることはたしかなので、
一般的な細麺よりはこうした麺のほうがピタッとハマりますね!

ちょうどスープと麺との力関係が等価になる感じが出てきます!

かといって、強いもちもち感などで強く主張するわけではなく、
プリッと弾ける感じで個性の強いスープの中でも存在が負けない、
そうした麺というふうにとらえるのがわかりやすいかと思います!

ちなみに麺の大盛は無料で、注文時に店主さんから尋ねられるので、
そこで気軽に「大盛で」と言えば、麺を大盛にしてもらえます!

とにかく飲んだ瞬間に深みが広がるスープが何より印象的で、
複合的な旨味を感じさせながら素材は絞り込んでいるという、
そうしたギャップからもこのお店の力を強く感じましたね!(*・ω・)

やっぱり旨いお店の塩ラーメンはやめられないですね!

スープの味がダイレクトに出るがゆえの難しさはありますが、
それゆえにそのお店の味の良さもダイレクトに出るのですよね!

塩ラーメン好きなら、ぜひとも一度試してほしいと思う一杯でした!(゚x/)モッキユーー

[メニュー]
This is 中川 券売機(2017年7月)

お店の住所と地図 大阪府大阪市東淀川区菅原6-24-12

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

7/17発売 カップヌードル 汁なしシーフード

7/17発売の日清「カップヌードル 汁なしシーフード」を食べました!
「シーフードヌードル」を汁なしの焼そばにした商品ですね!

7/17発売 カップヌードル 汁なしシーフード

「シーフードヌードル」の焼そばって、過去にもありそうなのですが、
カップヌードルの丸型容器のままで焼そば作れるようになったのは、
カップヌードル パスタスタイル」の登場以降だったのですよね!

ただ、以前にUFOで「シーフード」がレギュラー化していた時期があり、
これが「シーフードヌードル」の味を強く意識した商品ではありましたが!(*゚◇゚)

自分としてはそのとき以上に「らしさ」を感じられるかがポイントですね!

7/17発売 カップヌードル 汁なしシーフード(内容物)

内容物は液体ソースとふりかけという構成になっています!
具材は普通のカップヌードルの同様にカップに入ってます!

どうも麺を見るに、普通のシーフードヌードルの麺とは違ってますね!

7/17発売 カップヌードル 汁なしシーフード(できあがり)

うん、まぁそこそこシーフードヌードルらしさはそろってますかね!
もうちょっとイカが入っていればなぁ、と思うところもありますが!

まずはその味ですが・・・海鮮風味のするややオイリーな塩焼そばですね!(●・ω・)

うーん、たしかにシーフードヌードルがモデルではあるのでしょうが、
まずやってくるのは塩系の焼そばらしいオイリーな風味なのですよね、
そこに日清が得意とする豚脂や豚系などの動物系によるベースが加わり、
その奥のほうからシーフードヌードル的な海鮮の旨味がやってきます!

ただ、それで「シーフードヌードルらしさを感じられるか」と言うと、
それはちょっと難しいなぁ、と言わらざるをえないのも事実ですね;

というのも、シーフードヌードルの核って、強めの海鮮風味もそうですが、
ほんのりとした乳製品の風味とライト豚骨が合わさったようなバランス、
この3つのバランスが取れてこそのシーフードヌードルだったりしますからね!

今回の汁なしはこの3者のバランスの上を油脂が覆う形になっていて、
一つの海鮮系塩焼そばとしてはそれなりにまとまった形でありながら、
シーフードヌードルらしさを損なうような感じになっていましたね!

油脂感を弱めても、もう少しライト豚骨+乳製品の感じが出ていたら、
もうちょっと食べたときの印象なども変わってきたと思うのですが!(=゚ω゚)

あと液体ソースの量が少なくてまぜにくかったのは困りましたね;
なので、湯切りに関してはちょっと甘めなぐらいがいいかもです!

ソースの原材料は植物油脂、豚脂、醤油、ポークエキス、香味油、
香辛料、乳等を主要原料とする食品、チキンエキス、野菜調味油、
野菜エキス、たん白加水分解物、魚介エキス、糖類、ポーク調味油です!

前半を見ると圧倒的に油脂と動物系がメインになっていますね!

どうも「シーフードヌードル」を汁なし化したというよりは、
塩焼そばに「シーフードヌードル」ぽさを付加した感じですね!

麺はいつもとは違う、やや中太ぐらいの油揚げ麺です!

今回のソースであれば、この麺にしたのは正解でしょうね!
もしいつもの麺だったとしたら、明らかに麺負けしますし!

ただ、こうした麺にした必要性の一つは油脂の多さなので、
そのあたりの調整次第でもう少しゆるい麺にできたかもですが!(*゚ー゚)

カップヌードルらしい麺かと言われると、やはり違いますしね!

麺の量は汁なし向けに多めの80gで、カロリーは450kcalとなってます!
脂質は21.2gで、やはり汁なしということでそこそこ高めですね!

具材はキャベツ、いか、卵、かにかま、ふりかけは揚げ玉と紅生姜です!

具材はキャベツ、卵はいつもの「シーフードヌードル」に近く、
量もしっかりと入っていて、ここはポイントが高かったです!

一方で海鮮具材であるいかとかにかまは少なめでしたね!

コストや麺量との兼ね合いもあったとは思うのですが、
全体の満足度が下がる原因にはなってしまってましたね!

ふりかけの揚げ玉はサクサクとした食感が面白いのですが、
シーフードヌードルからは遠ざかる効果が強かったですね;

あくまで普通の塩焼そば的な方向に近づける感じでしたね!

一方の紅生姜はサクサクした食感とともにアクセントを加え、
シーフードヌードルの個性の一つを上手く再現してましたね!(`・ω・´)

汁ありの商品を汁なしにすると、どうしても油脂が強くなり、
それによってバランスが大きく変わってしまうことがありますが、
その影響がモロに出てしまったのがこの商品という感じでしたね!

できることなら、もっと素直にシーフードヌードルの味が伝わるような、
一般的に塩焼そばで求められる油脂の強さなどは横に置いたうえで、
そこに主眼を置いて作ればもっと面白くなったようにも思いましたね!

あまり「シーフードヌードルらしさ」を求めずに食べるのがいいですね!(゚x/)モッキン

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

長居公園 植物園 バラ園 2017 Part1

5月に行ってきた「長居公園 植物園」のバラ園のバラを紹介します!

ちょうど5月頃が春のバラのピークの時期となっているので、
バラ園のバラはどれも満開という素晴らしい状況でしたね!

4年前にもこのバラ園に足を運んできたことがありましたが、
そのときはまだデジカメではなく画質もあまりきれいではなく、
今見返してみると満足できる写真とは言い難いのですよね!

「長居公園 植物園」のバラ園にはたくさんのバラがありますが、
今回はあえて撮影するのは10枚のみとかなり絞り込みました!

これは「造幣局 桜の通り抜け」で写真を撮りすぎてしまって、
記事化するのにものすごく苦労してしまったからなのですよね;

なので、今回は1記事につき5枚で2記事のみの構成となります!
これぐらいシンプルなほうが読む側としても楽でしょうしね!(*゚◇゚)

長居植物園 バラ園(アンジェラ)
(アンジェラ)

今回撮影した中でもとりわけきれいに撮れたのがこのバラでした!
このバラはドイツのコルデス社によって作られたもののようです!

とにかくきれいなピンク色で、八重咲きに近くて花びらも多く、
カップ型に包み込みように咲く姿が非常に美しいですね!

そしてバラは香りがいい品種が多いのも大きな魅力ですよね!
花ごとにその香りを嗅いでいくのも欠かせないものですしね!(●・ω・)

長居植物園 バラ園(ショッキング・ブルー)
(ショッキング・ブルー)

その名前の通り、やや青みがかっているのが特徴のバラです!
実際にはブルーというよりは、青紫に近い感じではありますが!

こちらもアンジェラと同様にドイツで生まれたバラのようです!

「ショッキング・ブルー」と聞くとオランダのロックバンドが
思い浮かぶのですが、もしかするとその名が取られたのですかね!

巻きも厚く、それでいて花の色は紫という個性的な色で、
見る者を引きつける力は非常に強いものを感じますね!(*゚ー゚)

長居植物園 バラ園(ストロベリー・アイス)
(ストロベリー・アイス)

こちらはなんだかとっつきやすい名前のバラですよね!
「ストロベリー・アイス」、たしかにそんな雰囲気がありますね!

外側がピンクで、内に行くほど白や淡い黄色などが見える、
このコントラストの美しさはなかなかのものがありますね!

ちなみにこちらのバラはフランスで作られたとのことです!(=゚ω゚)

長居植物園 バラ園(フリージア)
(フリージア)

今回撮影したバラの中でも特に気に入ったバラの一つですね!
とにかく黄色が鮮やかで、なおかつ香りがすごくいいのです!

何度引き返してこの花の香りを嗅いだかわからないほどですし!

黄色系のバラはたくさんありますが、中でもとりわけ鮮やかで、
まさに黄色のバラの代表格と呼びたくなる風格がありますね!

こちらのバラはドイツで生まれたものとなっております!(*・ω・)

なんだかドイツやフランスなど、西欧諸国生まれが多いですね!

長居植物園 バラ園(シンプリシティ)
(シンプリシティ)

今回の記事のラストを飾るのはちょっと紫寄りのピンクで、
薄く広がるように重なって咲くかわいらしいこのバラです!

巻くというよりは広がって咲くような感じになってるので、
一見するとあんまりバラらしく見えないところもありますが、
それが不思議と引きつけるような力を持っているのですよね!

ピンクとも紫とも言えるような中間的な淡い色であったり、
何かこう見ているだけで優しさが伝わるような花ですね!(`・ω・)+

このシンプリシティはレッドやイエローなどもあるようで、
どれもアメリカで作られたバラということになってます!

ということで、今回はシンプルに5つのバラをお届けしました!

次回記事では、またきれいな5つのバラを紹介していきます!(゚x/)モキリュッ

【関連記事】
長居公園 植物園 バラ園 2017 Part1
長居公園 植物園 2013(大池北側の白鳥さん)
長居公園 植物園 2013(バラ園 その2)
長居公園 植物園 2013(バラ園 その1)
長居公園 植物園 2013(大池の南側)
長居公園の桜
長居公園 植物園(白鳥さんとかもさん)
長居公園 植物園(ライフガーデン周辺)
長居公園 植物園(ボタン園)
長居公園 自然史博物館
長居公園 植物園(入口~自然博物館付近)
長居公園(にゃんことかめさん)
長居公園(2010年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

7/17発売 沖縄のソウルフード そーみんちゃんぷるー

7/17発売の明星のセブンイレブン限定の新作
「沖縄のソウルフード そーみんちゃんぷるー」
を食べました!

こちらも「ハイサイ! 沖縄フェア」の関連商品の一つですね!
日清、東洋水産、明星のそれぞれが商品を担当したわけですね!

7/17発売 沖縄のソウルフード そーみんちゃんぷるー

ただし、こちらは沖縄そばではなく「そーみんちゃんぷるー」です!
簡単に言ってしまえばそうめんを使ったチャンプルーですね!

チャンプルー味を再現したカップ焼そばは今回が初ではなく、
これまでにいくつかの商品が発売されてきた経緯があります!

沖縄の風 チャンプルー焼そば(東洋水産:2012年)
沖縄風 塩焼そば(エースコック:2012年)
ゴーヤチャンプルーやきそば(まるか食品:2011年)

ただし、これらがどれもあくまで「焼そば」だったのに対して、
今回はちゃんとそうめんを使った商品となっているのですよね!

そういう点ではけっこう革新的な商品と言っていいでしょう!(=゚ω゚)

7/17発売 沖縄のソウルフード そーみんちゃんぷるー(内容物)

内容物はかやく、液体スープとかなりシンプルな構成です!
また、キャベツに関してだけはあらかじめカップに入ってます!

乾燥状態でも麺がそうめんであるということが伝わりますね!

7/17発売 沖縄のソウルフード そーみんちゃんぷるー(できあがり)

うん、具材も充実していてチャンプルーらしさが出ていますね!
さすがに卵がきれいに全体に絡む感じとはまた違いますが!

肉具材がスパム風のものとなっているのも沖縄っぽいですし!

まずはその味ですが・・・うん、チャンプルー系の味ですね!(●・ω・)

チャンプルー系の味も沖縄そばの味と構成が似ているところがあり、
豚の風味を強めに効かせつつ、かつおぶしの風味を重ねるのですよね!

ただ、この商品は「かつおの旨味とツナの風味」と書かれてあるので、
ここにさらにツナ系の風味が加わるという形になってるようです!

ただ、原材料を見るとツナといってもまぐろではなくかつおのようで、
かつお節でないかつおとかつお節のダブルかつお風味になってるようです!

これによって魚介の旨味により幅を持たせる形になってるのですね!

こうした構成は過去のチャンプルー系商品でもおおむね近かったですが、
食べていてどうもこの商品だけ少ししっくり来ない感があったのですよね;

それが何なのだろうと思っていたのですが、栄養成分を見るとすぐわかりました;
なんとこの商品は脂質が42.4gと、かなり尋常ではない数字になってるのですよね!

これって大盛系のカップ油そばの脂質の数字よりも高いと言えるものですし!

要するに味の構成に関しては王道のチャンプルー路線を踏襲しながらも、
とにかく油脂が強いので食べ進めるほどに重くなってくるのですよね(;゚◇゚)

自分は重くても完食する分には平気なので普通に食べ切れましたが、
ここまで脂質優位にする必要があったかと言われると少々謎ですね!

もしかすると本場のそーみんちゃんぷるーがそうなのかもしれないですが、
この商品は麺が油揚げ麺のそうめんという決定的な違いもあるわけで、
その分を差し引く感じで油脂を活用したほうが良かったように思いますね!

ソースの原材料はしょうゆ、植物油脂、たん白加水分解物、香味油、ラード、
鶏・豚エキス、かつおぶしエキス、かつおエキス、香辛料、食塩、酵母エキスです!

この原材料をよく見ると、前半に油脂系が3つも並べて書かれており、
完全に油脂メインで構成されているソースであることがわかります!

かつおぶしエキスの後ろのかつおエキスはツナエキスの意味でしょうね!

麺は油揚げ麺のそうめんで、そうめんらしくかなり細めになってます!

湯戻し時間の3分は麺の太さを考えるとさすがに長く感じたので、
今回は2分30秒で湯切りましたが、それでもやわらかめでしたね!

もしかするとそのやわらかさこそが再現で重要なのかもですが!(*゚ー゚)

麺に関してはそうしたやわらかさが少々気になりはしたものの、
そうめんを使ったことでリアル感が高まったのはたしかでしたね!

麺の量は115gとそこそこ多めで、カロリーは745kcalです!
脂質は42.4gと、先にも触れましたが驚くぐらいの高さです!

しかも麺量115gって、大盛系カップ焼そばより少ないのですよね!
カップ油そばだと麺量130gで、脂質は38gぐらいだったりしますし!

それを考えると、この商品の脂質がどれぐらい多いかが見えますね!

具材はキャベツ、スパム風豚肉、卵、人参、ニラとなっています!

この中の主役は間違いなくスパム風豚肉と言えるでしょうね!(`・ω・´)

これが肉質といい風味といい水準がなかなかの高さで、
全体の中でもオアシス的な存在になってくれてましたね!

卵はチャンプルーを意識してふわふわ系に仕上げてますが、
全体量は多くなく、ときどき顔を出すような感じでしたね!

人参は戻りが良すぎて、食感がほとんど残ってなかったです;

キャベツとニラは全体をまぜるとときどき麺に絡んできて、
チャンプルーらしさを上手く高めてくれていましたね!

味の構成自体は決して悪くないし、そうめんを使ったのも面白い、
具材に関してもスパム風豚肉を中心になかなかよくできています!

ただ、それでもこの脂質の多さはさすがに人を選ぶでしょう!

もともとがっつり系の味付けの商品というわけではないので、
この脂質の高さを求めて手に取る人もあまりいないでしょうしね;

脂質のバランスさえ上手くいっていれば、そう思える一杯でした!(゚x/)モキムー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

麺屋 一刃 ロースチャーシュー丼&唐揚げ

藤井寺の「麺屋 一刃」に5回目の訪問をしてきました!
今回は前回と前々回に続いてサイドメニュー狙いとなります!

そして今回でサイドメニューはほぼ全て制覇したことになります!(=゚ω゚)

こちらのお店のチャーシュー丼は肉によって3種類用意されていて、
鶏レアチャーシューを海鮮丼風にした「鶏レアチャーシュー丼」、
豚バラ肉を角煮風に味付けして乗せた「豚バラチャーシュー丼」、
豚のレアチャーを乗せた「ロースチャーシュー丼」があります!

先の2つはすでに食べたので、今回は「ロースチャーシュー丼」です!

麺屋 一刃 ロースチャーシュー丼

うん、いかにもレアチャーシュー丼らしいビジュアルですね!
3つのチャーシュー丼の中でも最もベーシックな雰囲気です!

もっともレアチャーシューを見慣れていることが前提ですが!

まずはレアチャーシューですが・・・うん、すっきりした味わいですね!(●・ω・)

レアチャーシューは肩ロースを使って作るお店も多いのですが、
こちらはより脂身の少ないロース肉を使って作ってるようですね!

なので、味わいは肩ロース肉を使ったものよりもさっぱりとしていて、
丼として食べたときでもより軽くすっきりと食べることができます!

また、ラーメンにトッピングするのと違って熱が入らないので、
このレアチャーシューの食感や風味をストレートに楽しめますね!

脂身の部分も重さはなく、赤身の部分はしっとりした肉の旨味があり、
白湯系ラーメンのサイドとして軽く食べられる仕上がりとなってます!

タレはほんのりとした甘みのある醤油系のものとなってますが、
甘さもごく軽めなのでくどく感じるような部分は全くなく、
また醤油のカドもないので非常に食べやすいタレとなってます!

「鶏レアチャーシュー丼」のときと違って驚きは特にないですが、
押さえるべきポイントをきれいに押さえた感じになっていますね!

薬味のねぎは他のチャーシュー丼と同様に白髪ねぎとなってます!(*゚◇゚)

ピリリとした軽い辛味、白髪ねぎらしいシャキッとした食感と、
全体にほどよいアクセントをつける効果を見せてくれてますね!

麺屋 一刃 唐揚げ

今回は重要なサイドメニューの一つである唐揚げも注文しました!
けっこう大きめのサイズの唐揚げが5つ乗るスタイルとなってます!

今回は単品メニューとして唐揚げを注文したのでこの量ですが、
セットの場合は少し個数が違いが出るのではないかと思います!

つねに5個やってくるとなると、それはちょっと多いですからね!

まずはその味ですが・・・おっ、肉のジューシーさは見事ですね!(`・ω・)+

噛んだときに鶏の肉汁がじわっと一気に口の中に広がりますし、
肉の硬さは全く感じさせず、揚げ具合は絶妙と言えますね!

このあたりはしっかりと計算されていることがわかります!

鶏もも肉らしいこってりとした肉の旨味も十分に味わえます!

衣はカリカリ系ではなく、ふんわり感とサク感を合わせた感じで、
また肉の下味はかなりしっかりめにつけられているのが特徴です!

下味は醤油をベースに生姜、にんにくなどの香味野菜が効いていて、
塩なしで食べても特に味が薄いと感じるようなものではないですね!

また、その味付けが非常にご飯に合う感じのものなのですよね!

なので、ラーメンのお供に単品で少しつまんで食べるというより、
ご飯のおかずとして合わせたときにより映えるという味わいです!

このあたりはファミリー層に強いこのお店らしい感じがしますね!

また一つ一つのサイズをそこまで大きめにしていないことも、
幅広い層をターゲットにしていることをうかがうことができます!

個人的には衣がカリカリとしたタイプの唐揚げがより好みなのですが、
ご飯との相性という点では他のお店以上のものを感じられましたね!

唐揚げ+ライス+キムチなんて組み合わせもけっこうアリでしょうね!(*゚ー゚)

ランチ向けに「唐揚げとご飯セット」なんていうものがあれば、
ラーメンと合わせて注文する人も多く出そうな感じもしますね!

これまでそれぞれのチャーシューを生かした3種の丼を食べてきて、
その中で最も好みだったのは「鶏レアチャーシュー丼」でしたが、
残りの2つの丼もそれぞれ個性があって仕上がりは良かったですね!

自分の場合はどんぶり以上に焼き飯がツボに入ったりしましたが!

まだつけ麺だけ食べていないので、次回訪問では必ず狙うつもりです!(゚x/)モキルッ

[メニュー]
麺屋 一刃 メニュー(2017年6月)

お店の住所と地図 大阪府藤井寺市野中5-4-25

【関連記事】
麺屋 一刃 ロースチャーシュー丼&唐揚げ
麺屋 一刃 焼き飯&鶏レアチャーシュー丼(わさび)
麺屋 一刃 豚バラチャーシュー丼&餃子
麺屋 一刃 鶏白湯 醤油ラーメン ロース・全粒粉麺
麺屋 一刃 鶏白湯 塩ラーメン 鶏レア・細麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

7/18発売 RIZAP 醤油豚骨ラーメン

7/18発売の明星「RIZAP 醤油豚骨ラーメン」を食べました!
これまでと同様にファミマ&サークルKサンクスの限定商品です!

7/18発売 RIZAP 醤油豚骨ラーメン

6月下旬に出た「RIZAP 辛豚骨ラーメン」はどんぶり型でしたが、
今回は縦型カップで豚骨ベースのラーメンが登場しました!

今回はあえて同時発売にせず、時期を少しずらしたのですね!(*゚ー゚)

一般的に縦型の商品は麺がどんぶり型より劣ってしまいますが、
明星の場合は縦型のノンフライ麺にも強いので安心できますね!

7/18発売 RIZAP 醤油豚骨ラーメン(内容物)

おっと、ダイエット系商品とは思えないほどに肉具材が入ってますね!
カロリーはあまり気にせずに糖質をしっかり抑える狙いなのでしょうね!

とはいえ、糖質を抑えることで必然的にカロリーも減ってはいますが!

7/18発売 RIZAP 醤油豚骨ラーメン(できあがり)

2種類の肉具材がこれだけ入っているとは、なかなか驚きですね!

まずはスープですが・・・おっ、こちらもしっかりした重厚感です!(●・ω・)

これまでのRIZAPとのコラボカップ麺の中でも本格度が非常に高く、
もはやダイエット系とは思えないような水準に達していますね!

今年の1月に出た最初の2商品はRIZAPらしい色はあまり見られず、
明星の持っている低糖質麺の技術が十分に高い水準だったことから、
それをそのままRIZAPブランドで出したという感じが強かったですが、
今回の商品はRIZAP側のスタンスも反映されてきた感がありますね!

焦点は糖質を下げることだけに絞り、それ以外は無理に抑えずに、
むしろ味の面において本格派となるようにアレンジをしていく、
そうしたRIZAPの方針と明星の技術が噛み合ってきていますね!

なので、ベースとなっている豚骨スープもそこそこ濃度があって、
豚骨臭とまでは言えないものの一定の豚骨の個性も出ているなど、
これまでの4商品の中で最もスープに分厚さが感じられますね!

油脂はそこまで多くないですが、それでも十分なラインはあって、
ちゃんとコク深い醤油豚骨スープとして成立してくれていますね!

普段の明星は縦型カップでは洋風の低糖質麺しか展開してないので、
「縦型ながらも本格派の低糖質ラーメン」という今回の商品の路線は
明星の低糖質麺商品をよく食べる人にも訴える力が強いでしょうね!(*゚◇゚)

スープの原材料はポークエキス、難消化性デキストリン、食塩、しょうゆ、
たん白加水分解物、香辛料、ポークオイル、デキストリン、香味油、
粉末油脂、酵母エキス、香味調味料、ラードという組み合わせです!

ちゃんとポークエキスが最初に来ているというのもポイントですが、
その次に「難消化性デキストリン」が来ているのも目を引きますね!

「難消化性デキストリン」はメッツコーラなどに入っているもの、
脂肪の吸収を抑え、糖質の吸収を緩やかにする効果を持っています!

また、体内では食物繊維としてもはたらくので便通改善効果もあります!

パッケージには「食物繊維たっぷりの麺」と書かれていますが、
これを見るにスープのほうにも繊維がかなり入ってるようですね!

麺は豚骨ラーメン向けの低加水のストレートノンフライ麺です!
それでいて、低糖質に仕上げられているというのが最大の特徴です!

同系統の麺だった「RIZAP 辛豚骨ラーメン」のほうを食べたときには、
いかにも低糖質麺ぽいポソポソとした質感を強く感じたのですが、
今回の麺からはそうした類の印象はそれほど受けなかったですね!

同じ系統の麺で縦型のほうが印象がいいというのは珍しいですが!(=゚ω゚)

もっともこれは湯戻し時間などの関係も多少あるとは思いますが!

豚骨向けの麺なので、湯戻し時間を短くするとパツパツ感が出て、
低加水麺の特徴のほうがより前面に出てくるようになりますからね!

そうすると一方の低糖質麺ぽい特徴はやや後ろに下がってくれるので、
規定の3分も待たず、いっそ1分30秒ぐらいで食べ始めてもいいでしょう!

ずっと噛んでいるとたしかに低糖質麺ぽい感じは多少出るのですが、
それも麺が豆腐っぽい風味を持っているというぐらいの印象でしたし、
今回の麺に関してはかなりの完成度に達していると言えそうですね!

麺の原材料は小麦粉、植物油脂、植物性たん白、卵粉、大豆加工品、食塩、香辛料です!

食物繊維を多く練り込んでいるというのは一つのポイントですが、
それ以上に植物性たん白、卵粉、大豆加工品といったたんぱく質の
割合を高めているというのが大きな特徴でもあるのですよね!

麺の量は54gと少なめで、カロリーは279kcalと軽めです!
脂質は13.7gで、こちらはけっこう高めの数字となってますね!

ちなみに糖質は17.5gで、食物繊維は23.3gとなっています!

具材はチャーシュー、豚ダイスミンチ、ねぎとなっています!

チャーシューは薄切り系の豚肉で、味付けはしっかりしていて、
しかも枚数は15枚程度とずいぶんと多めのの量が入っています!

さらにここに豚ダイスミンチまで10個ほど加わってきます!

ダイスミンチということで、チャーシューよりも野性味が強く、
ちゃんと2つの肉具材で異なった個性が出ているのがいいですね!

この具材はもはやダイエット系であることを忘れさせますね!(`・ω・´)

これだけ肉が入って279kcalですから、それもまたありがたいですね!

ねぎもリアル系ということで、味については申し分ないです!

スープは醤油豚骨スープとして十分な本格感を備えていて、
麺は低糖質麺の弱点をあまり見せない見事な豚骨向けの麺、
さらに具材については肉具材が2種類ともどっさり入るなど、
量以外については弱点らしい弱点が見えない一杯でしたね!

低糖質と満足度の両立の一つの完成形とも呼べそうな一杯でした!(゚x/)モッキウー

【関連記事】
RIZAP 醤油豚骨ラーメン
RIZAP 辛豚骨ラーメン
RIZAP 辛味噌ラーメン
RIZAP 生姜醤油ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/17発売 もずく天入り 沖縄そば

7/17発売の東洋水産「もずく天入り 沖縄そば」を食べました!

ラ王 沖縄そば」と同じく、セブンイレブンで行われている
「ハイサイ! 沖縄フェア」の商品の一つとなっています!

一つのコンビニの企画で別々のメーカーから沖縄そばが
同時に発売されるというのもかなり珍しいですよね!

完全に路線がバッティングするような形になりますからね!
一応はどんぶり型ノンフライと縦型という違いはありますが!

7/17発売 もずく天入り 沖縄そば

こちらはごくごくシンプルな縦型カップ麺となっています!
後入れの液体スープなども特につけられてないですしね!

沖縄の特産物であるもずくを使った天ぷらがついています!(*゚ー゚)

7/17発売 もずく天入り 沖縄そば(内容物)

うん、東洋水産の縦型らしく具材の充実度は高そうですね!
そのあたりも考慮して縦型に東洋水産を起用したのでしょうね!

7/17発売 もずく天入り 沖縄そば(できあがり)

カップの表面が具材で覆われるぐらいにぎっしり入ってます!
でもって、どれも沖縄そばらしい具材でそろっていますね!

まずはスープですが・・・おっ、「ラ王」とは対極的ですね!(●・ω・)

沖縄そばのスープというと豚とかつおだしがポイントとなる中で、
「ラ王」はこのうち明らかに豚のほうに比重を置いていましたが、
こちらは逆にかつおを中心とした和風だしベースとなってます!

一般的に優しいスープでも映えるのはノンフライ麺のほうで、
油揚げ麺のスープは少しヘヴィな路線にすることがありますが、
ここでは縦型油揚げ麺にあえて優しいスープが合わされています!

ですが、麺とスープの相性が悪いということは実はないのですよね!(*゚◇゚)

このあたりが非常に好印象で、油揚げ麺と合わせていながら、
和風だしをベースにした優しいスープの良さが生きています!

でもって、沖縄そば向けにかつおだしだけを強めるのでなく、
昆布の旨味もベースとしてけっこう感じられるのが特徴ですね!

そして豚などの動物系がさらにサポートに回るという形です!

単純なスープの好みだけで言えば、「ラ王」よりも好きですね!
どうも自分はすっきり系の沖縄そばのほうが好みに合いますし!

なので、そのタイプが好きだったらけっこうオススメできますね!

スープの原材料は食塩、魚介エキス、香辛料、醤油、ポークエキス、
チキンエキス、こんぶエキス、植物油という組み合わせです!

最初に醤油ではなく食塩のほうが来ていることからわかるように、
醤油の主張も強くなく、それもすっきりとした風味を助けてますね!

麺は沖縄そばらしい平打ち系でピラピラとした油揚げ麺です!

この麺が自分が思っていたよりも遥かによくできてましたね!(`・ω・´)

優しいスープに油揚げ麺って、どうしても相性が悪くなりがちで、
油揚げ麺臭が全体を支配するのではないかと最初は思ったのですが、
食べてみるとこの麺の油揚げ麺臭が非常に控えめなのですよね!

そしてうどんとは違った麺の表面の持つつるみも好印象で、
中華麺らしい質感がちゃんと感じられたのも良かったですね!

優しいタイプの沖縄そばは麺の存在感がものすごく重要なので、
そこをきちっと押さえてきたのは大きな成功と言えるでしょう!

麺の量は70gで、カロリーは435kcalとなっています!
脂質は22.7gと高めですが、これはもずく天の影響でしょうね!

具材はもずく天、味付豚肉、たまご、かまぼこ、ねぎ、紅生姜です!

ねぎは少ないながらもリアル系、かまぼこは沖縄そばらしさを演出、
紅生姜はスープに味を出すことですっきりとした味わいを高める、
このあたりは脇役ながらもどれもいい仕事をしてくれていましたね!

卵は「赤いきつね」シリーズなどに使われているものと同じですね!

そして豚肉は東洋水産が得意とするリアル系のものとなっていて、
味付けも濃いめで豚が活躍する沖縄そばにはよく合ってますね!

豚肉がおいしいと沖縄そばとしてレベルが一つ上がりますからね!(=゚ω゚)

そしてもずく天は面白いと言えば面白いとも言えるのですが、
目立つ割にはそこまでいい具材という感じでもないですね;

ほぼ天かすの塊にもずくが絡んでいるというような感じで、
なおかつ普通は先入れなのであっという間に崩れてしまいます;

もずくの粘りや風味がチラリと感じられるのは楽しいですが、
良くも悪くもそこだけが見どころというような具材でしたね!

あまり大きく崩すとスープに強い影響を与えるでしょうし、
ちょっと扱いが難しいところもある具材という感じでしたね!

豚系重視の「ラ王」に対して、こちらは和風だしがベースと、
スープに明確な違いを出しつつ、油揚げ麺臭は抑えて仕上げる、
このあたりは縦型ながらもなかなかテクニカルな内容でしたね!

すっきり系沖縄そばが好きなら、十分にオススメできそうですね!(゚x/)モキールムーン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/17発売 ラ王 沖縄そば

7/17発売の日清「ラ王 沖縄そば」を食べました!
セブンイレブンにおける「ハイサイ! 沖縄フェア」の商品です!

今回は公式サイトに「セブンイレブン限定」と書かれているので、
ヨーカドーなどの他のセブン&アイ系で扱われているかは不明です!

7/17発売 ラ王 沖縄そば

しかし「ラ王」が一つのコンビニ限定で登場するとは意外でしたね!

「正麺カップ」の高級版がファミマ限定で出たことがありましたし、
「ラ王」でもこうしたことがあっても不思議ではないのかもですが!

ところでノンフライ麺の「沖縄そば」って意外と少ないのですよね!
麺職人」が有名ですが、他ではそれほど多く見ないですからね!(*゚ー゚)

それだけに本格派の沖縄そばの風味をこの商品には期待したいです!

7/17発売 ラ王 沖縄そば(内容物)

おっ、麺が平打ちになっていかにも沖縄そばらしくなってますね!

内容物はかやく、焼豚、紅生姜、液体スープとなっています!
ちなみに「かやく」と書かれた袋に入っているのはねぎのみです!

なので、3種類の具材がそれぞれ別々の袋に入ってるわけですね!

7/17発売 ラ王 沖縄そば(できあがり)

おぉ、チャーシューのリアル感がいつもに増して高いですね!

まずはスープですが・・・おっ、豚の厚みを感じさせる味わいですね!(●・ω・)

このタイプの沖縄そばのスープはけっこう珍しい気がしますね!

豚の厚みがあると言っても、いわゆる豚骨ラーメン的なものではなく、
豚系の澄んだ清湯スープとしての分厚さを感じさせるタイプですね!

澄んでいながらコクが深く、しっかりと豚の持つ旨味が感じられる、
それでいて油脂で重さを付加するような感じにはなっていません!

油脂もそこそこ入っていますが、あくまで主軸はスープの旨味で、
油脂はそれと普通にバランスを取る程度に抑えられていますね!

こうした豚の風味、コクで純粋に勝負できるスープが作れるのは、
やはりノンフライ麺の商品だからこそと言っていいでしょうね!

そしてもう一方の主役であるかつおですが、こちらは意外と軽いです!

沖縄そばのスープというと、豚のコクによって下支えをしたうえで、
かつおの旨味を前面に立ててくるといった印象が強いのですが、
こちらはむしろ豚がメインでかつおがサポート役という感じです!

なので、豚とかつおのバランス感を求めると少し外れますが、
それでも一つの沖縄そばとして秀逸なのは間違いないですね!(`・ω・´)

これまでに出たカップ沖縄そばの中でも上位に入る水準ですね!
ただ、自分の中では昨年の「明星 沖縄風ソーキそば」が圧倒的ですが!

スープの原材料は醤油、豚脂、ポークエキス、香味油、かつおエキス、
食塩、ポーク調味油、酵母エキス、昆布エキス、魚介調味油です!

前半に豚脂、ポークエキスと並んでいるのが何より印象的ですね!

ちなみに「明星 沖縄風ソーキそば」は次のような原材料でした!

食塩、かつおエキス、糖類、香味調味料、豚・鶏エキス、魚介エキス、
かつおぶし粉末、昆布エキス、香辛料、しょうゆ、香味油、植物油脂など

これを見ると、いかに今回の「ラ王」が豚寄りなのかがわかりますね!
かつおと豚の比重が明らかに「沖縄風ソーキそば」とは逆ですしね!

麺は平打ち系の黄色みを帯びたノンフライ麺となっています!

この麺は沖縄そばの再現としてかなりのレベルに達しています!(*゚◇゚)

かんすいを使うことによって中華麺らしい弾力を実現しながら、
それでいて乾麺のうどんを連想させるような小麦の風味もする、
このバランス感覚こそが沖縄そばの麺の醍醐味なのですよね!

その2つがしっかりと両立しているというのが実に見事でした!

やはり沖縄そばはある程度澄んだスープがベースになるので、
麺はノンフライ麺のほうが合うのは間違いないのですよね!

そういう点からすると、この麺は満額回答に近いレベルですね!

麺の量は70gで、カロリーは370kcalとなっています!
脂質は11.6gで、そこそこの数字といった感じですね!

具材はラフテー風チャーシュー、紅生姜、ねぎとなっています!

まず何と言っても、今回はこのラフテー風チャーシューでしょう!
このチャーシューはこれまでの「ラ王」では見たことがないですし!

ラフテーを思わせる甘辛い味付けがほどこされたバラチャーシューで、
その味わいにしても、肉感にしても素晴らしいものを持っています!

ちょっと湯戻りしにくいので、直接熱湯をかけるのがポイントです!

このラフテーぽさにこだわった点もまた高く評価したいですね!
もっとシンプルなチャーシューを合わせる手だってあったわけですし!(=゚ω゚)

紅生姜は生タイプなので、これもまた全体のリアル感を高めてます!

具材については「明星 沖縄風ソーキそば」にまでは及ばないですが、
明星の商品はレトルト具材でしかも価格帯が300円近かったので、
価格帯を考えるとこの商品は全てにおいてかなり頑張ってます!

スープ、麺、具材、どこにも手を抜いたような形跡が皆無ですからね!

豚とかつおの力関係には多少の意見が分かれる感はありますが、
そこを除けば極めて水準の高い沖縄そばなのは間違いないです!

これを求めてセブンに行ってみるだけの価値は十分ありますね!(゚x/)モキムー

【関連記事】
日清ラ王 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.